管理人管理人

「iPad miniはiPhoneの代わりになりますか?電話機能は抜きにして。」という素晴らしい質問を頂いたので、当記事ではその質問に対する回答を書いていきたいと思う。私の結論は・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月23日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

だらだらと仕様を比較したりしても眠くなるのでまずは結論から。

iPad miniはiPhoneの代わりにはならない。

というのが私の結論。

私はiPadが大好きだし、毎日、いや、24時間ずっと一緒にいるくらい気に入っているが、それでもなおiPad miniはiPhoneの代わりにはならないと思っている。

当記事ではiPad miniをiPhoneの代わりとして使える理由、使えない理由の両方の側面についてお伝えしていきたい。「iPad miniをiPhoneの代わりとして使えるなら買ってみようかな。」と思っている方の参考になると思う。

ちなみに、当記事では

  • 電話機能
  • Face ID
  • 有機EL

については触れない。これらは好みも分かれるところなので、私が触れる必要はないと判断したからだ。

※以下の記事もおすすめ

本当に必要?iPad miniはiPhoneと使い道が重複しない?

【比較】iPad mini(2019)とiPhone XS Maxはどう使い分ける?

iPad miniをiPhoneの代替え機として使うことが”できる”理由

まずはiPad miniをiPhoneの代替え機として使える理由から。

1、ほぼ全てのアプリで快適度・効率性が増すから

まず、大きな違いとして挙げられるのはディスプレイサイズの違いだと思うのだが、それによりiPad miniは快適度・作業効率性が圧倒的に増す。

圧倒的に。

「iPad miniを買ってから、iPhoneをほとんど使わなくなりました。」

というコメントが当ブログに大量に届いているのが何よりの証拠だろう。実際に私もそうだ。

  • 電車の中
  • バスの中
  • 自宅のソファー
  • 自宅のベッド
  • リビング
  • オフィス
  • カフェ
  • レストラン

と、いつでもどこでも私はiPad miniを取り出して使っている。その理由は、画面の大きさゆえの快適性に他ならない。

iPad miniにハマればハマるほどiPhoneの使用頻度は少なくなるということは、乱暴に言えば「iPhoneはなくても構わないただの電話機」と言い換えることもできるだろう。

2、電話機能以外はほぼ同じだから

使っているアプリにもよるが、iPhoneでできることはほとんどの場合、iPad miniでも可能。

インスタグラムなど、一部のアプリはiPadに対応していないがほとんどのアプリはiPhone版もiPad版も開発されているため、iPad mini側で使えないということはあまりない。

私がiPad miniを使っていて、ストレスを感じるのは睡眠管理アプリ「Auto Sleep 」に対応していないことくらい。睡眠計測を毎日のように見返している私からすればストレス。

iPad miniをiPhoneの代わりとして使う場合には対応アプリを事前にチェックしておいた方がいいだろう。

3、横向きで使うことができるから

気付きにくいし、Apple側も大々的には取り上げてはいないのだが、これはiPhoneとは決定的に違う仕様。

iPhoneは一部の機種(iPhone 8 Plusなど)を除いて、横向きにしてもホーム画面は横向きにはならない。

という強烈なデメリットがある。

私はiPhone XS Maxを購入した時に、「iPhone 8 Plusはホーム画面横向きに対応しているし、ノッチ型ディスプレイの機種もOSアップデートで対応していくだろう。」と安易に考えていたが2年が経過しても対応しないことを考えると横向き使いに対応する可能性はなさそうだ。

iPad miniは当たり前ではあるが、縦にしても横にしても使うことができる。私はタブを大量に開くので横向きにした方がブラウジングが行いやすい。

細かな仕様ではあるのだが、iPad miniがiPhoneよりも優れている1つの仕様だと私は思う。

4、ウィジェットが常時表示されるから

ウィジェット機能を使いこなす気概がある人にとってiPad miniのウィジェット常時表示機能は非常に非常に非常に魅力的。

ウィジェット常時表示とは以下の部分。

こちらにウィジェットを常に表示させておくことで様々な作業効率が可能になる。私の場合はNoteshelfなどの重要アプリを設置させて、直接ノートに飛ぶようにしている。

ウィジェット機能についてはここで語ると1万文字以上になるため以下の記事を読んでみていただければ幸いだ。

【最新版】iPad mini中毒者がおすすめアプリ41選を晒してみた

iPad miniをiPhoneの代替え機として使うことが”できない”理由

次に、私が思うiPad miniをiPhoneの代替え機として使うことができないと思う理由を2つお伝えしていこう。

1、Apple Watchとペアリングして使えないから

これがiPad miniがiPhoneの代わりにならない最大の理由。

Apple WatchとペアリングできるのはiPhoneのみ。

つまり、Apple Watchを使いたいなら必ずiPhoneを所有しておく必要がある。iPhoneがないとApple Watchは一切使えない。

そのため、今、Apple Watchを使っている人やこれから使う人はiPhoneの所有が必要となる。

ちなみにApple Watch単体でもセルラーモデルであれば、Apple Watch単体で使うことは可能なのだが、最初のペアリングや細かい設定などはiPhoneがないとできないし、アプリのダウンロードなどもiPhoneがないとかなり不便。

私はApple Watch中毒なのでこれは痛い。セルラーモデルさえあれば、Apple WatchとiPad miniだけでも外出はできるかもしれないが・・・SNSの返信なども考えると「一応iPhoneは持っていこう。」となってしまう。iPhoneが基点となってApple Watchが存在するのでこの辺りは仕方がないと諦めるしかない。

あと・・・付け加えるとすれば・・・

Apple製品を揃えていくとほぼ確実にApple Watchは欲しくなる。(本当に欲しくて欲しくてたまらなくなる) それなら、iPhoneを完全排除したガジェットライフを考えるよりもiPhoneありきでガジェットを揃えていく方がいいと思う。

2、カメラ機能が良くはないから

カメラ機能について、iPad miniはそこそこのものを備えているが、現行のiPhoneに比べてやはり見劣りしてしまう。

特に、

  • 光学ズーム機能がない
  • ナイトモード機能がない
  • ロック画面に起動アイコンがない

の3つについてはiPad miniの弱点だと思う。

3つ目の起動アイコンについてだが、iPad miniもiPhone同様に左スワイプでカメラを起動させることはできるのだが、大きさゆえにサッと取り出してサッと撮るということができない。

こうやって記事にして書いて思考を整理してみると分かるのだが、iPhoneは「高性能カメラ搭載の電話機」として定義した方が良いような気もしてきた。

今日のお告げ「iPad miniとiPhoneは同時持ちがベター」

iPad mini単体で色々とやってみたり、iPhoneの代わりにしてみようと思うこと自体は悪いことではないし、むしろiPad mini単体とAndroidの組み合わせなども悪くはないと思う。

ただ、その際には「メモ」「文字書き」「写真管理」「画像編集」「ブラウザ」など膨大な数のアプリをそれぞれの端末で”自分”で管理しないといけないため、面倒。と私は感じてしまう。そういう面倒なことはAppleに全て任せておけばいい、という考えにiPad miniやiPhoneを同時に使っているとなってくる。

Apple Watchを将来的に導入するかもしれないことを考えるとiPhoneは持っておいた方がいいとも思う。

ただし、

iPhoneがちょっと古い機種で動作が重いけど、そんなにiPhoneの重要度は自分的には高くないから、iPad miniで日々をより快適にしたい。

という場合にはiPhoneはとりあえず持ち歩きつつ、iPad miniを基本とした生活にすることは十分ありだと思う。

要は使い方。

もし、読者さんの中にiPad miniを中心とした日々、特にセルラーモデルを使ってiPad mini単体で色々と作業されている方がいればぜひコメント欄にて教えていただければ幸いだ。