管理人管理人

私がiMacを購入してからというものの、当ブログには私のレビューをみて「iMacを買いました!」という喜ばしい報告が多数届いている。私は多くの人にiMacの素晴らしさを伝えたいと思っている。だからこそ・・・当記事では100%後悔しないために必要な”iMac買い物術”を3つに分けてお伝えしたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月26日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

iMacを買う前に絶対に知っておくべき3つの絶対原則

この3大原則には私の主観も入っているが、当ブログの読者さんやTwitterのフォロワーさんの意見もふんだんに含まれているため客観性についてはそれなりにあると考えられる。

それでは、早速その3つの絶対原則について解説していこう。

私の個人的なiMacレビューはこちら→Apple信者が27インチiMacを1年使って分かった25のこと

1、机のスペースをチェックする

まず、重要なのがこれ。

iMacは大きい。あなたが想像する以上に。Apple Storeで見る以上に。

私はiMacをどーせ買うのであれば、27インチiMacを買おうと思っていたのだが、当ブログの優しい読者さんたちから、

「27インチiMacは思ったよりも大きいので机の大きさをきちんと見ておいたほうがいいですよ!」

と言うアドバイスを多数いただいた。

ちょうど、私はその時期、引越しを検討していたので新しいPCテーブルをIKEAなどに行って探すことになったのだが、思いの外、奥行きの広いテーブルが少なくて驚いた。

公式データを参照すると、

21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
高さ:45.0 cm
幅:52.8 cm
スタンドの奥行き:17.5 cm
重量:5.60 kg

27インチiMac Retina 5Kディスプレイ
高さ:51.6 cm
幅:65.0 cm
スタンドの奥行き:20.3 cm
重量:9.42 kg

となっている。

つまり、この大きさはまずはクリアしないといけない。さらに、iMacは画面が大きいのである程度、iMacのディスプレイと目の位置を離したが良い。

そう考えると奥行きだけではなく手前にもある程度のスペースがあることが望ましい。

ちなみに私はIKEAで購入したBEKANT ベカントシリーズを使っている。

サイズは160×80。これなら27インチiMacも余裕で設置できる。

製品ページ:BEKANT ベカント デスク – ブラックブラウン/ブラック – IKEA

IKEAにはこのサイズのデスクが結構あったので、機会があれば訪れてみるといいかもしれない。

2、メモリをカスタマイズしない

私はiMacを買う前は知らなかったのだが、実は今のApple製品には珍しく、iMacは自分でメモリをカスタマイズさせることができる。

実際、私は標準の8GBを購入してから、後でメモリを自分で32GB増設させて40GBにした。

Apple公式ストアでメモリ容量をカスタマイズさせてもいいのだが、そうなるとAppleに依頼する手数料がかかるため、自分でメモリを増設するよりもお金がかかってしまう。

その価格差を比べてみると以下のようになる。

・Appleに頼んだ場合(デフォルトは8GB)
16GBへ→+22,000円
32GBへ→+66,000円

・自分で増設する場合
40GBへ→+約26,000円

※私が購入したのは以下のモデル。

約3分の1の価格で40GBへ増設できることを考えるとApple公式サイトでメモリのカスタマイズを依頼するのではなく自分で行ったほうがいいと言えるだろう。

メモリ増設ってやったことないし不安・・・

とあなたは思われるかもしれないが、その点については安心してほしい。以下の記事を読んでいただければ初心者さんでも簡単に増設ができるはずだ。

失敗すると故障?iMacにメモリを増設する超安全な5つの手順

※注意点
メモリ増設は近年のものだと、21.5インチは対応不可となっている。
以下のページをチェックして該当機種を必ず把握しておくようにしておこう。

参考:iMac にメモリを取り付ける – Apple サポート

3、フュージョンドライブを選択しない

「フュージョンドライブは遅いからやめたほうがいいですよ。」

とフュージョンドライブユーザーの読者さんやTwitterのフォロワーさんから一斉にフュージョンドライブの選択はやめるように私は説得された。

フュージョンドライブの価格は安いし、Appleが言っているように起動はSSD、それ以外のデータ保存をHDDに主に行わせるというのはかなり効率的なように思うのだが、実際はフュージョンドライブには動作のサクサク感はあまりないようだ。

一応、参考までにフュージョンドライブとSSD搭載のiMacの価格を調べてみると、

【27インチiMac】

  • 1TB Fusion Driveストレージ→デフォルト
  • 2TB Fusion Driveストレージ→+22,000円
  • 256GB SSDストレージ→+11,000円
  • 512GB SSDストレージ→+33,000円
  • 1TB SSDストレージ→+77,000円

→Apple公式サイトで最新の価格をチェックする

となっている。

資金がないのであれば、フュージョンドライブではなく、256GBSSDへのカスタマイズを行うほうがいいだろう。

実際、私は256GBのSSDを選択した。足りない分は外付けHDDやiCloudで補っている。それで十分。

この価格差をどう考えるかは人によるとは思うのだが、善意100%の読者さんたちが、私がiMacを購入する前にフュージョンドライブではなくSSDをオススメしてきたという事実だけはあなたにはお伝えしておきたい。

5年10年と使われることも多いiMacだからこそスペック面では妥協しないほうがいいのかもしれない。

今日のお告げ「ぜひ、一家に一台iMacを」

Mac(ノート型)があれば、iMacなんて不要でしょ?

と、私はずっと思っていたがそれは大きな間違いだった。iMacの完璧に計算されたボディと大画面のRetinaにはMac(ノート型)には実現できない魅力がある。

少なくとも私はiMacを購入して心の底から良かったと思っている。(おすすめしてくださった読者さん本当にありがとう)

ぜひ、あなたの家にも1台のiMacを!

【iMac関連でおすすめの2記事】

【随時更新中】おすすめiMacはどれ?絶対に買ってはいけないiMacとは?

Apple信者が27インチiMacを1年使って分かった25のこと