管理人管理人

折りたたみBluetoothキーボードに興味があるあなたへ。総額2万円くらい自腹で購入して、折りたたみキーボードを買いあさり続けてきた私がたどり着いた、「究極の折りたたみキーボードEwin」をこの記事で紹介させていただきたい。1週間使って分かった7つのことをお伝えしていくのでどうかあなたの日々のお供にEwinを。やっと私の終わりなき折りたたみキーボードの旅が終わることになりそうだ。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月16日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに

折りたたみキーボード探しの旅をしばらくしていた末に私はとある折りたたみキーボードを発見した。

それがこちら。

以前に私は数ある中から、折りたたみキーボードとして、以下の2つを比較レビューした。だが、Ewinはこれら2つの人気キーボードをはるかに凌駕するクオリティ。

【比較レビュー】IC-BK03とIC-BK06はどっちが最高の折りたたみキーボード?

Ewinは2018/1/26に販売が開始されたため、昨年はレビューが少なかったのだが、そこそこの高評価レビューがついてきたので、2019年に入ってからすぐに買ってみたところ、手放せないくらいのクオリティだった。

もう、Ewinだけあればいい。

折りたたみキーボードEwinをレビュー

私が購入したのはこちらのモデルの黒。

以下、レビューとして以下の3つをお伝えしていこう。

  • 外観
  • 使ってみて分かった5つのこと
  • おすすめしたいかどうか?

これら3つを順番に読んでいけばあなたに必要な製品かどうかが分かるはずだ。

一言で言うなら自分史上最高の折りたたみキーボード。

外観

まずはEwinの外観。iPhoneに劣らないように高級感のある仕上がりになっている。

箱も割としっかりしている。日本語がたくさん。安心。(以前にAmazonで詐欺に遭ったため箱を見るまでは警戒感がすごい)

ぺりぺりを剥がす瞬間。何歳になってもワクワクする。

ご対面!!!綺麗に梱包されている。

中身。キーボードとスタンドと充電ケーブル。

説明書。

製品仕様。

ショートカットキー。めちゃくちゃ便利。

スタンドはこんな感じ。(私は「RAKUNI」を使っているのでこのスタンドは使わない予定)

キーボードとご対面!高級感がすごい。

いや、本当に本当にかっこいい。美しい。

大きさはiPhone XS Maxよりやや大きいくらい。ポケットに入るサイズ。

キー配列。折りたたみキーボードの中では頂点。素晴らしすぎる。(理由は後述)

さて、外観のレビューが終わったところで、次は1週間Ewinを使ってみてわかった7つのことをお伝えしていこう。

1週間使ってみてわかった7つのこと

7つのことは5つのメリットと2つのデメリットで構成されている。

1、打ち心地が最高すぎる

まず、この打ち心地を知って欲しい。折りたたみキーボード史上最高の打ち心地がここに。音も最高。

こんな感じである程度キーが深く作られているので打ち心地、そして音がかなりいい。

この薄さでこの打ち心地を実現してくれたことに本当に感謝。最高。

2、キー配列が完璧

これを求めていたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!とべランドから叫びたくなるくらいにEwinのキー配列は素晴らしい。

もはや自分が作ったものかと錯覚してしまうくらいに。

まず1つ目。Deleteキーが大きい。Macよりやや小さいくらい。

折りたたみキーボードはその形状ゆえ、デリートキーがかなり小さかったり、幅が狭かったりするケースが多いのだが、Ewinの場合はかなり広くDeleteキーの幅を取っている。

Enterキーや、矢印キーもそこそこの大きさを持っているので、Macを使っている人であれば5分くらいでこの配置には慣れると思う。

私は1、2分、Ewinを叩いただけで「これは最高のキーボードだ。」と思えたほどにキー配列を気に入った。

2つ目。コマンドキーがスペースキーの両隣にある。

Macユーザーであれば、この配置がベスト。落ち着く。この場所にはコマンドキー以外はふさわしくない。

3、見た目が美しい

外観のところでも画像を大量にお見せしたが、Ewinは皮で覆われているため、高級感がある。iPhoneと並べても遜色ないように美しさを保ってくれているのはAppleユーザーとしては嬉しい限りだ。

対して。他の折りたたみキーボードはどちらかというとWindows向けの無骨なデザインのものが多い。

4、Apple製品向けに作られている

折りたたみキーボードはWindows向けに作られているものがほとんどだが、EwinはこれでもかというくらいにAppleユーザー向けに作られている。

例えば、

  • コマンドキーのロゴ表記あり
  • Windowsキーなし
  • backspaceではなくdeleteキー

などがある。

そして、Magic KeyboardやMacのキーボードを意識されてつくられているのがこの部分。

音楽再生やストップ、音量などはFnキーと同時に押せばこれらのキーから操作できる。

この配置は全くMacと同じ。

見た目も美しいし本当に素晴らしい。

5、軽い、どこまでも持っていける

Ewinの重さは約141g。

めちゃくちゃ軽い。カバンにさっと入れておくだけでiPadでもiPhoneでも文字打ちデバイスとして利用することができる。

ポケットに入る大きさなので、iPhoneとEwinだけで仕事をするミニマリスト的な仕事術も捗りそうだ。

6、ペアリングが面倒

複数デバイスでペアリングしている時のペアリングが非常に面倒なのがEwinの最大のデメリットだと思う。

ペアリングの設定自体は、こちらのBluetoothボタン長押しで簡単にできるのだが・・・

私の場合は、iPhoneとiPadで利用している。しかし、その切り替えの手順としては、iPadの場合、

Bluetooth機器の中からEwinを選択しても接続できない

Bluetooth機器の中からEwinの接続を一度削除する

Bluetooth設定をオフにする

もう一度、Ewinとペアリング設定させる

という手順が必要。なぜだかは分からないが、複数の機器を何度も接続したり切り替えたりする人にとってはかなりのデメリットとなりそうだ。

7、ツルツル滑る

Ewinは高級な革を使っているため、非常に見た目は美しいのだが、その分、凹凸がないので平らな机の上でツルツルすべる。

強めに打ち込んでいるとややキーボードが動いてしまう。

このあたり、デザイン性を取るか、実用性を取るかの問題なので好き嫌いがあるとは思う。

私はそれほど気にならない。

おすすめしたいかどうか?

Apple製品のキー配列が好きで、ある程度のうちごたえのある、深みのあるキーボードが好きな人にオススメしたい。

バタフライキーボード以前のMacBook Proや、旧型のMacBook Airに似た感じの打ち心地だとおもってもらえればよいと思う。

個人的にはiPadユーザーの女性にオススメしたい。女性はカバンの大きさが小さかったり、中身が詰まっていてMagic Keyboardなどのキーボードが物理的に入らないケースが結構ある。

Ewinのキーボードであれば、折りたたむことによってカバンの中のスペースもそれほど取らないので持ち運びやすいはずだ。

実際、私は常にバックパックに入れている。急にタイピングを大量にする必要が出てきても、EwinとiPhone、もしくはiPadさえあれば仕事に対応できるからだ。

追記 2ヶ月使ってみた結果。

相変わらず打ち心地は最高。美しさも相まって、常に持ち運ぶことも継続している。

ただし、耐久性に問題があることがここにきて分かった。結合部分が割れてしまった。

そのせいでやや内側に開いてしまった。

打ち心地はそれほど変わっていないので私は気にしていないが、耐久性を考慮するとベストではなくベターな折りたたみキーボードだと言えそうだ。

総評レビュー

やっと見つけた最高の折りたたみキーボード。

私は折りたたみキーボードをずっと探し求めていた。とりあえず、というところで、IC-BK03とIC-BK06を使っていたのだが、やはりキー配列や打ち心地、見た目の美しさ、などを考えると「パーフェクト!」とは言えなかった。

半年ほど前に折りたたみキーボードを検討している時はEwinのキーボードはそれほどレビューがついていなかったが、ここ半年で爆発的にレビューが増えているというのは、実際に製品の質がいいからだろう。

私は疑り深いのでサクラかな?と思ったが使い始めて1分でEwinの使いやすさに感動した。このクオリティは本物。

これからEwinは常に私のバックパックに入れておき、iPadやiPhoneのメインキーボードとして活躍させていきたい。

素晴らしい製品の開発をしてくれて、開発者の皆様へ本当に心の底から感謝。

もし、あなたが折りたたみキーボードを探しているのであれば、間違いなくオススメのキーボードだ。(個人的には歴代最強の折りたたみキーボード)