管理人管理人

iPhoneが日本のマーケットを占有して10年の月日が流れた。そしてその間、多くの人が様々なiPhoneを手にした。しかし、ほとんどの人は最新のiPhoneを購入する必要はないと私は思っている。その理由は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

なぜ、最新のiPhoneは絶賛されるのか?

なぜ、ここまで、日本のメーカーやレビュワー、ブロガーは最新のiPhoneを毎年買い換えて賞賛し続けるのか?理由はたった1つ。

儲かるからだ。

とてつもない金額のお金が動くからだ。

それ以外に理由はない。

iPhoneを購入する際に、広告リンクを仕込み、ソフトバンクやドコモショップに誘導する、それでユーザーが契約に至れば2,000円以上の報酬を得ることができる。

大手メディアであればそれ以上の成約報酬をもらっている。

つまり、10人買ってくれるだけでも最低2万円、100人買ってくるだけで10万円の報酬を得ることができる。

驚くべきことにiPhoneの市場は大きいので、大手メディアなどは1年に1回発売される最新iPhoneをレビューしまくるだけで年収500万超を得ることができる。

書き間違えではない。500万円超だ。

つまり、自分の信念なんて関係なくとりあえずiPhone買ってレビューしまくるだけで500万円超が約束されるわけだ。

なぜ、iPadやMacを毎年買い替えないのか?

儲からないからだ。

それ以外にはない。

大手のメディアを見比べてほしいが、iPhoneのレビュー記事に比べて、iPadやMacのレビュー記事というのは非常に少ない。

これは単純に儲からないからだ。

iPhoneは通信事業者(Docomo、ソフトバンク、au)が広告費をばら撒いているため、非常に大きな金額が動いている。

しかし、iPadやMacは購入しても、ほとんどの儲けはAppleに流れる。つまり、そこまで紹介しても旨味はない。ゆえに、日本のApple関係のWeb上はほぼiPhoneの情報で埋め尽くされている。

なぜ、日本人はiPad、Macを買わないのか?

iPhone所有者がここまで多いのにMacやiPad所有率が低すぎる。

これは、私のような狂ったApple信者ではなく一般層の話だ。もっと多くの人がiPadやMacを持ってもいい。Apple製品は各機器間の連携が魅力にも関わらず多くの人がiPhoneだけを所有し続けている。

私の考えでは、

iPhoneは生活を変える
iPadは人生を変える
Macは仕事を変える

と思っている。

逆に言えば、iPhoneは生活を変えるが、人生を変えたり、仕事を変えたりするには至らないわけだ。

あなたの生涯を根本的に変えるためには、iPadかMacが必ず必要だ。そう考えると分かりやすいだろう。(別にWindowsやAndroidでもよい。とにかくタブレットとPCは必ず必要だ)

なぜ、Apple信者はボロボロのiPhoneを使い続けるのか?

私、そして私の知人のApple信者たちは、驚くほどに最新のiPhoneへ買い換えない。嘘ではない。

ちょうど、3日ほど前も、優秀なエンジニアの方に会って最新の技術について語り合っていたのだが、彼がポケットから取り出したのは「iPhone5s」だった。

書き間違えではない。優秀なエンジニアである彼が愛用しているのは「iPhone5s」だった。

私の経験上、優秀な人であればあるほど、同じ機器を使い続け、愛用することの重要性を理解している。使えば使うほどに体に馴染んでいくという感覚を理解しているとも言えるだろう。

本体もボロボロだし、カバーやケースなんてもはや「汚い。」そう思われるほどにボロボロだ。しかし、彼らは、それらのボロボロの製品を気に入っているし、それらを使う事を選択している。

結局は、製品は愛して使わないと、日々が無機質に流れていくだけだ。しかし、製品を見るたびに「いいなぁ。やっぱり自分のiPhoneが一番だなぁ。」と惚れ惚れするレベルになれば、毎日が楽しくなる。

その結果、製品を使う時間も増える。そして、自分の仕事や学業が効率化されていくわけだ。

だからこそ、気に入った製品を1つ持っているだけでよい。(先日もTwitterで以下のようにつぶやいた)

だからこそ、Apple信者はほとんど最新のiPhoneを買わない。ずっとずっと自分の気に入った製品を使い続ける。だからと言って、Apple製品を一切購入しないわけではない。

優秀な人ほど、自分の生活が変わると確信できた時は、ためらいもなく自己投資という名目のもと、Apple製品を購入する。

Apple PencilとiPad Proを買ったり、AirPodsを買ったり、iMac Proを購入したり。

そうやって自分の生活をよりよいものにしていくわけだ。あなたも最新のiPhoneを検討する前にどうかiPadやMacを購入することを検討してみてほしい。

今日のお告げ

最新のiPhoneよりもiPad、Macの検討を!!!

余談ではあるが、今のウェブの情報というのは明らかにユーザーが不利を強いられる状況だ。iPhoneの情報が圧倒的に多く、それと比べるとiPadやMacの情報量は少ない。

私はもっと、中高生や、主婦や、おじさんたちにAppleを楽しんでほしい、強くそう思っている。(私のような変態はもう十分すぎるほど楽しんでいるのでどうでもよい)

断っておくが、私は広告をブログやメディアに貼ることに反対しているわけではない。メディアというのはウェブ上であれ、新聞であれ、雑誌であれ、全ては広告によって運営されているからだ。実際、当ブログにも広告は掲載されている。

私が嫌悪しているのは、ユーザーのことを考えずに一方的にiPhoneを絶賛するだけのレビューを繰り返しているメディアのことである。

「理念よりもお金。」

というものが見えた途端、私はメディアに限らず、企業に関しても完璧に嫌悪し始める。

ソニーは大好きだがパナソニックがあまり好きではなかった、といえば分かるだろうか?もっと分かりやすくいえば、なんの独創性もなくただパクリ、ただ金儲けができればいいという思想の中国製メーカーのスマホなんてポケットに入っているだけで吐きそうだ。

完璧に計算されて、情熱を帯びた製品だけを持っていたい。常に私はそう思っているからこそ、デニムだって岡山製の高いもの1本。ずーっと履いている。

と、余談が長くなってしまったが、どうか当記事があなたが最新iPhoneを購入検討する際に、「iPadやMacを検討してみようかなぁ。」という考えの芽生えとなれば幸いだ。

一緒にiPadやMacを楽しもう!!!

※iPadとMacの選び方については以下の記事がオススメだ。

248名へアドバイスしてきたApple信者が教えるMacの完璧な選び方|MacBook Pro、Air、無印12インチ

【2018年】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます