管理人管理人

当記事は読者さんからの情報提供により明確になった、セキュリティ面から見たMacの寿命について共有させていただきたい。最低でも10年は使えそう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月13日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

セキュリティアップデートは11年以上?

まずは結論。

Macのセキュリティアップデートは2世代前のmacOSサポート対応機種に対しても行われる。つまり、2020年時点であれば11年前のMacBookもセキュリティアップデートは可能。

それらの情報は以下のApple公式ホームページ箇所より読み取れる。


Apple セキュリティアップデート – Apple サポート

現時点で一番古いmacOSはHigh Sierraとなる。


macOS High Sierra にアップグレードする方法 – Apple サポート

macOSのアップデートは、7〜8年くらいで対象外になるため、それ以降は旧macOSを使うことになる。11年目まで使うと考えれば、3〜4年は旧macOSのまま使うことができると考えると良さそうだ。その場合は、最新のmacOSの機能は使えないが、セキュリティ的には安心して使うことができる。

ただし、セキュリティの面では安心して使い続けることは”可能”ではあるが、スペック的には徐々に辛くなってくる可能性はある。

今日のお告げ「少なくとも10年を目安に。」

今回の記事は冒頭でもお伝えしたように、とある読者さんから情報を提供していただいてわかったこと。本当に感謝。

Macのセキュリティアップデートは10年前後はサポートされていく可能性は高そうだ。

ただし、読者さんたちのコメントを見ていると、6〜7年経過すると動作がややモタつくようになってくるので、サブ機として使い始めることが多いようだ。メイン機として新しいハイスペックなものを導入して、今まで使ってきたMacをサブ機として使い始めるのはいいことだと思う。

私の2016年版のMacBook Proはまだまだ元気だが、3、4年経過したらサブ機としてクラムシェルモードで使い始めるかもしれない。

とは言え、最低でも10年くらいは使えると考えると、「まだまだ一緒に入れるなぁ。」とワクワクしてくる。

やっぱりMacは最高やでぇ!

※実用的な寿命に関してはこちら→Macの寿命は4年?macOSサポート期間と27,857件のコメントから考察してみた