管理人管理人

まだ、iPhone SE2は発売されていないにも関わらず、iPhone SE2の記事を書くと、当ブログへのコメント総数、Twitterのリプライ総数が圧倒的になる。果たして多くの人に待ち続けられているiPhone SE2は果たして待つべきなのだろうか?最新機種のiPhone 11と当記事では比較していきたいと思う。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

はじめに

当記事内にあるiPhone SE2のスペックは発売前のリーク情報に加えて、個人的な予測も含まれている点はご了承いただきたい。

ただし、基本的には信頼できるリーク情報をもとにしているため、大きく外れていることはないと思われる。

【ほぼ確定?】新型iPhone SE2 (2020)の発売日・スペック・価格

では、早速!予測されるiPhone SE2と最新のiPhone 11を比較していってみよう。

結論。オススメはこっち

まず結論から。

綺麗な写真を残すことに価値を強く感じる→iPhone 11
そこそこ綺麗な写真が撮れればいい→iPhone SE2

という感じで考えればいいと思う。

後述するが、iPhone 11の”2つのカメラ性能”が素晴らしい。その性能に興味を惹かれるのであればiPhone 11を選択するのはアリ。

ただ、個人的には80%くらいの人はiPhone SE2を待つべきだと思う。その理由についてはも以下、iPhone 11とiPhone SE2を比較しながらお伝えしていこう。

重要な比較ポイントは3つ

では次に、2020年にiPhone SE2が発売されたら間違いなくこの3つのが焦点になるであろうポイントは3つ。

その3つを比較していってみよう。

※iPhone SE2のスペックを予測するコツ
→初代iPhone SEが直近のiPhone 6sとiPhone 5sを混在させたスペックであったことから、旧モデルのスペックになることが考えられる。ただし、iPhone 11シリーズはあまりにもハイスペックなため、iPhone 8, iPhone XRを混在させたようなモデルになると想定しておくと良さそう。

1、カメラ性能

・iPhone SE2 (予測)
iPhone 8、もしくはiPhone XR相当のカメラ性能

・iPhone 11
超広角、ナイトモード

両者のカメラ性能については微妙な性能アップしかない。と言いたいところなのだが・・・

両者にははっきりとした違いがある。それが上記でも挙げている2つの機能。

  • 超広角
  • ナイトモード

これらがあれば日常生活の写真撮影はほぼ全て事足りるのでは?と思えるほどに素晴らしい。私はiPhoneのカメラ性能アップについては冷めた目でずっと見てきていたのだが、iPhone 11でブレイクスルーがきたと思っている。

特に、ナイトモードと超広角モードが素晴らしすぎる。読者さんたちや、私の友人に協力してもらって写真を比較してみたところこんな感じになった。

参考1:iPhone 11のレビューを7名分集めてわかった68のことHomeKit

参考2:Apple信者がiPhone 11を全力でおすすめする5つの理由HomeKit

ちなみに、カメラ性能をiPhone 8, もしくはiPhone XR相当だと仮定した全機能比較については以下のようになる。

参考:Apple公式サイト比較ページ

これまでの、毎年のiPhone発表会では「ポートレートモードがすごくなりましたよー!」と伝えるだけだった。しかし、iPhone 11の発表でついにブレイクスルーがきた。

毎年のカメラ性能アップの進化を感覚的に表現すると

iPhone Xでおやおや?
iPhone XSでおぉっと?
iPhone 11でキターーー!!!

という感じ。

写真を残すことは、一生残る思い出を残すということでもあるので、写真を撮影するのが好きな人はiPhone 11を選択した方がいいと思う。

2、ディスプレイサイズ

・iPhone SE2
4.7インチ(iPhone 8サイズ相当)

・iPhone 11
6.1インチ

ディスプレイサイズについては完全に好みなので私の主観を押し付けるまでもないとは思うのだが、片手で持ちたい方には4.7インチのサイズ感は大きなメリットになるだろう。

ちなみに私の周りでは男性は小型なiPhoneを好み、女性は大きめのiPhoneを好む傾向がある。おそらく、前者はPCやタブレットを所有している人が多いためだと思われる。

あくまでも私の周りの話ではあるが、MacやiPadと組み合わせて使うのであれば小型なiPhoneの方が需要はありそうな気がする。

私はiPhone XS MaxとiPad miniを組み合わせて日々楽しく生活している→ 【比較】iPad mini(2019)とiPhone XS Maxはどう使い分ける?

3、価格

・iPhone SE2
399ドル(約43200円)〜
※ストレージ容量は64GBと128GBの2種類になると噂されている

・iPhone 11
64GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円

さぁ、ここからがほとんどの人にとって最も関心のある「価格差」の話になる。

両機の価格差は”31,600円”。

思ったよりも価格差があって驚いた。この価格差であれば、多くの人にとってはiPhone SE2の方が魅力的だと思う。

前述してきた「カメラ性能」「ディスプレイサイズ」の2つの違いを検討した上で、iPhone SE2のスペックで問題なさそうであれば、iPhone SE2の方がコストパフォーマンスに優れていると考えられる。

それでも悩むあなたへ

  • iPadが気になる
  • Macが気になる
  • Apple Watchが気になる
  • AirPodsが気になる

上記のいずれか1つに当てはまる人は間違いなくiPhone SE2を待った方がいい。

なぜなら、Apple製品は組み合わせて使った時にその進化を発揮できるからだ。特に、「Mac」「iPad」「iPhone」を組み合わせて使った時にこそそのポテンシャルを発揮する。

当ブログではその3つのデバイスのことを「三種の神器」と定義している。組み合わせて使った先の世界に何が待っているかは、ぜひ以下の記事を参考にしてみて欲しい。使い始めればわかるが、あなたの日常が一変する。

Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

【2019】作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど

もし、あなたが超広角と、ナイトモードに魅力を感じるのであれば、iPhone 11を購入してみるのもアリだと思うが・・・

日常生活の中で超広角と、ナイトモードを使う機会というのはほとんどないはずだ。多くの人はカメラを標準設定のまま撮影するはずなので、そう考えるとiPhone 11にこだわる必要はないとは思う。

もちろん、Apple Storeで超広角モードなどを試してみて使い勝手が良さそうだと感じたのであれば検討してみるのはアリかもしれない。

ただ、前述したように、私はあなたにもiPadやMacを組み合わせて使った先の世界を体験して欲しいと強く願っている。

今日のお告げ「写真は大事」

思い出に残る写真はたくさん残しておくべき。

これに異論を唱える人はいないと思う。ただ、”どれくらい綺麗な写真を残したいのか?”ということになると個人により主張は大きく変わってくるだろう。

私個人の話で言えば、

  • iPhone XS Max→5割
  • DSC-RX100M3→3割
  • OM-D E-M5 Mark II→2割

という感じで写真を撮る機器を使い分けている。言わずもがな、3つ目のミラーレスカメラで撮影するのが最も綺麗に撮れる。驚くほどに。

少し話は脱線したが、あなたが「どれくらいのクオリティの写真を残しておきたいのか?」ということに焦点を当ててiPhone 11を選ぶか、iPhone SE2 (iPhone 8, iPhone XR相当のカメラ性能)を選ぶといいと思う。

とはいえ、この記事を書いている今はまだiPhone SE2の発売前。というか発表もされていない。一番いいのは発表が噂されている2020年の前半まで待つことだということも併せて最後にお伝えさせていただきたい。

買い物って難しい。(だからこそ楽しい)