管理人管理人

当記事では、あなたがこれから1年、2年先に後悔しないための完璧なiPhoneの購入方法をお伝えしている。詳細な料金パックは公式サイトに書かれているが、実はそれらの多くは「裏の顔」を持っている。メディアが絶対に話さない本当の価格とは・・・?[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

【結論】あなたが新型iPhone(2018)を買うべきはココ!

まずは、結論からお伝えしよう。

・一人で回線を使う→格安SIM(UQモバイル)、SIMフリー(Apple公式ストア)

→最新iPhoneの価格をチェックする(Apple公式)

→UQモバイルの価格はこちら

・家族で回線を使ったり、キャリアが提供するネット回線も一緒に使う→3大キャリア

→【公式】Docomoの端末料金をチェックする

→【公式】ソフトバンク

→【公式】au

これだけ。たったこれだけでいい。

これが基本だ。

まずは、これを頭に入れておいて欲しい。

格安SIMは安いし、回線によっては非常に速くて安定しているが、3大キャリアの強みはキャリアが提供するサービスと一緒に申し込めば「あらゆる割引を享受できる」という点に尽きる。

割引サービスを受けまくれば、格安SIMよりも安く利用することだって十分に可能だ。

3大キャリアを全力でオススメしない理由

これは私の独断と偏見も含まれているのだが、基本的には私は3大キャリアでの契約はオススメしていない。

なぜなら、「ユーザーの利益を無視して、可能な限りキャリアに縛り付けるために、巧妙に隠された罠ばかり」だからだ。

それらを理解して完璧に把握し続けられる人であれば、3大キャリアはいい選択になるだろう。しかし、それらの販売プランは常に変わり続けるし、恐ろしいほどに複雑。

2年縛りが4年縛りになったところで根本的なところは何も変わっていない。

例えば、ソフトバンクであれば、半額サポートというものがある。このサービスを使えば、機種端末料金を半額にする事ができるのだが・・・

例を出して言えば、

iPhone Xs Max 256GB
総額168,000円
毎月3500円支払い(4年間)

↓半額サポート適用

月額3500円支払い(2年間)
総額84000円

【公式】ソフトバンク

という魅力的なプランだ。

しかし、このプランに契約すると様々なデメリットが生じる。まず、これは本体料金だけの場合だ。

3大キャリアの言い分としては「本体代金を安くするから、通信料金や基本使用料で儲けさせてね!」というところだ。

本体代金以外にも支払うべきものを合わせると、5000円〜8000円もの金額を支払う必要が出てくる。

さらに半額サポートを利用すると25ヶ月目以降にiPhoneを返して、また、ソフトバンクで新たなスマホを契約しなくてはいけない。

つまり、「半額にするけど、ずっとソフトバンク使ってね。あと、2年間の間に機種変更はできないからね。」ということ。

このように、「できるだけ長期的に契約させる罠」が3大キャリアにはソフトバンク以外でも確実に仕掛けられている。半永久的にキャリアに縛る契約と言ってもいいだろう。

しかも、3大キャリアの割引プランは複雑だ。各社ともに、

  • 1年目は1,000円割引き
  • 光回線を契約すれば1,000円割引き
  • 家族回線なら1,000円割

(上記は一例。常に変動しまくるので、必ず公式サイトでチェックすることをオススメする)

色んな割引プランがあるのでそれらを巧みに使いこなせば、格安SIMよりも安くなるが、はっきり言ってすべてを把握するのは「節約好き」という趣向がないと厳しいかと思ってしまう。

こういった割り引きプランを一切使わなかったり、考えるのがそもそも面倒くさいと思う人には新型iPhone(2018)のSIMフリー版をApple Storeで購入することをオススメする。

【注意】私が愛用しているUQモバイルの致命的な弱点

さて、私は超難解な3大キャリアよりもシンプルなSIMフリー+UQモバイルの組み合わせを愛用しているが、1つだけあなたに伝えなければならないことがある。

UQモバイルはiPhone 7以降の機種では、テザリングが使えないということだ。

UQモバイルは安いし速度も早いし気に入っているのだが、iPhone 7以降の端末ではテザリングに対応していない。私はiPadをWi-Fiモデルで利用しているため、iPhone 6sを使って外出先でテザリングを利用してネットに接続してきた。

それができないようになるのはかなり困る。

なので、すぐに買い換えるかは分からないが、私はUQモバイルではなく、Yモバイルに乗り換え予定。読者さんたちに聞いてみたところ、Yモバイルの評判は非常に高い。

→UQモバイルの価格はこちら

→1,980円プランの詳細はこちら【Y!mobile公式】

UQモバイルとYモバイルの比較については以下の記事を参考にしてみてほしい。

【2018】月額料金が2,000円も違う?UQ mobileとY!mobileを徹底比較 | Apple信者1億人創出計画

最後に:格安SIMか?3大キャリアか?

割引プランを完璧に把握した上で、2年・4年と長く、同じキャリアを使うと断言できるのであれば、3大キャリアはありだろう。

ネットでは割と3大キャリアが叩かれている傾向が最近強いし、その気持ちは非常に分かるのだが、我々日本人には選べる回線はそこまで多くはないので仕方がない。

3大キャリアの割引プランを把握して新型iPhoneを購入するか?それとも、SIMフリーのiPhoneをApple Storeで購入して2年縛りなどのしがらみなしで気楽にiPhoneを使い続けるか?

あなたが、最も良い方法でiPhoneを予約・購入できることを願っている。

→最新iPhoneの価格をチェックする(Apple公式)

→【公式】Docomoの端末料金をチェックする

→【公式】ソフトバンク

※iPhoneの契約について「こんな良いプランありますよ!」というのがあればぜひ、コメント欄にて教えてほしい。私もこういうのは好きなので調べるのだが、3大キャリアのプランはもはやカオスすぎて全てを把握するのは不可能。