管理人管理人

ついにiPhone 12が発表された。iPhone 12 ProとiPhone 12は見た目以外にも重要な性能さが隠されている。その違いを当記事では比較してみた。プロモデル・・・凄すぎでしょう。[@appleshinja_com]

※当記事で比較している機種は「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」。iPhone 12 miniは別記事にて比較。

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月28日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論。最も重要な違いはこれ!

細かいスペックの違いをだらだらと解説しても眠くなるだけなのでまずは結論から。

iPhone 12は十分すぎるほどのハイスペックを搭載。90%以上の人はiPhone 12を買うべき。ただし、iPhone 12 Proの方がすごい部分はカメラ。写真撮影の幅が広がり、とてつもないほど綺麗な動画を撮影可能になった。スペック面についてはほぼ同じスペックなので考慮しなくてよし。

これが結論。
iPhone 12 Proはカメラがとてつもなくすごい。ただそれだけの話。一方のiPhone 12もカメラは必要十分ではあるが、iPhone 12 Proは一眼レフで撮影するのに似たような感覚で撮影を楽しむことができる。

写真・動画を残す事に価値を感じるのであれば、iPhone 12 Proは買っても後悔がない機種だと思う。ただし、画像や動画を編集したり、望遠モードに興味がない場合はそれほどの価値を感じないだろう。

と、最初に私の結論をお伝えしたところで次項からはその細かいスペックなどを比較していこう。

重要なスペック比較表

まずは比較表から。

iPhone 12 Pro iPhone 12
ディスプレイ 6.1インチ 6.1インチ
本体サイズ 本体サイズは全く同じ 25g軽い
価格 ※税別 128GB 106,800円
256GB 117,800円
512GB 139,800円
64GB 85,800円
128GB 90,800円
256GB 101,800円
Apple ProRAW 対応 非対応
ナイトモードポートレート 対応 非対応
LiDARスキャナ 対応 非対応
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影 60fps 30fps
望遠モード 対応 非対応
光学ズーム 2倍 2倍
暗所でのオートフォーカス より早い 普通
素材 ステンレス アルミニウム
チップ A14
Bionicチップ
A14
Bionicチップ
メインカメラ 12メガピクセル
(超広角、望遠対応)
12メガピクセル
(超広角対応)
インカメラ 12メガピクセル 12メガピクセル
SIM eSIMに対応 eSIMに対応
Face ID Face ID Face ID
バッテリー持ち ビデオ再生:最大17時間 ビデオ再生:最大17時間
オススメ度(管理人の独断と偏見) ★★ ★★★

知っておくべき10個の違い

この違いを抑えておけば十分。

全ての仕様についてはこちらの比較表をチェックするようにしよう→最新のiPhone比較ページはこちら(Apple公式)

1、価格(税別)

【iPhone 12 Pro】
128GB:106,800円
256GB:117,800円
512GB:139,800円

【iPhone 12】
64GB:85,800円
128GB:90,800円
256GB:101,800円

機能差ではなく価格の比較を最初に行うのには理由がある。なぜなら、この価格差に見合うカメラ性能を見出せるかどうかがiPhone 12を買うかiPhone 12 Proを買うかの境目になるからだ。

価格差についてはストレージ容量が同じものを比較するとわかりやすい。

128GB→16,000円
256GB→16,000円

となっている。つまり価格差はストレージ容量が変わっても同じ。

おそらくではあるが一般的に人気がある容量は128GBになると思われるので、その点を考えるとぴったり10万円で買えるのがiPhone 12で10万円を軽く超えてしまうのがiPhone 12 Proということにはなる。

さて、これら2つの価格差「17,000円」の価値をiPhone 12 Proのカメラ性能に感じることができるかどうか・・・それがあなたがどちらの機種を買うべきか?という答えに繋がる。(逆に言えばカメラ性能以外はほぼ同じスペック)

2、Apple ProRAW

【iPhone 12 Pro】
対応

【iPhone 12】
非対応

AppleがついにRAW撮影可能なiPhoneを出してきた。製品ページには近日使用可能になります、というような文言が表示されているのでアップデートで使えるようになるのかもしれないが・・・かなり楽しみ。

RAW撮影とは?という方に簡単に解説すると、

RAW→編集しやすい。色や明暗を綺麗に再現できる
RAWじゃない場合→編集はできるが限界がある。たまに不自然

という感じで捉えれば良い。

写真の映り方の違いについてはこちらの記事が参考になると思う→初級者のためのRAW現像入門(前編)――RAW撮影のススメ (1/2) – ITmedia NEWS

写真を編集する予定の方にとってはRAW撮影可能なのはありがたい。iPhone上からも編集可能なようなので楽しみ。

3、ナイトモードポートレート

【iPhone 12 Pro】
対応

【iPhone 12】
非対応

ナイトモードがポートレートにも対応した。これで夜であっても人物撮影が綺麗に行える。公式ページを見てみると玉ボケも綺麗に出ている。たまらん…

ちなみに従来の機種であれば、物体についてもコツを掴めば撮影が可能ではあったが、おそらく難しいと思われる。レンズの仕様上、距離をある程度絞らないとポートレートは反応しないだろうし、万能な機能ではなくここぞという時に綺麗に撮影するためのものだと考えた方が良いだろう。

4、LiDARスキャナ

【iPhone 12 Pro】
対応

【iPhone 12】
非対応

iPad Proはすでに対応済みだが、いまだに有効な活用方法が見出されていない機能。iPhone 12 ProはLiDARに対応。

イベント内のプロモーショーン動画では、自宅の部屋に家具を置いたりする際に使うと有効と紹介されていた。

家具を買いに行かずに、自宅でイメージすることができるようになるかもしれない。

個人的には家具ではなく、服のサイズを自宅で合わせられるようになって欲しい。

5、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影

【iPhone 12 Pro】
(最大60fps)

【iPhone 12】
(最大30fps)

私も触り程度にしか理解できていないのだが、一般的には30fpsで十分だと思う。見え方にそれほど違いが出るようには思えない。

一方で、60fpsはゲーム好きの方が超ハイクオリティのものを求める時に使用する印象がある。あとは映画とか。

この辺り撮影後の見え方に違いは出てくるとは思うのだが、あまり違いはないと思ってもいいと個人的には思っている。

Dolby Visionに対応し、超綺麗な動画を撮影できるようになったというのが何もよりも重要。映画のような動画を撮影できるようになる。とイベントのプレゼンでは解説されていた。

6、望遠モード

【iPhone 12 Pro】
対応

【iPhone 12】
非対応

望遠モードはナイトモードに対応していない点は注意が必要。

7、光学ズーム

【iPhone 12 Pro】
2倍

【iPhone 12】
2倍

画質を落とさずにズームできる光学ズームは4倍。とてつもない。ただし、4倍ズームで撮影できるのは写真のみ。動画は2倍まで。

と思っていたらズーム”レンジ”が4倍なだけでズームを4倍までできることではないらしい。公式サイトに紛らわしい書き方はやめてほしい。

光学ズームは2倍まで。

8、暗い場所でのより早いオートフォーカス

【iPhone 12 Pro】
対応

【iPhone 12】
非対応

レンズの仕様上、暗闇ではピントが合うのが遅かったが、iPhone 12 Proではより早いオートフォーカスがされるように。

推測だが、これによりピンボケもしづらくなると思う。

9、ディスプレイサイズ

【iPhone 12 Pro】
6.1インチ

【iPhone 12】
6.1インチ

全く同じサイズ。ディスプレイサイズだけ見れば同じ。

10、本体サイズ

【iPhone 12 Pro】
高さ
146.7 mm

71.5 mm
厚さ
7.4 mm
重量
187 g

【iPhone 12】
高さ
146.7 mm

71.5 mm
厚さ
7.4 mm
重量
162 g

驚くべきことにサイズは全く同じ。ただし、iPhone 12 Proは重量が大きい。これは本体にステンレスを使っていることが要因だと思われる。

11、デザイン

【iPhone 12 Pro】
医療に使われるレベルの
ステンレススチール

【iPhone 12】
航空宇宙産業レベルのアルミニウム

とにかく両方とも美しい。最高の仕上がり。

特に、Appleオタクに響いたのはiPhone 12 ProのiPhone 4sを彷彿とさせるデザインだろう。

ステンレスにあのフラットなデザインは激ヤバ。何も考えずに購入してしまいそうになるほどの美しさ。

一方で、iPhone 12のグリーンの可愛さもとてつもない。

いやぁ、、、2020年も本当に素敵なiPhoneを出してくれたなぁと感激。

総評「どちらを買うべきか?」

当記事で比較したように大きな違いは、「デザイン」「カメラ性能」の2つのみ。

プロモデルはその名の通りプロの仕上がりのような写真撮影・動画撮影に加えて、Apple ProRAWのように編集機能にも優れる仕上がりになった。

とはいえ一般的にはiPhone 12で十分だと思う。

ただ、カメラ性能云々よりも、あのデザインだけでiPhone 12 Proを買ってしまいそうになる。「おかえり、iPhone 4s」と思ったApple好きは世界中にいるはず。

やっぱりAppleのデザインは最高…

【おすすめ関連記事】
何が変わった?新型iPhone 12で知っておくべき10のこと