管理人管理人

もし、あなたがiPhone XSを購入するか?iPhone XRを購入するか?迷っているなら当記事を最後まで読み進めてほしい。2機種の9つの違いをお伝えしたうえで、あなたにオススメの機種を紹介している。最後まで読めばあなたの購入する機種が決定するに違いない!(はず)[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

iPhone XSとXRの9の違いとは?

この9つの違いさえ抑えておけば大丈夫!!

という重要なスペック差などを抑えたので9つの違いを1つずつ流し読みでもいいのでしっかり最後の方まで目を通してほしい。

ちなみに、Appleの公式サイトの比較表も要チェック→→新型iPhone (XR, XS, XS Max) の比較ページをチェックする(Apple公式)

違い1、価格

・iPhone XS
64GB:112,800円
256GB:129,800円
512GB:152,800円

・iPhone XR
64GB:8万4800円(28,000円)
128GB:9万0800円(39,000円)
256GB:10万1800円(51,000円)

→新型iPhone (XR, XS, XS Max) の価格をチェックする

カッコ内の金額はiPhone XSとiPhone XRの価格差だ。こうやって見てみると、iPhone XRの方が約3万円以上安い。

つまり、あなたはこの金額差を出すほどのスペックをiPhone XSに見いだせるかどうかが一番重要というわけだ。

その点を踏まえて、私が思う重要なスペック差を以下、解説していくので最後まで読み進めてほしい。ちなみに私は3万円を支払ってまでほしいようなスペック差はないと思うので、iPhone XRの方がオススメだ。

違い2、バッテリー持ち

・iPhone XS
iPhone Xより最大30分長いバッテリー駆動時間
連続通話時間(ワイヤレス):最大20時間
インターネット利用:最大12時間

・iPhone XR
iPhone 8 Plusより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間
連続通話時間(ワイヤレス):最大25時間
インターネット利用:最大15時間

バッテリー持ちだけを重要視するのであれば、iPhone XRの方がよい。とはいえ、iPhone XやiPhone 8 Plusですら電池持ちに関しては評価されていたのだから、iPhone XSとiPhone XRともに嬉しいアップデートになったと言えるだろう。

違い3、ディスプレイサイズ

・iPhone XS
Super Retina HDディスプレイ
5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ

・iPhone XR
Liquid Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ

ディスプレイサイズについては、個人差があるので実機を確認するべきだとは思うが、両者に言えるのは画面を横にした時に、今までに使っていた機種とは違って違和感があるかもしれないということだ。

ノッチ型ディスプレイなので仕方ないが、あなたがノッチを好きになれるかどうかは一度店頭で確認した方がよいだろう。慣れれば大丈夫だとは思うが・・・

それと、もう1つ。絶対に押さえておかないといけないことがある。

iPhone XSは有機ELに対応している。そのため目が疲れづらいと感じる人も多いようだ。

有機ELの詳しい説明はし出すとキリがないが、簡単に説明すると「黒色」を画面に表示させる時に効果を発揮すると考えればよい。

有機ELは黒色を特に綺麗に表現できると言われている。必要な部分だけを発色させることができるからだ。一方で、通常の液晶は黒色を表示する時にも常にバックライトが光っている。ゆえに目が疲れやすい。

有機ELを使うことによるメリットを理解したうえで、iPhone XSの購入は非常に良い買い物になるだろう。

違い4、防水

・iPhone XS
水深2メートルで
最大30分間の耐水性能2

・iPhone XR
水深1メートルで
最大30分間の耐水性能2

ただし、Appleの公式ページに以下のようなただし書きがある。

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でテストされています。iPhone XSとiPhone XS MaxはIEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深2メートルで最大30分間)。iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XRはIEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています(最大水深1メートルで最大30分間)。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

この防水性能の違いで大きく変わってくるのは、IP67か?IP68か?という点に集約される。

それらがどう違うのかを調べてみたのだが、驚きの結果が。IP68は規定の中で一番耐水性能が高いようだ。

PP IPtoukyu

違い5、重さ

・iPhone XS
177g

・iPhone XR
194g

iPhone XRの重さは従来のPlusシリーズと重さがほぼ同じなため、Plusシリーズユーザーだった人たちからすれば、同じ感覚で使えるだろう。

逆に、私のようにPlusシリーズを経験したことのない方は注意が必要。特に女性の方は片手で長時間電話したりするのがしんどくなる可能性もあるのでしっかり検討したほうがよい。

重さが心配であればiPhone Xs一択だろう。

違い6、3D Touch

・iPhone XS
対応

・iPhone XR
非対応

今、現在3D Touchをハードに使っている人はこの違いには要注意。iPhone XRでは3D Touchを利用できない。

ただし、テキスト部分をググッと押し込んでカーソル移動をさせることができる機能についてはiOS 12で対応させるとの情報があるので、その点はiOS 12の正式アップデート後に確認するべきだろう。

違い7、カメラ

・iPhone XS
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム

・iPhone XR
最大5倍のデジタルズーム

カメラの世界は奥が深い。私もすべてをマスターしているわけではないのだが、1つだけ気になったのは「光学ズーム対応」について。

光学ズームは基本的にズームしても画質を落とさずに撮影ができる。なので、普段からズーム撮影をする機会が多いなら良き相棒となるだろう。

余談が、iPhone XS、iPhone XRともに、ボケのある撮影が可能になった。しかも、そのボケの度合いを編集できる。

おいおい、神すぎるだろ・・・

ボケがあるとちょっとプロっぽい写真が撮影できる気がして非常にカメラ撮影が楽しくなる。実機を使ってボケ写真を撮影して気に入ったら乗り換えるというのもありだろう。

ただし、どれくらい被写体と離れていないと上手くボケのある写真を撮影できないのかどうかは言及されていない。それらのデータが集まってから購入というのが無難になりそうだ。

違い8、カラー

・iPhone XS
シルバー、スペースグレイ、ゴールド

・iPhone XR
ホワイト、コーラル、ブラック、イエロー、ブルー、レッド

キターーーーー!!!

コーラル(オレンジ)、美しすぎるぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!

色の好みは人それぞれだと思うのだが、このiPhone XRのカラー展開には胸が高鳴る人が多いだろう。かつてのiMacを彷彿とさせるようで嬉しい。

こういう色の遊び心こそApple。

違い9、デュアルSIM

・iPhone XS
対応

・iPhone XR
対応

いずれもデュアルSIMには対応している。ただし、nano SIMについては今まで通り利用可能だが、eSIMについてはまだまだ発展途上の技術。

対応している国も少ないし、その料金プランも定かではない。おそらく高額になるだろうから、デュアルSIM目当てに新型iPhoneを購入するのはあまり良い判断とは言えないだろう。

ただし、eSIMに対応している国はたった10カ国なので、まだまだ発展途上の機能とも言えそうだ。

eSIM に対応している通信事業者を探す – Apple サポート

iPhone XRを買うべき人はこんな人

  • お気に入りの色がある人
  • コストを抑えたい人
  • iPad、Macを持っていない人

とりあえず、まず見た目。あの美しい、そして遊び心のある見た目が気に入ったなら間違いなくiPhone XRは買いだ。

当ブログでは何度も何度もお伝えしているのだが、製品が美しいとずっとずっと触っていたくなる。その結果、入ってくる情報量も多くなるしあなたの人生が豊かになる。

つまり、「美しさ」は正義というわけだ。

さらに、iPadやMacを所有していない人にもiPhone XRをぜひオススメしたい。3万円、4万円も高いiPhone XSを購入するくらいなら、iPhone XRとiPad(2018)の組み合わせを手に入れた方がぜっっっっっっったいに幸せになれる。(→iPadの価格をチェックする(Apple公式))

あなたの人生だって変わる。だから、iPadやMacを持っていないならぜひ、コストを抑えてiPadを検討するなどの選択肢もぜひ検討してみてほしい。

製品の組み合わせ方についてはこちら→【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

iPhone XSを買うべき人はこんな人

  • 有機ELのディスプレイを使いたい人
  • 軽いiPhoneが欲しい人

これらに当てはまる人にはiPhone XSがオススメだ。約3万円以上もの金額を支払って有機ELを手に入れたり、軽いiPhoneを手に入れることに意味があるかは個々によるだろう。

私は目の疲れが軽減される可能性があるのであれば、3万円の自己投資は安いものだと思ってしまうし、日々使うものだから軽いものがほしいという気持ちだって分かる。

要はバランスの問題だ。

独断と偏見でオススメする機種はこっち!

私は個人的にはiPhone XRを強くオススメしたい。

  • 安い(iPhone XSに比べて)
  • 色がオシャレ
  • 十分にハイスペックすぎる
  • iPhone XS, XS MaxはApple信者用の製品

という理由からだ。

どうしてもiPhone XSでないと実現できないことがあったり、iPhone XSの見た目が気に入っているという理由以外はiPhone XRの方がオススメだ。

私は家族や友人にも実際にiPhone XRの方をオススメしている。

最後に:iPhoneの乗り換えは本当に必要?

今回の新型iPhoneは買った方がいいの?

と、私はiPhoneの発表会の度に聞かれるのだが、私の回答はいつも同じだ。

「iPhoneを持っているにも関わらず、iPadと、Macを持っていないなら、iPhoneの乗り換えよりもiPadとMacを検討した方がいい。」

iPhoneで出来ることは限られているし、iPhone XS, XS Maxはもはやハイスペックすぎるし、価格も高すぎるので新しいもの好きのガジェットオタクや、Apple信者用の製品にすぎない。

私はアホなのでiPhone XS Maxを購入したが、知人に購入をオススメするかと聞かれれば、断じてオススメはしない。15万も支払うくらいなら、絶対にMacBookやiPad Proを購入した方がいい。

もし、あなたがiPadやMacにほんの少しでも興味があるなら、以下の記事に目を通してみてほしい。あなたに必要なiPadやMacが必ず見つかるだろう。

【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

さらに、新型iPhoneを検討しているなら以下の情報にも必ず目通しておいてほしい。

新型iPhone (XR, XS, XS Max) の比較ページはこちら(Apple公式)

どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較

3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

あなたが新型iPhoneを購入されたのであれば、ぜひコメント欄にて教えて頂ければ幸いだ。一緒にAppleを楽しもう!!