管理人管理人

私は現在、12.9インチiPad Proを毎日最低でも3時間、iPad miniを最低5時間は利用している。iPadを使わない日はない。それくらい私の生活にiPadは馴染んでいるしお気に入りのガジェットだ。ただし、iPad、というよりタブレットというものは人によっては必要ないものだとも思っている。ぜひ、この記事を読んであなたも後悔しない、iPadの選び方を知っておいてほしい。※Twitterはこちら[@appleshinja_com]

※この記事は、9月11日に発表された新型10.2インチiPadの情報も合わせて更新済み。安心して読み進めて欲しい。

Apple公式サイトのiPad比較ページは必ずチェックしておこう。
↓↓↓
最新iPadの比較ページはこちら

新型10.2インチiPadの仕様はこちら
↓↓↓
違いはなに?10.2インチ新型iPadとiPad Airを比較してみた

私が大好きなiPad Pro12.9インチのレビュー記事はこちら→【完全レビュー】Apple信者が12.9インチiPad Proを1年使ってみた。

iPad mini(2019)のレビュー記事はこちら→【神Pad】iPad mini(2019)を6ヶ月使って分かった9つのこと

この記事を書いている現在、 入手可能なiPadのモデルは、

  • iPad (2019)
  • iPad mini (2019)
  • iPad Air (2019)
  • iPad Pro(11 or 12.9 インチ)

の4種類だ。

昨年まではiPad Airが購入可能だったのだが、Apple Store公式サイトより販売されていないため、今回は購入対象機種にはしていない。ただ、安心してほしい。この3つから選ぶ方法はそこまで難しくない。

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月13日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

先に結論。あなたが「今」買うべきはこのiPad!!

当記事では、全iPadのスペックや長所、短所などをすベてお伝えしていくが、その分、当記事の文字数とコンテンツ量は多い。(7000文字超。コメント欄のアドバイスを含めると10,000文字を超える)

ゆえに最初にあなたには私の最終結論をお伝えしておきたいと思う。私があなたにオススメする最初の1台はズバリ!

10.2インチiPad(2019年版)だ。

これ以外に存在しない。今すぐ下記のリンクをクリックしてそのままカートに入れて購入するべき。

→10.2インチiPad(2019年版)をチェックする(Apple公式)

もし、それができないなら今すぐ私があなたの自宅の郵便受けにiPadを投げ込みにいきたい。それくらいにオススメだし、あなたには絶対に手に入れてほしい。

iPad Air(2019)と比較してどちらの購入をオススメするかは微妙なところではあるが、個人的には10.2インチiPad(2019)をおすすめしている。10.2インチiPad(2019)は史上最高のコスパを誇るiPadだからだ。比較記事はこちら→違いはなに?10.2インチ新型iPadとiPad Airを比較してみた

私は、iPadはあなたの人生を変えると本気で信じている。もし、あなたがiPadを手に入れれば、今までのあなたの人生史上最高のインプットができるようになる。

  • 高速ブラウジング
  • PDFファイルの閲覧
  • 電子書籍の閲覧
  • SNSのニュースを閲覧
  • 気になる情報を動画や音声でチェック

など。とにかく入ってくる情報も多くなるし、処理するスピードもiPhoneとは比べ物にならないくらい増える。

その結果、あなたはどんどんやりたいことが増えてくる。プログラミングに興味を持ち始めるかもしれないし、ブログを始めたくなるかもしれないし、絵を描きたくなるかもしれない。

これは間違いない。当ブログのコメント欄にも「iPadを購入して人生変わりました。」という声はかなり多い。

インプットができる量が増えるというのは、あなたの人生を変えるはじめの一歩。大いなる可能性の扉を開くことができると言っても過言ではないだろう。だからこそ、今すぐにiPadを手に入れるべきだ、と私は主張したい。

→10.2インチiPad(2019年版)のスペックはこちら

では、なぜ無印のiPadをオススメし、プロモデルのiPad Proをオススメしないのか?

理由は主に5つ。

  • iPadで出来ることは限られているから
  • プロモデルと無印モデルの違いはそこまで大きくはないから
  • 後から100%、Macが欲しくなるので資金をiPad Proに投じるべきではないから
  • iPhoneとiPadとMacを組み合わせた時にApple製品は効果を最大限に発揮するから
  • 10.2インチiPad(2019年版)はApple Pencilも利用できる史上最高コスパのiPadだから

もし、あなたが上記の5つの理由に納得できるのであれば、当記事をこれ以上読む必要はない。今すぐApple公式サイトへ行って9.7インチiPadを購入するべきだ。

→10.2インチiPad【Apple公式】

それでも、まだ迷っているなら、当記事の全てのパートに目を通してみてほしい。なぜ、私がそれほどまでに10.2インチiPad(2019年版)をオススメしているか分かって頂けるだろう。

2019年11月の最新情報

iPadを買うなら、直近のAppleのイベントにおいて、新製品が発売されるかどうかを知っておくことは重要。

基本的に大イベントがあるのは、「3月」「6月」「9月」。そのため、イベント1ヶ月前くらいは、様子見をしたほうが良い。

ちなみに2019年9月のイベントはすでに終了済み。サプライズで今後iPad Proのアップデートがある可能性はあるが大々的なイベントは終わったと思って良いだろう。

もし、iPad Proがアップデートされるとしても、大幅なアップデートになることは考えづらい。

では!現在の最新iPadの全モデルについて、以下解説していこう。

各iPadのメリットとデメリットとは?

まずはそれぞれのiPadをのメリットとデメリットを解説しよう。

10.2インチiPad 2019年モデル

2019年9月に、Appleから販売された無印iPadの後継版。

史上最安値のiPadにも関わらず性能は抜群、さらに驚くべきことにApple Pencilに対応。はっきり言って黙って買うべし、と断言してもいいくらい素晴らしいiPad。

間違いなく、コスパは歴代最強。iPad Pro10.5インチと価格を比較すれば、その差は一目瞭然。

32GB 128GB
10.2インチiPad(2019) 34,800円 44,800円
64GB 256GB 512GB 1TB
11インチiPad Pro 89,800円 106,800円 128,800円 150,800円

最新の価格はこちら(Apple公式)→「iPad」の現在価格をチェックする

メリット

  • 圧倒的に安い
  • Apple Pencil対応

デメリット

  • スマートキーボード非対応
  • 2スピーカー(iPad Proは4スピーカー)

iPad Air(2019)

まさかのアップデート。帰ってきたiPad Air。

メリット

  • ほぼプロ並みのスペック
  • スマートキーボード対応
  • ベゼルレスの10.5インチ

デメリット

  • 無印iPadと比べてやや高い
  • 10.5インチiPad Proのマイナーアップデート版

詳しい仕様はこちら→【2019】新型iPad Airまとめ「購入は待て!6つのいい所、4つの悪い所」

iPad mini(2019)

ついにアップデートされた最小にして、史上最高スペックを誇るiPad。私は発表後に速攻で購入した。

詳細な仕様はこちら(Apple公式)→「iPad mini」の現在価格をチェックする

メリット

  • 片手で持てる
  • 軽さゆえ普段持ち歩きやすい
  • スペックはほぼProレベル
  • サブ機として優秀

デメリット

  • 価格が高い
  • 初めてのiPadとしては適さない

私のレビューはこちら→【写真59枚】狂気に満ちたApple信者の新型iPad mini(2019)レビュー

9.7インチiPad Pro※残念ながら販売停止

私が母にプレゼントして、母がいまだに愛用しているのがこの9.7インチiPad Proだ。このモデルが最もオススメできる。(現在はApple公式サイトでは販売停止されている)

9.7インチiPad Proは、時々、Apple公式整備済製品として販売される。コスパもいいしオススメ!→本日のiPad整備済製品をチェックする

メリット

  • 4Kビデオが撮影可能
  • Appleペンシルが利用可能
  • スマートキーボードが利用可能

デメリット

価格がやや高い

※Apple Storeの整備済製品では9.7インチモデルを現在も購入可能だ。あまりにも質問が多いので以下の記事内で回答してみた。ぜひ、参考にしてみてほしい。

【2018】まだ、9.7インチiPad Proは買いなのか?10.5インチと本気で比較してみた

12.9インチiPad Pro

私が本気で毎日使い続けている神タブレットが12.9インチiPad Proだ。私の作業効率を圧倒的に向上させてくれて、かつ人生を変え、人生を支えてくれているのがこの名機。私が使っているのは2017年版なのだが、12.9インチのサイズは本当に便利。最大にして最高。

私の渾身のレビューは以下の記事を参考にしてみてほしい。(欲しくなっちゃうかもなのでその点は要注意)

【完全レビュー】Apple信者が12.9インチiPad Proを1年使ってみた。

さらに!!2018年10月30日にベゼルレスの12.9インチiPad Proが発売された。はっきり言って神アップデート。新型のApple Pencilも使えるし、とんでもないスペックも搭載されている。世界一のタブレットだと言えるだろう。

最新iPadの価格はこちら(Apple公式)→「iPad Pro」の現在価格をチェックする

メリット

  • 性能は現行機種最高峰
  • 新型のApple Pencilが利用可能
  • 新型のスマートキーボードが利用可能
  • ベゼルレスのディスプレイ
  • USB-Cで充電可能

デメリット

  • 価格が高い
  • デカい
  • デカい
  • デカい
  • ノートパソコンにはなりえない

11インチiPad Pro

今まで馴染みのサイズだった9.7インチのiPadのボディサイズのまま、画面サイズは最大化した夢のiPad。

ただ、個人的には、12.9インチiPad Proが小型化されて、かつディスプレイも大きいので11インチはやや中途半端なサイズな気がしている。

メリット

  • 小さいボディに最大のディスプレイ
  • 新型のApple Pencilが利用可能
  • 新型のスマートキーボードが利用可能
  • ベゼルレスのディスプレイ
  • USB-Cで充電可能

デメリット

  • 価格が高い
  • サイズがやや中途半端
  • ノートパソコンにはなりえない

10.5インチiPad Pro

9.7インチよりも多少ベゼルが狭くなったモデル。それ以外の何物でもない。

最新の価格はこちら(Apple公式)→「iPad Pro」の現在価格をチェックする

  • 画面が9.7→10.5へ
  • 重さは無印iPadと全く同じ
  • Apple Pencilとスマートキーボードに対応

という感じだ。

整備済製品の購入が非常にオススメ。(コスパ抜群) 3月下旬に突如として8,000円も値引きされたため、コスパだけで言えば最強機種となった。

【8,000円値下げ】10.5インチiPad Proと11インチiPad Proを比較してみた

私がオススメする3つのiPadとは?

これまで各iPadのメリットとデメリットを書いてきたが、私がオススメするiPadは以下の3モデルのみだ。

  • 10.2インチiPad (2019)
  • 12.9インチiPad Pro(2018)
  • 10.5インチiPad Pro(2017)※整備済製品

の3種類だ。

私は新型iPad mini(2019)を購入したが、それはあくまでも12.9インチiPad Proのサブ機としてであり、初めの1台としては全くオススメできない。

もし、あなたがディスプレイサイズについて悩むのであれば以下の記事も当記事と合わせて読んでみてほしい。(両方の記事をしっかり読んでもらえれば購入後に後悔するようなことはないだろう)

iPadの全ディスプレイサイズを完全レビュー【9.7,10.5,12.9インチ,mini】

タブレットとして購入すべき価値があるのは、10.2インチiPad 2019年モデル、12.9インチiPad Pro(2018)の2つだけである。(10.5インチiPad Proの整備済製品はあまり出てこないが入荷を待てるのであれば非常にオススメ)

それを踏まえた上でそれぞれのモデルがどういった人に最適なのかをあなたにお伝えしていこう。

10.2インチiPad 2019年版を購入するべき人

もう、はっきり言ってしまおう。

もし、あなたがiPadを所有していないなら、黙ってこの10.2インチiPad 2019年版を買うべきだ。コスパは最強。Apple Pencilを利用できるし、スマートキーボードだって利用できる。

12.9インチiPad Proのディスプレイサイズがどうしても欲しいという人以外は全員、10.2インチiPad 2019年版を買うべきだ。

私はすでにiPad Proを12.9と9.7インチを所有しているが、あまりの安さとコスパの良さにもう1つ買ってしまいそうになった。

もし、あなたが10.2インチiPad 2019年版の購入を検討しているなら、以下の記事は必ず読んでおいてほしい。10.2インチiPad 2019年版がいかに素晴らしいか分かって頂けるだろう。

→違いはなに?10.2インチ新型iPadとiPad Airを比較してみた

→Apple公式サイトで10.2インチiPadの価格をチェックする

12.9インチiPad Pro(2018)を購入するべき人

私は12.9インチiPad Pro(2017)を1年間使い続けてきたが、一度このディスプレイサイズを味わうと二度と11インチや9.7インチのiPadを使いたいという気持ちにはならなくなる。

最強のiPad Proだと言えるだろう。

1年間使用したレビュー記事はこちら→【完全レビュー】Apple信者が12.9インチiPad Proを1年使ってみた。

しかも、私が所有している2017年モデルに加えて、2018年モデルの12.9インチiPad Proは小型、ベゼルレス、薄型化、新型Apple Pencilに対応している。

あぁ。。

あぁ。。。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

1億円あったら12.9インチiPad Pro(2018)で家中の壁を埋め尽くすのにぃぃぃぃぃぃ!!!

(本当にそれくらい最高の機種だ)

さらに、たった1台ですべてを済ませたい。という気持ちがあなたに少しでもあるなら12.9インチiPad Proはかなりオススメだ。

確かに重いしデカいのだが、カバンに12.9インチiPad Proだけを入れておけば、どこでも仕事ができるし、電子書籍が読めるし、Apple PencilでPDFを編集できるというのは非常に大きな魅力だろう。

12.9インチiPad Proについては、私の情熱と愛情と情熱を込めた記事をたくさん書いたので興味があるなら以下の記事も合わせて読んでみてほしい。(読むとほぼ確実に欲しくなると思うのでその点はご了承頂きたい。つまり、それほどいい製品だということだ)

12.9インチiPad Proを35日間使い続けて分かった7つの真実

Apple信者が12.9インチiPad Proを1週間使ってわかった9つのこと

【1日目】12.9インチiPad Proレビュー「これから1年間レビューし続けます」

12.9インチiPad Pro購入計画 vol.1「9.7インチと比較」

12.9インチiPad Pro購入計画 vol.2「7つの使い道 with iOS11」

12.9インチiPad Pro購入計画 vol.3「私が購入をためらう3つの理由」

12.9インチiPad Pro購入計画 vol.Final「スティーブ・ジョブズ氏の究極の名言」

Apple公式サイトで最新の価格をチェックする→「iPad Pro」

10.5インチiPad Proを購入するべき人

コスパ的に圧倒的に劣っていた機種だったのだが・・・

突如、2019年3月下旬に8,000円も値下げされてコスパ最強機種となった。

約5万円で超ハイスペックのiPad Proが買えるというこの現状ははっきり言って異常。整備済製品は入荷され次第、すぐに売り切れるので、「待てる人」「争奪戦に挑む気概のある人」に限られるとは思うが、狙ってみるのはアリだと思う。

→本日入荷分のiPad整備済製品をチェックする

最新の11インチモデルと比較しても遜色ない最高のスペック。詳しくは以下の比較記事を参考にしてみてほしい。

【8,000円値下げ】10.5インチiPad Proと11インチiPad Proを比較してみた

コスパ最強はどれ?iPad(2018)、10.5インチ、9,7インチiPad Proを比較

そもそもiPadは必要ですか?

もし、あなたがiPadのあまりの美しさに欲しさが抑えられなくなっているなら落ち着いてほしい。あなたに必要なものは本当はMacかもしれない。

以下3つの条件から2つを満たすならiPadを購入、0もしくは1つしか満たさないなら購入は控えた方が良い。そのお金でMacBook Proの資金にしたり、Apple Watchを購入した方が幸せになれるだろう。

では、3つの条件をお伝えしていこう。

1、電子書籍を読む?

電子書籍を読むのであれば、iPadは間違いなくあなたの生活を変える。

私はよくビジネス関連の本を読むのだがiPadを購入してから、自分の本を読むペースと数が明らかに増えた。電源をポチッと押してKindleを起動すれば前回読んだ場所からすぐに本が読める。

しかも、きれいな画面でサクサク読める。これほど手軽に本が読めるようになるとは・・・素晴らしい時代に生まれたとしか言いようがない。ビジネス本を読む冊数が何倍にもなると思えば、iPadの価格分くらいは余裕で元は取れるはずだ。

あと、漫画を読むという人にもオススメだ。家のスペースを増やす事なくいつどこでも一生、タブレットから漫画が読める。私は進撃の巨人など、自分が好きな漫画はすべて紙で購入する事はやめて、iPadで読むためにKindleで購入するようになった。

2、Apple Pencilを使ってみたい?

Apple Pencilは絵を書くようなイラストレーターさんが動画レビューをしているのをよく見るが、実はビジネスマンや学生さんにもかなりオススメできる。

Apple PencilとiPad Proを組み合わせれば、どんな人でも、あらゆる作業を効率化できる。

ビジネスマンであればアイディアをまとめるためにマインドマップを書いたり、資料のPDFファイルに手書きで注釈をつけたりできる。私はビジネス用のアイディアをノートにまとめている。

学生さんであればクラウド上にApple Pencilで書いたノートをクラウドにあげていればノートを持ち歩かなくてもiPhoneからでもiPadからでもノートを見直す事ができる。

他にもApple Pencilのメリットは数多くある。

  • 一度書いたものを何度でも綺麗に書き直せる
  • ノートに音声を入れて音声つきノートが作成できる
  • クラウドに保存すればいつ、どこでもノートを見直せる

と、Apple Pencilを用いてノートを書くと数多くのメリットがあるのだ。ここに書くと2000文字を超えそうだ。とりあえず上記3つのメリットに魅力を感じるかを判断基準にしてほしい。

管理人管理人

要望があったので後日記事にしてみた。思った通り2000文字は軽く超えてしまった。
【※長文注意】Apple Pencilへの愛と熱を2700文字に詰め込んだレビュー記事

3、サブディスプレイにしてみたい?

私がもっともiPadの購入をオススメできるのは、サブディスプレイの使用を考えている人だ。はっきり言おう。絶対購入した方が良い。作業効率化が冗談抜きで10倍にはなる。

据え置きのディスプレイの方が安いし、画面サイズも大きいが、持ち運びが物理的にほぼ不可能だ。その点、iPad Proならどこへでも持っていける。

上記の画像は私の仕事の様子だ。常にMacBook Proで作業しながらiPad Proで調べももの資料や取引先のPDFなどを見ながらカチャカチャとキーボードを打ち込んでいる。

たまに、アニメを見たりYouTubeで好きな音楽をかけたりもしている。(iPad Proは驚くほど音質もいいのだ)これほど簡単にサブディスプレイを持ち運べる時代が来るとは本当に私はラッキーだと思っている。

もちろん、今この記事を書いている瞬間も私はMacBook Proで文章を打ち込みながらとiPad ProでApple公式サイトの商品比較ページを見ている。あぁ、、本当に幸せだ。。

購入前にアプリを確認すべし

iPadを購入前にiPadで出来ることは必ずチェックしておこう。簡単に言えば、アプリをチェックしておくべきだということだ。

私が毎日愛用している厳選したiPadアプリ、そしてそれらの使い方は以下の記事で、「ちょっと詳しすぎるだろ。」とドン引きされるレベルで詳しく解説している。

iPadを購入検討しているなら、ぜひ、読んでほしい。これが、iPadを手に入れた先に広がる世界だ。

201個のアプリを使い込んだiPad中毒者が55個のおすすめアプリを紹介してみた

とある作業効率化オタクの1日【iPadアプリ編】

補足:iPad miniは神パッドだけど特殊

私は今現在、ほぼ毎日13インチMacBook ProとiPad mini(2019)を毎日持ち歩いている。iPad miniはiPhoneの使用時間を激減させる最高の相棒になってくれているのだが・・・

初めてのiPadでiPad miniの購入はあまりオススメしていない。

iPad miniが真価を発揮するのはMacのサブ機としてだと私は思っているからだ。詳しい組み合わせ方やレビューについては以下の記事を参考にしてみてほしい。

【神Pad】iPad mini(2019)を6ヶ月使って分かった9つのこと

【比較】iPad mini(2019)とiPhone XS Maxはどう使い分ける?

今日のお告げ

iPadは本当に美しい。店頭で見ると舐め回したくなるくらい美しいのでテンションが上がって購入を検討してしまう人も多いだろう。それほどApple製品は魅力的なのだ。

ただし、この記事を読んで本当にあなたにiPad(タブレット)は必要なのか考えてほしい。もし、あなたがまだAppleのノートパソコンを持っていないならまずはMacBook Proを検討する事を推奨する。詳しくは以下の記事を参考にしてみてほしい。

248名へアドバイスしてきたApple信者が教えるMacの完璧な選び方|MacBook Pro、Air、無印12インチ

iPadはいつでもどこでも、電子書籍を読めるし、画面も大きいので効率よくブラウジングしたり、簡単な作業であれば、Macよりもスピーディーに仕事をこなすことができる。ただし、プログラミング学習するのには厳しかったり、デスクトップアプリに対応できなかったり、ファイル管理が弱かったりと弱点も多い。

そういったデメリットを把握せずにやみくもにiPadをメイン機にすることを考えると失敗する可能性だってある。以下の記事を読んで、本当にiPadとMacどちらがよいのか見極めてほしい。

【最新版】iPadがMacよりも圧倒的に優れている9つのポイントとは?

【完全解説】MacBook ProとiPad Proの正しい使い分け方教えます

この記事があなたのiPad選びの参考になれば幸いだ。

※最新のiPad Proのレビューを読者さんたちから集めた記事が、現在、人気爆発中!ぜひ、目を通してみてほしい。透明度100%のレビューがここにある→新型iPad Pro(2018)のレビューを7名分集めて分かった28のこと【11 & 12.9インチ】