管理人管理人

Mac(ノート型)関連の質問で最も多いのがこれ。「MacBook AirとMacBook Proどちらがいいですか?」というもの。この質問、実は2018年にMacBook Airが発売されてからかなり増えた。両者のスペックがかなり似ているからだ。そこで、当記事では両者の違いを紹介していきながら最終的にどちらを買うべきか結論を出したいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月20日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

【最終比較】どっちを買う?MacBook AirかMacBook Proか?

当記事で比較するのは、2018年版のMacBook Airと2019年版の13インチMacBook Pro。(15インチモデルのMacBook Proは超ハイスペックを搭載可能なので13インチMacBook Airとの比較が必要ないと思われたため今回の記事では除外した)

スペック面も含めて、あなたがどちらを買うべきか?ということまで結論としてお伝えしていきたいと思う。

当ブログでもどちらのモデルがいいか?ということについては200件以上のコメントのやりとりをしてきたため、ある程度の客観性については保証する。

では、早速それぞれのスペックを比較していってみよう。

PCのスペックの見方についてはこちらを参照→【初心者さん】初Macを買うとき、スペックは何を見ればいいの?

1、CPU

・MacBook Air (2018)
1.6GHzデュアルコアIntel Core i5

・MacBook Pro (2019)
2.4GHzクアッドコアIntel Core i5
2.8GHzクアッドコアIntel Core i7

クロック数よりも重要なコア数だが、MacBook Proが4コアを搭載できるのに比べてMacBook Airは2コアまで。

動画編集など、コア数が重要視される作業をする場合にはMacBook Proが適していると言えるだろう。

2、GPU

・MacBook Air (2018)
Intel UHD Graphics 617

・MacBook Pro (2019)
Intel Iris Plus Graphics 655

どこかにスペックが比較されていないかな?と調べていたら素晴らしいページを発見したので紹介したいと思う。

ノートパソコンのGPUベンチマークと性能比較 | BTOパソコンミニ館

記事によると、ベンチマークのスコア差は、

Intel Iris Plus Graphics 655→1885
Intel UHD Graphics 617→824

と、約2倍の開きがあるようだ。

ただし2つともCPU内蔵グラフィックのため、そこまで大差があるわけではない。

本格的にGPUの性能が必要になる場合は、「Blackmagic eGPU」などの外付けGPUを検討してみた方がいいだろう。

ただ、そんなにGPUを使った作業を行いたいのであれば、iMacや15インチMacBook Proにした方がいいような・・・という考えになるような気がする。

3、メモリ

・MacBook Air (2018)
8 or 16GB

・MacBook Pro (2019)
8 or 16GB

搭載可能なメモリ数は両機種ともに16GBまで。

従来のMacBook Airは8GBまでしかメモリを積めなかったが、2018年からは16GB対応になったので非常に魅力的な機種になった。

4、本体カラー

・MacBook Air (2018)
シルバー、スペースグレイ、ゴールド

・MacBook Pro (2019)
シルバー、スペースグレイ

MacBook Airにのみゴールドカラーが用意されている。

当ブログ読者さんの声を聞いているとMacBook Airのゴールド色に惚れて何も考えずに購入した、という人も結構いるので実物を一度見てみることをおすすめする。

めちゃくちゃ美しい。

当ブログのアンケート結果はこちら→【Macノート型】1番人気の色はどれ?537名の投票結果がこちら

5、Touch Bar

・MacBook Air (2018)
なし ※Touch IDによる指紋認証はあり

・MacBook Pro (2019)
あり

Touch Barについては、可能性を探っている人も多いようだし、私は可能性を感じれば購入してみたいと思うのだが、残念ながらそれほどの作業効率などを実現させることができていないのが現状。

2年間運営している当ブログだが、「Touch Bar最高です!」と激推ししてくれる方には2名しか出会ったことがない。

ほとんどの方は、「使わなくなる。」「バッテリーの消耗を早くしてしまうだけ。」という意見。

そう考えると、Touch Bar搭載よりも非搭載のMacBook Airの方が魅力的かもしれない。

6、ポート数 (USB端子など)

・MacBook Air (2018)
Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2

・MacBook Pro (2019)
Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4

ポート数は2つの違いがある。しかし、個人的には2つで十分だと思っている。

私が使っているMacBook Pro(2016)はポート数が2つのモデルだが、今までに一度たりとも「足りない!」と思ったことがない。

充電しながらUSBケーブル変換ケーブルに接続して外付けHDDを使うことができるだけで、ほとんどの人には十分だろうと思う。

7、バタフライキーボード

・MacBook Air (2018)
第3世代

・MacBook Pro (2019)
第3世代(内部のパーツをやや変更。より打ちやすく)

両機種とも第3世代バタフライキーボード。第2世代のMacBook Pro(2016)を使っている私からすれば羨ましい限り。

MacBook Proの2019年版のバタフライキーボードは第3世代ではあるものの内部パーツが微妙に変更されている。

店頭で打ち心地を確認してみたところそれほど打ち心地に違いは感じられなかったので恐らくは故障しづらいような仕様になったと推測される。

8、バッテリー持ち

・MacBook Air (2018)
最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧

・MacBook Pro (2019)
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧

公表値によると2時間もMacBook Airの方がバッテリー持ちがいい。

これは低消費電力なども関連していると思われるが、ほぼ間違いなくTouch Barの影響だと思われる。Touch Barの影響でMacBook Proはかなりバッテリー持ちが悪くなってしまっととよく言われている。

実際に多くの方からバッテリー持ちのデータを提供していただいた以下の記事は必ず目を通してみてほしい。(あまりのバッテリー持ちの悪さにやや失望するかもしれない)

Mac全機種のバッテリー持ちを検証してみた結果がこちら

9、価格

カスタマイズ無しの標準モデルの価格差は以下の通り。

・MacBook Air (2018)
¥134,800 (税別) ※ストレージ128GB
¥156,800 (税別) ※ストレージ256GB

・MacBook Pro (2019)
¥198,800 (税別) ※ストレージ256GB (MacBook Proは128GBを選択不可)

価格差はストレージ容量256GBの場合は42,000円。

もちろん微妙なスペックの差もあるので単純に比べることは難しいが42,000円もの価格差があれば、その資金でiPadを購入したりAirPodsを購入したりすることができる。

Apple製品は組み合わせるとその作業効率性が2倍、いや、10倍、いや、、、100倍ほどになることもあるので、資金はできるだけ他の製品に投資していった方が良い場合が多い。

当ブログでは「Mac」「iPad」「iPhone」の3つを三種の神器と呼んでいる。おかげさまで多くの読者さんに賛同をいただいているこの理論についてはぜひ以下の記事を読んでみてほしい。Appleが本当に目指している世界があなたにも伝わるはずだ。

Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

MacBook Airを買うべき人

  • Macで何をしたいか決まっていない人
  • 見た目が気に入った人
  • CPU性能を重要視しない人
  • バッテリー持ちを重要視したい人
  • CPUを重要視しない人

かなり微妙なところではあるが、些細なCPUの性能差に体感差はそれほどないので、個人的には初めてMacを買う人にはMacBook Airをオススメするかもしれない。

もちろん、CPU性能に左右される作業や仕事をしている場合にはMacBook Proのスペック増し増しバージョンが適している。だからこそ、Macを買う前にはある程度やりたいことを固めておいた方がよい。

なぜなら、Macで行う作業というのはスペックに依存されるものが多いため、購入を失敗すると後から後悔することにもなりかねない。(高度なスペックを要するアプリでは、中途半端なスペックのMacを使うとストレスのかかる動作になる場合がある)

私から失敗しない買い物術の具体例を提示するとすれば、

  • 動画編集
  • 3D系のアプリ
  • VR、AR系の開発アプリ

などを間違いなく行う人はCPUやGPUにある程度のスペックは求められるので、妥協せずにMacBook AirではなくMacBook Proを購入した方がいいだろう。

逆に言えば、それ以外の人ならMacBook Airで問題ない。MacBook Airはスペック面では必要最低限ではなく、十分すぎるほどのスペックを所有しているため、MacBook Proが必要な人というのは”高性能PCでないと仕事や作業に支障が出る人”と覚えておいてほしい。

MacBook Proを買うべき人

  • CPU性能を重要視する人
  • 見た目が気に入った人
  • Touch Barを使ってみたい人

MacBook Proはその名の通りProモデルのため、Proモデルが必要な人にこそふさわしい。

特に前述したように、

  • 動画編集
  • 3D系のアプリ
  • VR、AR系の開発アプリ

などをメインの目的として使う場合には、MacBook Proしか選択肢が内容に思う。

自分への投資と割り切ってある程度のカスタマイズをすることも必要になってくるだろう。

それでも迷うあなたへ

それでも・・・

それでも、なお迷う人もいるだろう。今のあなたのように。

実際、当ブログにも、スペックの違いや仕様についてはある程度理解しているにも関わらず、「決められません!」と悩んでいる人たちの声が絶えない。

そんなあなたへ私からアドバイスできるとすれば・・・

「見た目で決めよう!」

という単純なこと。

スペック差は?と、不安になる気持ちは分かるが、正直言ってMacBook Airのスペックは必要十分なので、通常の利用であればサクサクとストレスなく使うことができる。

それに、少しでも安いMacBook Airを購入して、余った資金でApple WatchやAirPodsに資金を投じていった方が絶対に人生がより豊かになる。

だから、MacBook Airのあの流線型のフォルムが気に入ったのであれば、MacBook Airを購入するのは選択の方法としてはアリだと思う。

それに、私が当ブログで何度も何度もお伝えしてきたように、製品が美しいと感じられるかどうかというのは最も重要なことだ。

製品が美しい

毎日触っていたくなる、使っていたくなる

どんどんスキルや知識が向上していく

さらに、製品を使い込みたくなる

より人生がより良くなる

という好循環は必ず発生する。

だからこそ、その始点となる”美しさ”に焦点を合わせて製品を選ぶことはおかしいことではないと私は思っている。

もちろん、MacBook Proの重厚なボディに惚れたのであれば、MacBook Proを購入するのもありだ。(2016年にスペースグレイのMacBook Proを見て一目惚れで購入した私のように)

まとめ「後悔のない買い物術とは?」

毎日触っていたくなる製品だからこそ、あなたの知識やスキルはどんどん向上していく。それは間違いない。

スティーブ・ジョブズ氏も「本当に美しい製品を広める。本当に美しい製品に触れていれば閃きを得ることができる。そうやって美しい製品に触れているからこそ、我々は能力を増幅させることができるんだよ。」という旨を語っていたことがある。

本当に自分が好きな製品に触れていれば”スペックの差なんて超えていける”。

どうか、当記事を参考にあなたがあなたにとって最高だと言えるMacが見つかれば幸いだ。

【超おすすめの2つの記事】

以下は読者さんが投稿してくださったレビューなので、信頼性と透明性は抜群。

MacBook Air(2018)のレビューを6名分集めて分かった54のこと

MacBook Pro(2018)のレビューを9名分集めて分かった78のこと【13 & 15インチ】