管理人管理人

よっしゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!!キターーーーーーー!!!!!iPhone XS Maxがキターーーーー!!!Apple信者とは名乗りながらも、iPhone 6sから一切買い換えなかったiPhone。3年ぶりのiPhone XS Max。Apple信者の狂気の宴スタート。[@appleshinja_com]

※iPhone XS Maxは、現在、3週間待ちの状況。現在の在庫状況はこちら→ Apple公式 | Docomo公式ソフトバンク公式au

※完全版レビュー!これ1記事でiPhone XS Maxの全てが分かる!→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月23日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:iPhone XS Maxレビューシリーズについて

当連続レビューシリーズは7日間連続でiPhone XS Maxをレビューしていくもの。

様々なアプリを使いながらiPhone XS Maxの可能性を探っていく様子を、デメリットも含めて全て正直に書いていきたいと思っている。

ぜひ、7日間全てのレビューに目を通して頂ければ幸いだ。

2日目→iPhone XS Maxレビュー2日目「カメラ機能をiPhone 6sと高級コンデジと比較してみた」

3日目→iPhone XS Maxレビュー3日目「iPhoneだけで仕事はできるのか?」

私が購入したモデル

まず、私が購入したモデルとスペックはこちら。

iPhone XS Max
256GB
スペースグレイ
価格:¥141,800 (税別)

→iPhone XS Maxの価格をチェックする(Apple公式)

高い。高すぎる。だが、そんなことはもうどうでもいい。今、手元に届いたこの子をこれからは大切に大切に使ってあげよう。

開封レビュー

では、早速。人生初めてのiPhone開封レビューをしていこう。(ブログ開設以降、MacとiPadは購入してきたがiPhoneは初めて。興奮しすぎて開封の写真を50枚も撮ってしまった。)

興奮しすぎて手が震える。

まずは、箱!!!

箱!!!

箱ぉぉぉぉぉ!!!!!

圧倒的ッッッ箱!!!!

ぺりぺりタイム・・・!!!

本当に手が震える。

あぁ、脳が震える・・・

ふと立ち止まる。

開けてもいいのだろうか?

テンションが収まらない。

このままだと、iPhoneの箱を噛みちぎってしまいそうだ。収まらないテンションをどうにか素人のシャドーボクシングで押さえ込んでからいよいよ、開封の儀。

Designed by Apple California

付属品。

出たァァァァァァ!!!!!泣きそう。手が震える。

持ってみた。美しい・・・

片手で持つと大きさが分かる。重みもずっしり来る。

かっこいい。泣きそう。

カメラの出っ張りは噂通り。

iPhone 6sと比べるとデカいっ!!

ペリペリペリペリイィィィィ!!!!!

この高級感はヤバい・・・

かっこよすぎるぅぅぅぅぅぅ!!!

この側面。半端じゃなく美しい。

さぁ、電源をON。

美しすぎる。

電源ON。あぁ、このHelloを見るのは3年ぶり。。

こんにちはぁぁぁぁぁ!!!

設定をサクッと済ませる。

今まで使っていたiPhoneを近くに置くだけで設定が可能。Appleすごすぎ。

iPhone XS Maxでこのマークを撮影すれば設定は完了。

iPhone XS Maxにほんの少しでも興味があるあなたへ

現在、3週間待ちの状況。これからどんどん入手できる時期も伸びていくことが予想される。興味がある場合は早めに予約しておこう。

Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au

2時間使ってみて分かったこと【メリット編】

まずはメリットから。購入初日なのでテンション高めなのはご了承頂きたい。

1、画面サイズがとてつもない

わかっていたことなのだが、画面サイズがとんでもなく大きい!!!!!

iPhone 6sと比べるとそのディスプレイサイズの差は一目瞭然。並べると圧倒的。

表示できる情報量も違う。その上、文字が大きいので非常に読みやすい。

私はPlusシリーズすら使ったことがないのでこの表示領域の大きさには、ただただ驚いている。

ディスプレイサイズが大きいと様々なメリットがあるが、今の所感じているメリットはブラウジングスピードが圧倒的に上がっているということ。サクサク読める。画面が大きいので一度に入ってくる情報量も多い。

私の大好きな神アプリ「Smooz」でもこんな大画面でサクサクとリサーチし続けることができる。

電子書籍も読みやすい。

有機ELの圧倒的に綺麗な画面にはヨダレが出そうになる。この大画面をこれから堪能出来ると思うと楽しみで仕方ない。

2、仕事ができる。(かもしれない)

iPhone XS Maxの画面の大きさと反応速度の良さから、「簡単な仕事ならストレス無く、サクサクとこなすことができるかも。」と思い始めている。

とりあえず画面が大きいので、キーボードの打ちやすさが半端じゃない。iPhone 6sと比べるとこんなに違う。

これなら、iPhone XS Maxを文字入力デバイスとして使い込むこともできそう。これから毎日使って検証していく必要はあるが、私にとってはこのキーボードの大きさと文字の打ちやすさはかなり可能性がありそうなのワクワクしている。

ブログ記事の下書きや、メールの返信をするのにかなり役立ちそう。2時間ほど、iPhone XS Maxでタイピングしてみたがかなり快適。高速タイピングも可能。

iPhone Xユーザーさんたちから噂には聞いてたのだが、ノッチを活かした大画面のタイピングは超快適だ。

特に、私が尊敬する一人のiPhoneマスターの1人の方に、こちらの記事でWebライターさんにインタビューさせて頂いた際、私はiPhoneでタイピングすることの可能性に気付いた。

実際、テストを兼ねてiPhone 6sで当ブログ記事の6割、7割くらいの下書きを済ませる生活をここ1ヶ月ほど過ごしていた。

結果、その判断は大正解だった。私がiPhoneでタイピングし続けて気付いたメリットは以下の7つ。

  • アイディアの鮮度を100%保つことができる
  • アイディアを思いつく頻度が増えた
  • 仕事をするためにiPhoneを開くのではなく、アイディアが閃いたのでiPhoneを開く動作が増えた
  • 文章のあらすじ、概要を完璧に書き起こすことができる
  • 文章の半分ほどを書くことができるので、自宅・外出先で文字入力をする時間が減る
  • 音声入力と組み合わせればほぼ文章を完成にまで持っていける
  • ローマ字入力の方が早く打てる、精度を高く打てる

iPhone 6sは起動速度や文字入力の遅延などが割と頻繁に起こっていたし、「もうちょっと画面が大きければなぁ。」と思うことも多かったので、iPhone XS Maxを使うことによりさらにブログ記事の投稿が捗りそう。(iPhoneでタイピング検証した当時の記事はこちら)

3、スペック差がヤバい

ベンチマークを計測してみたところ、ぶっ飛んだ数値が出てきた。「こんなもん何に使うんだ?」と思ってしまうが、元自作PCユーザーとしてはこういったスペックに対する自己満足がそそられる。

超有名なベンチマーク測定アプリのGeekbench 4で測定してみた。

Geekbench 4

120円
(2018.09.21時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

これが、iPhone XS Max。

これが、13インチMacBook Pro。Touch Barなし2016年モデル。

これが、12.9インチiPad Pro。2017年版。

もはや、iPhone XS MaxはiPhoneのスペックではない。こんなスペックを積んでもほとんどの人には必要のないオーバースペックとなるだろう。私もそうなる可能性は十分にある。

だが、無意味なハイスペックも、愛する自分のiPhoneだとニヤニヤが止まらない。

でも、せっかく可能性を感じて購入したのだから、これから誰よりも使い込みまくってこのスペックを活かせるようなことをしていきたいと思う。

4、カメラ機能が素晴らし過ぎる

私はiPhone 5sや6sですから写真機能については素晴らしいと思っていたのだが、iPhone XS Maxの写真は圧倒的に綺麗。

ポートレートモードも凄い。

さらに・・・

ボケを後から編集で自動的に調整できるのは凄い。

さらに、iPhone XS Maxのカメラは夜景をクリアに撮影することができるらしいので、これでいつでもどこでも綺麗な夜景が撮影できる。

カメラ機能については、明日からしっかりと使い込んでさらに詳しくレビューする予定なので、また当ブログのレビュー記事を読みにきて頂ければ幸いだ。

5、有機ELが綺麗すぎる

美しい・・・

これは凄い。

初めてRetinaディスプレイを見たときの感動が蘇ってきた。iPhone Xユーザーの読者さんたちから「画面が本当に綺麗ですよ!!」という声は聞いていたが、本当に美しい。

有機ELの特性でもある黒の色味も個人的には大好き。

というか、驚いた。目が喜んでいるのが分かる。電子書籍がめちゃくちゃ読みやすい。

目が疲れづらいという評判も多く聞くので、これから使い込んで行って、「目の疲れ」がどうなるのかもしっかりと見ていきたいと思う。しかし、本当に綺麗だなぁ。。感動。

6、Face IDすげぇ。

噂には聞いてたがこれはすごい。一瞬でロックが解除される。

Face IDについても色々と検証してみたが、正面から見るのではなく、ちょっと角度を緩めてもいける。

机の上に置いてあるiPhoneを軽く覗くだけでロック解除される様子にはちょっと鳥肌がたった。

これが最新の技術か・・・

iPhone XS Maxにほんの少しでも興味があるあなたへ

現在、3週間待ちの状況。これからどんどん入手できる時期も伸びていくことが予想される。興味がある場合は早めに予約しておこう。

Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au

2時間使ってみて分かったこと【デメリット編】

次にデメリット。初日から気付くようなデメリットは今後大きく響いてくるはずなのでちょっと不安・・・・

1、片手持ちは不可能

分かってはいたことだが、iPhone XS Maxは片手持ちは不可能だ。めちゃくちゃデカイ。

こんな感じで掴むのがやっとという感じ。

片手持ちができないので、両手持ちが主となるのだが、そうなってくると、ポケットから出す際などに落とさないようにバンカーリングなどが必要になってくるかもしれない。

さらに、片手に荷物を持ちながらiPhoneで何かを調べることはできないし、電車内で片手でサクサクと使うこともできない。

片手持ちLoverであり、巨大ディスプレイのiPhoneを生まれて初めて買った私だから、より一層このデカさをデメリットに感じるのかもしれないが、この重さに慣れるか、嫌になるか、今後レビューしていきたいと思う。

2、やはり高額すぎる

Appleのブランド力を考慮したとしても、iPhone XS Maxは高すぎる。高価すぎる。圧倒的に高い。

価格:¥141,800 (税別)

これだけの大金を使うのであれば、Macや他のガジェット類に使った方がよっぽど作業が効率化されるだろう。iPhone XS Maxはいわば、Apple信者用でありライトユーザーには一切必要ない。

というか、私もこんなに高価なiPhoneを購入したことがないので、使う際にちょっと手が震えている。

この価格に価値を見出せるかどうかは今後の使い方にかかってくるだろう。

3、ポケットに入らない可能性

iPhone XS Maxは巨大すぎる。この大きさならポケットに入らない人が出てきそうだ。女性はかなり厳しいと思う。

男性の場合は細身のデニムなども厳しそう。

私は緩めのパンツしか履かないのでポケットには余裕ではいるが、人によってはこの大きさゆえにカバンに常に入れる必要性が出てきてしまうかもしれない。

いつでもどこでもサッと取り出せるからこそiPhoneは素晴らしい。だからこそ、ポケットに入るかどうか、購入前に必ずチェックしておこう。

4、重さが辛くなる可能性

iPhone XS Maxは重い。圧倒的に重い。私が使ってきたiPhone 6sと重さを比較するとこれだけ重さが違う。

iPhone 6s:143g
iPhone XS Max:208g

2017年にiPhone Xに買い換えた方たちの何人かが「重さが辛い。」と言っているのを聞いたことがあるので、使うにつれてiPhone XS Maxの重さが辛くなってくるかもしれない。

初日はテンションが上がっていて、こういったデメリットには気付かないことが多いが、徐々にズッシリと重さが辛くなってくるかも・・・この辺りも色々と検証しながらしっかりとレビューしていきたい。

5、カメラの出っ張りが最悪

机の上に置いているだけでカメラのガタつきがかなり気になる。iPhone 6sからの乗り換えの私としては、このガタつきには失望。

カメラ出っ張り問題についてはいろんな方に聞いてはいたがこれほどまでとは追わなかった。本当に失望。

使っているうちに慣れるか?

しぶしぶ使い続けるのか?

これからしっかりと使い込みながら、当ブログでもレビュー記事をあげていきたいと思う。

6、指紋

私のスペースグレイモデルの場合は背面の指紋がかなり目立つ。

慣れてくれば気にならないとは思うのだが、私はやはり気になってしまった。

購入当初はちょっとした汚れなども気になりやすい。

7、ホーム画面が横向きにして横にならない

iPhone Plusシリーズでは横になっていたのに。。

iPhone XS Maxは本体を横にしてもDockが左右に寄ったりすることはない。せっかく横にした時に活かせる大画面なのだから、そこは横向きに対応してほしかった。

今後のiOSのアップデートに期待。

8、Face IDは画面を横にすると機能しない

Face IDは縦向きのみに対応。

横向き使いでは対応できないことが分かった。

せっかくのiPhone XS Maxの大画面を横向きで使うことが想定されていないのが非常に残念。

これは大きなデメリットだろう。

注意:iPhone XS Maxへ乗り換え検討中のあなたへ

iPhone XS Maxは美しい。画面は綺麗。大きい。さらに、新型iPhoneということもあり、3大キャリア、ネット上のレビュワー、Youtuberさんたちが煽りに煽りまくっている。

煽りメディアの数は毎年毎年、増え続けているように思う。

だが、待ってほしい。

あなたは本当にiPhone XS Maxが必要だろうか?あなたが今使っているiPhoneは本当にもう使えないのだろうか?

当ブログにはiPhone 5sをいまだに使っている人からのコメントも届く。私のリアルの知り合いのプログラマーも「これで十分でしょ。」とiPhone 5sを使い続けている。iPhoneで出来ることは限られているからだ。

さらに、iOS 12のアップデートにより旧機種のパフォーマンスは大幅に向上した。まだ、アップデートされていないのであれば、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」よりアップデートしてみてほしい。

先日、AppleのCEOティムクック氏は「地球環境のことを考えれば、iPhoneを毎年買い換える必要はない。」という旨のコメントを残した。Appleすら、iPhoneの買い換えはそこまで推奨していないわけだ。

ここで、私からあなたに提案がある。iPhone XS Maxではなく、どうかiPadやMacを検討してみてほしい。iPhone XS MaxよりもiPadは圧倒的に安い。かつ、あなたの人生を変えることが出来る可能性だって含んでいる。

Appleの良さは、「iPhoneを使うこと」ではなく、「iPhoneとiPadとMacを連携させて使うこと」であることをどうか知ってほしい。

それらの連携機能や組み合わせについてここで書くと5万文字くらいにはなりそうになるので、以下の記事から気になるものだけでも読んでみることをオススメする。

【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

【2018】作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど

iPhone XS Maxはあなたの生活を変えることはないが、iPadはあなたの人生を変え、Macはあなたの仕事を変える可能性を秘めている。私の還暦の母ですら、iPadをプレゼントしたら快適すぎて「iPhoneを使う頻度がかなり減った。」と喜んでいた。

iPhoneは生活を変える。
iPadは人生を変える。
Macは仕事を変える。

これが私の理念だ。

さて、ここであなたにもう一度問おう。

本当にあなたにiPhone XS Maxは必要だろうか?

1日目の総評:明日からの使いこなしに期待

iPhone XS Maxのディスプレイサイズとスペックを使いこなせるかが鍵!!

初日のレビューとしては、「ディスプレイサイズの大きさ」「超ハイスペックによるサクサク感」を活かしていけるかどうかは自分の使いこなし方によると感じた。色んなアプリを使いながら自分の可能性の広げることができる方法を模索していきたい。

もしかしたら、あなたはiPhone XS Maxの購入を検討しているかもしれない。だからこそ。そんなあなたのために、iPhone XS Maxを使って毎日違うことをしながら、本日から7日間連続でレビューしていきたいと思う。

明日は街中に出かけて写真を撮影しまくる予定。どうか、明日も当ブログに遊びに来て頂ければ幸いだ。

最後に一言。

これからよろしく。iPhone XS Max。少なくとも3年は使い込む予定だから一緒に頑張ろう。

続き(2日目)のレビューはこちら→iPhone XS Maxレビュー2日目「カメラ機能をiPhone 6sと高級コンデジと比較してみた」

現在の在庫状況はこちら→Apple公式 | Docomo公式ソフトバンク公式au

※完全版レビュー!これ1記事でiPhone XS Maxの全てが分かる!→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット