管理人管理人

iPad ProはApple Pencilを利用できるという点で非常に人気ではあるのだが、その高価さゆえに手がでない人も多い。そこで、目につくのがiPad Pro9.7インチの整備済製品。非常にリーズナブルだが果たして2018年の今、買いなのか?徹底的に検証していきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

はじめに:私の現在のiPad環境

私は現在、以下の2モデルを所有している。

  • iPad Pro12.9インチ
  • iPad Pro9.7インチ

これら2機種だが、はっきり言ってめちゃくちゃ使い込んでいる。当ブログもほぼすべてはiPad Pro12.9インチのみで記事を執筆しているし、日常生活のほぼすべてはiPad Pro12.9インチで行なっている。

9.7インチもかなり使い込んでいたのだが、実は家族に「それ使わないなら欲しい〜!」と言われてあげてしまった。(そのあたりも記事にできればしていきたと思う)

ここで、1つ言えることは、iPad Pro10.5インチ発売当時、私は9.7インチモデルを所有していて、そして10.5インチは購入しなかった。というか買い換える必要はないと断言していた。

その点も踏まえて以下のiPad Pro9.7インチと10.5インチの比較ポイントを読み進めて頂ければ幸いだ。

※iPad Pro10.5インチの発売当初の記事はこちら

【レビュー】新iPad Pro10.5インチの購入は待て!必要ない人がほとんどです。 | Apple信者1億人創出計画

※2018年4月追記

3月に発売された新型iPad Pro(2018)との比較記事については必ず目を通しておいてほしい。コメント欄もかなり活況なので合わせて読めば後悔しないiPad選びができるようになだろう。

失敗作?新型iPad(2018)とiPad Proを徹底比較!9つの違いとは?

最新のiPad Pro10.5インチとの比較

ここからは最新版のiPad Pro10.5インチとの5つのポイントについて比較していこう。

※重要度が下にいくにつれて増していくため、できるだけすべてに目を通してほしい。

比較1、ベゼルディスプレイ

iPad Pro10.5インチモデルは、ベゼルが狭い。それが特徴で発売当初は一部のメディアがこぞって取り上げた。

だが・・・

店舗で見れば分かるが、大幅に9.7インチから進化したわけではないし、ほんの数センチディスプレイ領域が広くなったからといって何かが変わるわけでもない。

私はベゼルの幅を考慮して10.5インチを購入する必要はないと思っている。実際、発売当初も全く惹かれなかった。

比較2、チップ性能

これは、無視してよい。iPad Pro9.7インチでもまだまだ現役だ。というか、iPadでガンガン動画編集をやるような人以外は全く気にする必要がないだろう。

ブラウジング、文書作成、Apple Pencilでのメモ取りなど、基本的なことを行う分には最新モデルと変わらない。

マイナビニュースさんがページスクロールについて比較してくれている記事があるのでこちらで紹介しておこう。

個人的にはそれほど違いを感じない。

比較3、価格

新品のiPad Pro10.5インチと整備品のiPad Pro9.7インチとの価格差は以下のようになっている。(2018年3月1日時点の価格を参照)

両モデルともWi-Fiモデル、256GB。税別。

iPad Pro10.5インチ
86,800円

iPad Pro 9.7インチ
64,800円

価格差は、22,000円となった。この価格差をどう捉えるかだとは思うのだが、私はそのお金でAirPodsやApple Pencilを購入した方がよっぽど幸せになれると思っている。

ちなみに、Wi-Fiモデルの方がオススメな理由は以下の記事で解説中。

iPhone所有者はiPadセルラーモデルを絶対買うな!私は後悔してます。 | Apple信者1億人創出計画

比較4、マイクロソフトオフィス

マイクロソフトのオフィスは、実は、10.2インチ以上のタブレットの場合は有料でないと文書作成などができないようになっている。

以下のようなソフトを導入する必要がある。

記事のために、色々と調べていたのだが、マイクロソフトの絶望的に分かりづらい料金形態に混乱してしまった・・・

もし、マイクロソフトのオフィスをたまに利用するなら、iPad Pro9.7インチの方がよいかもしれない。たまに利用するためだけにiPad Pro10.5インチにオフィスを導入するのはお金がもったいない。

実際、私は9.7インチでワードアプリを使って色々と編集もしていたが、非常に快適だった。

比較5、Apple Pencilの遅延

私が思う、 iPad Pro9.7インチと10.5インチの最も大きな違いはこれではないだろうかと思う。

iPad Pro10.5インチが発売された当初、Apple Pencilの書き心地がさらに滑らかに。という宣伝もAppleからされたというのも理由の1つだろうが・・・当ブログやツイッター上でかなりの数の質問を頂いた。

「書き心地は違いますか?」という質問だ。

だが、ぶっちゃけた話。私はiPad Pro9.7インチと10.5インチのApple Pencilの遅延、というか書き心地については全く同じだと思っている。

私が鈍感なのか・・・と心配になったのでTwitter上でアンケートを取ったら以下のような回答になった。

36%の方が変わらない、と回答。私はその部類のようだ。

あなたが、このデータをどう捉えるかは分からないが、店舗ではあまり確認できない今、参考にしてみて頂ければ幸いだ。

というか、もし、違いがあったとしても、本当に微妙な差だと思う。本当に。。いやぁ、違いとかあるのかなぁ、、うーん。。と今でも私は不思議に思っている。

現に、私は最新モデルのiPad Pro12.9インチへを購入した際もApple Pencilの書き心地がよくなってる!!!すげー!!!!!とは1秒も思わなかった。

【結論】iPad Pro9.7インチは買い?

はっきり言って買いだと思う。特にiPad Proを試したことが無い人にはオススメ。

実際、私はリアルの友人たちに「iPad Pro9.7インチの整備済製品が出たら買いだよ。」と伝えている。

タブレットはまれに人には合わずに結局使わない、というパターンも存在するという点も考慮すれば初期投資を抑えるというのは非常に重要だろう。

また、最新モデル10.5インチとの価格差が22,000円もあることを考慮すると、その浮いたお金でAirPodsなどを考慮した方がよっぽど幸せになれると思う。

今日のお告げ

余ったお金でさらに自己投資!

私はケチではない。倹約家でもない。だが、おトクな製品、コスパの高い製品にこそ投資をするべきだと思っている。なぜなら、浮いたお金で別の製品を購入、すなわち、自己投資ができるからだ。

それがApple製品でなくともよい。いい椅子を買ったり、キーボードを買ったり、高価なアプリを買ったり、なんでもよい。とにかく、自己投資に回すことが重要だ。

iPad Pro9.7インチを手に入れて、あなたの人生がよりよくなることを願ってこの記事を一生懸命書いたので、もし参考になったのであればコメントやツイッターなどで返信頂ければ幸いだ。

一言言えるのは、iPadは最高だぁぁぁぁぁぁ!!!ということだ。いつか壁をiPadで埋め尽くした家に住みたい。そう私は本気で思っている。