管理人管理人

次期、iOSのアップデートが発表された。それにより、iPhone 6以前のiPhoneはサポート対象外となった。個人的に、iPhone 5sは革命を起こした機種だと思っているので、当記事ではコラム的にiPhone 5sへの想いを綴ってみたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

iPhone 5sの革命

2013年9月10日。
iPhone 5s発表の際、私の愛機はiPhone 4sだった。

iPhone 5の大画面化にはあまり惹かれずにiPhone 4sを愛用していたし、これからも使っていくつもりだった。

だが、iPhone 5sには今までにない革新的な機能が備わっていた。それが、「Touch ID」。スマホに指紋センサーが搭載されるという衝撃。

今となってはFace IDという未来感たっぷりの機能まで搭載されているが、当時は指を置くだけでパスワード不要になるというのは革新的だった。

ガジェットオタクの私としては試さずにはいられなかった。だからこそ、私はiPhone 5sを購入した。

購入して、Touch IDを登録し、使った日のことを今でも覚えている。

指を置いてだけでロック解除されるぅぅぅ!!!

と、母へメールしたことを今でも覚えている。友人へ「コレェ!コレェ!あ、ソレェ!!」と自慢したのを覚えている。

本当に革命だった。

iPhone SEと名を変えて名機へ

iPhone 5s発表後に発表されたのはiPhone 6、iPhone 6 Plusという今のiPhone 8と同じラインナップの製品だった。

これによりiPhoneの巨大化は確定的となった。

当時の私はSIMフリーを使いたかったこともあり、気に入っていたiPhone 5sからiPhone 6sへと乗り換えることに。iPhone 6sをその時から愛して使い続けていたが、やはり片手に収まらない微妙な違和感は最後まで消えないままだった。

ちなみに、私は新しいApple製品を購入した場合、近しい人へ元々使っていた製品をプレゼントする癖があるので、iPhone 5sは友人へとあげてしまったのだが、割と後悔していた。

それほど最高のサイズ感、名機だった。

そして・・・

iPhone 6s発表からわずか半年後の2016年3月21日にiPhone SEが発売されることとなる。当時の私からすれば「あとちょっと待っていれば。。」という気持ちもあった。

その後。現在、2019年。
iPhone 5sの後継機でもあるiPhone SEは世界中の人に愛されている。

iPhone 5sの歴史がここで止まってしまうかどうかはわからないが、願わくば4インチモデルはこれからもずっと継続していって欲しい、と願わずにはいられない。

iPhone 5sは永遠に。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

Touch IDを初めて触った時は、本当に失神しそうになった。あのサイズ感、Touch ID、操作性、すべてが完璧だった。

iPhone 5s愛用者さんたちが次に買うiPhoneが気になって仕方ない。

4インチモデルの完成形を見せてくれたiPhone 5sよ、永遠に・・・