管理人管理人

先日、iPadに関する記事を書いたところ、「12.9インチiPad ProとiPad miniの組み合わせが最高です!」との声が多く届いた。私としては結構衝撃だった。こんな歪な使い方は私だけだと思っていたので…というわけで当記事では2枚同時持ちに関するメリットとデメリットをレビューしていきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月5日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

2枚同時持ちのメリット

まずは私が思うメリットから。

1、場所別で使い分けができる

私の場所別の使い分け方は明確。

  • 12.9インチiPad Pro→自宅
  • iPad mini→外出先

この使い方はiPad miniを購入してからというもの変わっていない。特に、12.9インチiPad Proはスマートキーボードを買ってからはiMacの隣に常時設置されるようになった。

【レビュー】今さら12.9インチiPad Pro(第2世代)のスマートキーボードを買ってみた

12.9インチiPad Proで動画を流したり、Apple PencilでPDFなどに書き込みを入れたり、SNS返信用のデバイスとして愛用している。

一方で、iPad miniだが外出先で持ち歩く率100%の最高の相棒になっている。もはや、「iPhone」「Apple Watch」「iPad mini」「AirPods Pro」は外出四天王と呼んでもいいくらい。

この4つがあるだけで幸せ。

特にiPad miniは簡単なアウトプットであれば問題なくこなせるので重宝している。外出先でも折りたたみキーボード「Ewin」を持っておけば仕事はできる。

さらに、その軽さゆえに持ち歩いてもその重さがストレスになることは全くない。iPad miniの軽量性と、12.9インチiPad Proの高スペック大ディスプレイは自宅と外出先で使い分けてみたい人には最高の組み合わせになるだろうと思う。

ただ、例外として、私はiPad miniではなく12.9インチiPad Proを持ち運ぶことがある。それは、旅先や出張先で13インチMacBook Proと共にデュアルディスプレイ環境を構築したいからだ。

そう考えると12.9インチiPad ProとiPad miniの同時2枚持ちには非常に大きなメリットがある。

2、サイズ別で使い分けができる

サイズ別の使い分け方も明確。

  • 12.9インチiPad Pro→アウトプット多め
  • iPad mini→インプット多め

という感じで使い分けている。

12.9インチiPad Proではブログを書いたり、PDFに書き込んだり、画像を編集したりする。ノートアプリに書き込んだりすることも多い。

一方で、iPad miniではブラウジングや電子書籍を読むのに使っている。取り回しやすいので、自宅の中でもiPad miniを使って寝転びながら色々と調べ物をすることが多い。

特に、ブラウザアプリ「Smooz」とiPad miniの組み合わせが便利すぎる。どんどんとネット上の情報を処理していくことができる。

2枚同時持ちのデメリット

次に私が思うデメリットを。

1、11インチiPad Pro1台と比較すると微妙かも?

12.9インチiPad ProとiPad miniを2台持ちするか?
11インチiPad Proを1台持ちするか?

重要になるのは価格差だと思う。現在の価格は以下のようになっている。

【12.9インチiPad Pro】
Wi-Fiモデル
64GB111,800円(税別)
256GB128,800円(税別)
512GB150,800円(税別)
1TB172,800円(税別)

【iPad mini】
Wi-Fiモデル
64GB45,800円(税別)
256GB62,800円(税別)

【11インチiPad Pro】
Wi-Fiモデル
64GB89,800円(税別)
256GB106,800円(税別)
512GB128,800円(税別)
1TB150,800円(税別)

これらを64GBモデルで比較してみると価格差は、

111,800円(12.9) + 45,800円(mini) – 89,800円(11) = 67,800円

となる。

つまり11インチiPad Pro1台を買った方が67,800円も節約できる。この価格差であれば、Apple WatchやAirPods Proを買うことができる。

そう考えると、12.9インチiPad ProとiPad miniを同時持ちするよりも、11インチiPad ProとAirPods Pro or Apple Watchの組み合わせで購入した方が日々の生活は幸せなものになると思う。

2、結局はどちらかが据え置き機になる

これは純然たる事実。

12.9インチiPad ProとiPad miniを買って、2台を常に持ち歩く人はあまりいないと思う。

私はおそらく、、、というか1度も両方を持ち歩いたことがない。そもそもiPad miniを13インチMacBook Proのサブ機として買ったからというのが理由の1つでもあるのだが、役割が被りやすい2つのiPadを同時に毎日持ち歩くことはない。

特殊な事情や使い方をしない限りはどちらかが据え置きになる可能性が高いのでその点は個人的にはデメリットに感じてしまう。せっかく導入したのであれば、どちらもフル稼働させたくなる・・・

今日のお告げ「2台持ちはおすすめなのか?」

私は2台持ちを狙ったわけではなく、12.9インチiPad Proを必要性に駆られて買い、その後にiPad miniの必要性を感じて購入に至った。そして、今は両機を使い分けている。

今から2台を揃えるには、20万円弱の資金が必要になるので個人的にはあまりおすすめしない。

12.9インチiPad ProとiPad miniを組み合わせる資金があるのであれば、13インチMacBook Airと無印iPadの組み合わせの方がよっぽど世界が広がると思う。

が、これは私個人の意見なので、iPad2台持ちをさらに高度に使いこなしている方々がいれば、使いこなし方をコメント欄にてぜひ共有していただければ幸いだ。

【関連おすすめ記事】

【1万文字レビュー】12.9インチiPad Proを2年使ってわかった29のこと毎月更新中

【神Pad】iPad mini(2019)を6ヶ月使って分かった9つのこと毎月更新中