管理人管理人

「あぁ、毎年同じことやってるなぁ。」とブログ読者の読者さんには思われそうだが、大切なことなので毎年恒例の記事をきちんとアップしたいと思う。それにしてもiPhone 13・・・結構いいアップデートになったなぁ。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

まず結論

後ほどスペックの話などはしていくつもりだが、まずは結論から。

落ち着いて下さい。
今、持っているiPhone (スマホ)でやっていることをじっくり考えてみて下さい。
もし、主な使用方法が写真撮影・SNS・メッセージ・電話くらいであれば、今持っているiPhoneでも十分です。もしくは、iPhone 13などのProシリーズではないものを買いましょう。
そして、資金が余ったらiPadやMacやApple Watchを買ってください。

これが結論。
毎年言っていることなのだが、新しいiPhoneでもできることは同じ。自分の用途をしっかりと考えて必要ないのであれば買う必要はない。むしろ、iPadやMacやApple Watchなどの他のApple製品に自己投資していった方がよっぽど日々の生活は良くなる。

と、まず結論をお伝えしたとろで「じゃあ一体、iPhone 13は何が変わったのか?」ということについて次項から解説していこう。

iPhone 13シリーズの新しい機能・スペック

【iPhone 13, 13 miniの場合】

  • 薄ピンクのカラー追加
  • センサーシフト光学式手ぶれ補正
  • シネマティックモード
  • バッテリー持ちが伸びた

【iPhone 13 Pro, Pro Maxの場合】

  • 水色のカラー追加
  • センサーシフト光学式手ぶれ補正(前年はPro Maxのみ搭載だった)
  • シネマティックモード
  • 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
  • リフレッシュレート120hz
  • マクロ撮影(接写)
  • バッテリー持ちが伸びた

上記の新機能のいずれかに惹かれるのであればiPhone 13は十分に買う価値がある。

まぁ、少し乱暴に言えば「バッテリー持ちが良くなり、カメラの細々とした新機能が搭載されたiPhone。」と評することもできる。

ただし、プロモデルのリフレッシュレート120hzは待っていた人にとってはたまらない機能だと思うのでそういう方々は迷わず買いだと思う。

iPhone 13を買うのは本気で待った方がいい人とは?

煽りとかではなくこれが本当に「実機を確認してからのほうがいいよー。」というタイプの人がいる。それは手が小さい方。

iPhone 13シリーズはカメラ性能が向上した代わりに大幅に重量が増した。以下が重量差の比較。

iPhone 13 Pro:203g
iPhone 12 Pro:187g
→ 16g

iPhone 13 Pro Max:238g
iPhone 12 Pro Max:226g
→ 12g

iPhone 13:172g
iPhone 12:162g
→ 10g

iPhone 13 mini:140g
iPhone 12 mini :133g
→ 7g

という重量差。

特にProモデルの重さが格段に上がっている。たった10数グラムではあるがこの重みは手で支えるからこそ違いを感じやすい。

ブログやYoutubeに届いているコメントを見ていると、

「重いiPhoneを小指で支えながら使い続けて小指の骨が変形してしまいました。」

という方からのコメントがちらほら届く。

特に手の小さな女性に多いようなので、重量差については知っておいた上で、絶対に店舗で確認すべきだろう。

私がiPhone 13をおすすめしない唯一の理由

これも毎年言っていることなのだが、私がiPhone 13をおすすめしない真の理由は、

Apple製品は組み合わせてこそなんぼ。
Mac・iPad・iPhoneを組み合わせた時にこそApple製品はその潜在能力を最大限に発揮できる。

というもの。

例えば、iPhone 13 Pro Maxの128GBの価格は134,800円。
一方で第9世代iPadは39,800円、iPhone SE2は49,800円、Apple Watch Series 6は52,580円。

iPhone1台と合計金額を比較してみると、

134,800 – 142180 = -7380

となり、少しだけiPhoneの価格を上回るがほぼ同じ価格と考えてもいいくらいの価格差。

高級なiPhone1台を購入しても「写真・動画撮影」「ブラウジング」「SNS」くらいしかしないのであれば、iPad + iPhone SE2 + Apple Watch Series 6の組み合わせ購入の方が日々の幸福度は絶対に向上すると思う。

これが私がiPhone 13をおすすめしない理由。
iPhone 13単体が悪いのではなく、今あるiPhoneを買い換える必要がないのであれば、買うのはおすすめしないよーということ。

Mac、iPad、iPhoneを組み合わせた時の連携機能に関しては、Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」 の記事を読んでいただければ幸いだ。

補足:毎年買うのもアリ

私が、

「iPhoneを買わなくていいよ。」

と主張するたびに毎年、

「私は買うんだ!
お前に言われる筋合いはない!」

的なコメントが結構届くのだが、私はiPhoneを毎年買うような方を否定しているわけではない。

例えば、以下のような方は素晴らしいと思う。

買う理由があって、欲しいスペックがあるのだったらiPhoneを毎年買うのはあり。というか買った方がいい。

ただ、私は「Apple製品の良さは別のところにあるので、iPhone以外の選択肢も考えた方がいいよー!」と伝えたいだけ。

どうかあなたにとって最適な買い物を”限られた資金”で行って欲しい。

今日のお告げ「あと1つ、大切なこと」

これは近年ではより一層重要になってきていることなのだが、iPhoneを買うかどうか決める際には、

デザインで選ぶ。

ということを最重要しすべきだと思う。好きなiPhoneを持っていれば、

毎日触っているのが楽しくなる

何かしらの知識やスキルが身に付いていく

もっとiPhoneを使い込みたくなる

さらに何かしらの知識やスキルが身に付いていく

人生がより良くなる

というループは間違いなく発生する。

また、直近のiPhoneは1年間しか限定で発売されない色のiPhoneも多い。そういったiPhoneを手に入れたら気に入った色なので「まぁ、しばらく買い替えずにこのiPhoneを使い続けよう。」と思えるので買い替え頻度も落ちるというメリットがある。

というわけで、iPhone 13をおすすめしない!という記事を書きながらも最後には「デザインで選ぼう!」という謎の結論になってしまったが・・・どうか初めてこの記事を読む方に私の真意が伝わっていれば幸いだ。

【おすすめ記事】
Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」