管理人管理人

Apple製品を一通り揃えたら周辺機器に自己投資していくのが良いと私は思っている。そこで当記事では私がおすすめしたいApple製品と組み合わせて購入すべき周辺機器をお伝えしていこう。どの製品も私が愛用しているものなので本当におすすめ。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

Apple製品の作業を”鬼”効率化させる周辺機器ベスト7

長いものだと4年ほど使っているものもある。いずれも私の生活には欠かせないものだ。

7位:ポインティングデバイス

Macにはどれが最適?【トラックパッド、マウス、トラックボール】の記事内でもお伝えしたのだが、Macを操作するポインティングデバイスには拘った方が良い。

私が今ハマっているのはMagic Mouse 2とエアーパッドプロの組み合わせ。この組み合わせ最強。

作業効率に直結するものが多いので好みや作業によって良さそうなものはどんどん自己投資だと思って買っていった方が良い。

エアーパッドプロについてはこちら→【レビュー】マウス人生を変える「エアーパッドプロ」が最高すぎてヤバい

6位:デスクライト

デスクライトについては当ブログではまだレビューしていないのだが個人的にはかなりお気に入りものがある。

これ。

デスクライトと呼んでいいのかわからないけど、個性的なランプを探していてたどり着いた。

超お気に入り。
大好き。
好き。
帽子にして被りたい。

船にぶら下げて使うランプを使ったものらしいのだがオシャレすぎる。

夜はこんな感じ。暖かい光で部屋が包まれる。

輪っかになった暖かい光にすごく癒される。

デスクライトと作業効率がどう関係するの?と思われる方も多いとは思うのだが、めちゃくちゃ関係ある。

夜の作業のテンションが違ってくる。
夜中に作業する際に部屋の電気で作業してもいいのだが、部屋の電気を消してお気に入りのデスクランプだけを点灯させて作業をする。

かなりテンションが上がる。
私は夜は趣味の時間(Macと戯れる時間)にすることが多いのだがその時間にデスクライトをつけているとなんとも言い難い極上の時間へと押し上げてくれる。

1つくらいは自分がお気に入りだと言えるデスクランプを持っておくと良いだろう。

マリンランプ スタンド230 ゴールド/シルバー | 船のでんきや日東電機

5位:昇降型のデスク

まだ買ったばかりだが、相変わらず上下させまくっているデスク。

基本的には座り姿勢と立ち姿勢を好きな気分によって上下できるのが気に入っているのだが、最近では微妙な上下をさせることができるのも気に入り始めた。

あと数cm上にあげたい、もしくは数cm下に下げたいという気分になることがある。不思議なのだが、やはり目線の高さを変えたり姿勢を変えたりすることで疲れを低減させようとしているのかなぁと感じる。

個人的には立ちながら一気に記事を書き上げる今、この瞬間の時間が好き。

Flexispotを2週間使って分かった7つのこと【今すぐ買うべき】

4位:椅子

自宅作業が多いなら椅子は高級チェアを買いなさい。
と私は以前から当ブログではお伝えしている。それくらい作業効率、そして日々の健康への影響が大きいからだ。

ちなみに私は岡村製作所のコンテッサという椅子を使っている。

レビューについては、

初代コンテッサ2年6ヶ月使用レビュー「不満0。体調不良0。集中力MAX。でも、強烈なデメリットも…」

コンテッサ(岡村製作所)に1年間座り続けて分かった17のこと

などの記事をぜひ読んでいただければ嬉しい。まぁ一言で言えば猫バス。トトロに出てくるあの猫バスに座っているのかと錯覚するレベルでふわっふわ。

腰の部分のサポートが絶妙なのでずっとずっと座っていたくなる魅力がコンテッサにはある。まぁ、椅子については好みも分かれるのでコンテッサでなくてもいいとは思うのだが、椅子には積極的に自己投資すべきだと思う。

3位:ヘッドホン

私が今、まさにハマりまくっているオーディオ沼。

最近は開放型のヘッドホンを買ったのでめちゃくちゃ楽しい。

もちろん、SONYのWH-1000XM4もまだまだ活躍中。

楽しい音楽は日々を彩ってくれるし、自宅で作業中にテンションを維持してくれる。また、映画やアニメなどの気分転換にも最適。

1つくらいは自分が大満足できるようなヘッドホンを持っておくのが良いと思う。

【レビュー記事】
【レビュー】Sennheiser HD599SE「初めての開放型ヘッドホン」

【4ヶ月目】あるのは絶賛のみ。WH-1000XM4の8つの魅力

2位:キーボード

1位のディスプレイと迷ったのだが、キーボードは2位へ。(理由は後述)

私が愛用しているのはみんな大好きHHKB。スコスコと打ち込んでいるだけで幸せな気分になる。

文字を打つことが多いのであれば間違いなくキーボードにはこだわるべき。

ただ、HHKBは高級すぎる。あと、癖が強いキーボードなので「何か無難なやつで。。」という方にはロジクールがおすすめ。先日、Youtubeでアンケートを取った際にもロジクールは圧倒的な人気だった。

そのためロジクール製品を漁ってみるのはありだと思う。ライブ配信中に聞いてみたところ、以下のキーボードは愛用している方が多い印象を受けた。

キーボードオタクとしては買ってみたい欲求に駆られる。ちなみに私は「かっこいい!」という理由だけで、Satechiのキーボードを購入した。

【1ヶ月使用レビュー】Satechi Slim X1「純正Magic Keyboardより質は上。」

そんな選び方もありだと思う。

1位:ディスプレイ

間違いなく。
ぶっちぎりで。
誰がなんと言おうと。

ディスプレイにはこだわるべきだと思う。

私の今のディスプレイ環境は、「5K 27インチiMac」「4K EIZOディスプレイ」の2台体制。メイン機は後者の4K EIZOディスプレイだ。

EIZOのEV2785(4K 27インチ)ディスプレイを使って分かった9つのことの記事内でも触れているのだが、とにかく「ずっと見ていたくなるディスプレイ」だと思う。

目の疲れが軽減された気もするのだが、気分の上がりっぷりが半端ではない。「このディスプレイ以外は使いたくない。」そう思わせてくれるほどのクオリティ。

また、ディスプレイへの投資は健康への投資だと私は思っている。もっと言うのであれば、”目の疲れは万病の元”だとすら私は思っている。

これは個人差もあるのでディスプレイを買い換えれば目の疲れが軽減する!と断言することはできないのだが、私は過去におそらく目の疲れから派生した体のバグで耐え難いほどの体調不良に苦しんだことがある。

  • 目まい
  • 動悸
  • 息切れ

などの症状に苦しみ続けた。

しかもその目まいというのは寝転んで目を瞑っていても世界が回っていると感じるほどのレベルだった。体中を精密検査しても原因が分からなかった結果、医師が言ったのは、

「パソコンをずっと見ているような仕事をしている人に多い症状ですね。鍼治療でも行ってみたらどうですか?あと、運動とかですね。私でもわかるくらい首周りが硬いですよ。」

とのことだった。

その後、鍼灸師さんの元へ行き症状を話してみたところ、たった2回鍼治療をしただけで全ての症状が改善した。

その先生曰く、

「体に不調が出ない方がおかしい状態でした。首回りや頭のコリがすごかったです。これからは運動しながら体調管理に努めていきましょう。」

とのことだった。

それから私はできることは全てやった。

  • ディスプレイを買う
  • 椅子を買う
  • 運動する
  • 食事を摂生する

それら全てが功を奏して今ではハードワークをいくらこなしても全く動じない最強のボディを手に入れた。

ディスプレイ1つを買い換えたからといって全てが改善することはないと思うのだが、それでも「健康に投資する」という考えのもと、ディスプレイを買うことには私は大いに意味があると思っている。

ちなみにディスプレイを買うのであれば、「安いから」というだけで買うのはやめた方が良い。私は以前にDell製の安いディスプレイを購入して死ぬほど後悔した経験がある。

Dellが悪いわけではなくiMacの隣に並べていると明らかに質が低いディスプレイが並んでいるのがストレスだった。

基本的にMacのディスプレイはRetinaディスプレイで極上の映りのためそれに劣らないディスプレイを選ぶべきだと思う。

今日のお告げ「おうち時間が増えたからこそ」

自宅の環境にこだわればこだわるほどに快適な時間を過ごすことができる。そして、自宅で作業に集中できる。

Apple製品はある程度揃えたらもう買い換える必要はないからこそ、周辺機器に拘っていきたいなぁと思う。

ぜひ、あなたの自宅に「これがあると便利ですよ〜!」というものがあれば教えていただければ幸いだ。

※このディスプレイは本気でおすすめ