管理人管理人

iPhone XS Maxを使い始めてから2ヶ月が経過した。一通り、レビューはし終えたつもりだったが、2ヶ月使ったからこそわかったことがたくさんあるので、今回はそれらをまとめてレビューしたいと思う。特に3つ目と7つ目に伝えるメリットについては最高すぎる・・・!!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:連続レビューシリーズについて

まず、私は購入したのは以下のモデル。

・iPhone XS Max
ストレージ256GB
スペースグレイ

最新の価格はこちら→Apple公式サイト

当ブログではiMacやiPad、MacBook Proなど、私は持っている製品については定期的にレビューを繰り返している。もちろん、iPhone XS Maxもそう。

発売日にゲットしてから7日間連続でレビューした以下の記事も合わせて当記事を読んで頂ければ購入当初からの興奮と希望と絶望を感じてもらえると思う。

1日目→iPhone XS Maxレビュー1日目「3時間使って分かった14つのこと」

2日目→iPhone XS Maxレビュー2日目「カメラ機能をiPhone 6sと高級コンデジと比較してみた」

3日目→iPhone XS Maxレビュー3日目「iPhoneだけで仕事はできるのか?」

4日目→iPhone XS Maxレビュー4日目「やめとけ。落ち着け。買わなくていい。」

5日目→iPhone XS Maxレビュー5日目「Apple信者が時系列で使い方を晒してみた」

6日目→iPhone XS Maxレビュー6日目「ミニマリズムを加速させる7つの要因」

7日目→iPhone XS Maxレビュー7日目「95%以上の人には必要のないiPhone」

1ヶ月目→iPhone XS Max1ヶ月使用レビュー。15の真実とネットの嘘。

総評→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット

iPhone XS Maxを全力でオススメしたい9つの理由

まずは、iPhone XS Maxを全力でオススメしたい理由からお伝えしていこう。メリットと言ってもいいかもしれない。はっきり言って最高。自分史上最高のiPhone。

※デメリットについては後述

1、美しい

圧倒的に美しい。とにかくずっとずっと見ていたくなる、触っていたくなる、撫ででいたくなる、そんな魅力がiPhone XS Maxには詰まっている。

正面から。

背面から。

側面。

圧巻のスピーカー。

いつもこんな感じで使っている。持つだけで嬉しすぎて手がぷるぷる震える。

あぁぁ。

あぁぁぁぁ。

あぁぁぁぁぁぁぁっプルぅぅぅぅ!!!!!!

今日も、iPhone XS Maxが最高に美しい。

2、文字入力が止まらない

iPhone XS Maxを使い始めたから、iPhoneを使った「いつでもどこでもタイピング」が止まらなくなった。

iPhone XS Maxさえあれば、長文の7割、8割位の下書きができるようになったと言うのは私の人生を大きく変えることになった。特に音声入力と組み合わせたときの文字入力の作業効率化と言ったらとんでもないものになる。

実際、この記事は結構な長文になっているが、iPhone XS Maxを使ってタイピング・音声入力を組み合わせて、レストランの待ち時間や、ベッドに寝転びながらなどで文字入力したものを記事にしただけだ。

これだけの文章量iPhone XS Maxだけで書けるようになったと言うのは間違いなく私の人生をよりよくしてくれている。本当に。圧倒的に。

ブログを書くのは隙間時間でできることがわかったので、ブログに対してまとまった時間を取る必要がなくなった。

それまでブログに対してまとまった時間を使って記事を書いていたその時間を、電子書籍を読むなどの時間に当てているためさらに自分のスキルや知識が向上していることがわかる。

※最近は、レビューまとめ記事、そしてプロフェッショナルのApple製品シリーズのために読者さんとやりとりするのに時間を使っていることが多い。

MacBook Pro(2018)のレビューを2名分集めて分かった10のこと【13 & 15インチ】

MacBook Air(2018)のレビューを2名分集めて分かった19のこと

【辛口】iPhone XRのレビューを11名分集めてわかった85のこと

3、インプット量が3倍以上になった

私はiPhoneを使わずにiPadを使ってインプットをしていたのだが、iPhone XS Maxを使い始めてからはインプットをiPhone上で行うことがかなり多くなった。

感覚的に言えば、3倍以上になったと思う。

例えば、

  • ブラウジング
  • PDFの閲覧
  • 電子書籍の閲覧

これらをiPhone上で効率的に行うことができるようになったおかげで私のインプット量は過去最大級のものになった。

いつも学ぶ姿勢を持っているような人には、iPhone XS Maxの大画面サイズと言うのはかなりのメリットになると思う。

私は電車の中で立ったまま電子書籍を読んだり、ちょっとした空き時間にPDFをチェックしたりすることが多いのでiPhone XS Maxのこの大画面はかなり役立っている。

ブラウジングについてはSmoozを使えば超高速で情報を収集することができる→ 世界一のブラウザSmoozの12の神機能を完全解説【使い方・設定】

4、Face IDで通知を確認できる

Face IDがいいのか?
Touch IDがいいのか?

という議論はいろんなところでされすぎているので、そのあたりについては当記事では述べない。

私がFace IDを使うのに大きなメリットを感じるのは、通知を受け取った時だ。

「メッセージが届きました。」という通知が届いた時に、

顔を向ける

メッセージ内容が表示される

という仕様がすごく便利。顔を向けるだけで通知が見れるので重宝している。

私はiPhone XS Maxをいつもスタンドに立てかけているので、そうやって通知を確認できるのが楽チン。

私が使っている充電スタンドはこちら→机がスッキリ。Oittm充電スタンド(iPhone/Apple Watch対応)をレビュー

5、カメラが圧倒的に美しい

カメラがとてつもなく美しい。

ちょっと・・・今までのiPhoneと次元が違う感じがする。しばらくはマイナーアップデートくらいで、おまけ程度のポートレートモードだけだったのだが、iPhone XS Maxからは特大アップデート。

  • ポートレートモード
  • ボケの調整
  • 夜景を綺麗に撮影できる

と、iPhoneだけで、普段使いなら満足できる写真が撮影できるようになった。これだけ綺麗な写真が撮影できるのであれば、背面の出っ張りもある程度は許容できる気がする。

6、かなり衝撃に強い

私はiPhone XS Maxをポケットの高さから5回くらい落とした。嘘のようだが本当の話。

慣れない特大iPhoneと、裸で使っているゆえに滑りやすいその素材のため、ツルツルと落としてしまうことが5回もあった。

1回はガラスフィルが割れた。

だが・・・iPhone XS Maxは無傷だった。どこにも傷1つついていない。

一応ガラスフィルムは貼っておいた方が良いとは思うのだが、アップルが言っているようにかなり耐久性は高くなっているようなのでポケットからの転落程度ではあまり壊れないのかもしれない。

私はAppleCareに入っていないのでこの衝撃には強いと言うメリットにはかなり助けられている。

7、マルチタスクの処理速度が圧倒的

気持ちいい。

超気持ちいい。

本当に日々そう感じている。

iPhone XS Maxでは大画面でアプリを爆速で切り替えていくことができるのでマルチタスクの処理速度が圧倒的に向上した。

例えば

英文を書く

辞書で調べる

英文を書く

ブラウザで表現を調べる

英文を書く

という動作を高速で行うことができる。

動画にしてみたらこんな感じ。

このサクサク感、慣れるとやめられない。とまらない。

8、スピーカーの音質が凄すぎて失神しそう

iPhone XS Maxのスピーカーの音質はその辺の安物のBluetoothスピーカーより圧倒的によい。

この高級感のあるスピーカーからうっとりするような音楽が流れ出てくる。

私は最近、MacBook Proに接続するようのHDディスプレイを購入したのだが、はっきり言ってそのスピーカーよりも、iPhone XS Maxのスピーカーの音質が良い。

超高級なスマホだけあって、iPhone XS Maxの基本性能はググッと底上げされていることを最近になって改めて実感した。

9、コスパがいい

いろんなところで価格が高い。

高すぎる。

と言われがちなので天邪鬼な私は逆の目線でレビューしたくなる。

価格が高いかどうか、コスパが良いか悪いかは、「その製品を使ってどれだけの価値を生み出すことができるか?」「どれだけ生活が豊かになったか?」で決まるべきだ。

例えば、最高級のMacでもあるiMac Proを購入したとしよう。結果として、iMac Proを使って動画編集をガシガシすることができるようになったのであればそれはその人にとっていいことだろう。

どれだけ高い機器であっても、その製品の価格を超えるような仕事を生み出して収入を生み出せるのであれば、それは最高の自己投資となる。

もし、ブラウジング速度が3倍以上のスピードになり得られる情報が爆発的に増えて、

もし、年間に読む電子書籍が三十冊多く読めるようになって

もし、長文のタイピングを8割ほど行えるようになったら、

それはその人の生活や人生を大きく変えることになるとは思えないだろうか?そう考えると、コストパフォーマンスが良いと考えられるのではないだろうか?

私が定義するiPhoneの寿命である4年間、iPhone XS Maxを使ったとすれば、

141,800円(税別) ÷ 4年 = 35,450円
141,800円(税別) ÷ 48ヶ月 = 2,954円
141,800円(税別) ÷ 1460日 = 97円

1日あたり97円の自己投資で得られるものがそれ以上になると確信できるのであれば、iPhone XS Maxはコスパが良いと言えるだろう。

iPhoneを連絡するための電話機、SNS閲覧用だと割り切るのであれば、iPhone XS MaxのようなiPhoneは高すぎるだけではあるが、それ以上のさらに先の世界を楽しみたい人にとっては素晴らしい自己投資になると私は信じている。

iPhone XS Maxのデメリット

次に、あまり言いたくは無いのだがiPhone XS Maxのデメリットを伝えしていこう。

1、ツルツル滑る

私はカバーもケースもつけずにiPhone XS Maxを使っているのだがはっきり言って滑る。ツルツル滑る。片手ではかなり危険。

両手でしっかりとホールドしておかないと落としてしまいそうになるのでそこは気をつける必要がある。

カバーやケースを付けない裸派の人は注意が必要だろう。

2、カメラの出っ張りが酷すぎる

カメラの出っ張りについてだがこれは本当にどうしようもなくひどい。

デザイン的に最悪なのはもちろんだが、机に平置きした時にガタガタなるのにストレスが溜まる。

ケースを使えばこのガタつきは抑えられるのだがせっかく美しいiPhone XS Maxだからこそ、私は裸で利用したい。

3、友人にオススメしづらい。

私がApple大好きなのは知り合いの中では有名だし、一人カフェにいても、AirPodsつけて12.9インチiPad ProとMagic Keyboard、手元にはApple Watch、机の上にはiPhone XS Maxとあれば、いやでも「あっ、あの人Apple Loverだな。」とバレる。

だからこそ、私は「iPhone XS Maxじゃん!やっぱりいいの?」と聞かれることが多いのだが・・・

「いやぁ、何をやるかによると思いますよ。ほとんどの人には必要ないかと。。」

と回答すると、

「えっ、じゃあ何でiPhone XS Maxを買ったの?」

と聞かれる。

あぁ、もうこれを書いているだけで疲労困憊してくる・・・同じことを何回も言いすぎて疲れ果ててくる。。

iPhone XS Maxは特に注目度が高いので質問される頻度が高いのだが、私の回答はいつも「もし、あなたがiPhoneしか持っていないなら、MacかiPad買った方がいいよ。」というもの。

これしかない。

でも、これを言うと、「じゃあ、なんてiPhone XS Maxを使ってるの?」と質問される。

あぁ、そうだ・・・今度からは、「Apple信者1億人早出計画っていうブログ読むといいよ。」と伝えることにしよう。それで私の説明する手間が省ける。

でも、あれだなぁ。。胡散臭いブログタイトルすぎて言いづらいなぁ。。

補足:僕がiPhone XS Maxをオススメしたくない本当の理由

私は、当ブログではiPhone XS Maxを賞賛するようなことはほとんど言ってこなかった。

それは、私がiPhone XS Maxを購入したことを後悔していたり、価格が高すぎることにイライラしているからではない。私はiPhone XS Maxを過去最高クラスに気に入っている。

では、なぜ私はこれまでiPhone XS Maxをオススメしてこなかったのか?

その理由は、私は、私の大切な人には伝えないことは当ブログには書きたくないからだ。

例えば

私が「素晴らしい製品だ!」と言えば、それを聞いた私を信用している人は、買いたくなるかもしれないし、それが原因でその人の人生を変えることだってあるかもしれない。

当メディアであれば、ブログの読者さんの人生を良い方向にも悪い方向にも変える可能性がある。

人は新しいものの方がいいと感じる傾向にあるし、高い製品のものの方がいいものだと思う傾向にある。そこに、私の強い意見が加わるとiPhone XS Maxを購入したくなってしまう人が少なからず出てくるだろう。

だからこそ、私はiPhone XS Max発売当時は「買うなオラァ!」と叫びまくっていた。毎日のように。

iPhone XS Maxレビュー4日目「やめとけ。落ち着け。買わなくていい。」

でも、私は、当メディアを立ち上げたときから、「日本人のiPhone所有率に対する、iPad・Mac所有率の低さは異常。もったいなすぎる!!!」というある種の使命感を持ち続けている。

だからこそ、私の結論は毎回同じ。「高いだけのiPhoneなんて必要ない。高級なiPhoneを購入するのはApple製品を完璧に理解した後でも遅くはない。まずはiPadとMacを手に入れてみては?」というもの。

iPhone XS Maxは最高だが、iPadやMacを所有していない人にオススメする気には一切なれない。それが私が常にiPhone XS Maxをオススメしてこなかった本当の理由だ。

この辺りのさらに核心に迫る話についてはこちらの記事を参考にしてみてほしい→Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

Apple製品は組み合わせて使ってこそなんぼ、という事がどうかあなたに伝わっていれば幸いだ。

2ヶ月総評レビュー:史上最高のiPhone

個人的に、iPhone XS Maxを高評価している最も大きな理由は「いつでもどこでも大画面でインプットとアウトプットができるようになった」という点だ。

ただ、前述したようにiPhone XS Maxだけでは、Apple製品の最大限の魅力を発揮させることはできない。Mac、iPad、iPhoneの三種の神器を揃えて、Appleを本当に理解できた人だけが、さらに一歩進みたい人場合に限り手に入れるべきデバイスがiPhone XS Maxだと思う。

自分がよく使うアプリや、よく行う作業が決まっていて、それをiPhone XS Maxで行えるのであれば自己投資する価値は十分ある。私は少なくともめちゃくちゃ満足している。

というか、iPhoneでここまで仕事ができると思わなかった。幸せすぎる。

いつでもどこでも、作業をして人生をよりよくしたいという高い意識を持っているあなたにはiPhone XS Maxは非常にお勧めできるiPhoneだと言えるだろう。

→iPhone XS Maxの詳細なスペックをチェックする(Apple公式)

※当記事は8割ほどをiPhone XS Maxから執筆したものだ。iMacで画像の挿入と文章の訂正を行なっただけでほとんどをiPhone XS Maxから行った。ちなみに今、あなたが読んでいるこの文章はラーメン屋でラーメンを待っている間に書いたもの。