管理人管理人

様々な職業の方にApple製品の使い方をインタビューする「プロフェッショナルのApple製品」。今回は、会社経営者の方へインタビュー。「Macを1台試しに買ってみたら、あまりにもよすぎて社内のPCをMac mini2台と入れ替えてしまいました。」と語る経営者さんだが・・・その使い方、経営方法、作業効率化、全てが参考になる。こんなの知ったらもうAppleからは絶対に離れられない・・・[@appleshinja_com]

ブロガー編→プロフェッショナルのApple製品「ブロガー編」

動画クリエーター編→プロフェッショナルのApple製品「動画クリエーター編」

薬剤師・元理系大学生編→プロフェッショナルのApple製品「薬剤師(元理系大学生)編」

高校生編→プロフェッショナルのApple製品「高校生編」

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月15日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:当シリーズについて

当シリーズは、様々な職業の方に「どうやってApple製品を使いこなしているのか?」という事に焦点を当てて書いていくシリーズ。

とある読者さんからの提案があり、「それは絶対やったほうがいい!!!」と強く共感した事が当シリーズのきっかけだ。

もし、あなたが何かしらのプロフェッショナルなお仕事をされているのであれば、お礼として500円分のアマゾンギフト券をお渡しするので、ぜひご協力頂ければ幸いだ。

募集要項はこちら→ープロフェッショナルの「◯◯」シリーズお手伝い募集要項ー

では、早速いってみよう!!

現在のメインマシン、サブマシン

メインマシン:Mac mini (Late 2014)
・2.6 GHz Intel Core i5
・8 GB 1600 MHz DDR3
・ASUS 24インチモニター
・Logicoolのソーラーキーボード

サブマシン:iPad Pro 12.9インチ
・256G ゴールド
・レザースマートカバー(サドルブラウン)
・Apple Pencil

なぜ、このApple製品を使っているの?

うぉずうぉず

こんにちは、いつもコメントありがとうございます。

ご協力頂けるととのことで非常に嬉しいです。
ありがとうございます。
なんだかこのような場だとかしこまってしまいますね。笑

では、早速ですがメイン機の使い方をまず教えて頂けますでしょうか?

経営者経営者

Macはデスクトップなので、事務所の机においてます。(当たり前ですね)

iPadは机においても使いますが、お客さんの家を訪問する時に必ず持っていきます。お客さんのリフォームしたい相談内容をNotability+Apple Pencilで筆記して顧客カルテを作ります。

また、リフォームしたい場所を記録しておくため、iPhoneのカメラを使います。新しくしたいものがどんなイメージになるかわかるように、メーカーカタログと自社の施工事例をiPadのGoodNotesで見てもらいます。

客先から事務所に戻ると、MacでNotabilityを読み返して、お客さんへの提案内容をまとめます。この時に細かい部分をMacで「写真」アプリ開いて、大きいモニターで確認します。

プレゼンに図面が必要な場合は、iPadでNoteshelf+Apple Pencilを使って描きます。

見積書などの書類作成はNumbersとpagesを使ってます。お客さんとのアポなどは、基本的に会社の受付スタッフが電話をして、「カレンダー」に予定を入れてくれます。

私はApple Watchでその予定を見て、訪問時間を確認します。(私の携帯はお客に公開していないので)この日常業務の他に、折込チラシと自社のニュースレターもMacのpagesを使って作成しています。

これが私のAppleガジェットの使い方です。

うぉずうぉず

おぉ!それはすごいですね。聞いていてワクワクします。

NotabilityとApple Pencilを中心として、Appleの純正アプリや連携機能を巧みに使いこなされているように思います。見習いたいですね。

受付のスタッフの方がカレンダーに予定を入れてくれるというのはスタッフの方もiPhoneを使っていてカレンダーの共有機能を使われているということでしょうか?

会社で情報共有するには非常に便利そうです。

経営者経営者

受付スタッフももう一台のMac miniを使っています。なので、Macでカレンダーを確認して、訪問予定を入力しています。

ちなみにNotabilityの保管先であるDrop boxも共有しているので、顧客カルテも確認できるようになっています。

うぉずうぉず

かなり効率的に経営されているような印象を受けました。私も色々と勉強になります。

サブ機はどのように使われているのでしょうか?

経営者経営者

私自身のサブ機は「iPad Pro 12インチ」「iPhone7 プロダクトレッド」「Apple Watch sports 初代」です。

今もそうですが、iPad ProはノートPCの様にカフェなどでビジネスに関するアイディア出しなどに使います。この時はiPadと一緒にLogicool のキーボードをカバンに入れて出かけます。

MacとiPadをボタン一つで接続が変えられるのと、ソーラーパネルなので充電を気にしなくていいのが、便利に使えます。

以前はMacBook Air 11インチをサブ機として使っていましたが、手放してしまいました。MacBook Air 11インチは、「え、それパソコン? ちっちゃくていいね。」と人前でカバンから取り出すと驚かれていました。

すっごい気に入っていましたが、カスタムしていないモデルのため、メモリが足らずにちょっとした画像編集をさせるとクルクルが回ってました。

それと、私はMacのデスクトップに進行中の案件や月一で記録するワークシートなどをべたべた貼り付けています。他人からすると、雑然としているのですが、私には優先順位が一目瞭然なのでとってもいいのです。

Macを2台持つデメリットは、デスクトップに貼り付けたファイルが2台で同じ配列にできないことですね。

特にMacBookはカフェに持ち出しても、集中のためネットを繋がないで使っていたので。(もしかしたら私が知らないだけかもしれないので、そうならば誰かに教えて欲しいです。)

こういう事情から、今はMac miniをメイン機、iPad Proを サブ機にしています。

周りにここまで私の仕事環境について話せる人がいないので、説明をしたことがなかったのですが、効率的と思ってもらえるのは嬉しいですね。私もうぉずさん程ではないですが、効率を高めると快感を覚えるタイプなので。

人から褒められるととても嬉しいです。

うぉずうぉず

普段はiPad Proを外出先で使用して、オフィスではMac miniという環境なのですね。

Mac OSとiOSを巧みに使いこなされている印象を受けました。iPadはiPadでアイディア出しに使っているあたり上級者ですね。。

これから「経営者」を目指す人へオススメしたい製品は?

うぉずうぉず

では、次の質問です。

「これから経営者を目指す方へオススメしたい製品(可能であればスペックなども)はどれでしょうか?」

経営者経営者

これから経営者を目指す方へオススメしたい製品ですね。私の場合は、父の事業を継承して経営者になり、会社にはすでにウインドウズ機があったので、Mac miniを選びました。

Macはとてもすばらしいコンピューターで、どこまでいっても使いやすいですね。なので、社内全てMacに買い換えたほう絶対にがいい!! と言いたいのですが・・・、

まだまだ世の中はウインドウズがないとビジネスでは難しいことがたくさんあります。

例えば、会計事務所は会計ソフトを使うのですが、これはウインドウズのみです。最近は官公庁の入札が電子入札になりましたが、このシステムもMacOSからでは動きません。

その他、地図ソフトなども同じです。

うちの会社は、会計ソフトと電子入札のためだけに10年選手のウインドウズを使いつづけています。Boot Campやパラレルといった方法もありますが、いずれにしてもウインドウズは完全になくすことはできません。

オススメでないのですが、こういった点も頭に置いてもらった上で、Macのお話を。最初の一台としてMacを買うのでしたら、私はMacBook Pro 13インチのタッチバーなし、メモリはフルスペックで、

理由は、うぉずさんがオススメしている通りです!!(笑)

自分が持っていないものをオススメしてますが、私はMac miniを買って、その半年後にMacBook Air11インチを買いました。この頃にうぉずさんのブログを読んでいたら、絶対にMacBook Proを買っていました。

というのは、ウインドウズ(Dell製品)を使っている延長でデスクトップPCをMac miniに変えたのですが、Macを持つとどんどん使いたくなるからです。

それに事務所に置いてあるだけだと、持ち出して見せびらかすことができない!って、超不純な動機ですけど、やっぱりリンゴマークの後ろでキーボードを叩く姿はかっこいいですね。

不純な動機でMacを購入しましたが、使い始めるとただ事務書類を作ったり、メール、検索に使うだけではなく、プレゼン資料、デザインの入った広告など直感的な操作でいろんなことができるので、自然とMacでする仕事は増えました。

この辺はこちらのブログでも触れていますが、私も最初はいろんなことができる機種をオススメします。

MacBook Pro13インチでしたら、持ち運びとパワーを備え持っていますし、オフィスでは大画面のモニターに接続させることで作業効率も上がると思います。

あー、私もどんどん欲しくなってきました。でも新製品発表があるので、ちょっと様子見しましょう。

ちなみに営業職をかねる経営者には、iPad Pro12.9インチがオススメです。

圧倒的に紙が少なくなります。紙の方がいい点は、客先に置いてこられることくらいです。私はほとんどの資料をiPad Pro12.9インチの中に入れて、見せる、メモする、保存する。紙で行なっていたことを全てiPad Proで済ませています。

うぉずうぉず

なんて素晴らしいお言葉を・・・
ありがとうございます。

おっしゃる通りです。ビジネスをする上でWindowsは避けて通れないですからね。私も今だにレッツノートを起動させることがたまにあります。

MacBook Proの万能性についても同意です。エントリーモデルとしては高性能すぎるかもしれませんが、

Macは使い始めると後からやりたいことが増えてくるのでスペックは自分が思う1スペック上のものを用意したほうがいいですよね。

12.9インチiPad Proは資料をまとめて入れている、というのも私も同じです。やはりMacとiPadは両方持ったほうがいい、という結論に至ってしまうのかもしれませんね。

ディスプレイサイズについては、あまりこだわりはないでしょうか?

13インチと15インチどちらがいいですか?
12.9インチと10,5インチとどちらがいいですか?

という質問が当ブログには大量に届きます。

経営者経営者

ディスプレイサイズはあまりこだわりないかもしれませんが、とりあえず大きい方がいいですね(笑)

といっても、持ち運びもあるので、私ならMacBookは13インチしか選びません。

Macではありませんが、15インチのノートPCを持ち歩く友人を見ると、そのカバンの大きさに驚きます。ビジネスマンは見た目のスマートさも必要かなと。

iPad Proに関しては、最初9.7インチを購入しました。この時も12.9インチにしようかとずーっと悩んでいましたが、いろんなレビューを見て9インチにしました。

最初は手書きで筆記、メール返信、検索、PDF編集などに使って満足していました。ノートアプリを色々と試しているうちに、それまでウインドウズのCADソフトで買いていた図面がiPad Proでも描けることがわかりました。(Noteshelf)

そうなってくると、もう少しだけ画面が大きければと思うようになり、12.9インチを4ヶ月後に購入しました。12インチの持ち運びと、手帳のように左手で持って右手で筆記する場合の重さは、結構なものでした。

それまで手帳タイプのカバーを純正カバーに交換することで、重さの問題は一応なんとかなっています。

iPad Proに関しては、多少の重さをガマンできるのでしたら、12.9インチをオススメします。Apple Pencilで手書きを使いたい人は特に大きいディスプレイの方が、A4の紙と同じサイズなので、断然に使いやすいです。

10インチはB5サイズと同じくらいなので、実際に紙を並べて書いて見ると比較しやすいと思います。

うぉずうぉず

ディスプレイサイズについて、私も9.7インチから買い換えたのでその気持ちが非常に分かります。

小さすぎる訳ではないのですが、「もう少し大きいともっと使いやすいのかなぁ・・・」と思ってしまいますよね。

最後に。

うぉずうぉず

では、次が最後の質問となります。

これから経営者を目指す方へ一言お願いします!できればApple製品関連でお願いしたいですが、それ以外のことでもOKです!!

経営者経営者

これから経営者を目指す方へ

私はこれから起業する方、社長を引き継ぐ方、どちらもかっこいい経営者になってほしいです。40過ぎたオジサンになった私ですが、子供から「社長って仕事はかっこいい、自分もなりたい。」

そう思われるような大人になりたいと思っています。

私の場合は、その見た目や哲学に惚れているAppleばかりの環境に身を置けています。これは経営者の特権ですね。

同業者でMacを使っている会社は見たことがありません。でも、MacやiPadで仕事をしていると楽しくなります。

学生たちが、こんなアップルオジサンを見て、

「あんな風になりたい。」って思ってもらえると嬉しいですね。

一言にまとまりませんでした、長くなりすぎてすみません。

うぉずうぉず

これにてインタビューは終了です。

経営者さんならではのApple製品の使い方を色々と聞かせて頂きありがとうございました!

会社経営者さんのホームページはこちら

今回インタビューさせて頂いた経営者さんから、会社ホームページ掲載の許可を頂いたので紹介したいと思う。

タカダトータルシステムの会社サイト。
タカダトータルシステム

地域密着型のサービスのようだが、本当に誠実な方だったので、お近くの方は利用してみるのもいいかもしれない。私も近所だったら間違いなく利用していたし、家族にも共有していたと思う。

世の中、信用できる人を見つけるのが一番難しいが、ブログを始めることによって様々な「信頼のおける人」に知り合えるようになったのは、本当に嬉しい。

後日談

今回のインタビューでも、私は多くのことを学ばせて頂いた。やはり経営者の方は自然と時間の使い方や集中力のコントロールが上手いとインタビュー中にも感じることができた。

私の心に突き刺さったのは、

  • iCloud経由でカレンダーを共有
  • Dropbox経由でNotabilityを共有
  • カフェでは集中するのでWi-Fiなしで作業する

などの使い方というよりは、「経営術」とも言っていいような作業効率化だった。

淡々と話されてはいたが、随所随所に見られる経営者としての「作業効率化」、経営者とのしての「情報共有力の重要性」を教えて頂いた気がする。

今回、インタビューさせて頂いた方は「気付いていませんでした。効率化できているんですね。」という感じの方だったのが、いやはや・・・私もかなり勉強させて頂いた。

作業効率化だけではなく、「MacやiPadで仕事をしていると楽しくなります。」と話されているあたり、感覚的に、感性的にもApple製品を使うメリットを感じられているようだった。

かのスティーブ・ジョブズ氏が、「素晴らしい製品を愛して使う。それこそが、人類の能力を増幅させる方法だ。」という言葉を思い出さずにはいられない。

Mac miniを会社で取り入れている社長。かっこよすぎぃぃぃ!!!ウチにリフォームしにきてぇぇぇぇぇ!!!!!

インタビューさせて頂き本当にありがとうございました!