管理人管理人

新型iPhone 12が発表された。だが、現在もApple Storeには旧型のiPhoneであるiPhone 11シリーズが販売されている。しかも1万円ほど値引きされた。さて・・・どちらのiPhoneを買うべきなのだろうか?当記事ではApple信者なりの結論を出したいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月28日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

だらだらとスペックの比較をしても眠くなるだけなので、まずは結論から。

初期コストを抑えたいという理由の人以外は、iPhone 11を買うのはあまりおすすめしない。ほぼ全ての人がiPhone 12を買った方が良い。

これが結論。

実際、私がリアルの知人に新型iPhoneについて聞かれたときにも上記のように回答する。というか私の家族や友人たちはみんなiPhone 12を買うようだ。

と、先に結論をお伝えさせていただいたところで、一体、なぜiPhone 12がおすすめなのか?その理由をスペック差を比較しながら当記事では紹介していこう。

まずは次項で私が独自に作成した重要なスペックの比較表を見て欲しい。(一目でiPhone 12の素晴らしさが分かるはずだ)

重要なスペック比較表

まずは比較表にてスペックの違いをご紹介。

全ての仕様についてはこちらの比較表をチェックするのがおすすめ。かなり見やすい→最新のiPhone比較ページはこちら(Apple公式)

iPhone 11 iPhone 12
ディスプレイ 6.1インチ 6.1インチ
本体サイズ より薄く、軽く
価格 ※税別 64GB:64,800円
128GB:69,800円
256GB:80,800円
64GB 85,800円
128GB 90,800円
256GB 101,800円
有機ディスプレイ 非搭載 搭載
ナイトモード 外側カメラのみ対応 外側、内側カメラ共に対応
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影 非対応 30fps
耐久性能 4倍
耐水性能 水深2メートル 水深6メートル
MagSafe 非対応 対応
ビデオ通話の1080p電話 非対応 対応
チップ A13
Bionicチップ
A14
Bionicチップ
メインカメラ 12メガピクセル
(超広角対応)
12メガピクセル
(超広角対応)
インカメラ 12メガピクセル 12メガピクセル
SIM eSIMに対応 eSIMに対応
Face ID Face ID Face ID
バッテリー持ち ビデオ再生:最大17時間 ビデオ再生:最大17時間
オススメ度(管理人の独断と偏見) ★★★

実は価格は全く同じ?

iPhoneは基本的には最新モデルを購入した方が良い。なぜなら、多くの場合は初期コストが違うだけで、1年あたりの金額を算出すると最新のiPhoneも旧型のiPhoneもほぼ同じ金額になるからだ。

この辺りの話については、今買うべきはこのiPhone以外ありえない!全モデル徹底比較の記事内の”iPhoneの寿命”に関する部分を読んでいただきたいが、要はiPhoneの寿命は(4年ー発売経過年数)となる。

2019年に発売されたiPhone 11シリーズであれば、2020年に購入すればあと3年くらいの寿命かな?と考えるのが良い。ということ。

最近のiPhoneはiOSのサポート期間が長くなる傾向にあるので、一概に4年とは言えないのだが、長く使えば使うおうとすればするほど旧型のiPhoneは寿命が短くなるという点に変わりはない。

もし、寿命を(4年ー発売経過年数)で考えると1年あたりの価格は以下のようになる。()内が1年単位のコスト。

・New iPhone 12
64GB:85,800円(21,450円)
128GB:90,800円(22,700円)
256GB:101,800円(25,450円)

・iPhone 11
64GB:64,800円(21,600円)
128GB:69,800円(23,266円)
256GB:80,800円(26,933円)

・iPhone SE2
64GB:44,800円(11,200円)
128GB:49,800円(12,450円)
256GB:60,800円(15,200円)

・iPhone XR
64GB:54,800円(27,400円)
128GB:59,800円(29,900円)
3円)

いかがだろうか?
年単位のコストで計算したときにほとんど価格差がないことに驚いたのではないだろうか?(iPhone SE2は驚異的に安いが)

この1年あたりのコストを考慮すると、新型iPhone 12を買った方が良いようには思えてこないだろうか?

と、お金の話を終えたところで、以下、詳細なスペックを比較していこう。

iPhone 12とiPhone 11の違い

重要な違いのみを比較。

こちらの公式比較表は必ずチェックしておこう→最新のiPhone比較ページはこちら(Apple公式)

1、有機ディスプレイ

【iPhone 12】
6.1インチ(対角)オールスクリーン
OLEDディスプレイ

【iPhone 11】
IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)
オールスクリーンLCDディスプレイ

iPhone 12はエントリー機の価格ながらついに有機ELに対応した。有機ELであれば発色が綺麗で、黒色が特に綺麗だと言われている。

この辺りの感じ方は個人差があると思うので、ぜひ店頭で確認してみてほしい。

ちなみに私は個人的にはiPhoneの有機ELについてはそれほど重要度は高くないと思っている。iPhoneでできることは限られているし、iPadなどで動画鑑賞した方が快適度は高いのでiPhoneの有機EL自体は喜ばしいが選択の基準にする必要はない。

ただ、これまで有機ELを使ってきた人は有機ELでないと違和感を感じるかもしれない。(私はiPhone XS Maxから有機EL非対応のiPhone SE2に乗り換えた時にも違和感やストレスを感じなかったので個人差はある)

2、バッテリー持ち

【iPhone 12】
17時間

【iPhone 11】
17時間

バッテリー持ちは全く同じ。

ただ、5Gを頻繁に使うとバッテリー持ちが悪くなるようなので、その辺りは注視した方が良いように思う。

3、色

【iPhone 12】
黒、白、赤、緑、青

【iPhone 11】
黒、白、赤、緑、黄、紫

個人的にはやや残念だった。

黄色と紫色はすごく綺麗なので、ぜひともラインナップに残して欲しかった。

4、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影

【iPhone 12】
(最大30fps)対応

【iPhone 11】
非対応

動画の質をより上げてくれるDolbyに対応。

そう言えば10年くらい前は一部の拘っている人だけ「ドルビードルビー」言ってたのについに一般人の我々がドルビーに触れる日が来たのかと感慨深さもある。

5、チップ性能

【iPhone 12】
A14 Bionic

【iPhone 11】
A13 Bionic

さらに高速に。より賢くなったがそのスペックを活かすためのアプリがほとんど存在しないのが現状。

6、耐久性能

【iPhone 12】
4倍の耐落下性能

どのモデルと比べて4倍なのか公式ホームページに記載がないのだが、前モデルとの比較だと考えて良いだろう。

7、耐水性能

【iPhone 12】
水深6メートルで最大30分間の耐水性能

【iPhone 11】
水深2メートルで最大30分間の耐水性能

iPhoneを持って潜る人がどれだけいるかはわからないが性能は大幅に向上した。

8、MagSafe

【iPhone 12】
対応

【iPhone 11】
非対応

専用のアクセサリーを取り付ければ磁力で無接点充電ができるようになる「MagSafe」にiPhone 12は対応している。

かなり魅力的なケースも多い→MagSafe詳細ページ【Apple公式】

9、解像度

【iPhone 12】
2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi

【iPhone 11】
1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi

気にされる方も多いので比較対象としてご紹介。

10、サイズ

【iPhone 12】
高さ
146.7 mm
厚さ
7.4 mm
重量
162 g

【iPhone 11】
高さ
150.9 mm

75.7 mm
厚さ
8.3 mm
重量
194 g

めちゃくちゃ軽くなった上に薄くなったiPhone 12。なぜかAppleはイベント内で詳しく解説していなかったが、これは大幅アップデートだと思う。というか神アップデート。

厚みが気になるという方も多かったのでiPhone 12はそういった方々にも受けが良さそう。

11、ナイトモード

【iPhone 12】
対応(外側、内側カメラ)

【iPhone 11】
対応(外側)

内側のカメラもナイトモードに対応したのは素晴らしい。大幅アップデートだと思う。

12、5G

【iPhone 12】
5G(sub-6 GHz)

【iPhone 11】
非対応

まだまだ基地局が少ないので可能性が見えてこない5Gではあるが、iPhone 12は対応。

13、ビデオ通話の1080p通話

【iPhone 12】
対応

【iPhone 11】
非対応

自宅でビデオ通話をすることが多くなったからこそ活きてくる。

14、価格

・iPhone 12
64GB:85,800円
128GB:90,800円
256GB:101,800円

・iPhone 11
64GB:64,800円
128GB:69,800円
256GB:80,800円

価格差はそれぞれ、

  • 64GB:21,000円
  • 128GB:21,000円
  • 256GB:21,000円

となっている。

この価格差をどう捉えるかが重要だが、最初にお伝えしたように1年あたりのコストはほぼ同じ。

となれば・・・大幅にカメラ性能などがアップして、5Gにも対応しているiPhone 12の方を買った方が絶対に良い。

というのが私の結論だ。

新型のiPhone 12を買うべき人

  • ほぼ全ての人
  • iPhoneで写真撮影をする人
  • iPhoneで思い出を作りたい人
  • 綺麗な写真を撮りたい人
  • 長くiPhoneを使いたい人

初期コストが安くなるのであれば、旧型のiPhone 11でもいいのでは?と考える方もいるかもしれないが、実はそうではない。

最初に頑張って初期コストを支払って最新の新型iPhoneを買うことには大きなメリットがある。それは、「より綺麗な写真をたくさん保存することができるから。」という理由。

特に、ナイトモードが内側に搭載されたiPhone 12があれば夜中であっても大切な人との写真を残すことができる。

最近のiPhoneの発表会はiPhoneの機能説明というよりはカメラの機能説明にほぼ全ての時間を使っていると言われるほどにカメラ機能に力を入れている。

ここ数年で言えば、iPhone XSシリーズはググッと写真が見違えるようにきれいになったし、iPhone 11シリーズでは夜もめちゃくちゃ綺麗に写真を撮影できるナイトモードが搭載された。

これらのカメラ機能が搭載されたiPhoneを1日でも早く手に入れておけば1枚でも多くの”より綺麗な写真”をたくさん記録していくことができる。

そう、極論を言えば、「新型のiPhoneを買うということは、より鮮明に思い出を刻むことができる。」ということも意味する。

思い出なんていらねーよ。
写真は一眼レフで全部撮るんだよ。

という人には新型のiPhone 12は必要ないかもしれないが、私を含めた多くの人はiPhoneで写真を撮影することが多いだろうから、できるだけカメラ機能の良いiPhoneを手に入れた方が良い、というのが私の持論だ。

それに長期的なコストを換算すればほぼ同じくらい。それであればより良いを選ぶべきだろう。

また、iPhone 12は5Gに対応していることからも長期的には恩恵を受けられる可能性が高い。

旧型のiPhone 11を買うべき人

  • iPhoneで撮影する写真はそこそこのクオリティで良い人
  • 初期コストを抑えたい人
  • iPadやMacを持っていない人

初期コストを抑えて、その余った資金でMacやiPadを手に入れたいという人にはiPhone 11はより良い選択になると思う。

ただ・・・個人的にはiPhone 12の方をおすすめしたい。私の家族も全員iPhone 12へ買い換えるつもりらしい。

今日のお告げ「もう1つ、重要なこと」

iPhoneを選ぶ際にもう1つだけ、重要な選び方を考慮して欲しいと思う。それは、「デザインで選ぶ。」ということ。もっと言えば直感で選ぶということ。

例えば、持ち物を黄色で揃えている人にとってはiPhone 11のイエローはすごく魅力的だと思う。それなら迷うことなくiPhone 11のイエローを買えば良い。

ガジェットだって、服や鞄や靴と同じ。毎日ワクワクできるものを選ぶというのが基本。毎日楽しければiPhoneの使い方もどんどん上手くなるし、その結果、より多くの知識やスキルを得たり、良い写真を撮影できるようになったりする。

どうかスペックだけではなく見た目で「大好きこの子〜!」と思えるiPhoneを選択することも忘れないでほしい。

【おすすめ関連記事】

何が変わった?新型iPhone 12で知っておくべき10のこと

どっちを買うべき?iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)を比較してみた

違いはこの11個!iPhone 12とiPhone 12 Proを比較してみた