管理人管理人

Macを買おうと思っているのですが、英語(US)キーボードと(日本語)キーボードのどちらがオススメですか?という質問を私は当ブログで何度も何度も受けてきた。私はUSキーボードを推奨しているのだが、その明確な理由を当記事ではお伝えしていこう。(あまりネット上には出回っていないメリットがある)[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月23日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

USキーボードとJISキーボード 12の違いとは?

私はUSキーボード歴3年ほどだが、はっきり言って、後悔している。「なぜ、もっと早くUSキーボードを使わなかったのだろう?」と。

USキーボードがもたらしてくれる作業効率化は計り知れないものがある。ただ比較するだけではなく、そのメリット、デメリットについても以下お伝えしていくので、しっかり最後まで目を通してみてほしい。

高級なMacだからこそ、後悔のないキーボードを選ぼう。

違い1、中央がズレている

USキーボードとJISキーボードの大きな違いとして挙げられるのが、中央の位置。

USキーボード。

JISキーボード。

中央の位置がズレているかどうかで大きな違いは出てくるのだが、その中でも多くの人の作業効率を落とす原因はホームポジションの違いだろう。

JISキーボードでは全体的に左に文字キーが寄っているため、ホームポジションが左寄りになる。その結果、よく使うDeleteキー、Returnキーがホームポジションから届かなくなる。

Apple Storeなどで、キーボードの打ち心地を比べる際は右手がDeleteキー、Returnキーを押しやすいかどうかを基準にしてみると良いだろう。

違い2、エンターキー

最もよく使うキーでもある「エンターキー(Returnキー)」は形状が全く異なる。

USキーボード。

JISキーボード。

大きさについてはJISキーボードの方が大きいので押しやすい。ただし、前述したようにホームポジションがJISキーボードの方はやや遠くなるので、正直なところ違いはそれほどないように思う。

違い3、Deleteキー

エンターキーの次に使うであろうDeleteキーについてはこんなにも違う。

USキーボード。

JISキーボード。

見ていただくとわかる通り、圧倒的にUSキーボードの方がDeleteキーが大きい。さらに、ホームポジションの関係もあるため、JISキーボードではホームポジションから大きく手を反さないと届かない人も多いだろう。

違い4、カナ変換キー

USキーボードとJISキーボードを悩む人からの質問の共通点として、「USキーボードの場合は英語と日本語をどうやって切り替えるですか?」というものがある。確かにUSキーボードには変換キーがない。

USキーボード。

JISキーボード。

ただし、切り替えについては安心してほしい。キー1つで英語と日本語を交互に切り替える方法がある。実際、私はCaps Lockキーに切り替えを割り当てている。

詳しい設定方法についてはこちらを要参考→5秒で設定完了!爆速Mac USキーボードの英数/かなを切り替える方法

違い5、シンプルで美しい = (イコール)

USキーボードがシンプルで美しいなんてことは、ネット上でよく言われていることなのでどうでもいい。重要なのはそのシンプルさがもたらすメリットについて。

私は個人的に、USキーボードとJISキーボードの美しさの違いは「散らかった机の上で作業するか、片付いた机の上で作業するか」という違いに似ていると思う。

日本語と英語が混在しているJISキーボードはかなり散らかっているように感じてしまう。一方で、英字だけのUSキーボードはすっきりしていてかなりシンプルに感じる。

私はJISキーボードからUSキーボードに乗り換えた時に、机の上を大掃除した時の爽快感を思い出した。結果として、なんだかやる気がみなぎったし、頭の中がスッキリして作業効率がほんの少し上がった。(後述するがこの”ほんの少しの作業効率アップ”が非常に重要)

シンプルで美しい = 頭がスッキリして作業が効率化される

という図式は成り立つと思う。

違い6、トラックパッドとの干渉

前述したようにホームポジションがJISキーボードの場合は結構左に寄ってしまう。結果として、2016年以降のMacBook Proに搭載されているような巨大トラックパッドに手首が若干乗ってしまったり当たってしまいやすくなる。

手首を乗せてもトラックパッドは反応しない素晴らしい技術が備わっているのだが、常にトラックパッドに手が乗っているのは使っていて違和感があるし、なんだか気になってしまう。(個人的に)

トラックパッドとホームポジションによる手首の配置にについては必ずチェックするようにしよう。

違い7、タイピング速度【最重要】

こちらが最大の理由にして、私がUSキーボードを選ぶべきだと思う最終結論。

USキーボードの方がタイピング速度は速くなる。間違いなく。

その理由としては以下の3つ。

  • Deleteキーが近い
  • Ruturnキーが近い
  • シンプルな美しさゆえの作業効率アップ

これらを踏まえると、いかにJISキーボードに慣れていたとしてもUSキーボードに乗り換えるべきだと思う。

それぞれがもたらすタイピング速度アップが1.1倍ほどだったとしても、3つの要素が絡めば、1.1の3乗になるので作業効率は1.331倍アップする。これはとてつもない差だ。

単純に同じ時間で1万文字打てていたものが、13,310文字打てるようになる。キーボードを変えただけで3310文字も増えるわけだ。

この例は、少し大げさに聞こえるかもしれないが、ガジェットを使うというのは結局は、ハードやソフトやアプリを駆使して数パーセントの効率性を上げていくことの積み重ねで作業効率を格段に上げるということなのだから、最もよく触るキーボードにはこだわるべきだと私は信じている。

USキーボードを選ぶべき5つの理由

  • タイピングが早くなる
  • Deleteキーをポジションから手を動かさずにタッチできる
  • 巨大なトラックパッドに干渉しづらい
  • 記号配置が分かりやすいのでプログラミングがしやすい
  • 将来的に海外に行った時に対応しやすい

タイピングが速くなるので、まず間違いなくUSキーボードを選ぶべき。JISキーボードを選ぶべき人はかな入力をしている人などに限られるだろう。

個人的には「もっと早くUSキーボードを使い始めていればよかった」と後悔しているくらいだ。

JISキーボードを選ぶべき唯一の理由

・かな入力する場合

かな入力を極めている人を私は尊敬しているので、もしあなたがそうならぜひJISキーボードで最高速度でタイピングを行うことをオススメする。

あと、USキーボードがどうしても馴染まないという人もJISキーボードを買ってみてもいいと思う。

今日のお告げ「 1.1倍を積み重ねる」

結論としては、USキーボードを買うべき!と当記事では終始言い続けてきたが、1つだけ覚えておいて欲しいことがある。

ガジェットを使う時には3つのことを絶対に意識するべきだと私は思っている。その3つとは、

  • 最高のキーボードを使う
  • 最高のアプリを組み合わせる
  • 最高のラップトップ or デスクトップPCを使う

それぞれを組み合わせて、それぞれの要素ごとに作業効率が1.1倍アップすれば良い。その些細な1.1倍は積み重なれば、2倍、3倍の作業効率に繋がる。単純な算数の計算だ。

当記事がどうかあなたのUSキーボード、JISキーボードの選び方の参考になれば幸いだ。

※ちなみに私はほぼ全ての文章を「HHKB」というBluetoothキーボードで打ち込んでいる。はっきり言って究極のキーボード。HHKBについては以下のレビュー記事がおすすめ

【1年使用レビュー】HHKB(BT)を全力でオススメしたい7つの理由