管理人管理人

iPhone XRはiPhoneの売り上げの半分以上を占めることになるだろう。というニュースの見出しが、iPhone XRの発表翌日に紙面を飾っていた。私の周囲や、Twitterのフォロワーさん、当ブログの読者さんたちの評価も高い。では、1世代前のiPhone 8と比較したみたときに、本当にオススメの機種はどちらだろうか?当記事では重要なポイントのみを比較していこう。[@appleshinja_com]

※最新ニュース

iPhone 8の価格が11,000円値下げされたことがAppleから発表された。iPhone 8の在庫がみるみる減少しているので、早めにチェックしておこう。

→iPhone 8の在庫をチェックする(Apple公式)

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

結論

iPhone XRがオススメ。

本当に微妙なところなのだが、iPhone 8とiPhone XRを比べた時に私はiPhone XRをオススメしたい。両方素晴らしい機種であることに間違い無いのだが、微差でiPhone XRかなぁというところ。

理由は1つずつ後述していくが、ノッチ型ディスプレイに対して拒絶感がないのであれば、iPhone XRは非常に良い買い物になるだろう。

9つの違いを徹底比較

iPhone XRとiPhone 8, 8 Plusとの違いについては、以下9つの違いさえ抑えておけばOKだ。

Apple信者としてこれだけ抑えておけば大丈夫だろう。と思った重要な比較ポイントのみをお伝えしていく。

では、早速!いってみよう。

違い1、ディスプレイサイズ

・iPhone XR
IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi

・iPhone 8
IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi

・iPhone 8 Plus
IPSテクノロジー搭載5.5インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi

ディスプレイサイズについては大きな違いがある。

iPhone XRはほぼiPhone 8 Plusよりも本体が小さいにも関わらずディスプレイの表示領域は大きい。実際に店舗で実機を確認しないとイメージはしづらいが、ディスプレイサイズの大きさは快適性に繋がることは容易に想像できる。

ただし、横にして使う際に、今までのiPhoneのディスプレイに慣れていた人からするとやや横長に感じてしまうかもしれない。iPhone XRはノッチ型ディスプレイのため、好みが分かれてしまうところはあるだろう。

個人的にはノッチ型でもいいのでちょっとでもディスプレイサイズが大きくなるのは良いことだと思っている。

違い2、重さ

・iPhone XR
194 g

・iPhone 8
148g

・iPhone 8 Plus
202g

iPhone XRとiPhone 8 Plusはほぼ同じ重さ。iPhone 8のみが圧倒的に軽く見える。

Plusサイズに慣れている人にとってはこの重さは気にならないかもしれないが、iPhone 6, 7, SEなどの小型のiPhoneを使ってきた人は注意。

約60gの重量アップはかなり手にズシッとくる。

違い3、価格

・iPhone XR
64GB:8万4800円
128GB:9万0800円
256GB:10万1800円

・iPhone 8
64GB:67,800円
256GB:84,800円

・iPhone 8 Plus
64GB:78,800円
256GB:95,800円

iPhone 8が値下げっ!!めっちゃくちゃ安くなった。コスパ抜群。とは言ってもiPhoneはまだまだ高価だが。。だけど11,000円の値引きは強烈。(iPhone 8の価格をチェックする(Apple公式))

ただし、iOSのサポート期間を考えると長く使うのであれば少しでも新しい機種を購入したほうがいいという考え方もできる。

iOSのサポートを考慮した「iPhoneの本当の寿命」については以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

【2018最新】今買うべきはこのiPhone以外ありえない!全モデル徹底比較

最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】

違い4、3D Touch

・iPhone XR
非対応

・iPhone 8
対応

・iPhone 8 Plus
対応

iPhone XRは3D Touchに対応していない。今までのiPhoneで3D Touchの操作に慣れている人は注意が必要。

ただ、重要な3D Touchの機能の1つ「キーボードをググッと押し込むことでカーソル移動させる機能」はiOS 12の機能でカバーされるという情報がある。

iOS 12の公式アップデート後にそれは明らかになると思うので、3D Touchを重要視するなら、その点は要チェックだ。

違い5、ポートレートモード

・iPhone XR
対応

・iPhone 8
非対応

・iPhone 8 Plus
対応

恐ろしいことに、iPhone XRはシングルカメラながらポートレートモードに対応している。

Appleのイベントでもその写真は紹介されていた、非常に綺麗だった。

使い勝手については実機を使わないとなんとも言えないところはあると思うが、ポートレートモードは写真撮影を楽しくさせてくれる素晴らしい機能なので、個人的には非常にオススメ。

実際に私の母もiPhone 8 Plusで写真を撮るのがすごく楽しいと喜んでいた。

違い6、Face ID

・iPhone XR
対応

・iPhone 8
非対応

・iPhone 8 Plus
非対応

Face IDの制度は悪すぎるっ!!!

とiPhone Xのレビューには結構な数の酷評が並んでいたが、私のブログの元には「Touch IDよりFace ID方が便利ですよ!」というコメントが大量に入ってきている。

もちろん、人によるとは思うのだが、新型iPhone(2018)はFace IDの精度も向上したようだし期待して良いと思う。

違い7、カラー

・iPhone XR
ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、レッド

・iPhone 8
ゴールド、シルバー、スペースグレイ

・iPhone 8 Plus
ゴールド、シルバー、スペースグレイ

キターーーーーーー!!!

超オシャレなiPhone。これを待っていた。今までのiPhoneはiPhone 5cをのぞいて、基本的にはカラー展開は同じだった。

だが、ここにきてiPhone XRの多色カラー展開。しかも、全て高級感があってオシャレ。Appleっぽい遊び心の感じられる美しいデザイン。実機を見るのが楽しみだ。

新型iPhone (XR, Xs, Xs Max) のカラー展開をチェックする(Apple公式)

違い8、デュアルSIM

・iPhone XR
対応

・iPhone 8、iPhone 8 Plus
非対応

iPhone XRの方はデュアルSIMに対応している。合わせて、iPhone Xs, iPhone Xs Maxも対応。2018年からの新機能だ。

ただし、eSIMに対応している国はたった10カ国なので、まだまだ発展途上の機能とも言えそうだ。

eSIM に対応している通信事業者を探す – Apple サポート

違い9、将来性

・iPhone XR
あり

・iPhone 8、iPhone 8 Plus
やや厳しい

これは独断と偏見に満ちたものになってしまうのだが・・・

iPhone XRの形は今後、iPhoneの標準形になっていくと思われる、

  • ノッチ型ディスプレイ
  • Face ID対応

主にこの2つが大きな変更点ではあるのだが、個人的にはiPhone XRに早めに慣れた方が楽しいかな?と思っている。確かに、ギリギリまでiPhone 8シリーズのようなものを使うのもありなのだが・・・

うーん、このあたりの判断は難しい。

以下のように考えると良いかもしれない。

  • 2年後、もしくは3年後に買い替え→iPhone XR
  • 4年後、もしくは5年後以降に買い替え→iPhone 8

2、3年後のiPhoneはおそらく同じ形状のはずなので、慣れるという意味ではiPhone XRを使っておくというのはあり。一方、iPhone 8を購入して使い続けるというのもあり。

ノッチが好きか嫌いか?
デザインはどちらが好きか?

という自分の気に入った見た目の方が買うのが一番後悔は少ないかもしれない。美しい製品を使うと毎日ワクワクすることができるからだ。

iPhoneの寿命は4年?

3年目からやや動作が少し遅くなってくる。4年目からは「あぁ、厳しいなぁ。。」と思い始める。5年目には「あぁ、買い替えたい。」と思い始める。

私のTwitterのフォロワーさんたちの意見をまとめると、現在「iPhone 6」を使っている人からは買い換える予定という声が多い。iPhone 6は4年前の機種なのでやや動作がもっさりしてくる頃だからだろう。

ただし!iOS 12では旧機種のパフォーマンスを向上させるという機能を搭載させるようなので、iOS 12でどれだけ性能が向上するかを試してみてから買い換えを検討するのがオススメ。

特にカメラやSNSなどのよく使うアプリの起動速度が上がるのであれば、それは非常に嬉しいことだし、日々のストレスも軽減される。

それを差し引いても、iOSのサポートはiPhone発売後の4〜5年目に打ち切られるので、その点にも注意しながら、今の機種をどこまで使うかを決めていくことが重要だ。

私が思う、iPhoneの寿命とコストパフォーマンスの関連性・計算式はこちらで公開中→【最終結論】計算式を公開!iPhoneは買い換えと修理どちらがお得?

最後に:同じことを何度も何度も何度も。

さて、最後に。当ブログでは100回以上お伝えしていることをあなたにもお伝えしたいと思う。

まだ、iPhoneが使えるなぁ、とあなたが思っていて、かつ、iPadやMacを所有していないのであれば、ぜひ、iPhoneの乗り換えではなく、iPadやMacの購入にどうか目を向けてみて欲しい。

多少、iPhoneのLINEの起動が遅かったり、ブラウジングが遅かったりするくらいであなたの生活にそれほど大きな悪影響はない。iPadやMacを揃えたことによる快適性の方が圧倒的に上だ。

「MacやiPadなんて使いこなせる自信がない・・・」

もし、あなたがそう思われるなら以下の記事に目を通してみて欲しい。あなたにぴったりのMac、iPadが見つかるはずだ。

【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

あぁ、それにしてもiPhone XRの実機楽しみだなぁ。。色が絶対綺麗。想像しただけで胸が高鳴る。10月にも楽しみが増えて幸せ。。。

購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較

iPhone Xs Max 7日間連続レビュー0日目「私が購入するスペック、あなたの質問を募集」