管理人管理人

新型MacBook Pro(2018)の突然の発売から1週間が経過した。私なりにいろんな情報も集めたが、やはり気になるのはバタフライキーボードの進化。Apple Storeに通いつめてキーボードを試打した感想を今日は共有したいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月15日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

第二世代と第三世代のバタフライキーボードを比較

では、早速第二世代と第三世代のバタフライキーボードの違いについて比較レビューしていこう。

ちなみに、私が利用しているMacBook Pro(2016)は第二世代のキーボード。キーボードがはげおちるほどに激しくタイピングしまくったので、そちらと合わせて比較していきたいと思う。

※2016年と2017年のMacBook Proは第二世代キーボードというくくりではあるのだが、若干ではあるが仕様が異なっている。ただ、大きな違いはないので、今回は第二世代(2016年版と2017年版)と第三世代の比較であることをご了承頂きたい)

比較ポイント1、圧倒的に静か

無音っ!!!!!

新型MacBook Pro(2018)のキーボードを叩いてみて驚いた。圧倒的に静かだったからだ。マジですごい。さすがApple。

個人的に感じた音の違いは、

第ニ世代バタフライキーボード
パチパチパチパチ

第三世代バタフライキーボード
っっっっっっっっ

という感じ。

第三世代バタフライキーボードは第二世代キーボードに慣れた私からすれば、「無音」に限りなく近かった。はっきり言って最高の進化を遂げていると思う。

比較ポイント2、キータッチが深い

叩いてみてすぐに思ったことがある。

「おぉっ!!!叩き心地が2015年以前のMacBook Proに近いっ!!!」

見た目はかなり薄いのだが、叩き心地に深みがあるので、ぐっと押し込んでいる感じがする。

第二世代バタフライキーボードは「滑らせながら触る」というタイピング感覚だったが、第三世代バタフライキーボードは「しっかりと打ち込む」という感覚。

どちらが好きかは好みによるだろうが、Appleが出した結論は薄すぎるものよりもある程度のタイピング感覚はあった方がいい、というものなのかもしれない。

MacBook Airの叩き心地にやや似ている感じもした。最高のキーボードの答えは数年前に出ていたのかもしれない。

比較ポイント3、今後のことを考えると第三世代に慣れた方がいいかも

第三世代バタフライキーボード は明らかに打ち心地が変わっている。第一世代キーボードと第二世代キーボードは薄さと引き換えにAppleはとんでもない問題を多く抱えてしまった。

訴訟問題にも繋がった。

信用低下にも繋がった。

その結果、Appleが出した答えが第三世代バタフライキーボードなのだろう。

「度重なる故障を防ぐためにもある程度のキーの深さは必要。」

というのがAppleの答えなのだとしたら、それはそれで面白い。

薄型化に走ったAppleがちょっとだけ薄型化を否定したような形にはなるが、物理キーボードにはある程度の深さが必要だという結論に至ったのかもしれない。

そもそも、ゴミが入りやすく故障が連発するキーボードなんてあっていいはずがない。

そう考えると今後のApple製品のバタフライキーボードは第三世代バタフライキーボードに近い形状で発売されることになると思うので、ずっとApple製品を使っていくのであれば第三世代バタフライキーボードに慣れるというのは必要かもしれない。

【余談】キーボードオタクの小言

私はバタフライキーボードで長時間のタイピングは一切しない。常にタイピングを行う際には必ず「HHKB」を使っている。

実際、今回の比較レビュー記事のために第三世代バタフライキーボードを試し打ちしたあとに、キーボードコーナーへ行き、HHKBやリアルフォースを打ったがやはり桁が違う。指が押し戻されるので、かなり快適にタイピングできる。

楽。

楽に長時間タイピングができる。

そう考えると、第三世代バタフライキーボードは前述したようにある程度のキーの深さががあるため、長時間タイピングの疲れはそこそこ軽減されそうだ。

私や、私の知り合いたちはある程度の深みがあるキーボードに慣れてしまっているため、薄いキーボードを長時間叩くと板を叩いているような気がして指が痛くなってしまう。

これは、いわゆる深いキーボード世代のおっさんにありがちな症状なのかもしれない。今の薄型化についていけない憐れなおっさんたちなのかもしれない。

と、思っていたのだが、ふと第三世代バタフライキーボードを触った後に、キーボードコーナーで色んなキーボードを触ってみて思ったことがある。

「昔から深いキーボードも、浅いキーボードも、エルゴノミクス系のキーボードもあったが、長時間タイピングに適しているのはHHKBやリアルフォースなどの静電容量無接点方式のものだった。実際、一度使うともう二度とほかのキーボードは使えないくらいの魅力がある。ライターさんや翻訳家さんたちが愛しているのには理由がある。」

とふと思ってしまった。実際、何度も何度も打ち比べてみたが、HHKBやリアルフォース などの高級キーボードは叩いた瞬間に指が空中へ押し戻されるような感覚に陥る。まるで空気を叩いているかのようだ。

ゆえに指にほぼ負担がかからない。

今の薄型化の時代は、ソフトウェアキーボードへの移行の過渡期なのかもしれないが、Appleがマウス→トラックパッドへと移行させたくらいのとんでもない技術を開発しない限りは物理キーボードを使い続ける人の方が多くなりそうだ。

と、長々と余談を書いてみた。

【結論】第三世代バタフライキーボードは買いなのか?

買い換える価値はないが、新規で買うならあり。

私は第三世代バタフライキーボードが好きだ。叩いてみた瞬間嬉しくなった。

「静か」「タイピングの感触よし」「故障の可能性が軽減した」

と、三拍子揃っている。

では、今からMacBook Proを買い換える必要があるのだろうか?

答えは「否」だ。実際、私はしばらくはMacBook Pro(2016)を使い続けるつもりだ。私がオススメするApple製品を買い換える時は「自分の生活が変わる。」と思った時だけ。それまでは愛する製品を使い続ける。それがスキルを向上させる唯一の方法だ。(と、私は信じている)

直近の例で言えば、9.7インチiPad Proは好きだったが、大画面ならやれることが多いと思って12.9インチiPad Proを購入した。理由は、「生活が変わる。」と思ったからだった。

第三世代バタフライキーボードは素晴らしいが、現在MacBook Proを所有している人にとっては、生活を変えるほどのインパクトは正直ないとは思う。

だが、新規で買うなら間違いなくありだ。実際に、第三世代バタフライキーボードと第二世代バタフライキーボードを店頭で叩きくらべてみてほしい。

あまりの違いに驚くはずだ。

もし、あなたが第三世代バタフライキーボードを使ってみた独自の感想を持っているなら、ぜひレビューをコメント欄にて書いて頂ければ幸いだ。

【人気記事】Mac(ノート型)の選び方

【参考】バタフライキーボードで100万文字打ち込んだ僕の辛口レビュー