管理人管理人

つい3日ほど前の6月2日に私はM1 Mac miniを購入した。発売から半年以上も経過した機種を購入したのには大きな理由がいくつかある。その理由についてこの記事ではお伝えしていきたい。一言で言えばMac mini最高。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

僕が今さらM1 Mac miniを購入した5つの理由

以下、私が購入した理由をお話ししていこう。

ちなみに開封動画と記事はこちら。

今さらだけどM1 Mac miniを買いました。開封レビューと買った理由を少し。

理由1、MacBook Airのスペック不足と27インチiMacの不調

  • MacBook Airのメモリ8GBへ、ファンレスへの不満
  • 27インチiMacのSSD上の不調

この2つが重なって普段の作業にストレスを抱えていた。とんでもないストレスだった。今すぐに対策を取らないとまずい。それくらいのストレスだった。

MacBook Airのへの不満についてはこちらの動画と記事で言いまくっている。

【4ヶ月目レビュー】M1 MacBook Airではなく27インチiMac(2017)をメイン機にした理由

要は、ブラウジングや文字打ち、簡単な動画編集、画像編集についてなら全く問題ない。むしろ高速で最高のMacだが、私みたいなごくごく一部の人間(毎日動画編集・画像編集・ライブ配信)をヘビーにし続ける人にとってはスペック不足が顕著に出ると言うこと。

例えば、

  • 複数のアプリを立ち上げた状態で動画を編集するとレインボーくるくるが発生する
  • ライブ配信中にアプリが落ちる
  • 重いアプリを立ち上げているとすぐに熱くなる(内部が80〜90度)→動作が重くなる

という感じで「いやぁ、、、厳しいなぁ。」と思っていた。

27インチiMacについてはFinal Cut Pro Xが急に落ちたり、ライブ配信のアプリが何故か急に落ちたりなど。不具合連発だった。おそらくSSDかな?とは思う。ただ、動画観たり、ブラウジングする程度ならそれほど重くはならないのでこのままサブディスプレイとして使っていくつもり。

と少し話は逸れたがスペック面で不満があったのでMac miniを購入したというのが大きな理由だ。

理由2、整備済製品が出たから

私が購入したスペックは、

  • M1 Mac mini
  • メモリ16GB
  • ストレージ1TB
  • ギガビットEthernet

というものだった。

そして、整備済製品と新品の価格(税込価格)を比較してみると、

  • 整備済製品:124,080円
  • 新品:145,800円

価格差は21,720円となる。

安い。
2万円も安くほぼ新品の整備済製品を購入できたのは大きかった。教えてくださったTwitterのフォロワーさんに感謝。

理由3、EIZOのディスプレイ

私は”理由1”でお伝えした通り、現状のスペック面に関して不満を持っていたのでMac miniを検討していたのだが、24インチiMacを購入するかどうかかなり迷った。かなり迷った・・・のだが、2つの理由からM1 iMacではなくMac miniを購入するに至った。

  • 24インチサイズは小さい
  • EIZOのディスプレイが使いたい

この2つの理由により、24インチiMacを購入しなかった。特に後者は大きな大きな理由。

私が今、使っているEIZOのディスプレイはコレ。

元々は27インチiMacから出力して使っていたので、27インチiMacのRetinaディスプレイと4KのEIZOディスプレイを比較しながら使ってきた。

結果、私の作業ならEIZOのディスプレイの方が向いていることがわかった。とにかくずっとずっと見ていたくなる画面。最高のディスプレイ。

ディスプレイの比較については以下の動画・記事を見ていただければ幸いだ。

EIZOのEV2785(4K 27インチ)ディスプレイを使って分かった9つのこと

とにかく声を大にして言いたいのは、

EIZOのディスプレイは、Apple信者の私に”ラブリーな24インチiMacではなく、Mac miniを購入させるほどのクオリティ”だということだ。

理由4、買ったことのない製品だったから

私は長きに渡るMacライフにおいて、Mac miniを一度も購入したことがなかった。

せっかくMac買うなら、MacBook ProかiMacでしょ!

みたいなわけのわからないこだわりを持っていた。ただ、当ブログを長く運営し、Youtube動画を始めたことにより多くのMac miniユーザー、いや、Mac mini Loversと触れ合うことによりMac miniを試したい気持ちが沸々と込み上げてきた。

そもそもの話、27インチiMacを購入した最たる理由も、「読者さんたちに強烈なファンがいたから。」というものだった。

Mac miniは好きなディスプレイに好きな場所で繋ぐことができる最高のメリットがある。これからMac miniライフも楽しんでいきたい。

理由5、動画編集・記事の執筆速度をさらにあげたかったから

正直言うと、今回M1 Mac miniを購入したのはやや自分の信念とそぐわない部分はあった。

27インチiMacの不調は修理すれば治りそうだし、M1 MacBook Airのスペック不足だって、作業をするときに可能な限り他のアプリを落としたりすればまだまだ活用できた。

ただ、これから動画編集を毎日行い続け、記事をたくさん執筆し、読者さん・視聴者さんたちに楽しんでもらうためには絶対にスペックの良いMacが必要だった。

例えば、

  • iMacでアプリが落ちる
  • MacBook Airでレインボーぐるぐるが発生する
  • MacBook Airでアプリが落ちる

などが1日に1回起きるだけでも大変なストレスだし、大幅すぎる作業効率低下につながるように感じる自分がいたのも事実だった。

特に、この記事を書いている今現在、あるいは動画を編集している時というのはほんの少し”ゾーン”のような状態に入って作業をしているため、少しでも作業を中断する要素が割り込んでくると自分の集中力が激減する。モチベーションも落ちる。

海外の書籍で「一度集中力が途切れてしまうと元の集中力に戻るためには30分かかる。」という旨の文言を見たことがあるのだがそれはその通りだと思う。

私自身、そのようなことを避けるために今回のM1 Mac miniを購入した。つまり、”時間を買った”とも言える。

M1XのMac miniを待たなかった理由

なんで今?
M1X出るらしいですよ。

的なコメントが数件入ってきた。

コメントをいただかなくても、多分、疑問に思う方もたくさんいるので回答させていただきたいのだが、

やりたいことがあったり、スペック不足を感じているのであれば、1日でも1時間でも、1分でも早く購入するべき。

というのが私の考えだ。

確かにWWDCが次の週に迫っているのに買うのはちょっと早計だと思われるかもしれないが、それでもなお、買うことには価値があったと思う。

1週間と言えば膨大な時間だし、しかも、新型の製品が発売されるかは確定ではない。それなら待つよりもサクッと買っちゃった方がいい。(待てない性格というのもあるが)

今日のお告げ「買います。」

M1 Mac miniを買ってみて思ったことを最後に1つ。

もう1台、EIZOが欲しいぃぃぃぃぃ!!!

せっかく2画面に出力できるのだから、もう1台ディスプレイを接続して作業を効率化したいと思ってしまう。あぁ、人間って貪欲。

32インチとかめっちゃ良さそう。

というわけでディスプレイの追加があるかどうかも今後、自分なりに考えていきたい。

いやぁ、、、Mac miniも楽しいなぁ。