管理人管理人

あなたはこうは思っていないだろうか?「どのApple製品を選べば分からない。」と。先日、こちらの記事で、Apple製品の選び方を予算別にお伝えした。今回は目的別にお伝えしていこうと思う。実際に私が友人へおすすめする時にも、全く同じ製品を紹介しているので、当記事内の内容は嘘偽りないことをお約束する[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年4月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

【収益公開中】保有Apple株の現在の収支はこちら

【期間限定】→無料で「神Apple本」が3冊読めるKindleの情報はこちら

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

目的別:オススメのApple製品とは?

目的別オススメ製品をお伝えする前に、OSの違いについては理解しておいてほしい。iPadとMacの違いというのは、極論を言えばOSの違いに集約されるからだ。

以下の記事で、詳しすぎるほどにMacOSとiOSの違いについて比較しているので、ぜひ一読しておいてほしい。

【比較】最強はどっち?iOSとMacOSの違い9つを完全解説

では、早速、各用途別にオススメのApple製品をお伝えしていこう。

1、文書作成

・iPad Pro12.9インチ

・MacBook Air

私が主におすすめするのは上記2機種。

文書を作成するという場合、レポートを作成したり、会社の資料を作ったり、個人でブログを運営したりする事が想定される。

私は、現在、文書作成のほとんど全てをiPad Pro12.9インチで行なっているが、それは、圧倒的にMacよりも早いからだ。ひいては、作業効率がよいからだ。

英文の辞書をさっさっといつでもすぐに表示させたり、各アプリの起動速度だったり、「Workflow」の存在だったり、それらを全て考慮すると、iOSで行なった方が早い。詳しくは以下の記事を参考にしてみて欲しい。

※ただし、iOSは大量のファイル管理には向かない。毎日大量のファイルを編集したり保存したりする場合は、MacOSの方が良いだろう。(こちらを参考)

ただ、同じくらいおすすめなのがMacBook Airだ。とにかくコストパフォーマンスに優れている。10万円弱でMacが所有できるのは素晴らしい。文書作成が主な使用用途であれば、MacBook Proはスペックが無駄に高いだけだし、それならMacBook Airの方が良い。

実際、私の知り合い(学生さん)たちは、MacBook Airでレポートを作成したりしている人がかなり多い。

1点注意すべきこととしては、MacBook Airはメモリが8GBまでしか積めないので、将来的に動画編集などの重い作業をする際に厳しい可能性があるということだ。

【証拠画像】MacBook Proメモリ8GBは絶対に買うな!3つの理由とは?

また、2018年6月には新型MacBook Airが発売される可能性が高いので、それまで待ってみるべきだとも思う。

【2018】新型MacBook AirとProを待つべき?Retinaは確定か?

2、プログラミング

・MacBook Pro

・iMac

まず、一言言いたいのは、

iPadでどうにかプログラミングをしようとは絶対に考えてはいけない。できないことも多く、イライラするだけだろう。

iPadでもアプリを駆使すればできないことはない。コーディング用のアプリも最近は多くはなってきているが、やはりMacOSと比べると対応アプリは少ないし、そもそもウェブ上で動かすサービスなどの場合は、MacOSでないと確認ができないことも多い。

最近は、cloud9などでコードを共有し、作業したりする場合も多いし、MacOSの方が間違いなく将来的なことを考えれば不便がない。

MacBook ProかiMacかに関しては、ご自身が、Macを持ち歩くか、自宅で仕事をするために購入するかを判断基準にした方が良い。私の知り合いにはMacBook Proを所有し、自宅や職場では大画面ディスプレイにHDMIで接続するという人が多い。

ただ、最近読者さんに色々とアドバイスを頂いているのだが、「iMacの大画面は圧倒的に作業効率が上がる。」という意見が私に突き刺さっている。

私は、iMacを所有した事がないのだが、この度、引っ越すことになったので、iMacを購入し、自宅での仕事をさらに作業効率化することを考えている。(もちろん、レビューもする予定だ)

iMacか?5Kディスプレイか?MacBook Proデスクトップ化計画 Vol.2

3、デザイン(フォトショップ等)

・MacBook Pro

・iMac

私はデザインをしないので、私の知人の話になるのだが、私の知人でフォトショップを使ってデザインをしている人は圧倒的にMacBook Proを使っている人が多い。

たまに、iMacの人もいるが、デザインをずっと同じ事務所で黙々と行う人よりも、カフェや公園や、はたまた電車の中でいつもMacBook Proを持ち歩いて画像作成などをしまくっている。

これらは機能面というよりは、アイディアを出すためにこのスタイルに落ち着いているという印象を受ける。

4、絵を描く

・iPad Pro12.9インチ

絵を描く人におすすめなのがiPad Pro。イラストを描くならiPadを買うべきだろう。

正確にはiPad Pro12.9インチとApple Pencilが必要だ。

新型iPadでも良いのだが、私の知り合い曰く、「画面は大きい方が圧倒的に書きやすい。」とのこと。当ブログの読者さんも同じことを言っているし、絵を描くのであれば大きな画面のiPad Pro12.9インチが良いだろう。

※ちなみに私はイラストを書かない。この点についてレビューが足りない部分が当ブログの大きなウィークポイントだと思っている。今、知り合いのイラストレーターの人に記事を書いてもらえないかい打診中。

5、動画編集

・MacBook Pro

・iMac

・iMac Pro

当ブログでも、よく頂く質問がこれ。「動画編集をする予定ですが、どのMacがいいですか?」というもの。

ただ1つ言えるのは、一番良いのはiMac Pro。圧倒的なパワーで作業効率を実現できる。とは言ってもiMac Proは高い。高額だ。高額すぎる。iMac Proを買うのはユーチューバーさんの中でも毎日1時間以上の動画をあげまくる人に限定されると思う。

あとは、会社でなんらかの動画を作りまくる必要がある人。

多くの人に、iMac Proはオーバースペックだろう。コストパフォーマンスで言えば、iMacが一番だ。

この動画とか参考になる。というか最高すぎる。

ちなみに、私は1ヶ月に数回、1時間分くらいの動画を編集する事があるのだが、それくらいならMacBook Proで十分だ。

ただし、動画を書き出している間はMacBook Proで他の作業はできないので、その点は留意しておく必要がある。

6、英語学習など(スキル向上)

・iPad Pro12.9インチ

英語学習、経営学、電子書籍を読み漁る、などなど。自分で自分のスキルを向上させるためにApple製品を購入したいあなたにオススメなのがiPad Pro12.9インチ。

Kindleで電子書籍を読んでインプットして、それを手書きのノートに書き出す。ただ、それだけでも人生が変わる。

私が、当ブログで常々「iPadは人生を変える。」と言い続けているのは、インプット・アウトプットの両面から圧倒的な作業効率化ができるからだ。Macでもアウトプットはできるが、やはり電子書籍が読める点とハンドライティングでアウトプットできるiPad Pro12.9インチは素晴らしい。

英語学習においては、辞書アプリをいつでもすぐに引き出せるので、作業効率は果てしなく上がる。間違いなくおすすめ。

うーん、やはりiPad Pro12.9インチは最高。

7、なんとなく使ってみたい

・MacBook Pro13インチ

・iPad Pro12.9インチ

「Apple製品がかっこいいので、何か買いたいのですが何が良いでしょうか?」という漠然とした質問も当ブログには多い。

そんな時、私がおすすめするのは上記2機種だ。

後述するが、Apple製品はずっと触っていたくなる魅力があるゆえにどんどんとやりたい事が増える。

ゆえに、漠然となんとなくApple製品を購入したい場合には、後から「プログラミングがしたい。」「デザインがしたい。」「英語が勉強したい。」となった時のためにスペックの良い製品を購入することをオススメする。

注意点:ワードやエクセルを使う

あなたに1つだけお伝えしておきたいことがある。

あなたが、Microsoftのオフィス「ワード」「エクセル」をメインに仕事で使うなら、Apple製品は購入するべきではないかもしれない。

昔よりは、互換性の問題は生じづらくなったが、それでもフォントが違ったり、行がズレたりする事は多々ある。エクセルは特にひどい。うまく表示されないばかりか、高度な関数などはまず扱えないと思った方が良い。

Macでも、Windowsを動かす方法はいくつかあるのだが・・・動作も重いし、Windowsと全く同じ環境で利用するというのは難しいと考えた方が良いだろう。

※ただ、私がiMacを購入したあとは、iMacのメモリを増設してWindowsを動かせるかどうかを再度、検証してみたいと思う。

今日のお告げ

自分が思うよりも、1ランク上の製品を!!!

これは、Apple製品を購入検討中の人へ向けて、私が常に主張していることだ。

Apple製品はその美しさゆえに、ずっとずっと触っていたくなる。帰宅したらMacやiPadを開くのが生活の一部になるし、それが楽しくて仕方なくなる。

そんな生活を半年も続けていると、間違いなく、確実に、やりたい事が増える。

そんな時、スペック不足が理由でその新しいやりたい事ができない、または動作が重くて作業しづらいというのは悲しすぎる。

ゆえに、「今、自分が想定するよりも1ランク上の製品を。」というのが私の主張だ。もちろんApple製品は高額なので、予算との兼ね合いになるので難しい部分もあるのだが・・・

ぜひ、当記事を参考にApple製品を選んで頂ければ幸いだ。一緒にAppleを楽しもう!!

Macの詳細な選び方はこちら
↓↓↓
248名へアドバイスしてきたApple信者が教えるMacの完璧な選び方|MacBook Pro、Air、無印12インチ

iPadの詳細な選び方はこちら
↓↓↓
【2018年】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます

ーあなたはApple公式サイトの製品比較ページを見たことはあるだろうか?ー

もし、あなたがApple製品を購入検討中なら、後悔しない買い物をするためにも、必ずチェックしておこう。

「えっ!こんな違いがあったの?」と驚く、あなたが知らない重要な性能差が見つかることもある。(ProMotionテクノロジー、感圧タッチトラックパッド等)

以下のリンクをクリックする事で製品比較ページをチェック可能なので、この機会にしっかり目を通しておいて欲しい。(私も何度もチェックしている)

公式→Mac比較ページ

公式→iPad比較ページ

公式→iPhone比較ページ

Apple公式サイト(TOPページ)

あなたの1フォロー、あなたの1いいねが
1記事更新の励みになりますm(_ _)m

↓ ↓ ↓

Apple製品を検討中のあなたへ

2017年に発売された全ての最新製品をレビューしました。購入後に後悔しないためにも、以下の記事を読んでおく事を全力でオススメします。

【最新】Apple製品購入完全ガイド!絶対に後悔しない買い方まとめ