管理人管理人

iMac Proが欲しすぎて手が震えながら、今、私はこの記事を書いている。しかし、私には相棒MacBook Pro(2016)がいる。落ち着いて、iMac ProとMacBook Proの特性を比較していきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年7月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

追記 発売後、続々と購入報告が・・・

当ブログ、そしてTwitterにiMac Pro購入者の報告の声が続々と続いている。

Twitterでも以下のような報告を受けた。

コメント欄にも、購入報告が続々と入っている。当記事はコメント欄まで楽しんで頂ければ幸いだ。

まず、抑えておくべき1つのポイントとは?

iMac Pro、というかデスクトップ型のiMacにも言える事なのだが、多くの人にとっては必要ない。

動かすことができないiMacを購入するくらいなら、MacBook Proを購入した方が絶対に幸せになれる。

職場、家、カフェなど、MacBook Proであればどこでも持ち歩いて作業できる。

もっとも作業する時間がの多い場所には、据え置きのモニターを購入しておき、MacBook ProとモニターをHDMIで接続すれば簡単にデュアルディスプレイ環境を構築する事ができる。

実際、私の知り合いのIT系の会社では、HDMIでモニター接続し、作業効率化させる環境を整えているところが多い。仕事が終わったらMacBook Proを家に持ち帰ってまた仕事をする事も可能だ。

ゆえに、MacBook Proの方が圧倒的に利便性が良い。

では、どういった人にiMac Proは必要なのだろうか?

iMac Proが必要な人とは?

まず、iMac Proの性能を見ていこう。

8、10、18コアXeonプロセッサ
最大4.5GHzのTurbo Boost
最大42MBのキャッシュ
最大128GBメモリ
2,666MHz DDR4 ECC
最大4TBのSSD
3GB/sのスループット
Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
最大4,400万ピクセル
10Gb Ethernet
Retina5Kディスプレイ
(Apple公式サイトより引用)

・・・これは、はっきり言ってやりすぎだろう。汗

モンスターマシンすぎてもはや何も言えない。私には使い道すら思い浮かばない。

では、この怪物が必要な人とは一体どのような人だろうか?

それは、ただ1つ。

1日中動画編集をする人。

もうただこれだけだと思う。音楽編集、制作をする人に向けても作られているようなのだが、私の友人曰く「いや、iMacで十分だよ?」という事だった。

動画編集を日々しているような知人はハイスペックのPCが発売される度に目を輝かせている。それだけハイスペックPCを求めているという事だろう。

逆に言えば、動画編集を毎日、かつ1日中しているような人以外には向かないだろう。

かと言って、映像制作系の人であってもなかなか手が出ない料金だとは思うのだが・・・

iMac ProとMacBook Proを徹底比較

重要はポイントは2つだけだ。これらを理解しておくだけで、どちらがあなたに必要か分かるはずだ。

比較1、価格

自分で計算して驚いた。恐ろしいほどの価格差がある。

MacBook Proに関しては私がオススメのtouchbar無しカスタマイズモデルの価格なのでご了承頂きたい。現状モデルではこの買い方がコスパ最強だと思う。詳しくはこちらの記事内で→MacBook Pro 2017 おすすめカスタマイズは?【SSD・メモリ・CPU】

・iMacPro
4,999ドル(約55万円)

・MacBook Pro
186,800円

価格差は363,200円となった。恐ろしい金額差だ。

私は、MacBook Proを購入して363,200円を使ってiPad Proや他のアクセサリを購入した方が良いと思ってしまうのだがいかがだろうか?

比較2、ベンチマーク

iMacProはまだ発売されていないため、詳しくはベンチマーク情報もまだ見られない。情報を見つけ次第、当ブログでもお伝えしようと思う。

私も圧倒的なベンチマーク結果を楽しみにしている。

元自作PCマニアとして、ベンチマークの数値に一喜一憂してしまう癖は何年経っても治っていない。

ちなみに、最新のベンチマークスコアについては以下のサイトがぶっちぎりで一番早くて、正確な情報を配信してくれているのでブックマークしておくことをオススメする。

https://browser.primatelabs.com/mac-benchmarks

私がどうしてもiMac Proが欲しいバカすぎる理由

上記の動画の中でも触れられているが・・・

かっこよすぎるぅうぅぅぅぅぅ!!!
欲しいぃぃぃぃ!!!

スペースグレイやばぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

もう、正気を失ってしまうくらい美しい。iMacProのスペースグレイがヤバい。

2017年のWWDCを見ながら正直失禁してしまいそうになった。

巷ではiPad Pro10.5インチが話題になっているが、私が釘付けになったのはiMacProのスペースグレイの美しさだ。

私は、iPhone、iPad Pro、MacBook Pro、Apple Watchを全てスペースグレイで揃えるくらい虜になっている。ゆえに忘れられないのだ。

Apple製品をスペースグレイで揃えて後悔しました【MacBook Pro、iPadPro、iPhone】

インテリアとしても最高級の輝きを放つ、この怪物デスクトップマシン。

「ソファーとか、ベッドを購入するのと同じ感覚で買えばいいかな・・・」とか思い始めている私は病気なのだろう。

でも、以前から私はこのブログでも強くお伝えしているのだが、製品が美しいというのは仕事効率に直結する。

ずっと触っていたくなる製品だからこそ、仕事のモチベーションも上がるし、日々の仕事が楽しくなるのだ。

スティーブ・ジョブズも自分の愛した製品を使うことによる、仕事の生産性の向上力について力説していた。これは事実なのだ。

と、自分を言い聞かせ始めている時点でヤバい。

でも、、、本当に美しいんだよなぁ。。欲しい。欲しすぎる。

この美しさへの信仰を熱く書きたくてこの記事を書き始めたと言っても過言ではない。ブロガーさんはみんなiPad Pro10.5インチの話ばかりで面白さに欠ける。

iPadProは無視されがちなのでなんだか悲しくもある。まぁ、高すぎるからというのが一番大きな理由だと思うが。。かつてのマッキントッシュのように狂気の金額、恐ろしいほどのスペックにこそ真のオタクは熱狂するものだ。

今日のお告げ

色々と書いたが比較するべき点としてはシンプルだった。そして、購入するべき対象の人も明確だ。

  • 動画編集を毎日ヘビーにする人→iMacPro
  • それ以外の全ての人→MacBook Pro

という感じだと思う。

デスクトップ型の大きいモニタのMacが欲しいという人もいるかもしれんがい、そもそもMacBook ProをHDMI接続すれば良いだけの話。それで簡単にデュアルディスプレイの完成だ。

私の場合はそれに加えてiPad Proもあるのでトリプルディスプレイになっている。

あぁ、ただ、iMacProのスペースグレイ、美しすぎるんだよなぁ・・・こんなものが家にあると毎日帰るのが楽しみになりそうだ。いやぁ、やばい。理性を失って買ってしまいそうだ。

iPad Proの角の丸みをニヤニヤしながら触る性癖がある私レベルになると、スペースグレイを街中で見ただけでりんごの幻覚が見えるくらいだ。

でも、iMacProを購入予定、という人は私の周りのApple信者ですら一人もいない。購入する人はいるのだろうか?もし、あなたがiMacProを購入検討中ならコメント欄にて何か書き込んで欲しい。あなたの強い想いがただただ聞きたい。

Apple製品はやっぱり偉大だなぁとつくづく思う。美しいだけでここまで人の心を動かすのだから。