管理人管理人

iMacについて情報が錯綜している。リーク・噂が多いが・・・個人的には待つ価値は100%ないと思っている。その理由と、信頼できる情報源?の噂について解説していこう。[@appleshinja_com]

速報!!
27インチiMacが8月5日の0時ごろにアップデートされました。
27インチiMac(2020)は何が変わった?7つの違いを徹底解説

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月23日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

新型iMacの噂・リーク

現時点で濃厚だと思われるリーク情報は以下の2つ。

8月にデザインの変更のないマイナーアップデート版のiMacが発表されるという噂。

2020年の後半に23インチのベゼルレスiMacが発売される噂。

工商時報:Apple、新型iPad Air (11-inch)、新型iMac (23-inch)を2020年下半期に発表、MiniLEDバックライト製品は2021年? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

これら2つが今のところの有力な噂。注目としては、8月。次は9月はiPhoneのイベントがほぼ間違いなく来るので、10月以降のサプライズイベントかサイレントアップデートではないだろうか?

ただ、これらの噂を考慮してみても私はあまり待つことはおすすめしたくはない。

新型iMacを待つべきではない理由

新型iMacを待つべきではない明確な理由、それは、

2020年中に発表されるかどうか分からないから。されたとしても、”ただのマイナーアップデート”なので、時間的損失を避けるためにも早めに買った方がいい。

という理由。

実は、iMacに関しては2020年6月のWWDCでも発表される噂があった。というか、それまでほぼ信頼度100%のリーク情報を流す人物が以下のように呟いていたため、「ほぼ確定か?」という見方が広まった。

私も恥ずかしながらそれまでのこの人物の情報の的中率を考えて「ほぼ確定か?」と記事の中で書いてしまった。

しかし、WWDCでは発表されなかった。

その後、「後、数日以内にiMacが発表される。」という情報が流れたこともあったが、結局は発表されなかった。

それでもiMacの噂は収まらず、発表されるかも?という情報が流れ続けている。しかし・・・一向に発表される気配はない。

え、じゃあ、発表されるかも?と記事をアップしているメディアがたくさんあるのはなんで?

とあなたは思うかもしれないが、基本的にAppleのニュースはファンが多いため、嘘だろうが、信憑性が低かろうが記事はどんどんアップされる。アクセス数のため、名声のため、お金のため、理由は様々だが本物のニュースなんて最近はほとんどない。まさに修羅の国。

情報に敏感でない人は時間を無駄に浪費させられ続けてしまう。

そんな悲しい時代になることを避けるためにも。

ここで、あなたにApple製品の新製品ニュースに関する重要な大原則をお伝えしよう。それは、

新製品の噂は1年中行われる。何かしらの製品が発表されるまで。

これが大原則。そして、重要なことは「噂されても発表されないケースも多々あるということ。」

iPad miniやMac Pro、iPhone SE2などは噂はされるが、発表されないという状態が3年、4年、5年と続いた。そんなことになったら目も当てられない。

“ただ、待つだけ“という行為で時間を無駄にしてしまう。私はそんな時間の使い方をするべきではないと考えているので当ブログではできるだけ早く買うことをお勧めしている。

そう。
結局は、いつ発売されるか分からないのだから、時間を無駄にしないためにも早めに買うようにしよう、という当たり前の結論に至ってしまう。

注意:ARM(Appleシリコン)対応のMacについて

ARM対応のMacが販売されることは確実なのだが、iMacに関してはいつごろになるのかが有力な噂がない。

調べてみると噂は見つかるが、有力な情報を持っている人物ではなく、ただの自称リーカーの情報しか見つからない。

それに、ARMに関しては、まずは、MacBook Proから搭載されるのでは?という噂が有力だ。

ARM対応Macを待つべき?2020年10月に13.3インチMacBook Proを発売か?

ARM対応のiMacを待ってみるのもいいかもしれないが、その場合は2021年ごろになる覚悟はしておいた方が良いだろう。

今日のお告げ「待ってもいい場合とは・・・?」

ここまで「iMacは待たずに今、買った方がいい。」ということをお伝えしてきた。私はiMacに限らず、超革新的な機能が搭載される以外は製品の購入を待つことを推奨していない。

なぜなら、待てば待つだけ時間を失ってしまうから。今、買えばその待っていた時間で得られる知識・スキルがあったはずだから。

Apple製品を初めて買おうとしているような方に特に多いのだがネット上の情報に惑わされて購入時期が遅れまくるパターンがある。ただ、それは本当に時間がもったいないのでできるだけ早く購入することをおすすめしたい。

製品が別次元へ進化するような、直近で言えば、

  • iPad→Apple Pencil対応
  • 13インチにメモリ32GB搭載

のような重要なアップデートであれば待ってもいいかもしれないが・・・iMacに関しては多少ベゼルが狭くなるだけだと思われるのでそれほど意識しなくてもいい。というのが個人的な考えだ。

【おすすめ関連記事】

21インチ?27インチ?iMacはどちらを選ぶべき?徹底比較レビュー

おすすめiMacはどれ?絶対に買ってはいけないiMacとは?