管理人管理人

2017年、MacBook12インチに大きな変化があった。メモリ16GBまで搭載可能だというのだ。これで、ラップトップ選択の余地がさらに拡がった。しかし、重要な比較ポイントは3つほどしかない。その3つのポイントを今回は徹底的にお伝えしていこう。[@appleshinja_com]

※追記 当記事では読者様から素晴らしいコメントを頂いている。この記事と合わせて最下部のコメントも合わせて読んでほしい。(後悔するような製品選びをする事はなくなるだろう)

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

2017年モデルMacBook12インチが与えた1つの衝撃

メモリ16GB搭載可能っ!!!!!

ついにMacBook12インチにメモリを16GB搭載が可能になる。これは大きな革新だろう。

MacBook12インチはサイズ的にも持ち運びが簡単なサブ機として人気だったが、それは逆を言えばメインマシンにはなれないパワー不足感が否めなかったからだ。

「なぜ、私はMacBook12インチをおすすめしないのか?3つの弱点とは?」という記事でも徹底的にレビューしたのだが、とにかく私はMacBook12インチの購入はオススメしていなかった。

その最も大きな理由はメモリが8GBまでしか積めなかった事だ。今の時代、これは恐ろしくパワー不足だ。しかし、、今回WWDC2017で発表されたMacBook12インチはメモリ16GBへのカスタマイズ可能という衝撃を与えた。

これにより、MacBook12インチはMacBook Proとの比較が可能になる。メインマシンにしても良いであろうパワーを手にしたからだ。

ただ、比較するべき点は、3つほどしかないと私は思っている。以下、解説していくので目を通しておいて欲しい。どちらの機器があなたに適しているか分かって頂けると思う。

ちなみに私はMacBook Proは13インチtouchbar無モデルを購入するべきだと思っている。ゆえに比較対象は13インチモデルのMacBook Proだ。その点はご了承頂きたい。

詳しくはこちら
→Apple信者が比較!MacBook Pro 2016【インチ・TouchBar有無】

比較1、ディスプレイサイズ※最重要ポイント

まず、ディスプレイサイズなのだが、それぞれ13インチと12インチと大きさに違いがある。

Apple公式サイトによると、12インチ(対角)、13.3インチ(対角)という寸法になっているようだ。

ただ、たった1インチかと甘く見ないほうがいい。絶対にMacBook12インチとMacBook13インチは店舗に行って見比べよう。

私は、正直言ってMacBook12インチは使う気になれない。長く使うことを考えるとどうしてもストレスを感じてしまう大きさとしか思えないのだ。

13インチは本当に丁度良い大きさだと思う。というかベストの大きさだろう。

15インチは個人的に大きすぎるし、幅を取るし、少し重いのであまり好きではない。ゆえにディスプレイサイズは13インチがベスト、というのが私の意見だ。

しかし、このディスプレイサイズへの感覚は人による。ネットで調べればMacBook12インチとMacBook Pro13インチを並べて紹介してくれているような記事もあるが、それでもApple Storeへ行って直接確認することを推奨する。

思ったよりも大きさが違うことに驚くはずだ。(実際、私は初めて生で12インチを見たときに「小さっ!!」と呟いてしまった)

もちろん、個人差はあるだろうが、作業効率が良いのは明らかに大きい方のディスプレイだ。店舗で見て気に入ったディスプレイサイズでMacBookを買うかMacBook Proを購入するか、決めるというのは良い判断基準になると思うのでぜひ、生で見てみてほしい。

比較2、処理速度

MacBook Proはその名の通り「Pro」の名がつくので高性能に思えるだろう。

では、一体どれほどの違いがあるのだろうか?Apple公式サイトよりスペック仕様を確認してみよう。

・MacBook12インチ
1.2GHzデュアルコアIntel Core m3、1.3GHzデュアルコアIntel Core i5、または1.4GHzデュアルコアIntel Core i7
Turbo Boost使用時最大3.6GHz

・MacBook Pro13インチ
2.3GHzデュアルコアIntel Core i5、または2.5GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ
Turbo Boost使用時最大4.0GHz

と、紹介したところで、一言お伝えしなければならない。実はどちらも性能は同じようなものだ。

現在のスペックであればネットを使ったり、ブログを書いたり、動画を見たり、そういった目的なら十分な機能を備えている。

というか、もう5、6年前から私は「最上位スペックのcorei7なんて一般人には必要ない。corei5でも凄すぎるくらい。」と友人たちには伝えてきた。

もし、あなたが動画編集や音楽編集をほとんどしないのであればCPUのスペックを気にする必要はない。

というわけで、私はほとんどの人には体感できないほどの差しかないと思っているので、MacBook12インチとMacBook Pro13インチの処理速度、性能差についてはきにする必要はないと思う。

比較3、端子の数

さぁ、ここが課題だろう。端子の数は以下のようになっている。

・MacBook12インチ
USB-Cポート

・MacBook Pro13インチ
Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2

つまり、MacBook12インチは端子が1つ、MacBook Pro13インチは端子が2つということだ。(Thunderbolt 3とUSB-Cは互換性があり、転送スピードが違うだけなのでほぼ同じ端子だと考えている)

さて、端子が1つだと問題はあるのだろうか?

私は端子は最低限2つ以上は必要だと思っている。なぜなら、充電中に他の端子が使えないからだ。

MacBook Pro13インチを私は使っているのだが、SDカードや外付けHDDのデータを読み込んだりバックアップしたい時はどうしても端子を1つ使う必要がある。

ちなみに以下のように拡張アクセサリを使っている。

充電中するたびにこれらのアクセサリを抜き、充電プラブを差し込む、それは面倒だし時間ロスに繋がるだけだろう。

外付けHDDから何か読み込みをしている時に、電源がなくなりそうになっても充電できないのは痛い。

別に毎日外部端子を使うわけではない。しかし、常に端子の数を気にしながら充電するのはストレスにしかならない。

ゆえに、私は2つ以上の端子は必ず必要だと思っている。

※追記

優しい読者様から「外部アクセサリーを使えば充電しながらでも利用できますよ〜。」とコメント欄にてご指摘頂いた。ありがとうございます。

なぜだろう・・・知っていたはずなのに記事を書いている時は完全に忘却の彼方へ吹き飛んでしまっていた。

多分、常に外部アクセサリーを使う必要があるなら、端子を1つにしている意味を感じないし、「結局、ミニマリズム的じゃないのね・・・」と目をつぶっていたのかもしれない。

ちなみに純正の外部アクセサリーは高い。7,400円もする。その点を考慮するとやっぱりMacBookにも最低2つ以上は端子を用意してほしいと思う。

私の大好きなカズさんも語られているが、あまり美しくはない・・・常にこれを接続しないといけないのはやはり、、という気持ちには確かになる。それならMacBook Proでいいじゃん。

どっちがオススメなの?

さて結論に移ろう。

新型MacBook Pro13インチと新型MacBook12インチはそれぞれにメリットがあるため、ユーザーの使い方によって輝きが変わる。

以下のパートを読んであなたに最適なモデルを購入してほしい。

MacBook Pro13インチを買った方が良い人

正直言って、私はこちらをオススメしたい。(実際にリアルの知人にもMacBook Pro13インチをオススメしている)

モニターは大きいし、端子の数も2つと十分だからだ。その方が作業しやすい事は明らかだろう。

薄さ、軽さも満足のゆく仕上がりになっている。

・MacBook12インチ
0.92 kg

・MacBook Pro13インチ
1.37 kg

たった、450グラムの違いしかない。この重さが持ち運びに大きく影響するとは私は思えない。MacBook Pro13インチでも十分軽い。

つまり、この重さと引き換えに大きいディスプレイと端子を手に入れたいかどうかであなたの欲しいモデルを決めるべきだ、と言っても良い。

そうと決まればApple Storeへ行ってMacBook Pro13インチを持ってみよう。それで重いと思わなければあなたはMacBook Pro13インチを購入するべきだ。

今後、4、5年は活躍してくれる相棒になるのだから、大きめのディスプレイで快適な環境を手にいれることをオススメする。

MacBook12インチを買った方が良い人

以下の人はMacBook12インチの購入を検討してみても良いと思う。

  • キーボードを使って作業をすることがほとんどない人
  • 動画視聴、ブラウジングが主な人
  • 超軽量パソコンがどうしても欲しい人

やはりMacBook12インチの最大のメリットは軽さ、薄さだろう。

ノートパソコンは欲しいけどそんなに仕事で使ったりはしない。たまにレポートを書くくらい。という人にはオススメできる。

実際に、Apple Storeで実物を見てディスプレイの小ささが気にならない人であれば、MacBook12インチでも十分に満足できるであろうと思う。

ただし、、以下の選択肢も検討する事をオススメする。

もう1つの選択肢とは?

2017年のWWDCにて、AppleがiOS11へのアップデートを発表した。詳しくは「【まとめ】これが王者Appleの本気?iOS11で注目すべき5つの機能とは?」という記事で詳しく書いているが、簡単に言うとiPadが限りなくノートパソコンに近づいた。

ファイルの扱い方や、ドラックアンドドロップ機能など、ほぼノートパソコンと変わらない機能がアップデートに付与される。

ゆえに、私はMacBook12インチとiPad Pro12.9インチも比較するべきだと思う。

もし、あなたが動画視聴や、ブラウジングの利用が9割以上を占めるというのであれば絶対にiPad Pro12.9インチの方が良い。

iOSは起動も早いし、タブレットはどこでも寝転びながらリラックスして使えるし、たまにパソコンのように使うときは別売りのスマートキーボードを使えば満足のゆく利用ができるだろう。

もちろんトラックパッドやMacBookのキーボードとは違うので作業スピードは遅くはなるだろうが、たまにしか使わないのであれば、よく使う利用方法に合わせた機器選ぶが重要だと思う。

キーボード入力など、文字打ち込みが多い人→MacBook、MacBook Pro
動画視聴、ブラウジング、PDF視聴などの使用が9割以上の人→iPad Pro12.9インチ

という点を基準にあなたに最適な機器を選ぼう。

今日のお告げ

色々と比較してきたが、最後にどうしても私の率直でぶっきらぼうな意見をお伝えしておきたい。

MacBookは中途半端なモデルだと言わざるを得ない。という事だ。

もちろん良い製品ではあるのだが、重い作業ができない上にiPad Proがノートパソコンへ近づいている現状を見るとそう言わざるを得ない。

私は最終的にはMacBook ProとiPad Proだけのラインナップになると思っているし、そうなるべきだと思っている。

Apple信者だからこそ言わせてもらうが、今のAppleの製品ラインナップは最低だ。

多すぎる。選びにくすぎる。ゆえにユーザーは迷う。

私のような一般人が比較しなければいけない事自体、Appleらしくない製品ラインナップなのだ。

もし、彼が生きていたら、今のような製品ラインナップにはなっていなかっただろう。iPhoneの白色を発売する事すら反対していたくらいなのだから。

いずれ、iPadが本物の紙と同じ薄さになり、丸めて小さくしてどこでも持ち歩けるようになった時、MacBookは廃止されるだろう。その日があと10年以内くらいに来るのでは、、そう思っている私はやはりガジェットオタクなのだろう。

いつまでも、少年心のまま(オタク心のまま)良い製品を追いかけ続けていたいと思う。