管理人管理人

あなたに「このたった1記事」で揃えるべきApple製品を伝えたい。その想いを込めて当記事に14,000文字を超える長文を詰め込んだ。高額なApple製品だからこそ、あなたの今後の10年20年先の人生を大きく変える可能性があるApple製品だからこそ、どうか当記事を最後まで読み進めてあなたに必要なApple製品を見極めて欲しい。6,000件を超えるコメントから分かった最終結論がココに!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

まず、結論。あなたが「今すぐ」組み合わせるべきはこのApple製品

当記事はかなり長くなってしまうので、まず私の結論をお伝えしておこう。合計6,228件のコメント欄でのやり取りの結果分かったことなので、客観性もある。そんな私の結論は・・・

Apple製品は「iPhone」「iPad」「Mac」の3つの組み合わせてこそ真価を100%発揮することができる、という事だ。

今、購入するのであれば、以下の組み合わせが圧倒的にオススメ。

上記はおそらく現行機種の中で、コストを抑えつつも最も万能性の高い「究極の組み合わせ」だと思う。

Appleが提供するOS、そしてアプリは各機器を連携させた時に最高の真価を発揮するとも言えるだろう。

そして、もう1つ。多くの方のコメント、Twitterの返信、そして、数々のプロフェッショナルにインタビューさせて頂いたからこそ分かった「Apple製品組み合わせの最強法則」がある。

  • iPhone→どのモデルでもいい
  • iPad→エントリーモデルのものでいい
  • Mac→あなたの用途に合わせて選ぶべき

という事だ。これが究極のApple製品の組み合わせ方だ。

重要な事なのでもう一度お伝えしていこう。

iPhoneとiPad→エントリーモデル
Mac→用途に合わせて選ぶ

iPhoneとiPad→エントリーモデル
Mac→用途に合わせて選ぶ

iPhoneとiPad→エントリーモデル
Mac→用途に合わせて選ぶ

大事な事なので3回同じことを書いたが本当に重要。これがApple製品を揃える絶対法則。それを踏まえて当記事を読んでいってほしい。

言い換えれば、Apple製品を検討するというのは、つまり、Macを慎重に選ぶ、目的に合わせて選ぶという事に集約されるだろう。

なぜなら、iPhoneやiPadでプロが行うような仕事をしている人はまれであり、ほとんどの人に高級なプロモデルは必要ないからだ。(唯一、絵を描く人だけはiPad Proを購入した方がよい。イラストレーターさんのみiPad Proモデルはおすすめ。理由はこちら)

iPad Proを購入するよりも、「エントリーモデルのiPad」と「あなたの目的に合ったMac」を購入した方がよっぽど人生が、仕事が変わる。

というわけで、以下、私があなたにオススメのApple製品の組み合わせを目的、用途別にお伝えしていこう。

ぜっっっっっっったいに後悔しない組み合わせをお伝えするので、可能な限りのパートを読み進めて頂ければ幸いだ。

Apple製品「究極の」組み合わせ術【職業・目的別】

では、1つずつ、あなたのやりたい事、目的別にオススメのApple製品の組み合わせをお伝えしていこう。

特に使用目的が決まっていない場合

私がオススメする組み合わせは、

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

という組み合わせだ。

当ブログの購入相談は、このパターンが一番多い。だから、まずはそういう方に結論をお伝えしたいと思う。あなたがまず買うべきは「エントリーモデルのiPad」だ。間違いなく。

iPadはiPhoneを大きくしただけの板ではない。あの絶妙なサイズにはあなたの人生を変えるほどの可能性が詰まっている。

iPadを所有していれば、ブラウジングによる情報量が増え、読書が増え、PDFを読んだり、動画から学んだり、情報のインプット量が間違いなく爆発的に増える。絶対に。絶対に。その結果、あなたの知識は蓄積されていき、やりたいことがどんどん増える。

そのやりたいことに合わせて、必要なスペックを決めてからMacを買えばよい。それなら、自分に必要なMacを見極められる。それが完璧なApple製品の組み合わせ方だと思う。

後述するが、動画編集するなら15インチのMacBook Proがオススメだし、文字入力を快適にするためにiMacを購入するなら、12インチのMacBookをサブ機にするのがオススメだ。

それでも、今、どうしてもMacが欲しい場合は、「13インチMacBook Pro メモリ16GBカスタマイズ」のモデルを購入しておこう。このモデルがおそらく現行機種の中で万能性は1番だ。

ほぼ後悔することはないモデルだとも言えるだろう。当ブログでも一番購入報告の多いモデルでもある。4、5年は最低でも利用できるので、あなたのよきパートナーとなることは間違いない。

【長文レビュー】1年間MacBook Pro13インチを使って分かった32の真実

文字入力が主な場合

次に、文字入力が主になる場合に必要なApple製品の組み合わせについてお伝えしていこう。

組み合わせ例1

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

重要なのは、Retinaディスプレイを搭載しているMacを選ぶということだ。MacBook Airでも良いとは思うのだが、当ブログに多く寄せられる声として「Retinaの綺麗な文字は目が疲れづらい。」という意見がある。

こちらのインタビュー記事を読んで分かるように、大量の文字数をタイピングする人々はRetinaディスプレイを愛用している人が多い。

そして、資金が許すのであれば、27インチiMacも購入した方が良い。大画面のiMac目の疲れが蓄積しづらいというメリットがある。

そして、外出先では12インチMacBookでいつでもどこでも文字入力をするという組み合わせが最強だろう。

iPadは主に文章の推敲、Apple Pencilによる注釈などを入れるのに使うと、さらに作業を効率化できるのでオススメだ→ 【iPad】最強はどれ?Apple Pencil対応ノートアプリ5つを徹底比較

組み合わせ例2

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

こちらはiMacを買わないバージョンの組み合わせ。当ブログでも、最も購入報告が多く「感動した!」という声が多い最強の万能機「13インチMacBook Pro」をメイン機として使っていくのがオススメ。

15インチでも良いのだが、重さに嫌になる可能性があるため13インチMacBook Proの方が良いだろう。

さらに大きなモニターが欲しい場合は、自宅やオフィスに外付けのディスプレイを設置してHDMIケーブルなどで使えば良い。

ブロガーの場合

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

最近、流行りのブロガーさんにオススメなのがこれ。メイン機はやはり13インチMacBook Pro。

ブロガーさんの特徴として、文字入力をメインとしながら、画像編集や動画編集もたまに行うという人が多い。だからこそメイン機には持ち運びにも最適な13インチMacBook Proが良いだろう。

やりたいことがどんどん増えてくる可能性は高いので、メモリは16GBまで増設しておいた方がいい。

ただ、1つ注意が必要なのは、Apple製品を毎年買い換える必要はないということだ。ガジェット系のブロガーさんは文字で魅せるというよりも、毎年、新製品を購入してレビューするだけの人がほとんどなので真似する必要はない。それでは何のスキルも身につかない。

せっかくブロガーを目指すのであれば、文字で魅せる、デザインで魅せる、動画で魅せる、など何か素晴らしいスキルを得よう。そのために必要なものは最新のMacではなく、Macをとことん使い込むことだ。

プロフェッショナルのApple製品「ブロガー編」

プログラミングが主な場合

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

プログラマーさんは多種多様なので、一括りにして言うのは難しいのだが、重要なのはメモリを16GB積むこと。絶対に絶対にメモリは16GBは積もう。

起動させるアプリや使うソフトによってはメモリは8GBでも問題はないが、複数のアプリを起動させながら、大量のタブを開いたり、仮想デスクトップでWindowsを起動させる必要が出てくるパターンがかなり多い。

その場合、メモリ8GBでは後から後悔するだろう。ゆえに、ぜっっっっったいにメモリ16GBがオススメ。(こちらの記事はかなり多くの方に支持して頂いている)

将来を見越して必ずメモリは16GBは搭載させておこう。

プログラマー、SE志望の人は要チェック→プロフェッショナルのApple製品「SE、兼Webライター編」

動画編集が主になる場合

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

動画編集するにはハイスペックが必要となる。低スペックでも動画編集は可能ではあるのだが、動画書き出しに数時間かかったり、アプリで編集中にアプリが落ちてしまったりとストレスがかかってしまうパターンが多い。

ゆえに、動画編集を主にする場合は、初期投資だと思って27インチiMacと15インチMacBook Proを揃えるようにしよう。

画面サイズの大きさは編集のしやすさに直結するため、しっかりと妥協せずに選んでおく必要がある。

また、動画の素材を大量にストックしておく必要があるため、SSDの容量についても非常に重要だ。最初にMacBook Proを選ぶ段階でしっかりとSSDの容量についてはカスタマイズしておこう。

動画クリエーターさんにインタビューしたこちらの記事を参考にしてあなたに必要なスペックをしっかりと見極めてほしい。

会社経営が主な場合

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

会社経営のスタイルにもよるし、従業員の数にもよるので、これまた組み合わせを提示するのが難しいのだが・・・

会社経営者に共通していることから考えると下記のように必要なApple製品が見えてくる。

  • 外出先での文書作成、メールチェック→MacBook Pro
  • オフィス用に設置→iMac
  • 事務職用→iMac
  • スケジュールの自己管理→Apple Watch
  • クライアントとの接触、提案→iPad Pro12.9インチとApple Pencil

これらの中で特に重要となってくるのが「Apple Watch」と「Apple Pencil」の存在だ。

スケジュールを手元の時計で常に管理できていると、重要なことを忘れたりする事もない。重要な通知や、電話にも100%気付くことができる。Apple Watchは経営者のマストアイテムと言えるだろう。

そして、もう1つ重要なのがApple Pencilの存在だ。クライアントと接触することが多くなる経営者だからこそApple Pencilは持っておきたい。

直接会う場合も、メールで何かを返信する場合も、Apple Pencilで手書きで対応すると、クライアントが喜ぶし、何よりもお互いの意思疎通がしやすくなる。

あなたとあなたのクライアントのためにもApple Pencilは導入しておこう。

9.7インチiPad(2018年モデル)でもよいのだが、クライアントに直接見せるのであれば画面は大きい方がいいので、12.9インチiPad Proを選択するのが良いだろう。

会社に効率的にApple製品を導入するなら、プロフェッショナルのApple製品「リフォーム会社CEOへのインタビュー」「事務職」の方々へインタビューした記事も合わせてチェックしてみて欲しい。

MacとiPadとiPhone、そしてApple Watchを連携させて、カレンダーで予定を共有したりと、Apple製品の魅力を感じることができる。

写真編集、保存が主な場合

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

写真編集、保存をただ行うのであれば、SSD容量などはそれほどこだわらなくても良いかもしれないが、もし、あなたが写真に携わる仕事、写真・画像編集を仕事に就きたいならSSDの容量は可能な限り積んでおこう。

プロのフォトグラファーさんへインタビューした記事でも述べられているが、外付けHDDを使って2TB、3TBなどを使用してもどんどん足りなくなるくらい写真は溜まっていく。

必要ない写真など存在しないからだ。

素材用の写真も常にストックしておく必要があるし、必ず容量は大きめを選ぼう。

また、AdobeのPhotoshopとIllustratorとLightroomなどのアプリを使いまくるゆえ、メモリについては8GBではなく、必ずメモリ16GB以上へのカスタマイズを行おう。

中高生の場合

当ブログには資金の限られた中高生がたくさんいる。そして、彼らの声を私は聞き続けた。結果、分かったのは中高生には以下の2つの組み合わせのどちらかがオススメだということだった。

組み合わせ1

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

私が圧倒的にオススメなのはこちら。

旧型のiPhoneをなんでもいいので使い続けて、iPadを購入するという選択肢。

iPad1つあれば、

  • ブラウジング
  • SNS返信
  • 音楽を聴く
  • 動画鑑賞
  • ブログを書く
  • 音楽を作る
  • デザインを学ぶ

など、多くのことができる。もちろんスペック的にプロの仕事をするのには物足りない部分はあるかもしれないが、それでも、将来に、未来に繋がる自己投資になることは間違いない。

最初はブラウジングをして、たまにYoutubeを見るだけになるかもしれないが、徐々にやりたいことが増えてくる。間違いなく。

何かの練習としてブログを始めてもいいし、趣味で音楽を作ったものをYoutubeで公開してもいい。今はなんでもやれる時代なのだから、いつも常にiPadをそばに置いてどんどん自分のスキルを磨いていこう。

組み合わせ2

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

これは、私が思いもつかなかった組み合わせだ。iPadを購入するのではなく、AirPodsを購入するという選択肢。

きっかけは、とある高校生にインタビューしたことだった。(詳細はこちらのインタビュー記事を参考)

彼曰く、そして、ツイッターやコメント欄にて絡ませて頂いている中高生曰く、「中高生はほとんどの時間を学校や塾などに費やす。ゆえに、iPadを使える場面というのがそこまでない。」というものだった。

確かに・・・

一理ある。

彼ら曰く、「iPhoneはどこでも使えるし、中高生にとっては1台でほぼ全てのことができるので便利。」ということ。

ゆえに、iPhoneは新型のものを購入し、イヤホンジャックがないゆえにAirPodsを購入してさらに日々の音楽を楽しめる環境というのも組み合わせパターンとしては十分考えられる。

音楽は日々の集中力にも関わってくるため、どこでもいつでも音楽を聴けるAirPodsを手に入れておくというのは悪くないだろう。

AirPodsを1年間使い続けて分かった23のこと【辛口レビュー】

大学生の場合

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

大学生は、タイピングする機会が圧倒的に多くなるので、12インチMacBookを一台は持っておこう。どこでも持ち運びができる12インチモデルを使ってあらゆる場所で作業できる状態でいることは非常に重要。

大学生は日々の荷物が多くなるからこそ、可能な限り軽量化されたMacを常に持ち歩こう。

さらに、電子書籍やPDF、ブラウジングなどのインプットのためにもiPadはエントリーモデルのもので良いので持っておいた方が良い。

こちらの記事ではかなり意識の高い元理系大学生さんにインタビューしてきた。文系・理系問わずに参考になる部分が多いと思うので、ぜひ読んでみて欲しい→ プロフェッショナルのApple製品「薬剤師(元理系大学生)編」

子育て中の夫婦の場合

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

子育て中の夫婦の方に重要なデバイスは2つ。

「最新のiPhone」と「Apple Watch」だ。

iPhoneはいつでもどこでも子供の一瞬の表情を撮影するのに必要。Apple WatchはiPhoneを取り出さずに通知を受け取れるので、子供のお世話で忙しいママさんパパさんには非常に強い味方となる。

さらに、iPhoneとApple Watchを上手く使えば、夫婦間で予定を完全に共有できる。その結果、子供の予定・夫婦の予定・仕事の予定などを漏れなくチェックできる。

ぜひ、子育てに奮闘している夫婦の方には揃えて欲しいApple製品だ。

こちらの記事は本当に本当に参考になるので目を通してほしい→ プロフェッショナルのApple製品「子育て夫婦編」

それでも迷っているあなたへ

ここまで読んでも、まだどの製品も購入せずに迷っているあなたへ。私が独断と偏見でおすすめの組み合わせを最後にお伝えしておこう。

それは、

iPhoneについてはどのモデルでもよい。iPadとMacをそれぞれ上記のモデルを購入しよう。

9.7インチiPad(2018)は歴代最強のコスパを誇るiPadだし、13インチMacBook Pro(2018年モデル) メモリ16GBはどんな作業もほぼこなせる最強の万能性を誇るMacだ。これらを購入すれば、間違いないだろう。

もし、iPadかMacかいずれか一方を購入する予定なのであれば、とりあえずiPadから購入することを私はオススメしている。

iPadの導入はあなたの日々のインプット量を爆発的に増やす。その結果、あなたの本当のやりたいことが見えてくる。それは、言い換えれば、あなたに必要なMacのスペック、モデルが分かってくるということでもある。

その後にこのページに戻ってきてもらえればいいのあなたに最適なApple製品の組み合わせが見つかることだろう。

それでもまだ、迷いに迷ってどうしようもなくなったら、ぜひ・・・

当記事のコメント欄にて相談を!!!

相談前のチェック項目→Apple製品 買い物術「100%後悔しないために必要な11のチェックリスト」※質問募集中

私にできることであれば、相談に乗る。さらに当ブログには優しい先輩方が大量にいらっしゃるので、もしかしたらそういった方々がコメントの返信をくれるかもしれない。

コメント欄ほぼフルオープンのブログなのだから、ぜひぜひ、気軽にコメントしてほしい。

ちなみに各製品の個別レビューに関しては以下の記事を読んでほしい。当記事と合わせて読めばあなたのApple製品への理解がより深まるはずだ。

【最新】Apple製品購入完全ガイド!絶対に後悔しない買い方まとめ

追伸

最後に。

1つ付け加えたおきたいことがある。

なぜ、私含め、多くの人はApple製品の購入を迷うのか?それは、人の資金には限界があるからだ。

億万長者であれば、全てをプロモデルの最高スペックで揃えればいいだろう。しかし、大多数の人はそうではない。

そのため自分の資金に見合うような製品を選ぶ必要がある。だからこそ、私は当記事であなたに最適なスペックが見つかるように、一生懸命書いてきたつもりだ。

もしかしたら、あなたはずっと貯金し続けてきたお金で初めてのMacを買うかもしれない。

もしかしたら、あなたは長年夢見ていたiPadを全財産を使って買うかもしれない。

もしかしたら、あなたはどうしても欲しいiPhoneのために自分の大切なものを売却して資金を作ったかもしれない。

そういう人たちがいることも分かっているからこそ、私からあなたに伝えられることがある。

MacBook Airや整備済製品だってぶっ壊れるほどに使い込めば、最新のMacのスペックなんて余裕で超えていける。

最新は最高ではないし、スペックが全てではない。

最新のものを毎年買いまくる事なんかよりも、間違いなく、ずっとずっと大切に使い続けることの方が重要だ。

先日、ずっとズタボロのWindows製品(メモリ4GB)を使ってきたApple信者のアメリカ人から連絡があった。彼はApple好きだが、強盗に入られたりして全てを失い、お金がない時期が長く続いた。

でも、彼はズタボロのWindows機をなんとか使いこなし、デザイン・ウェブサイト作成を3年、4年、5年と地道に続けて仕事を得続けた。

結果、今では好きな時に好きな旅をし、綺麗な奥さんと子供と毎日を楽しく過ごしているようだ。もちろん、中古ではあるが、やっと買うことができたiPadを嬉しそうに見せてくれた。

結局は製品を使い込めば使い込むほど、あなたのスキルは身につく。例えそれがズタボロの製品だったとしても。だから、あなたが一番気に入った製品を買えばよい。それが、たとえ「かっこいいから。」という理由だったとしてもそれは正しい。

少し長くなってしまったが当記事を最後まで読んでくれてありがとう。あなたが素晴らしいApple製品を手にし、素晴らしい人生を歩むための一助に当記事がなれば幸いだ。

もし、Apple製品を購入した際は感動の声をコメント欄にて教えてほしい。一緒にAppleを楽しもう!!!

必ず調べておくべき→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

全機種の個別レビューはこちら→ 【最新】Apple製品購入完全ガイド!絶対に後悔しない買い方まとめ