管理人管理人

「Macはどれくらいの期間使うことができますか?」という質問が当ブログには度々届くため、当記事ではAppleの公式見解と私の持論をお伝えしていきたいと思う。私が算出する寿命はちょっと意外なものになるかもしれないが・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月19日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず、結論

だらだらと寿命に関する数値をお伝えしても眠くなるだけなので、まずは結論から。

Macの寿命は、

Appleが公式に発表している寿命→4年
macOSのサポート期間を考慮した寿命→8年
当ブログ読者さんの声を反映した寿命→6、7年

という具合に何を基準にするかによって違う。

なぜ、寿命がこれらの年数に換算されるのか?ということを以下、お伝えしておこう。

ただし、最初に私の考えをお伝えさせていただくとすれば、最低でも5、6年は使えると思っている。(理由は後述)

Macの寿命に関する3つのデータ

これら3つの寿命に関するデータについて、あなたがどれを基準にするかはあなた次第。

1、Appeが公式で発表している寿命

まず、Appleが公式で発表しているMacの寿命は4年ということに関しては以下のページの「Appleは、Apple製品の温室効果ガスのライフサイクル評価をどのように行っていますか。」という項目より確認できる。

ユーザーによる使用をモデル化するためには、模擬的な使用シナリオのもとで稼働する製品の消費電力を測定します。日々の使用パターンは各製品に固有のもので、実際のユーザーとモデル化したユーザーのデータを組み合わせています。この評価では、1人目の所有者を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOS、iPadOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にするモデルを採用しています。

環境 – よくある質問 – Apple(日本)

つまりAppleとしてはMacに関しては4年の使用を想定しているとのこと。この公式ページが更新された当時はネット上で「Macコスパ悪っ!」という意見も出ていたが・・・

公式ページには、以下のようにも書かれていることに注目。

ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く、多くの場合1人目の所有者から別のユーザーに譲渡または転売されるか、Appleによって回収されます。製品のエネルギー使用量に関する詳しい情報については、Appleの製品環境報告書をご覧ください。

この回答についての解釈は人それぞれではあるが、私としては「4年以上使えることがほとんどだけど、使用頻度によっては4年になることもあります。ただ、使用後はAppleが回収しますので環境への配慮はしていますよ。」という感じだと思っている。

Appleが公式に「5年6年使っているユーザーもたくさんいます!」と言ってしまうとそれ以下の年数で問題が発生した場合にクレームが殺到してしまうので短めに言っている気がしないでもない。米国なら訴訟しまくりになるだろうし。

2、 macOSのサポート期間から考える寿命

次にmacOSのサポート期間から算出した寿命は8年ほどという点について。

こちらもApple公式ホームページには以下のように書かれている。(2020年2月時点)

以下のいずれかのコンピュータに OS X Mavericks 以降を搭載している場合は*、macOS Catalina をインストールできます。また、Mac に 4 GB 以上のメモリが搭載され、12.5 GB の空き容量があることが必要です。OS X Yosemite 以前からアップグレードする場合は、最大 18.5 GB の空き容量が必要です。
MacBook (2015 年以降に発売されたモデル)
MacBook Air (2012 年以降に発売されたモデル)
MacBook Pro (2012 年以降に発売されたモデル)
Mac mini (2012 年以降に発売されたモデル)
iMac (2012 年以降に発売されたモデル)
iMac Pro (全モデル)
Mac Pro (2013 年以降に発売されたモデル)
macOS Catalina にアップグレードする方法 – Apple サポート

つまり、最も古いMacで2012年以降に発売されたモデルがmacOSのサポート対象になっている。と、すれば約8年ほどの寿命と定義することができる。

サポート期間が切れるとセキュリティ的にも問題がでてくると言われているし、そもそも純正アプリの素晴らしい新機能や、OS自体に搭載される新機能が使えなくなる。

そのため、macOSのサポートが切れた場合は少なくともメインマシンについては買い換えるのが妥当だと言えるだろう。

3、当ブログ読者さんたちの統計上の寿命

最後に、私のブログ上に届くコメントから算出した寿命(6〜7年)をお伝えさせていただきたい。

ちなみに現在のコメント総数はこんな感じ。

これらのコメントの過去を洗い出してみると、

2011年モデルがお気に入りでまだ使っています!
2012年モデルはまだ現役です!!

というコメントが定期的に届く。SSDへの換装をしていたりする人も多いが、それでもまだ動いているという声が多い。

ただし、「サブ機で」というコメントが多いのは事実。それは裏を返せばメインでは別のMacを使っている人が多いということでもある。

一方で、「2013年モデルをまだ使っています!」という声はほとんど届いていない。これはまだまだ現役すぎて声を上げる必要がないとも言える。また、まだmacOSのサポート期間に余裕があるという側面もあるだろう。

と、考えた時、メイン機として使うには2020年2月時点では2013年モデルがギリギリのモデルだとも言える。そう考えると、実用性を考えたMacの寿命は6〜7年くらいとおおよそではあるが考えることはできないだろうか?

私の周囲を見ていても2013年前後のモデルの人は買い替えを検討していたりすることが多い。逆に2014年以降のモデルを使っている人たちは買い替えなんて全く検討していないパターンがほとんど。

それらを全て考慮すると、「実用年数は最低でも5年」と考えても良さそうだ。

追記:macOSセキュリティのサポート期間について

優しく知識の深い読者さんから情報提供をいただいたところ、macOSのサポート対象外となった機種であっても、セキュリティについては旧macOSも含めてアップデートされているようだ。(恥ずかしながら知らなかった)

Apple セキュリティアップデート – Apple サポートより

つまり、セキュリティについての心配はほとんどないということ。

これは・・・スペックさえ問題なければMacは10年くらいは余裕で使えそう。

独断と偏見に満ちたMacの買い替え術

ここからはかなり乱暴な言い方になってしまうし、独断と偏見に満ちたMac買い替え術となってしまうのだが・・・

Macは最低でも5、6年は使うべし。

当ブログでは何度も何度もお伝えしているのだが、大切な1台を長く長く使いこなした先にこそ、「スキル・知識の蓄積とその先にあるより良くなった日常」を手に入れることができる。

なぜなら、服・車・時計・靴・化粧道具・家具などと同じで大切な製品を使えば、毎日が楽しくなるからだ。そして、その楽しさは人生がより良くなることに直結していく。

大切な製品を使う

毎日、持ち運びたくなる、使っていたくなる

どんどん知識量とスキルが向上していく

さらにその製品を使いたくなる

人生がより良くなっていく

というループは間違いなく発生する。特にガジェット類は日々の生活や学業・仕事に直結するのだから100%と断言してもいいくらい。

新しい製品ではなく自分の大好きな製品に触れているだけで自分の集中力やインスピレーションが掻き立てられる。自分のスペックが2倍3倍にもなる。

もし、あなたがCPUスペックが2倍になったMacを買ったとしても自分のスペックが上がるわけではない。

どうか大切な製品を長く長く使い続ける考えを取り入れてみて欲しい。

※私の愛機13インチMacBook Proのレビューはこちら→13インチMacBook Pro(2016) 3年目レビュー「最新=最高ではない」

今日のお告げ「Macをさらに効率的に使う方法」

最後に。

Macを長く愛用していく上でさらに効率的に使う方法をお伝えさせていただきたい。それは、

Apple製品を組み合わせて使っていく

ということだ。

当ブログではMac・iPad・iPhoneの3つを”三種の神器”と呼んでいるが、これらの3つを組み合わせて使うことでより作業が効率化される。Apple製品のポテンシャルを最大限に発揮させることができる。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてほしい。

【2020】作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど

3つの製品を組み合わせて使った時にはとてつもない作業効率性を実現することができる。

または、もし、あなたがMac(ノート型)単体のスペック不足を感じたのであれば、iMacの導入をしてみるのも手だ。

これは私の実体験から言えるのだが、MacBook Pro(2016)では画像の一括編集や書き出し、動画の編集などは若干もっさりする部分があった。ただ、頻度は多くはないため別に問題ない、と使い続けてきたのだがiMacを導入して世界が変わった。

自宅で重い作業をする場合にはiMac、外出先では愛する13インチMacBook Proで作業をするという具合に使い分けている。

【15ヶ月目】iMacが素晴らしすぎてあと2台本気で欲しい件について

そういう使い分け方についても検討してみて欲しい。

あぁ、話が散らかってしまった・・・

何よりも!!!
一番私が伝えたいのは・・・

大好きなMacを常に使う日々というのは楽しくて楽しくて仕方がないということだ。この楽しさが私の全ての能力を押し上げてくれている、と私は信じている。だからこそ、愛機の13インチMacBook Pro(2016)を可能な限り長く長く使い続けていきたいと思う。

あなたのMacも長く長くあなたの相棒でいれますように…