管理人管理人

Apple Watchはその特異性ゆえに、「本当に購入しても使いこなせるの?」という不安がつきまとう。そんなあなたのために、私がApple Watchを11ヶ月使い続けて分かったメリットとデメリットを全て当記事でお伝えしよう。[@appleshinja_com]

ちなみに、私が利用しているのはApple Watchシリーズ2。だが、最新のシリーズ3でも可能なことはほぼ同じだ。両モデルに共通する機能についてレビューしたので、その点については安心して読み進めてほしい。

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

11の真実【9つのメリット】

まずは11の真実のうち、9つのメリットをお伝えしていこう。(あまりのメリットの多さにApple Watchが今すぐ欲しくなってしまうと思われるのでその点はご了承のうえ読み進めて頂きたい)

メリット1、Suicaが便利すぎて涙が出る

私が、Apple Watchを使う上で、最もメリットだと感じているのこれ。Suicaがとにかく便利すぎる。

カバンや、ポケットからiPhoneやSuicaのカードを取り出さずとも、Apple Watchをかざすだけで改札を通れる。この未来感。たまらん。

特に、雨が降っていたり、荷物を両手に抱えていたりするときは便利だ。

Apple Watchをぴっとかざすだけで改札を通れるこの快感に慣れてしまうと、もう切符を買ったり、iPhoneでSuicaをかざしたり、といった煩わしい方法で改札を通ろうとは思えなくなる。

端的に言うと、電車によく乗る人はApple Watchのメリットを享受しやすいだろうと思う。

メリット2、通知機能の凄み【最重要】

まず、1つ知っておいてほしい事実がある。

Apple Watchで通知が便利!!

とはよく言われているが、これは大きく間違っている。作業効率の観点から言えば通知にワクワクしているような状態というのはありえない。

人は仕事中、勉強中などに集中力が高まっている状態の時にふとした集中力の妨げ(SNSの通知等)があると、集中力が途切れてしまい、そこから元の集中力に戻るまでに15分〜30分ほどはかかると言われている。(諸説あり)

もし、通知が届き続けるような状態が続けば集中力が散漫な状態がずーっと続くということだ。

それは、ありえない。そもそも、Appleの理念にも合致しない。いかに人類の能力を向上させるか、という点でApple製品は作られている。

では、一体どのように通知機能を使えばよいのか?答えは簡単。

絶対に見なくてはいけなつ通知だけを、通知機能オンにしておけばよい。

私の場合は、iPhoneのAirmailアプリに絶対に必要な仕事先のメールアドレスだけを登録してあるのでAirmailの通知イコールすぐに見たり、返信しなくてはいけないメールという事になる。

あと、050電話には海外でもすぐに電話を取れるようにしているため通知オンにしている。クレジットカード会社や家族からの電話には050電話でどこにいても通話ができる。

逆に、SNS系、LINE・Facebook・Twitter・その他諸々、等は通知をオフにしている。

というか、私はApple Watchだけではなく、iPhoneやiPadでも通知をオフにしている。SNSに支配される生活はありえない。自分の好きな時にメッセージを見て自分の好きな時に返信するのが最もストレスがないし、日々の仕事の妨げにもならない。

話が少し逸れてしまったが、Apple Watchの通知機能を適切に使えば、自分が絶対に受け取らなければいけない通知をほぼ確実に瞬時に受け取ることができる。

これは大きなメリットだろう。(特にビジネスパーソンにとっては)

メリット3、天気の確認

天気の確認をApple Watchで行えるというのも大きなメリット。

こんな感じで私はさっと確認している。

使っているアプリは気象ライブというアプリ。

天気と雨が降るかどうかだけ確認できればよいのでシンプルな気象ライブを私は気に入っている。

メリット4、AirPodsとの連携

iPhoneでボリュームの上げ下げや、曲送りなどをする操作から解放された。

これも大きい。私はAirPods中毒なのでApple Watchで音楽再生に関しての操作を行えることは欠かせないものとなっている。

※AirPods本体にも本体をタップすることで操作できる機能はあるが、その機能は左右のAirPods1つずつ、つまり2つしか割り当てられないため、Apple Watchでの操作が非常に重要になってくる。

メリット5、ジムにApple WatchとAirPodsだけでいける

運動好きにはこの組み合わせがオススメ。

Apple Watchにも少量ではあるが、iPhoneに登録してあるプレイリストなどの音楽を入れることができるので、Apple Watch単体で音楽再生も可能だ。

私はApple中毒なので、think diffrentのCMなどをApple Watchに入れて、ランニングしながらスティーブ・ジョブズの声に酔いしれている。

メリット6、洗える

汚くなったら洗えるというのは何よりも大きなメリットだと思う。

手を洗う時にさーっと水で流してやるだけでかなり綺麗になる。

Apple Watchに慣れすぎて、ほかの時計を一回つけた日に、その時計をいつもの癖で洗ってしまい壊れたのは、苦い思い出だが・・・

メリット7、ポモドーロで自分を追い込む

私は「Be Focused」というアプリを使っている。このアプリは簡単に言うと人間の集中力をMAXの状態で意図的に維持してくれるというもの。

ポモドーロテクニックについては以下の記事でさらに詳しく解説している。

作業効率化オタクが感動!Be Focusedアプリをレビュー【使い方・設定】 | Apple信者1億人創出計画

Apple Watchが振動するたびに「休憩」「仕事」とスイッチを入れ替えながら常に最高の集中力を保ちながら仕事ができる。あぁ、快感。。

私のように仕事が大好きで常に集中力を保っていたい方にはオススメだ。ちなみに英語学習の際も非常に役立つ。

あと、2分頑張ったら休憩だ。。と思えるだけで、あと10単語がんばって覚えよう!と思えるわけだ。

メリット8、iPhoneがスッキリする

Apple Watchで通知や天気確認やSuicaを使うことにより、iPhoneのホーム画面に設置するアプリが厳選される。

メール返信などは通知がきたら、iPhoneでは一切に起動せずに、iPadやMacで即返信すればよいのだから、iPhoneのホーム画面には一切設置せずに済む。

つまり、iPhoneにはiPhoneで使うべきアプリだけを設置することができるというわけだ。各ガジェットにそれぞれ最適な使い方だけを割り当てられるというのは大きすぎるメリットだろう。

これで各ガジェットを使う上での混乱を避けられる。その中継点、というか始点となるのがApple Watchというわけだ。

メリット9、コストパフォーマンスがかなりよい

ただの時計にこれだけの値段?と思われるかもしれないが、普段から時計をする人にしてみればApple Watchの価格はかなり安い。

特に男性はいい時計をしている人は仕事ができるという訳のわからない見栄を張るところがあるのだが、周りがロレックスやオメガやタグホイヤーなどの高級時計(30万円以上)をしている中、Apple Watchをしていても何の違和感もない。

むしろ、「それってやっぱりいいんですか?」と興味を持ってもらえる。

もともと時計に興味がない私ではあるが、やはり手に何かつけていないと、という感覚で今までは時計をつけていた。それがApple Watchに成り代わったというわけだ。

むしろ、手にApple製品を常に身につけていられるというのは私にとっては至福なので、非常に喜ばしいことでもある。

11の真実【2つのデメリット】

次に、2つのデメリットをお伝えしていこう。どれだけ考え抜いてもあまりデメリットが出てこなかったあたり、Apple Watchは優秀なのかもしれない。

デメリット1、海外ではメリットを享受しづらい

私の大好きなApple Watchにも欠点はある。

それは、ネット環境に依存しすぎるということ。海外ではネットが弱かったりそもそも届かないことも多々ある。

もちろん、Suicaもない。

そうなってくると、Apple Watchはただの時計以下の時計となってしまう。iPhoneなら辞書やメモとして使えるが、Apple Watchはネット環境の中にあってこそ、真価を発揮する。

海外に行く人には知っておいてほしいデメリットだと言えるだろう。

デメリット2、アプリがまだまだ少なすぎる

Apple Watchが発売された頃よりはApple Watch対応のアプリは増えてきてはいるのだが、私にとっては少なすぎる。

新規アプリを探索する中毒者である私の好奇心を刺激するような素晴らしいアプリはまだまだ少ないのが現状だ。

Apple Watchの小さい画面で可能なことは限られているので仕方ないと言えば仕方ないのだが・・・これからの充実に期待度大というところだろう。

今日のお告げ

Apple WatchはiPhoneを持っているのであれば、必ず導入すべきガジェットだろうと私は思う。

特に、通知機能を完全に使いこなせばこれほど心強いガジェットはない。仕事、勉強効率の向上に大きく貢献するだろう。

ただし、この先、Apple Watchに大きな革新はないように思う。それこそ、アニメサイコパスのような時代がくるまでは進化は鈍化するだろう。(時計からモニターが光で映し出されてAIで操作できるようなガジェットがそのアニメの中では使われれている)

とはいえ、Apple Watchの購入者の満足度は、当ブログ調査だと非常に高い。今回、お伝えしたメリットに何かググッとくるものがあったのであれば、ぜひ導入を検討してみてほしい。