管理人管理人

リーク通り、新iPad Pro10.5インチが発売された。それに伴い、9.7インチは廃止された。この記事ではiPad ProとApple Pencilを365日使い続けている私が、新iPad Pro10.5インチを本当に必要な人はどういう人なのか、各ポイントをしっかりレビューしていきたいと思う。[@appleshinja_com]

最新iPad全製品の比較記事はこちら。合わせて読んでみてほしい。
↓↓↓
【2018年】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

ほとんどの人に新iPad Pro10.5インチは必要ない

いきなりテンションを下げるようなことを言って申し訳ないが、今一度、落ち着いて欲しい。

Apple製品は人を洗脳するほどの魅力があるため、iPad Pro10.5インチを購入してみたくなる気持ちは分かるのだが・・・

私はほとんどの人には必要ないと思っている。

私は現在、iPad Pro9.7インチを愛用している。最高の相棒だと思っているし、もうiPad Proなしの生活は考えられないと思っている。

使いこなしたからこそ言えるのだが、多くの人の願望はより安価な無印iPad(2017)でも実現する。価格も半額くらいなのだから、iPadを購入検討するなら無印iPad(2017)とiPad Pro10.5インチをしっかり比較する必要があると思う。

ちなみに12.9インチは一切オススメしていない。以下の記事でも書いているが、購入する理由が見当たらないと私は思っている。

私がiPadPro12.9インチの購入を全力でオススメしない3つの理由

無印iPad(2017)と比較

まず、大きな違いは以下の6つだ。

  • 価格
  • ディスプレイサイズ・重量
  • チップ
  • Apple SIM対応
  • Apple Pencil対応
  • スマートキーボード対応

これらの違いだ。逆に言うとたったこれだけの違いしかない。(厳密に言うと、他にも違いはあるが微差なので購入の可否を決定するほどのものではないため、今回は省いている)

以下、それぞれに対しての比較ポイントをレビューしていこう。

価格

販売されているストレージ容量が少し違うので完全に同じ条件での比較というのは出来ないのだが、最低容量では確実に将来後悔するので、以下の条件で価格を比較することにしよう。

・iPad Pro10.5インチ
ストレージ容量256GB
Wi-Fiモデル
価格:80,800円税別

・無印iPad(2017)
ストレージ容量128GB
Wi-Fiモデル
価格:48,800円税別

上記の通り、価格差は32,000円だ。

この価格差が気にならない方は比較する必要はない。iPad Pro10.5インチを購入すればよい。

後述するが、Apple Pencilに対応している点はやはり大きいし、ディスプレイサイズがやや大きいのも魅力だろう。

しかし、普通の人はこの価格差はなかなか大きい金額だ。その場合は以下の比較ポイントを必ず読んでいってほしい。

ディスプレイサイズ・重量

視認できるディスプレイサイズは10.5インチと9.7インチだが、実は横幅や縦幅、重量にはほとんど違いがない。

・iPad Pro10.5インチ
高さ 250.6mm
幅 174.1mm
厚さ 6.1mm
重量 469g

・無印iPad(2017)
高さ 240mm
幅 169.5mm
厚さ 7.5mm
重量 469g

今回、発表されて驚いたのが重量が同じという事だ。

重さが同じなのにiPad Pro10.5インチの方が薄く、そしてディスプレイサイズが大きい。

ただ、実際に店舗で見てみると分かると思うが大きく違いすぎるという事はない。個人差はあると思うが、ディスプレイサイズについては店舗で確認する方が無難だろう。

チップ

比較する対象にならない。はっきり言おう、ほぼ同じだ。

iPad Air2ですら未だに現役で使える。

iPad Pro10.5インチと無印iPad(2017)については性能差はほぼないと思って良い。

もともと、iPadではそれほど重い作業はしないはずなので気にする必要はないだろう。むしろ十分すぎるほどに両モデルとも高性能だ。

Apple SIM対応

iPad Pro10.5インチはApple SIMに対応している。

ゆえに、海外を転々としている方にとってはiPad Pro10.5インチの方が若干便利だろう。

ただし、最近では空港でSIMカードを購入できる国がほとんどなので、それほどAppleSIMにこだわる理由はないと思う。

割高だし、そもそもiPadなので、電話などはできない。私はApple SIMを目的としてiPad Proを購入する必要はないと思っている。

Apple Pencil対応、スマートキーボード対応

これら2つのアクセサリに対応しているという事が、iPad Pro10.5インチと無印iPad(2017)の最も大きな違いと言えるだろう。

つまり、Apple Pencilやスマートキーボードが欲しい人は、iPad Pro10.5インチを購入すべきであり、必要ないなら無印iPad(2017)で十分だという事だ。

では、それぞれに適した人はどんな人なのだろうか?

私は自慢ではないが、今までにiPadを20本以上はプライベートで売った。というか、私の熱を伝えたら私の知人たちはとりあえずiPadを購入した、という感じだったが・・・

それでも、購入後、みんな納得していることから、売り込みではなく適切な販売トークをしていると思われる。では、私の販売トーク?を紹介していこう。

新iPad Pro10.5インチを買うべき人

複雑な事は言わない。覚えておいて欲しいのはたった1つ。

あなたはApple Pencilを使う予定がありますか?

という事だ。

Apple Pencilを使う予定があるのであれば、必ずiPad Pro10.5インチを購入する必要がある。なぜなら、無印iPadはApple Pencilに対応していないからだ。

ただ、Apple Pencilは使う人を選ぶ。

絵を描く人は当然だが、普段からクリエイティブな仕事をしていてアイディアをメモ書きしたい人などにはオススメできる。しかし、ブラウジングや動画視聴を主な利用としてiPadの購入を考えている人にとってはApple Pencilは必要ない。

以下の記事を読んで、もし、あなたが惹かれるものがあればApple Pencilの導入を検討しても良いだろう。

【※長文注意】ApplePencilへの愛と熱を2700文字に詰め込んだレビュー記事

逆に言えば、「そう言えばテンション上がってApple Pencilを購入してもあまり使わないかも・・・」と思いとどまることがあるのであれば、無印iPad(2017)で十分だという事だ。

あぁ、そうだ。

もう1つ言っておかなければならない事がある。スマートキーボードを用いてノートパソコンの代用代わりにする事は考えるのはやめた方が良い。

スマートキーボードは私も日々使っているので便利さを感じてはいるが、それはiPad Proをサブディスプレイとして利用しているからだ。あくまでもサブディスプレイだ。

メイン機器としてiPad Proを使う事はない。

詳しくは以下の記事で書いているのだが、やはりMacBookのトラックパッドやキーボードのスピードにスマートキーボードは勝つ事は出来ない。

【酷評レビュー】スマートキーボードを半年使い続けて分かった致命的な欠点とは?

以上が、iPad Pro10.5インチを購入するべき人の条件だ。

Apple Pencilに焦点を当てているだけではあるが、Apple Pencilを込めて考えれば価格差は約5万円になる。

しっかりと比較したり、実際に店舗でApple Pencilを使うなどして検討して欲しい。

新iPad Pro10.5インチを買うべきでない人

以下のどれかを目的として購入を検討している人は、新iPad Pro10.5インチを購入するべきではない。

  • ノートパソコンの代用
  • 動画視聴が目的
  • 初めてタブレットを購入したい

これらを目的にiPadの購入を検討している人には、自信を持って言えることがある。無印iPad(2017)は素晴らしい。十分な機能を備えている。

iPad Proはノートパソコンの代用にはならないし、動画視聴は無印iPadでも同じように可能、初めてのタブレットなら生活に馴染むかどうかも不確定なので安価な無印iPadの方が良いだろう。

ゆえに、テンションが上がってしまうのはわかるが、iPad Pro10.5インチを購入する必要はない。

その浮いたお金で違うApple製品を購入したり、次期iPhoneのためにお金を貯めておこう。

私と読者様のコメント欄のやりとりが非常に役に立つと思うので以下、参考にしてみて欲しい。(読者様は結局、無印iPad(2017)を購入されたようだが、私のアドバイスで満足いくものを購入されたようで心から嬉しく思っている)

【必読】iPad(2017)とiPadProを比較!Proを買ってはいけない人とは?

今日のお告げ

私はApple信者ではあるが、全ての製品を盲目的に購入したりはしない。それはただの中毒であり、信者ではないと個人的には思っている。

iPhone7が発売された時もそれほど魅力を感じなかったので、今でもiPhone6sを愛用しているし、今回のiPad Pro10.5インチも購入を見送るつもりだ。

そもそも、iPad Pro10.5インチは高価なのだし、どうか無印iPadも検討対象に入れて後悔のない買い物をして欲しいと心から願う。

もちろん、何か質問などあればコメント欄にてして頂ければ全力でお答えすることをお約束する。

※追記

以下、2017年のWWDCで発表された機器のレビューだ。あなたに満足のゆく買い物をしてほしくて、つい熱くなりどれも3000文字を超える長文になってしまった。しかし、記事の質については保証する。ぜひ目を通しておいてほしい。

【2017】全力でオススメできないMacBook12インチとiPadProを比較

【レビュー】MacBook Pro2017と2016の違いとは?徹底比較してみた

【2017比較】MacBook12インチとMacBook Pro13インチはどちらがオススメ?