管理人管理人

Apple Watch Series 4からは口元へApple Watchを持っていくだけでSiriが反応する機能があるのだが、なかなかうまく反応しない、という声も多い。私もそうだった。Apple信者として検証し続けた結果・・・90%くらいの確率でSiriが反応するようになった。そのコツを当記事ではお伝えしたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


1月21日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年1月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

これでSiriが90%反応する!

素振り!

素振り!!

素振り!!!

を繰り返し続けた結果・・・私は1つの結論へ到達した。それは、、

コークスクリューブローをイメージ!
内側をえぐりこむように打つべし、打つべし!!

というもの。ふざけているかのように思われるかもしれないが、至った私は真面目だ。

口元へApple Watchを持っていく時、多くの人はこうしていると思う。

だが、私が検証した結果、精度が高いのは以下のように手首をやや内側にひねった時だった。

イメージとしては、手首を内側へひねって、Apple Watchの上側に向かって話しかける感じ。

以下の赤丸部分に話しかけてみよう。

私の場合はこれでだいぶSiriの起動率が上がったので、ぜひ試してみて欲しい。

補足

Apple Watch Series 4も発売されてもう少しで3ヶ月が経過する。

もし、あなたが良いアプリを発見されたりしているようであれば、ぜひコメント欄にて教えていただければ幸いだ。