管理人管理人

世界中のコアなファンが待ち望んでいた、Mac Pro(2019)と、純正ディスプレイPro Display XDRが発表された。個人的にも待っていた製品たちなのでApple信者らしく批評レビューしたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月22日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

Mac Pro(2019)批評レビュー

まずは、おろし金と比喩されている、Mac Pro(2019)の仕様からみていこう。

個人的にはめちゃくちゃ楽しみ。(実物を見るのが楽しみという意味。決して買うことはない。多分)

仕様

  • CPU最小8コア、最大28コア
  • メモリスロット12本、最大1.5TB
  • PCI EXpressスロット8本
  • グラボRadeon Pro Vega II、Radeon Pro 580X、Radeon Pro 580X搭載可能
  • 8K動画3ストリーム、4K動画12ストリーム同時再生
  • 6億ピクセルを毎秒処理可能なアクセラレータカードを搭載
  • T2セキュリティチップ搭載
  • 最小256GB、最大4TBSSD搭載可能
  • Thunderbolt3端子を4つ搭載
  • USB-A端子を2つ搭載
  • 10Gbイーサネット搭載

気になる良いところ

私が気になったのは主にデザインとそのモンスタースペックの使い道。

1、デザインは完全にPowerMac G5

誰しもが思ったのが、デザインがPowerMac G5に似ているということ。

こちらが新型Mac Pro(2019)。

Source: Mac Pro – Apple

こちらがPowerMac G5。

Source: Power Mac G5 – Wikipedia

デザイン的には戻った。と言っていいのだろうか?古き良きMacの復活!

旧Mac Proはゴミ箱呼ばわりされていたが、新型Mac Pro(2019)はおろし金。

そう考えるとちょっとはレベルアップしたのかもしれない。

と、冗談はさておき、実物をみるまではその高級感に関しては分からない。Appleが2年、3年とかけてデザインしたのだから実物を見るのが非常に楽しみだ。

2、モンスタースペックは何に活かせる?

メモリ1.5TBとかもはや凄すぎて震える。

スペックを見ていると、コア数・グラボ・独自アクセラレータカード搭載など。

主に動画編集系のプロに役に立っていきそう。あとは、3D系の処理か。

私のような一般人には必要ないスペックではあるのだが、Mac Proのような超ハイスペックPCを使いこなせるようなプロの方を拝見してみたいものだ。

それにしてもメモリ1.5TBって。。凄すぎ。

気になる不安なところ

私が気になる面は2つ。価格と静音性。

1、価格

価格は5999ドル〜とされているが、基本的にこれはデフォルトの価格。

つまり、カスタマイズすればこれ以上の価格になることは容易に想像できる。

おそらくだが、そこそこのカスタマイズをしただけでも100万円近くはすると思われる。

もはやこの価格をポンっと買えるのは日本だとHIKAKINさんくらいか・・・Youtubeのレビューが楽しみだ。

2、静音性

大型ファンが内蔵されているため、静音性と冷却性を保てるとの話だが・・・

デスクトップPCでこれだけのスペック。

静音性についてどれくらい保てるのかが非常に気になる。店頭で静音性も含めてチェックしてみたい。

Pro Display XDR

次に私がずっと待っていた純正ディスプレイについて。(高価すぎて買えないけど)

仕様

  • スタンダードガラスとナノテキスチャーグラスを選択可能
  • HDR(High Dynamic Range)より高性能なExtreme Dynamic Range(XDR)を搭載
  • Retina 6Kディスプレイ
  • 6016×3384ピクセル
  • 32インチIPS LCDディスプレイ
  • アスペクト比16:9
  • 輝度1000ニト(最大1600ニト)
  • コントラスト比1,000,000:1
  • 3.5mmのオーディオジャックあり
  • 最大6台のデイジーチェーン接続が可能

気になる良いところ

まず、気になる良いところから。

1、ナノテクスチャーガラスってなに?

多分とてつもなく綺麗なんだと思う・・・

が、実物を見るまではナノテククスチャーガラスの凄みがプレゼンでは分からなかった。

おそらく、やや高級感がある程度かな?

と思っているのだが、どうだろう。でも、この価格のディスプレイに手を出す人なら、より良い方のナノテクスチャーガラスの方を購入すると思う。

2、ポートレートモード対応(縦型)

ディスプレイを縦型にすることができる、というのも大きなメリット。

特に、プログラマーさん、ライターさんたちは画面を縦にした方が作業効率が上がるという話を聞いたことがある。

私も一度くらい縦ディスプレイで高速タイピングをしてみたい。

気になる不安なところ

1、VESAマウント高すぎぃ

アダプター:199ドル
プロスタンド:999ドル

いやいや・・・。このお金で5Kディスプレイ買えますよ。。と思ったのは私だけではないはず。

非純正でもいけるのかどうかなど今後の続報が待たれる。

2、MacBook Proなどとの接続は?

Mac Pro(2019)とセットで購入するのが当たり前のように紹介されていたし、ネット上でもそういう風潮はあるが・・・

MacBook Proと接続して使ってみたいなぁ。

というAppleファンもいるはず。実際、私もそう。

27インチiMacの隣に並べて使っていたい。そう思っている。

はっ!!!

欲しくなってる・・・ヤバい。。

総評「実物はよ。」

スペックに見合った価格かどうかは使い手による、と思う。

今回の発表で思ったのは、「iMac Pro」「Mac Pro」などの本当のプロモデルを完璧に使いこなしている人・職場にフォーカスした情報がネットに挙がっていないということ。

海外も含めて、一部のYoutuberさんが半分仕事・半分レビュー用に買っているだけで、”本物のプロの使い方”を知ることがなかなかできない。

せっかくApple系ブログをやっているのだから、そういう人たちを発掘して取材させてもらいたいなぁ、と思い始めた。

iMac miniを会社に大量導入しているような経営者さんも当ブログにはいらっしゃるので、企画をこれから練り上げていきたいと思う。

と、話は逸れたが、Mac Pro(2019)とPro Display XDRの実物を見るのが楽しみ。

OSのアップデート含めて、秋が楽しみ。

実物はよー!