管理人管理人

こちらの記事でお伝えしたように、私は母にiPhone8 Plusをプレゼントした。その結果、「誰のために買ったの?」というくらい、毎日、私がiPhone8 Plus を触り続けたわけだが・・・いくつか分かった事があるので当記事でレビューしていきたいと思う。ちょっとガッカリさせてしまうかもしれないが。。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年5月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

iPhone8 Plusのメリット

まずは、私が衝撃を受けたiPhone8 Plusのメリットをお伝えしていこう。

メリット1、横にした状態でホーム画面を利用できる

これが、私が最も衝撃を受けた機能。

iPhoneに超絶詳しいTwitterのフォロワーさんから教えて頂いていたので知ってはいたのだが、これにはかなり可能性を感じた。

iPhone8 Plusは横向きにするとDockが右側に移動して、右手でアプリの爆速起動が可能な仕様になっている。(iPhoneXはこの機能に対応していない)

iPhone8 Plusと折りたたみキーボードだけをポケットに入れれば近くのカフェで簡単な仕事をするくらいはできそうだ。

まだ、そういった方を直接見たことはないが、今後、出てくるだろう。いやぁ、可能性を感じる。

メリット2、無接点充電のワクワク感

無接点充電については、AppleからAirpowerがまだ発売されていないので、実感がないなぁ、、、とは思っていたのだが・・・

純正品でないものは多く発売されている。そして、それらを買えばiPhone8 Plusでも利用が可能だ。手元にiPhone8 Plusがある。ということは、無接点で充電できる。

「えっ、このケーブルの束から解放されるの?」

そう考えるだけでワクワクがやばい。Amazonでいくつも無接点充電器をチェックする日々が続いている。

やはり新しいテクノロジーは良い。

※余談ではあるが、無接点充電の搭載については遅すぎると思っているくらいだ。日本のいくつかのレコーダーは無接点充電可能な機能を4、5年前には搭載していた。もっと、早くiPhoneに搭載されてもよかったはずだが・・・

とにかくAir Powerの発売が楽しみだ。

ちなみに、私が気になっているのはコレ。Anker製だし安いし買ってみようかなぁ。。

メリット3、ポートレートモードが面白すぎる

気がついたら写真を撮ってしまう。

こちらの記事でポートレートモードについてはコンデジやミラーレスには遠く及ばないと、やや辛口でレビューした。

【注意】ポートレートモード目当てにiPhoneは絶対買うな!

だが、私の主張の要点は「カメラには及ばないが、スマホでこのクオリティの写真が撮れるのは素晴らしい。」ということだ。

ピントを合わすのに時間はかかるが、それは逆に言えば、止まっている物であれば楽しく撮影できるということだ。ポートレートモードがあると、ボケが出るのが嬉しくてカシャカシャと何枚も撮影してしまう。

iPhone8 Plusのデメリット

次にiPhone8Plusのデメリットを書いていこう。

デメリット1、感動はそこまでない

iPhoneの買い替えについては、私はギリギリまで行わないことをオススメしている。「最低でも3年は使うべきだ。」というのが私の主張だ。

iPhoneの寿命についてはこちらを参照してほしい→【最終結論】計算式を公開!iPhoneは買い換えと修理どちらがお得?

iPhoneを買い替えても、結局やることは同じ。SNSやブラウジングなどが主になるだろう。それなら別にiPhoneを買い替えなくても同じ事だ。

iPhoneに資金をつぎ込むくらいなら、私はiPadやMacなどに投資するべきだと思っている。

デメリット2、ポートレートモードは完璧ではない

メリットの部分でお伝えしたように、iPhone8 Plusのポートレートモードは素晴らしい。

が、やはりコンデジやミラーレスと比べると圧倒的に劣る。私はコンデジを所有しているので、どうしても比べてしまうのだ。iPhone8 Plusはピントが合うのも遅い、というか合わせるのが難しいし、距離も50cmくらいは離れないといけない・・・

ポートレートモードについては、まだ試作段階だと思ったほうが良いだろう。

とはいえ、iPhoneのサイズであのボケ感が出るのは素晴らしい。実際、母は楽しそうに写真を毎日撮影している。iPhoneでサクサク撮れるという機動性を重要視するなら良いと思う。

ただ、写真に少しでもこだわりたいなら、コンデジやミラーレスがオススメだ。

デメリット3、生活は一切変わらない

iPhone8 Plusを買っても特に生活は変わらない。

iPhoneだけではなく、スマホ業界全体がそうなのだが、もう性能面では天井まできていると思う。最近ではカメラの性能比べにどのメーカーも躍起になっているようだが。

一時期の日本メーカーの薄型テレビ競争を思い出すのは私だけだろうか?「こっちの方が1mm薄いです!!!」みたいな。

ユーザーからすればそんなことはどうでもよかった。もっと操作性をあげて欲しかったし、ユーチューブを簡単に見れるようにして欲しかった。外付けHDDだって東芝レコーダー以外は積極的に対応しようともしなかった。

ユーザーを置いてけぼりにした、訳のわからないマイナーアップデートが現在のスマホ業界では繰り返されているように私は思う。

唯一、Appleが優っているところ、というか圧倒しているところはiOSを独自開発している点だろう。私はiPad大好き人間だし、iOS中毒の人間だ。ゆえに、iOSを誰よりも使い込んでいると思うが、iOSのクオリティは素晴らしい。

しかし、そのiOSの良さを最大限に享受できるのはiPhoneではない。iPadだ。だからこそ、私は当ブログでiPhoneではなくiPadの検討をオススメしている。

【2018年】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます

買い換えるべきはこういう人!

では、iPhone8 Plusに買い換えるべき人とはどういう人なのだろうか?

私が思う、買い換えるべき人とは、

iPhone6や6s、もしくはそれ以前のiPhoneを使っていて、カメラアプリの起動が我慢できないほどに遅くなってきている人

だと思う。

ちなみに私の母も上記に当てはまっていた。「せっかく写真撮ろうと思ったのに、アプリが起動しなかったから撮影できなかった。」と悲しそうにしている母の顔を見て、私はiPhone8 Plus REDをプレゼントした。

iPhoneで写真を撮影する最大のメリットはその手軽さと、スピードなのだから、そこが失われつつある旧型iPhoneを使っている人は、買い替えてもいいように思う。

iPhone買い替えの基準をカメラにする、という事はiPhone9が発売されようがiPhone11が発売されようが変わらないだろうと、私は信じている。

今日のお告げ

iPhone8 Plusは素晴らしい。が、買い換えるくらいならiPadかMacの検討を!!

いつもブログを読んでくれている読者さんには「また、こいつ同じ事言ってるよ。」と思われるだろうが、それでも私は主張し続けたい。

Appleの良さはiPhoneではなく、iPadやMacに詰まっている。ぜひ、この記事がiPadとMacの購入を検討するきっかけとなれば幸いだ。

→iPhone8 Plusの最新の情報はこちら(Apple公式)