管理人管理人

iPhone XS Maxの熱狂から1ヶ月が経過した。私の生活に馴染みつつあるiPhone XS Max。1ヶ月間、毎日使い続けたからこそ分かった15つの真実を「メリット」「デメリット」に分けて当記事ではお伝えしていきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:連続レビューシリーズについて

まず、私は購入したのは以下のモデル。

・iPhone XS Max
ストレージ256GB
スペースグレイ

最新の価格はこちら→Apple公式サイト

当ブログではiMacやiPad、MacBook Proなど、私は持っている製品については定期的にレビューを繰り返している。もちろん、iPhone XS Maxもそう。

発売日にゲットしてから7日間連続でレビューした以下の記事も合わせて当記事を読んで頂ければ購入当初からの興奮と希望と絶望を感じてもらえると思う。

1日目→iPhone XS Maxレビュー1日目「3時間使って分かった14つのこと」

2日目→iPhone XS Maxレビュー2日目「カメラ機能をiPhone 6sと高級コンデジと比較してみた」

3日目→iPhone XS Maxレビュー3日目「iPhoneだけで仕事はできるのか?」

4日目→iPhone XS Maxレビュー4日目「やめとけ。落ち着け。買わなくていい。」

5日目→iPhone XS Maxレビュー5日目「Apple信者が時系列で使い方を晒してみた」

6日目→iPhone XS Maxレビュー6日目「ミニマリズムを加速させる7つの要因」

7日目→iPhone XS Maxレビュー7日目「95%以上の人には必要のないiPhone」 | Apple信者1億人創出計画

総評→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット | Apple信者1億人創出計画

iPhone XS Maxの真実【メリット編】

まずは、1ヶ月使って分かったメリットをお伝えしていこう。テンションが上がるぅぅぅぅぅ!!!

1、電子書籍の立ち読みが圧倒的に増えた

私の人生をより豊かにしてくれそうな最高のメリットがこれ。iPhone XS Maxを使い始めてから圧倒的に電子書籍をiPhoneで読む機会が増えた。

とにかく、いつでもどこでも本を読める。活字中毒の私にとっては本当に嬉しい。後述するように、iPhone XS Maxの大画面を有機ELの美しいディスプレイで電子書籍を毎日読めるのは幸せ。

今までのiPhoneでも私はたまにKindleを使って電子書籍を読んでいたが、読む頻度はそれほど高くはなかった。なぜなら、文字が小さすぎて見辛かったから。

iPhone XS Maxの大画面はその点を改善してくれた。情報のインプット量は人生の豊かさに直結すると私は思っているのでこれは非常に大きいメリットだ。

  • 電車内で立っている時
  • 友人を待っている時
  • レストランでオーダーを待っている時

サクサクと電子書籍を読める今の環境を私は最高に気に入っている。

2、タイピングが増えた

これは、私だけではないとは思うのだが、画面が大きくなることによってタイピングが非常にしやすくなった。

一言断っておくが、日本語特有のフリック入力に関しては小さい画面の方が打ちやすい。iPhone 4sやiPhone SEの方が圧倒的に早く売ってるだろう。

ただし、ローマ字入力については画面が大きい方が打ちやすい。iPhone XS Maxの画面なら1つ1つのアルファベットキーが大きいので打ち間違いも減る。

実際、私は外出先で、とりあえず両手で高速タイピングをする機会が増えた。

3、動画閲覧が増えた

主に、MacBook Proで仕事をしている時のサブディスプレイとしてiPhone XS Maxが活躍している。

MacBook Proの側でiPhone XS Maxを使って好きなアニメや映画を流しながら仕事をするのは本当に快感。スピーカーも迫力があるし、画面は当然有機ELのおかげで見とれるほどに綺麗。

外出先でも英語学習用の動画などを見る頻度が増えたのは間違いなくiPhone XS Maxの画面サイズのおかげだ。

4、写真撮影が楽しくなった

ポケットに超ハイスペックなカメラが入っているだけで、これほど写真を撮りまくる人間に変わってしまうのか。。

と、私は驚いている。今では、以前の2倍以上の頻度で写真を撮影するようになった。

この前、新幹線に乗った時には富士山を連写しまくり。

意味もなく街並みを撮影しまくことだってある。

もともと、写真撮影は大好きだったので、より綺麗に撮影できるようになったiPhone XS Maxは私の趣味を加速させてくれそうだ。

5、簡単なブログ記事をアップできるようになった

当ブログの記事はすでに、iPhone XS Maxから3〜6割ほどを執筆している。記事によっては全てをiPhone XS Maxで書く場合もある。

例えば、毎日更新している「リンゴの木」というシリーズがあるのだが、これは基本的には雑談やAppleの最新ニュースをサクサクっと500文字前後で書くだけなので、ささっと空き時間に書ける。

私の雑談なんかに誰が興味あるのか?

と最初は思っていたのだが、今では毎日数百人の方がリンゴの木シリーズを読んでくれているのできちんと更新を続けていきたいと思う。

6、3回の転落でも無傷

私は意図しない転落を3度もしてしまった。iPhone XS Maxのディスプレイは落下には強くなったということだったが、一瞬青ざめたのも事実。

だが、3回とも無傷だった。

内訳は、

  • 1回はポケットから取り出そうとして転落
  • 2回は机の上から転落

というもの。

いずれも硬いフローリングの上だったが無傷だった。私はiPhone XS Maxにガラスフィルムを貼っているだけなので、気をつけるべきなのだがこれならある程度は大丈夫かもしれない。

7、側面を眺めることが多くなった

あぁ、この側面が美しすぎる。

たまに、意味もなく撫でてしまう。

とんでもない高級感。この美しいガジェットがポケットに入っているだけで毎日ワクワクする。

8、光学ズームが最高すぎる

私はiPhone XS Maxの光学ズームが大好きだ。

iPhone XS Maxのカメラレビューを見ていると、「白飛びしなくなった。」「ボケ機能がすごい。」などの表現が多いが、私は光学2倍ズームをめちゃくちゃ気に入っている。

ご存知ない方のために説明すると、光学ズームとは「画質を落とさずにズーム撮影ができる機能」のことを指す。

試しに撮影してみた写真だとこんな感じ。

こちらが光学ズーム2倍。

画質が落ちずにズームできるというだけなのだが、写真撮影が本当に捗るようになった。iPhone XS Maxの最大のカメラ機能のメリットはボケ機能ではなくこの光学ズーム2倍だと私は思っている。

9、隙間時間の作業が増えた

こちらの完全レビュー記事でもお伝えしたのだが、私はiPhone XS Maxの事を「隙間時間の作業を超効率化させるデバイス」として定義した。

その考えについては今も変わっていない。

iPhone XS Maxがあれば、あらゆる仕事の下書きやベースを作ることができる。いつ、いかなる場所でも。

実際、私はブログの下書きもそうだが、インプットとしてPDFを読んだり、ブラウジングでいろんな情報をサクサクと処理したり、最近ではMacやiPadで整理した情報をiCloudにアップしてiPhone XS Maxで何度も見直したりしている。

ポケットに超ハイスペックPCが入っていると考えれば当然のことではあるのだが、隙間時間に仕事を猛烈にできる今の環境にただただ感謝。

10、有機ELに見とれる時間が増えた

美しすぎる。まじで。

なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ!!!

と叫びたくなる。

iPhone Xユーザーさん達が「ディスプレイめっちゃ綺麗ですよ!」と教えてくれていたのが今になって分かった。有機ELは本当に綺麗。

特に黒の発色がとんでもなく綺麗。もちろん好き嫌いは分かれるだろうが、私はめちゃくちゃ好き。大好き。

最近は世界中のアプリでダークモードが流行っているので、Kindle・Tweetbot・Smoozと私の大好きなアプリを全てダークモードにして使っている。

Kindle。

Tweetbot。

Smooz。

あぁ、美しすぎる。。毎日本当に見とれてしまう・・・

11、ブラウジングからの情報インプット量が爆発的に増えた

iPhone XS Maxの動作のサクサク感、大画面、有機ELの美しさによりブラウジングのスピードが圧倒的に上がった。外出先で大量の情報を裁くことができるようになったので、自分の生活が向上したのが実感できる。

特に、私はSmoozを使っているので情報の処理スピードなら世界一のスピードで行うことができる。

こんな感じ。

あぁ・・・

あぁ・・・

あぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!

加藤さぁぁぁぁぁん!!!!!!!(Smooz開発会社のCEOの名前)

Smoozのレビューについてはこちら→世界一のブラウザSmoozの12の神機能を完全解説【使い方・設定】

iPhone XS Maxにほんの少しでも興味があるあなたへ

各社、料金プランが違うのでチェックしておこう。個人的にはApple公式ストアでSIMフリーを購入してUQ mobileなどの格安SIMを使うことをオススメする。

Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au

iPhone XS Maxの真実【デメリット編】

次に、iPhone XS Maxのデメリットをお伝えしていこう。デメリットというよりは「イラっ」としていることと言ってもいいかもしれない。

1、滑って落ちまくる

これ、私だけなのだろうか?

机に普通に置いているだけで、カメラのせいで本体が傾いているため、机から滑り落ちてしまう。

食事をしていたりPCを叩いていたり、少しの振動でツルツルツルーっと滑り落ちてしまう。カーリングのあの滑りを連想してしまう。

実は、転落させたことがあるのもこれが原因。

iPhone XS Maxを裸で使う人のことを考えていないのだろうか?

2、机に置いているとガタツク

これもイライラポイント。

机に置いていると、カメラのガタつきのせいでガタガタする。

こんな感じで傾く。

机に置いたまま操作したりタイピングしようとすると「ガタガタガタッ」という音を立てるし、打ちづらいしストレス。

カメラの出っ張りはケースをつければ改善されるようだが、裸で使いたい私としては・・・うーん。。

3、食事中にFace IDが動作しない

食事中にスマホをいじることは失礼なので、誰かと食事をしている時にはiPhone XS Maxをいじることはない。

が、一人で食事をしている時に大切な連絡が来たり、アイディアを思いついたりする時にはiPhone XS Maxを起動させる必要がある。

その時、お口に何かが入っていてモグモグしているとFace IDがうまく起動しない。Face IDが起動しないので、自分でパスコードを入力するのが面倒。

だが・・・

公共の場でモグモグタイムからシリアスな顔に変える瞬間が恥ずかしい。恥ずかしすぎる。

仕方ないとはいえ、やはりTouch IDからの乗り換えだとFace IDのこういったデメリットにイライラしてしまう。

4、高額すぎる

最後に。

もう、当たり前の話ではあるのだが、iPhone XS Maxは高額すぎる。

ちょうど、昨日。レストランで出稼ぎ労働に来ていると思われる東南アジア人の男性から、このようなことを言われた。

「おぉ!ソレ、新しいiPhoneですネ!金持ちのためだけのスマートフォンですね!!」

そう、私は言い返すことができなかった。まぁ、言い返す必要もないし、彼の意見は100%正しい。機能性だけで言えば安いAndroid機でも出来ることは可能だし、今は値下がりしたiPhone 8などもコスパでいえば優れている。

出来ることがほぼ変わらないのにiPhone XS Maxを買う意味はなんだろうか・・・?

消費者を無視したネットの嘘レビュー

ほんのちょっとだけキツい言い方になってしまうが、レビュワー・Youtuberが毎年のことながら消費者を無視した嘘レビューを連発しているため、苦言を呈したい。嘘というか、、まぁアクセス欲しさゆえのレビューというか、Apple製品への愛は特に感じられないというか・・・

ここで意味する嘘とは、家族や友人には言わないような事を伝えて消費者を煽っている事を意味する。うん、まぁそれでもいいんだが。。いや、あの・・・まぁ、苦言というか、、とにかく!!!ここまで読んでくれたあなたには伝えたいことがある。

iPhone XS Maxの買い替えを検討するくらいであれば、iPadやMacを検討してほしい。

Apple製品の魅力は「iPhone」「iPad」「Mac」を3つ組み合わせた時の連携機能にある。そして、iPhone単体ではあなたの生活を支えることはできても、あなたの人生や仕事を大きく変えるようなことはできない。間違いなく。

当ブログで常にお伝えしているのは、

  • iPhoneは生活を支える
  • iPadは人生を変える
  • Macは仕事を変える

この3大原則をどうか忘れないでほしい。

ネット上では「カメラすげー」「画面でけー」みたいなレビューが並びまくっているが、そんなもんのために15万も出す必要はない。

それなら間違いなく、絶対に、iPadやMacを手に入れた方が良い。加えてAirPodsなどを手に入れれば間違いなくあなたの日々はより豊かなものになる。

まぁ、近年のスマートフォンは性能差を体感できないくらいのスペック天井に到達しているため、Apple社自身もネット上のレビュワー、Youtuberもカメラくらいしか褒めるところがなくなってきているという虚しい事実はあるのだが・・・

どうか、この記事を読んでいるあなたには、Apple製品を揃えて、Apple製品でしか実現できないクローズドな世界を楽しんでほしいと思う。

こちらの記事で全ての組み合わせについて徹底レビュー→【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

総評レビュー:3年ぶりの買い替えで思ったこと

iPhone 6sへ買い替えた時もiPhone XS Maxへ買い替えた時も感動さで言えば、違いはあまりない。iPhone XS Maxについてはノッチ、有機ELという違いはあるのでやや感動したが、iPhone 5sからiPhone 6sへ買い替えた時の感動のなさと言ったらヤバかった。

そこで私はiPhoneの革新は終わったと確信した。

個人的にiPhoneの革新は、

  • iPhone 4s→この時点でスペック、美しさ共に完成形
  • iPhone 5s→Touch IDは後世に残る素晴らしい技術
  • iPhone X→有機EL、ノッチ型のポケットに入るスーパーPC

という3つの名機によって支えられていると思う。あくまでも個人的な意見ではあるが。。

ただ、できること自体は初代iPhoneをスティーブ・ジョブズ氏がプレゼンしたように「音楽が聴ける」「電話ができる」「インターネットが使える」の3つくらいからほぼ変わっていない。

ウェブの爆発的な流行により情報量が増えたことと、SNSの発達によるものもあるが、結局は連絡ツールと情報インプットツールとしての役割を果たしているわけだ。

そう単純に考えると、iPhone XS Maxを買う意味とは一体なんだろうか?一度立ち止まって考えてみてほしい。

あぁ、ここまで書いてきて思ったが、私は何もiPhone XS Maxを完全否定しているわけではない。自分が愛して使っているのだからiPhone XS Maxのことは大好きだ。

ただ、記事を書いているときは私は私の主観よりも、まだiPhone XS Maxも、iPadもMacも持っていない消費者目線でタイピングを無我夢中で行うため、キツいことやネガティブなことを書き綴ってしまう。友人や家族にいつも言っているような辛辣な事まで書いてしまう。

自分とは違う自分で書いているような不思議な感覚に陥る。あんまりネガティブなことは書かないほうがいいかな?と最初の方は悩んでいたが、「まぁ、そういうメディアでもいいか。。」と最近は楽しみながら読者さん目線で書く事にしている。

ただ、根本にあるのは「Appleを楽しみたい!」という子供のような欲求のみ。あぁ、これからもAppleに包まれて生きていきたい。。

あなたも一緒にAppleを楽しもう!!

さらに詳しいレビューはこちら→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット