管理人管理人

新しいことが大好き。Appleが大好きな私は、今日はiPhone XS MaxとApple WatchとAirPodsだけで外出してみた。略して、iPhone XS Maxミニマリスト術。もともと、荷物が少ないことに快感を覚えるタイプの準ミニマリストの私。結果は・・・最高の1日だった。やっほうぅぅぅぅぅぅ!!!iPhone XS Max最高ぅぅぅぅぅ!!![@appleshinja_com]

※完全版レビュー!これ1記事でiPhone XS Maxの全てが分かる!→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月23日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:iPhone XS Maxレビューシリーズについて

当連続レビューシリーズは7日間連続でiPhone XS Maxをレビューしていくもの。

様々なアプリを使いながらiPhone XS Maxの可能性を探っていく様子を、デメリットも含めて全て正直に書いていきたいと思っている。

ぜひ、7日間全てのレビューに目を通して頂ければ幸いだ。

1日目→iPhone XS Maxレビュー1日目「3時間使って分かった14つのこと」

2日目→iPhone XS Maxレビュー2日目「カメラ機能をiPhone 6sと高級コンデジと比較してみた」

3日目→iPhone XS Maxレビュー3日目「iPhoneだけで仕事はできるのか?」

4日目→iPhone XS Maxレビュー4日目「やめとけ。落ち着け。買わなくていい。」

5日目→iPhone XS Maxレビュー5日目「Apple信者が時系列で使い方を晒してみた」

※iPhone XS Maxは、現在、3週間待ちの状況。現在の在庫状況はこちら→Apple公式 | Docomo公式ソフトバンク公式au

ミニマリズムを加速させる7つの要因

ミニマリズムに興味があるあなたにはiPhone XS Maxはオススメ。私は自称ミニマリストなので非常に気に入っている。

ただし、欲しくなっちゃうかもしれないので、その点は留意して読み進めてほしい・・・

1、外出先で仕事がある程度完結する

iPhone XS Maxだけを外出先に持っていけば、仕事がある程度完結する。そう思わずにはいられない。

※私がiPhone XS Maxを使ってどのように仕事をしているのかは以下の記事を参考にしてみてほしい。

iPhone XS Maxレビュー5日目「Apple信者が時系列で使い方を晒してみた」

実際、あなたが今読んでいるこの記事もiPhone XS Maxを使って6割ほどを書いた。あとはMacを使って細かい文章の修正や誤字脱字を修正しただけ。

なぜ、iPhone XS Maxでこれほどまでに文字入力が捗るようになったのか?

理由としては、「スペックが高い」というのもあるのだが、私が思う最も大きなメリットは「とんでもなく大きなディスプレイ」を有しているという部分に集約されると思っている。

こんな感じで高速タイピングが可能。

人類はこれまで、より小さくより大きくを目指してパソコンをどうにか小さくしようと奮闘してきた。2018年の現在ではスマートフォンがその完成形ではあるのだが、iPhone XS Maxはその限界にさらに挑戦したデバイスになるだろう。

ポケットに入るギリギリの大きさながらも、機動性は損なわない小ささ。あぁ、これぞミニマリズム。。

2、ポケットにはiPhoneとAirPodsだけで良い

少し遠出するぐらいであれば、ポケットに「iPhone XS Max 」「iPhone」と「AirPods」、そして手首に「Apple Watch」を入れていくだけで私はどこにでも行けるようになった。

荷物の軽量化!小型化!!ミニマリスト!!!

荷物をここまで軽量化できたのは、iPhone XS Maxを使って隙間時間に仕事ができるというのがかなり大きい。

以前であれば、外出中にiPadかMacを持っていないと、「仕事が気になる」「仕事が気になる」「仕事が気になる」ということで絶対にiPadかもしくはMacを持っていっていたのだが、iPhone XS Maxがポケットに入っている安心感はとてつもない。

  • メール返信
  • ライティング
  • PDFチェック

これらをほぼ完璧にこなすことができるので、いつでもどこでも仕事ができる体制が整いつつある。

先日も甥っ子、姪っ子と出かけるときに彼らがトイレに行っている間や、授乳中には私は待つだけなのでその時間を使ってiPhone XS Maxで仕事を行っていた。

軽い作業であればiPhone XS Maxで完了させることができる。これはもう自称ミニマリストを名乗ってもいいのではないだろうか。

3、アイディアが思いついたらとりあえずカフェへGo

とりあえず、カフェへ入ってパパッと文字入力を行う。15分くらいの超集中モードで一気に仕事を片付けることができる。

iPhone XS Maxだけで仕事をサクサクっとこなしながら、大好きなホットコーヒーをズズッと飲み干す。

幸せすぎる・・・

アイディアがパッと思い付き仕事がどうしてもしたくなる、超集中モードを漏れなく完璧にコントールすることができるのは本当に快感。

iPhone XS Maxがポケットに入っている安心感、最高。

4、iPhone XS Maxをサブディスプレイに

これは大きなメリットだと6日目にして気付いた。

iPhone XS Maxを6日間使いこんで分かってきたのだが、iPhone XS Maxはサブディスプレイとしても超優秀。

iPad ProやMacBook Proを出先に持っていった時にそばに、iPhone XS Maxを立てておくだけでサブディスプレイになるのだ。iPad miniほどではないが、それに近いサイズにはなるのでサブディスプレイになる。

私は作業中にアニメを流しっぱなしにする癖があるので、それをするのに最適だ。(今は安いAnkerのスタンドを使っているので近々、良いスタンドを探し回る旅に出ようと思っている)

今まではiPadをどこでも持ち歩いていたが、もしかしたら、iPhone XS MaxとMacだけである程度完結できるかもしれない。(Apple Pencilの存在は必要なので、iPadは持ち歩くとは思うが、iPhone XS Maxのサブディスプレイ化は個人的にはかなり大きなメリットだ)

荷物の最小化!これぞミニマリズム!!

Macで英文を書きながら、iPhone XS Maxで辞書を使って英単語を調べる、Smoozを使って高速タイピングを行う、といった事も可能だ。

あぁ、幸せすぎる。。

5、ホームボタンもベゼルもイヤホンジャックもない美しさ

これ。もう、見た目が完全にミニマリスト。美しすぎる・・・

ホームボタンもない。

イヤホンジャックもない。

ベゼルもない。

ついでに、サイドも美しすぎる。

完璧。

シンプル is the best. と言わんばかりの最高の見た目。あぁ、最高すぎる。。当ブログでは何度も何度もお伝えしているが、見た目の美しさは作業効率に直結する。

見た目が美しい

毎日、触れたくなる。使いたくなる

どんどん作業をこなすことができる

日々、作業が効率化されていく

と、良いことづくめ。あぁ、美しい製品とともに今日もお仕事。。

6、Face ID

Face IDにデメリットがないとは言わないが、ホームボタンに指を置く動作をせずとも自動的にロックが解除される様子にはかなり興奮する。

技術好きの人にはたまらない。顔を向けるだけでロックされる。

いわば、指紋認証の手順をスキップできるという点にミニマルな精神を感じる。

そういえばジョブズ氏は「ひとつでも画面要素を省き、クリック数を減らせ。」と言っていたようだ。ユーザーフレンドリーさはこういったシンプルな考えから来ているとも言えるだろう。

ちなみに個人的には1PasswordのロックをFace IDで解除するときに未来を感じる。

顔を向けるだけで、あらゆるウェブサイトのIDとパスワードが入力されるのはまさに未来っ!!!本当に感動する・・・

【Mac】1Passwordとは?なぜ必要?ネット犯罪に巻き込まれた私のレビュー

7、隙間時間を完璧に埋めてくれる

ミニマリズムはモノを少なくするだけではなく、時間を凝縮させる、無駄な時間を減らすという観点からも重要だ。そういった視点を教えてくれたのは、当ブログの読者さんたち(iPhone Xユーザー)だった。

当ブログを始めてから4000件近くのコメントを頂いてきた。その中には多くのヒントがあった。

私はiPhoneの買い換えには否定的な文章を書くことが多いのだが、彼ら(iPhone Xユーザー)の主張は

「iPhone Xで隙間時間にサクッと仕事するのオススメですよ。」
「iPhone Xならマルチタスクをサクサクこなせるので隙間時間の作業にいいですよ。」
「iPhone Xで隙間時間に文字入力をすると効率的ですよ。」

そういう意見が多かった。

キーワードは「隙間時間」だ。

彼らは、見事なまでに隙間時間を使いこなして、仕事をこなしている。無駄な時間は作らん、と言わんばかりにいつでもどこでもiPhone Xで仕事を行なっている。私はこういう考え方が本当に好きだ。

彼らを見習って、私もiPhone XS Maxを使って隙間時間の使い方を改めて考えてみたところ、当ブログの記事は6割ほどはiPhone XS Maxから執筆できるようになった。他の仕事に関しても然り。

ライティングであれば、iPhone XS Maxを使って6割、7割のクオリティまで仕上げることができる。画像挿入などに関してはMacを使えば良い。

言い換えれば、Macで行う作業のうち文字を打つという作業時間が6割7割も節約されたわけだ。その結果、私はその時間を別のものに投資できる。あぁ、最高すぎる。。

もし、あなたが隙間時間の仕事に興味があるのであれば、iPhone XS Maxを使うことでより一層、仕事を効率的にできるようになる可能性はあるだろう。

6日目総評:やっと見えてきたiPhone XS Maxの本当の価値

私の中で頭を整理しながら、この7日間連続レビューシリーズを書いてきて、1つわかったことがある。iPhone XS Maxの定義と言ってもいいだろう。その定義とは、

iPhone XS Maxは隙間時間を完璧に埋めてくれる最高のデバイスだ。

空白の時間を埋める方法としては色々あるが、ちょっとした隙間時間を有効活用する方法としてiPhone XS Maxは圧倒的な力を発揮する。

1日のうち5分の隙間時間を12回埋めれば1時間になる。

  • 電車の待ち時間
  • レストランの待ち時間
  • 知人を待っている時間
  • ソファーでゴロゴロする時間
  • 食後にゴロゴロしている時間

これらの時間はMacやiPadを触りづらい、または、触れない時間だ。それらの時間をどう使うべきか?隙間時間を効率化させたいと思うかどうか?

iPhone XS Maxに約15万円もの大金を支払う価値があったかどうかは、そこが焦点になるだろう。少なくとも私は価値があると思っている。

明日は7日目。7日間連続レビューシリーズの最後のレビュー。どういう人にiPhone XS Maxは向いていて、どういう人は買うべきでないか、ということをやや辛口めにしっかりとレビューしていきたいと思う。

iPhone XS Maxは、現在、3週間待ちの状況。現在の在庫状況はこちら→Apple公式 | Docomo公式ソフトバンク公式au

1日目→iPhone XS Maxレビュー1日目「3時間使って分かった14つのこと」

※完全版レビュー!これ1記事でiPhone XS Maxの全てが分かる!→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット