管理人管理人

2019年の今、初代iPhone Xは2019年の今でも買いなのだろうか?私の結論は「Yes!」だ。その明確な理由を当記事では書いてみた。あなたが知らないiPhone Xの情報もあるかもしれないので、どうか最後の最後まで読み進めてほしい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


3月23日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年3月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:初代iPhone Xの在庫状況【かなり少ない】

まず、あなたに知っておいて欲しいことがある。「初代iPhone Xの入手場所は現在、かなり限られている」ということだ。

以下、私がリサーチした情報。(新品のiPhone X)

・Docomo 64GBのみ
→Docomo公式をチェックする

・au 販売終了
→au公式サイトをチェックする

・SoftBank 64GB 256GB
→ソフトバンク公式サイトをチェックする

上記を除けば、中古でないと初代iPhone Xが手に入らないというのが現在の状況。格安SIM業者がこれから参入してくる可能性はあるが、大手のワイモバイルや、UQモバイルでは取り扱いがなかった。

このことからも初代iPhone Xの入手はこの先困難になってくることが予測される。

初代iPhone Xのスペックを比較【iPhone XSシリーズ】

次に、現時点での最新機種でもあるiPhone XS、iPhone XS Maxと初代iPhone Xの重要な違いを比較していこう。

※ちなみに私はiPhone XS Maxユーザー。最新のレビューはこちら→【5ヶ月目レビュー】iPhone XS Max メディアが伝えない”12の罪と功績”

1、価格

価格については、Appleが公式で取り扱いをやめているので算出するのが難しい。また、3大キャリアは実質無料などのキャンペーンをコロコロ変更するため、ネットの情報古くなっている可能性が高い。

必ず、公式サイトで”現在の価格”をチェックしておこう。

Docomo公式ソフトバンク公式au公式

ちなみにリサーチしたところ、海外ではまだiPhone XをAppleの代理店で単品販売しているところはあるようだ。価格は日本の1.2〜1.5倍くらいになる箇所も多いが、海外へよく行く方はチェックしてみるといいかもしれない。

また、米国ではiPhone Xの整備済製品が発売されたりもするようだ。羨ましすぎる・・・

2、カメラ性能【最重要】

カメラ性能については多くの人が気になるところだろう。実際、初代iPhone XとiPhone XSシリーズではカメラ性能が一番大きな違いとなる。

主な違いとしては、

・逆光にやや強くなった
・夜景撮影にやや強くなった

という部分が挙げられるだろう。

進化したボケ効果と深度コントロール!とAppleは宣伝していたが、とてつもなく大きな違いというのはそれほどない。

注目すべきは、野外での撮影時のクオリティが上がったということ。詳しくは以下の2記事内の写真を見てみるとよくわかるだろう。めちゃくちゃ参考になる。

逆光撮影→ iPhone X、XR、XS/XS Maxのカメラはこんなに違う【実撮影画像アリ】 | エイ出版社

夜景撮影→ ASCII.jp:iPhone XSとiPhone Xの違いはカメラと顔認証が大きい (1/2)|Windows情報局ななふぉ出張所

※写真を比較してくれるサイトはあまりないので、上記2サイトには本当に感謝

3、CPU性能

・iPhone X
→A11

・iPhone XS、iPhone XS Max
→A12

私がこのCPU性能についてお伝えしたいことは2つ。

  • A12チップはとてつもなくすごい。凄すぎる技術が詰まっている
  • ただしその技術を活かすことができる場面が少なすぎる

基本的には普段使いであれば上記の違いを感じられる機会はかなり少ない。というわけでは、初代iPhone Xを検討するときにCPU性能の違いを気にする必要はないだろう。

4、その他の新機能

その他、iPhone XSシリーズには以下のよう性能アップがあった。

  • 耐水性能と防塵性能
  • スマートフォン史上、最も強靭なガラス。
  • バッテリー寿命

などなど。細かい部分を挙げればキリがないが、とにかくいろんな部分がやや性能アップした。ただし、これらはマイナーアップデートに過ぎない。

iPhone XからiPhone XSシリーズへ切り替えて「生活がマジで変わった!」という意見は私の13,839件のコメント欄にも、3800人のフォローさんたちからも届いていない。

個人的には、iPhone XS Maxなどの超高級機を買うくらいなら、その資金をiPadやMacへ投じたほうがいいと思う。詳しくは以下の記事を要参考。

ありがたいことにかなり人気の記事→ Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

コラム「iPhone Xは史上最高の名機」

ここで1つ。スペック表を眺めているだけでは見えない初代iPhone Xの素晴らしさを伝えたいと思う。

iPhone Xは全スマートフォン史上最高の名機

と、言っても私はいいと思っている。私がそう思う最も大きな理由は、偉人からのバトンタッチを受けた男が創り上げた革新的なスマートフォン、だからだ。ここまで綺麗に、華麗にバトンを受け取った男は史上ほとんどいないと思う。

思い出してほしい。

2017年の9月に行われたiPhoneのイベントを。

偉人スティーブ・ジョブズからバトンを受け取った男ティムクック氏が、涙を浮かべながらジョブズ氏を思い出すような語りから始まったあのイベント。

基本的にティム氏は笑顔でイベント登壇時は出てくるのだが、あの時ばかりは神妙な顔で出てきた。

ジョブズ氏を思い出すあまり途中では涙を拭うような場面もあった。

ガンが発覚した後、ティム氏はすぐに血液診断を受けらしい。奇跡的にジョブズ氏と同じ珍しい血液型だったことから、ティム氏は臓器の一部の提供をジョブズ氏に提案。しかし、それにジョブズ氏は大激怒し、絶対にそんなことはさせない!と断ったそう。

その後、ジョブズ氏は多くの人の願いも虚しく亡くなってしまう。

臓器を提供したいと思うほどの盟友の死、世界一の偉人からバトンを受け取る重圧、超大企業のCEOを務めるという日々のストレス、それらを全て乗り越えて世界一の企業を創り上げたティム氏が涙を浮かべながら、誇らしげに紹介したiPhoneが初代iPhone X。

そう考えると、”史上最高の名機”とも考えることはできないだろうか?

そんなAppleの歴史が詰まったiPhone Xだからこそ、多くの人にこれからも長く愛されるだろうと私は思う。

初代iPhone Xを買うべき人はこんな人

  • 何かしらのキャンペーンで安く買える人
  • 初代iPhone Xの歴史に惹かれた人

これらに当てはまる人は買ってもいいと思う。

もし、購入を検討するのであれば、ぜひ、ネットの情報だけではなく、あなたの街の携帯ショップや電気店を訪れてほしい。私は、Twitterのフォロワーさんたちから、「こんなキャンペーンあったので購入しました!」というような報告を度々受ける。オフラインで購入するのも悪くない。

もし、オンラインで購入するのであれば、ネットの情報は古いものが多いので、必ず公式サイトの料金体系をチェックするようにしよう。

Docomo公式ソフトバンク公式au公式

総評:お買い得、もしくは歴史に惹かれたなら買い

前述したように、初代iPhone Xのお得なキャンペーンをあなたが発見したのであれば買ってみてもいいと思う。特にAppleの歴史に興味を持った人なら購入するのは2019年どころか、2020年でも2021年でもありだろう。

ちなみに、初代iPhone X発表後に、私は「iPhone Xは絶対に買うな!!!」という旨の記事を書いた。(賛否両論あったが)

iPhoneXの予約はやめろ!Apple信者がXを絶対に買わない7つの理由

理由は、「ここでiPhone Xを賞賛しまくったら、記事を読んだ人が買ってしまうかもしれない。iPadやMacに興味を持ってもらいたい理念があるからこそ当ブログを始めたのに。。それならiPhone Xを賞賛するべきではない。」と思ったから。

本当はAppleが大好きだし、毎回賞賛しまくるような記事を連発したい。でも、私は、メディアとは個の欲求を満たすためのものではなく、訪れた人を幸せにするためのものだと思っている。自分の感情なんてその次でいい。

Appleが好きだからこそなおさらだ。それがメディアを運営するということだと私は信じている。

ちなみに、これも余談だが、ジョブズ氏の息子は、父がガンになってから医師を目指し始めた。一方で盟友ティムック氏はApple Watchで健康管理することについて並々ならぬ情熱を注ぎ続けている。

一人でも多くの人を助けたいという彼らの想いが伝わってくる。歴史を紡いでいるAppleを見ているだけで私はワクワクしてくる。幸せ。

やっぱりAppleが好きだなぁ。

これからもずっとずっと追いかけていきたい。

あぁ、地球がApple Storeになればいいのに。