管理人管理人

最近、「iPhone 7ユーザーですがiPhone 12への乗り換えを迷っています…」という旨のメッセージをいただくことが結構多い。その証拠にiPhone 12発表時にはiPhone 7がトレンド入りした模様。買い替えの境目でもあるiPhone 7ユーザーが買うべきはiPhoneは・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月1日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

もし、あなたがiPhone 7を使っていて新型iPhoneへの買い替えを検討しているのであれば・・・

積極的に買うべきはiPhone 12 or iPhone 12 mini!!!

これが結論。
他のiPhoneも検討に値するものはあるのだが、個人的に積極的におすすめしたいのはiPhone 12 or iPhone 12 miniだ。

ちなみに、iPhone 12かiPhone 12miniを選ぶ基準としてはディスプレイサイズの違いを考えるだけで良い。好みで選ぶべきだろう。

と、まずは私がiPhone 12をおすすめしているという結論をお伝えした上でそれぞれのiPhoneをおすすめする理由をお伝えしていこう。

iPhone 7ユーザーが買い換えるべき4つのiPhone

まずはおすすめのiPhoneから紹介。後ほど”買うべきではないiPhone”も紹介している。

※公式ページの比較表は要チェック(かなり分かりやすい)→→最新のiPhoneスペック比較表をチェックする(Apple公式)

※全機種のスペックとコストパフォーマンスについてはこちら→【毎月更新中】買うべきではないiPhone、おすすめiPhoneを全比較(12, 12 Pro, 12mini, SE2, 11, XR)

1、iPhone 12 or iPhone 12 mini

  • カメラ性能が良い
  • 有機ディスプレイ搭載
  • 落としても壊れづらい(耐久性能4倍)
  • 本体サイズがより小さいにも関わらず画面は大きい

などの理由から私はiPhone 12を推奨したい。

iPhone 7ユーザーから買い換える人たちにとって最も衝撃を受けるのは「写真のクオリティアップ」「有機ディスプレイによる見え方の変化」だと思う。

写真に関しては通常の撮影でめちゃくちゃ綺麗に撮影できることもそうなのだが、光学2倍ズームで画質を落とさずに撮影できたり、ナイトモードで夜も撮影できたり、超広角でより広い画角で撮影ができたりする。

有機ディスプレイ搭載によりディスプレイ性能もかなり向上している。ディスプレイの見え方は個人差が出やすいが多くの人が「お、綺麗。」とは感じるはずだ。

さらに、本体サイズはめちゃくちゃ小さくなっているのにディスプレイはより大きい。厚みは0.3mm違う。

もはやおすすめしない理由がない。

2、iPhone SE (第二世代)

  • Touch IDが使える
  • iPhone 7と変わらない感覚で使うことができる
  • サクサク感が増す
  • 現行機種で最も安いが性能は必要十分

iPhone 7から使用感を変えたくないのであれば、iPhone SE(第二世代)一択だと思う。とりあえずこれを買っておけば間違いない。

A13 Bionicチップを搭載していることから、サクサク感も間違いなく増す。
A13 Bionicチップは2019年に発売された10万円超のiPhone 11 Proと同じ性能。

iPhone SE(第二世代)の価格に最上級のスペックが搭載されたことが衝撃だった。

また、細かい点でカメラ性能がアップしている点も忘れてはいけない。

私は安価なiPhoneが欲しい人、iPhoneで写真撮影に拘らない人には積極的にiPhone SE(第二世代)をおすすめしている。

3、iPhone 11

  • 初期コストが安い
  • 外側カメラがナイトモード対応

私は、買うべきはこっち!iPhone 12 or iPhone 11の14個の違いを比較してみたの記事内でもiPhone 12を積極的におすすめしているが、初期コストを抑えたいという人はiPhone 11を導入するのもありだと思っている。

初期コストを抑えられるというメリットもあるし、何よりもカメラ機能が秀逸。「ナイトモード」「超広角モード」の2つは本当に革命的。この2つのモードのためだけにiPhone SE(第二世代)ではなくiPhone 11を選択するのもありだと思う。

ただし、iPhone 12と比較して厚みがある点は少し注意。その点は店頭で確認するべきだと思う。

詳しいレビューや写真の映り方については下記の読者さんのレビューを参考にしてみて欲しい。

iPhone 11のレビューを8名分集めてわかった75のこと

買い換えるべきではない3つのiPhoneとその理由

次に個人的に思う買い換えるべきではないiPhoneたちを紹介。(買う人たちを批判しているわけではありません)

1、iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max

  • 高額すぎる
  • できることはほぼ同じ

私自身、かなり評価しているiPhone 12 Proだが、万人におすすめできるものではない。とにかく高額すぎる、かつ、基本性能は非プロモデルと同じ。

カメラ性能などがよりプロ向けではあるのだが、プロはもっといいカメラを使うだろうし、誰向けの製品がよくわからないという点を踏まえると「信者用」「ガジェオタ用」の製品と定義するのが正しいと思う。

違いはこの11個!iPhone 12とiPhone 12 Proを比較してみたの記事内でお伝えしているが、基本的にはiPhone 12よりカメラ性能がややいい程度に過ぎない。

ただ、デザインが・・・iPhone 4sを思い出させるステンレスモデルなので、その点に惹かれて購入する方は多そう。

2、iPhone XR

  • 寿命が短い
  • iPhone 11と比べるとかなり見劣りする

ポップなカラーで発売され始めた当時は私もかなり評価していたiPhoneだが、2020年の今、買うのは少しおすすめできない。

iOSのアップデート期間を含めて計算するとあと3年くらいしか使えないだろうし、そもそもiPhone 11のナイトモードや超広角モードに比べると見劣りしてしまう。

iPhone XRを買うくらいならiPhone 11を購入した方が良いと思う。

※ただし、ポップな色味で惹かれているものがあれば購入するのはあり。好きなデザインで選ぶのが一番大切。

補足:iPad、Mac、Apple Watchも…

当記事はiPhone 7ユーザー向けに書いたのものではあるが、もし、あなたが新型iPhoneを購入検討中であれば、ぜひiPad・Mac・Apple Watchなどと組み合わせて購入することをおすすめしたい。

特に、「Mac」「iPad」「iPhone」の3つを揃えた時には作業効率性が最も高くなる。私はこれら3つのことを当ブログ上で三種の神器と呼んでいるが、実際、ありがたいことに多くの方からこの理論については同意をいただいている。

詳しくは、Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」 を読んでみて欲しい。

Apple製品を使えば使うほど、連携させればさせるほど、Appleにハマっていく。楽しくなっていく。それが人生をより良くさせてくれる。

ここに私が基本的にはiPhoneのプロモデルをおすすめしない理由がある。超高額なiPhone1台を所有するよりは、そこそこのスペックのiPhoneを購入して、iPadやMacを一緒に組み合わせ購入した方がよっぽど日々の生活は良くなる。

限られた資金だからこそ、Apple製品は最初から組み合わせ購入を検討するようにしよう。

今日のお告げ「iPhone 7ユーザーはそろそろ…」

iPhone 7はそろそろ動作的にも厳しいだろうし、気分的にも買い替えたくなってくる頃合いだろう。ただ、iPhone 7からの買い替えだと現行機種のどの機種に買い替えても感動は大きいと思う。

私の知人(iPhone 7ユーザー)は私のiPhoneに関する説明を受けてから「ぶっちゃけどれでもいい。どれを使っても感動しそう。」と言っていた。

当記事をこんなところまで読んでくれているあなたが、もし、まだどの機種へと買い換えるか悩んでいるのであれば、

スマホとしての機能があればいい→iPhone SE(第二世代)
カメラ機能がそこそこのものが欲しい→iPhone 11, iPhone 12, iPhone 12mini

という感じで選べば良いと思う。

ぜひ、良きiPhoneライフを〜。

【おすすめ関連記事】
【毎月更新中】買うべきではないiPhone、おすすめiPhoneを全比較(12, 12 Pro, 12mini, SE2, 11, XR)