管理人管理人

さて、新型のiPad Pro(2020)が発売された。全体的にはマイナーアップデートとなったが、果たして整備済製品の2018年版iPad Proと2020年版のiPad Proはどちらが良いのだろうか?重要なスペック差と価格差を比較してみたところ意外なことがわかった・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月24日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

結論:おすすめはこっち

だらだらとスペックを比較しても眠くなるだけなので、まずは結論。

おすすめは2020年版のiPad Pro。1年あたりのコストを算出しても、2020年版の方がややお買い得。

というのが私の結論。

この理由については後述していくが、基本的には最新版のiPad Proをおすすめしたい。スペック的にはそれほど変わらないのだが・・・なぜ、私が2020年版のiPad Proをおすすめするのか?

まずは、スペックの比較から行っていこう。

スペック比較

正直、スペックにそれほど差があるわけではない。注目すべきは、AR性能と超広角カメラくらい。

→iPad比較ページ【Apple公式】

→12.9インチiPad Pro(2018)整備済製品の在庫はこちら

→11インチiPad Pro(2018)整備済製品の在庫はこちら

1、チップ性能

・2020年版iPad Pro
A12Z

・2018年版iPad Pro
A12X

チップ性能が変わってもできることは同じなのでそれほど気にする必要はない。

性能面で言えば、チップ性能の向上よりも次項で解説するLiDARスキャナの方が重要。

2、AR性能

・2020年版iPad Pro
LiDARスキャナ対応

・2018年版iPad Pro
LiDARスキャナ非対応

スペック面での一番の違いはこのLiDARスキャナになるだろう。

簡単に説明すると、「物体の前後の距離などをより正確に測れるようにする機能」。そのためAR性能がより向上した。

ということになる。LiDARスキャナのおかげでこれからはAR性能がどんどん向上していくと思われる。が・・・今のところをその性能を活かすことができるアプリがほとんどないのが現状だ。

これからの進化に期待できる「未来感」の詰まった機能と言えるだろう。逆に言えば、今はそれほど実用性がない機能とも言える。

3、カメラ性能

・2020年版iPad Pro
超広角に対応

・2018年版iPad Pro
超広角に非対応

カメラ性能について特筆すべきは超広角に対応したかどうかだろう。iPad Proで写真をパシャパシャと撮影する人がどれだけいるかは分からないが、対応していること自体は嬉しいアップデート。

4、価格差

以下、現在の最新モデルの価格と、整備済製品の価格を見てみよう。(価格は税別表記)

・2020年版iPad Pro
11インチ
Wi-Fiモデル
128GB84,800円
256GB95,800円
512GB117,800円
1TB139,800円

12.9インチ
Wi-Fiモデル
128GB104,800円
256GB115,800円
512GB137,800円
1TB159,800円

・2018年版iPad Pro(整備済製品)
11インチ
64G 72,800円
256GB 86,800円
512GB 105,800円
1TB 124,800円

12.9インチ
64G 72,800円
256GB 86,800円
512GB 105,800円
1TB 124,800円

上記を考慮すると同じ容量を比較した場合の「価格差」は、

256GBモデル 2020年版モデル95,800円 – 2018年版モデル86,800円 = 9,000円

となる。

思いの外、価格差がないようにも見える。

この価格差に前述してきたスペックに関して価値を感じるのであれば、新型の2020年版を購入すべき。

とも言えるのだが・・・実はもう1つ。iPadを購入するのであれば、絶対に考慮すべき数値がある。

それが次項で解説する「寿命」だ。

最も重要な考え方:寿命・1年あたりのコスト

当ブログではiPadの寿命を考えた時、OSのサポートを換算すると、約5年だと定義している。(あくまでもOSサポートの期間から算出)

詳しい計算式は以下を参考。

iPadの寿命は何年?iOSサポート期間と、買い替え期間を算出してみた

上記記事の計算式を使うと、

2020年版iPad Pro→あと5年の寿命
2018年版iPad Pro→あと3年6ヶ月の寿命

それらを考慮すると各種iPad Proの1年あたりのコストは以下のようになる。(→の後ろの価格が1年あたりのコスト) (2018年版iPad Proの寿命は3年で計算)

・2020年版iPad Pro
11インチ
Wi-Fiモデル
128GB84,800円→16,960円
256GB95,800円→19,160円
512GB117,800円→23,560円
1TB139,800円→27,960円

12.9インチ
Wi-Fiモデル
128GB104,800円→20,960円
256GB115,800円→23,160円
512GB137,800円→27,560円
1TB159,800円→31,960円

・2018年版iPad Pro(整備済製品)
11インチ
64G 57,800円→19,266円
256GB 71,800円→23,933円
512GB 90,800円→30,266円
1TB 109,800円→36,600円

12.9インチ
64G 72,800円→24,266円
256GB 86,800円→28,933円
512GB 105,800円→35,266円
1TB 124,800円→41,600円

つまり、1年あたりのコストを考えた時、しっかりと5年使った場合は最新の2020年版のiPad Proを購入した方がお得と言える。

例えば、11インチモデルの同じ容量を比較すると、

256GB 95,800円→19,160円
256GB 71,800円→23,933円

となり、1年あたりのコストは4,773円の価格差がある。

もちろん、その間に何か革新的な機能が搭載されたiPad Proが搭載されれば買い換える可能性はあるので、5年使うかどうかは分からないが、最低でも5年使うのであれば、最新版を購入した方がややお得ではある。

ただ、整備済製品の方が初期コストを低く抑えられるので、そこは資金との相談になるだろう。

※2018年版のiPad Proについては3年ではなく、あと4年はサポートされそうな気がする。4年あたりのコストで考えると1年あたりのコストでは2018年版の方が安くなる。私が当記事でお伝えしたいのは「長期的に使うか?」「初期投資を抑えるか?」ということに焦点を当てて購入検討するということである点はご理解いただきたい。

最後に「ただ、買うよりも大切なこと」

いろんな考え方があるとは思うのだが、個人的には気に入った方を買えばいいとは思う。スペックがそこまで違うわけではないので、初期投資を抑えるかどうか?という点で選択すれば良い。

ただ、微差ではあるが、長期的なコストもやや安いし、AR性能にも期待ができ、超広角カメラもついている2020年版のiPad Proの方が買いな気はする。

ただし!

「なんとなく良さそうな方をとりあえず買ってみる。」というよりも、できるだけ限られた資金を他のApple製品に回していくような買い方を初めから検討しておくことをおすすめさせていただきたい。

例えば、今回の価格差をMacを購入する資金の足しにしても良い。少し資金を追加して、AirPods ProやApple Watchを購入しても良い。

Apple製品は組み合わせてこそなんぼ。

MacとiPadとiPhoneを組み合わせれば、間違いなく世界一の作業効率化を実現できる。実際、私は、当ブログ上でそれら3つの機種のことを三種の神器と呼んでいる。

必読→Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

だからこそ、あなたも1台の機種にこだわるのではなく、他の機種にも目を向けながら買い物を考えていってみてほしいなぁと思う。

【おすすめ関連記事】

作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど

27インチiMac6ヶ月目レビュー「iPadとの連携が便利すぎて気絶しそう。」