管理人管理人

iPhone XS Maxを使い始めて1年が経過した。使って使って使いまくった。仕事をサクサクこなせる相棒として使いまくった。レビューもし続けた。そして・・・この記事がiPhone XS Maxのレビュー完全版![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月18日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:連続レビューシリーズについて

当シリーズ「連続レビューシリーズ」は購入初日から1年目まで連続でレビューし続ける当ブログの人気シリーズ。

私が購入したのは以下のモデル。

・iPhone XS Max
ストレージ256GB
スペースグレイ

最新の価格はこちら→iPhone XS Maxページ【Apple公式】

発売日にゲットしてから7日間連続でレビューした以下の記事も合わせて、当記事を読んで頂ければ購入当初からの興奮と希望と絶望を感じてもらえると思う。

1日目→iPhone XS Maxレビュー1日目「3時間使って分かった14つのこと」

2日目→iPhone XS Maxレビュー2日目「カメラ機能をiPhone 6sと高級コンデジと比較してみた」

3日目→iPhone XS Maxレビュー3日目「iPhoneだけで仕事はできるのか?」

4日目→iPhone XS Maxレビュー4日目「やめとけ。落ち着け。買わなくていい。」

5日目→iPhone XS Maxレビュー5日目「Apple信者が時系列で使い方を晒してみた」

6日目→iPhone XS Maxレビュー6日目「ミニマリズムを加速させる7つの要因」

7日目→iPhone XS Maxレビュー7日目「95%以上の人には必要のないiPhone」

1ヶ月目→iPhone XS Max1ヶ月使用レビュー。15の真実とネットの嘘。

2ヶ月目→【2ヶ月目レビュー】iPhone XS Maxを全力でオススメしたい9つの理由

3ヶ月目→iPhone XS Max3ヶ月目レビュー「海外旅行して分かった13のこと」

5ヶ月目→【5ヶ月目レビュー】iPhone XS Max メディアが伝えない”12の罪と功績”

8ヶ月目→【10ヶ月目】最高級機のパラドックス。iPhone XS Max 7つの真実

総評→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット

1年使ってわかったこと【メリット編】

まずは、iPhone XS Maxのいいところから。自分史上最高のiPhone。

1、最強のスマホ付きカメラ

iPhone XS Maxはカメラ付きスマホではなく、スマホ付きカメラ。

これが、iPhone XS Maxを1年使い続けてたどり着いた答え、だと思う。とにかく写真が綺麗。

友人と食事に行ったりした時にたくさん写真を撮って共有してあげるとひたすら、「画質良すぎwww」と喜ばれる。

もはやこれ以上の画質は不可能だし不必要では?と思う。論より証拠。私が撮影した写真を見ていただこう。

iPhoneだけでこれだけ撮影できるのだから、ポケットに入っているのはスマホではなくスマホ機能付きカメラだと私は思うようになった。

2、仕事をこなせる、いつでも、どこでも。

最高。
仕事人間は今すぐiPhone XS Maxを買うべし。

と、私は周囲に伝えている。逆に言えばスマホで仕事をしたいと思わないような人たちには一切、iPhone XS Maxはおすすめできない。

そもそも、私がiPhone XS Maxを購入したのはiPhoneで仕事をサクサクとこなしている読者さんたちに憧れたことが最大の理由だった。

そのうちの1名はこちら(大尊敬)→ プロフェッショナルのApple製品「SE、兼Webライター編」

私も1年使ってみてわかったが、iPhone XS Maxで仕事をこなすことは十分に可能だ。

  • 大画面ゆえの操作性のよさ
  • 大画面ゆえのタイピングのしやすさ
  • ハイスペックゆえのサクサク感

これらが相まって仕事をサクサクこなせる。もはや、iPhoneではなく小型Macと呼んだ方がいいのではないかと思えるほど素晴らしい。

特に私が行なっている仕事は「メール返信」「文書作成」「情報収拾」の3つ。これらをレストランの待ち時間やちょっとした隙間時間に繰り返し続けている。

そのおかげで当ブログの記事の文章量はiPhone XS Max購入前に比べて体感で1.5倍以上になった。実際、当記事の原案もiPhone XS Maxでぽちぽちと打ち込んだもの。

仕事をいつでもどこでもこなしたい人にはiPhone XS Maxは最高の相棒になれると私は信じている。

3、Kindleがサクサク読める

最高っ!!!

私は活字中毒なので1日中何かしらの本を読んでいないと落ち着かない。隙間時間には無駄な時間をすごしたくないので絶対に本を読みたい。

そんな私にとってiPhone XS MaxはKindleをサクサクと読める相棒。

前に使っていたiPhone 6sではさすがに読みづらかったがiPhone XS Maxの大きさであれば読める。

あぁ、、、読書が止まらない。

4、PDFがサクサク読める

これも前述したKindleがサクサク読めるのと同じ理由。

iPad miniや、12.9インチiPad Proで編集したPDFをGoodNotes5で読み直すことができる。幸せすぎる・・・

改悪か?Goodnotes 5を5ヶ月使って分かった7つのこと。4との違いも比較してみた

5、写真を綺麗に見返せる

綺麗な写真を撮影できるiPhone XS Max。その綺麗な写真をiPhone XS Max自身で見返す。これが幸せ。

私は事あるごとに写真を見返す癖があるので大画面で綺麗な写真を見返せるというのは非常に大きなメリット。

一人でニヤニヤしながら写真を見返す事も多々ある。

6、スピーカーの美声がヤバい

このスピーカーの奥には美声の小人が100人くらいいるのかな?

と思ってしまうほどにiPhone XS Maxの音はクリア。高音も低音も綺麗に出る。もはやスマホの域を超えている。

臨場感もヤバい。

体感的には大きさが大きいiPad miniよりもiPhone XS Maxの方がスピーカーが綺麗。こんなに小さいのになんてすごい子なんだ。。

7、高速ブラウジングが可能

高速ブラウジングにはみんな大好き日本製アプリのSmoozを使っている。

世界一のブラウザSmoozの12の神機能を完全解説【使い方・設定】

このアプリで高速ブラウジングして調べたもののうち重要なものをSafariへ飛ばしておき。帰宅後にiMacで確認するのが私の日課になりつつある。

1日のうち何回も何回もブラウジングするからこそブラウジングアプリにはこだわりたい。

8、電池持ちが最強

あれ?

バッテリーがなんでこんなに持つの?ってくらいiPhone XS Maxは電池持ちがいい。iPhone XRはさらにバッテリー持ちがいいようなのだが、iPhone XS Maxでも十分に電池持ちがいい。

私はテザリングしたり結構ハードに使っているとは思うのだが1年間使ったのに今だに1日は余裕で持つ。

体感的には1日と三分の一日くらいはもっていると思う。(購入当初は1日半くらいはもっていたのでやや劣化しているとは思う)

9、サクサク感が最強

サクサク感に至っては購入当初から一切変わっていない。

アプリを切り替えたり、ブラウジングしたり、動画を観たり、SNSをしたり、何をするにしても最高速度でサクサクと操作することができる。

最近、このサクサク感をメリットだと感じたのはキャッシュレスペイ系アプリを取り出す時。

レジ前でモタモタしていると店員さんに迷惑がかかるし、なんだか恥ずかしい。でも、iPhone XS MaxならFace IDでサクッとロック解除して、サクッと該当のアプリを起動させればいいだけ。

これからのキャッシュレス時代、iPhone XS Maxのようなサクサク感は必須だと思う。

10、Face IDの精度が上がってきた

これがFace IDか!!!

と、iPhone XS Maxを使い始めて9月目あたりから感動するようになった。最初のうちは慣れないという点と、Face ID自体の学習精度もイマイチだったのだが・・・

最近はほぼ100%の確率でサクサクとロック解除できるようになった。

  • 暗闇でもロック解除可能
  • メガネをかけていても、コンタクトでも解除可能
  • 帽子をかぶっていても解除可能
  • 寝起き直後のキモみがすごい顔でも解除可能

とやりたい放題。1年使ってみてFace IDは慣れればかなり便利であることがわかった。

※ただし、近づきすぎると精度が悪いのである程度離して使うコツは必要

11、美しい美しい美しい

もう、、、ねとにかく美しい。

やっぱりこれに尽きる。iPhone XS Maxの高級感はひたすら輝く。どこへ持っていくのもワクワクする。

充電中も美しい。

角が美しい。横から見ても美しい。スピーカーも美しい。

ケースをつけていてもオーラがヤバい。

ロゴも最高に美しい。

製品が美しいと毎日使いたくなるし、より日々が楽しくなる。その結果、作業効率が向上する。ということは常に当ブログではお伝えしてきたがその効果を自分自身で実感している。

※ただし、カメラの出っ張りだけはどうしても受け入れられない

1年使ってわかったこと【デメリット編】

次に、愛すべきiPhone XS Maxのデメリットをお伝えしていこう。

1、高すぎる

ドン引き。

本当に高額すぎる。あまり言いたくはないが・・・正直言って、どれだけメリットを並べたとしても、iPhone XS MaxはApple信者、ガジェットオタク用の機械でしかないと思う。

この記事を書いている2019年9月7日現在の価格は、

64GB:124,800円
256GB:141,800円
512GB:164,800円

となっている。

そこまで興味がない一般層(私の家族や友人たち)のような人にはiPhone XS Maxの価格は高すぎて「アホらしい。」と思う価格であることには間違いない。

正直言って、iPhone XS Maxにお金を出すくらいであれば、iPhone XRなどのエントリー機とiPadの組み合わせを購入した方が絶対に幸せになれると思う。

【随時更新中】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

2、カメラ機能もすごいわけではない

iPhone XS Maxのカメラ機能はものすごい。とてつもなく綺麗。

ただ、それはスマホカメラの中では、という話。高級コンデジや、一眼カメラと比べると全く質が違う。(当たり前といえば当たり前だが)

私は以前から当ブログでカメラ目的でiPhoneや他の高級アンドロイド機を買うくらいなら、エントリーモデルのスマホとカメラを買った方がいいと主張してきたが、それはiPhone XS Maxになっても変わらないように思う。

本格的に写真を撮りたければカメラ撮影が何よりも望ましい。個人的には、特に夜の撮影に関してはiPhone XS Maxでは役立たないと思っている。

以前のスマホでは夜景は全く撮れなかったので、進化したといえば進化したのだが・・・

論より証拠、iPhone XS Maxで撮影した写真とミラーレス一眼カメラのOM-D E-M5 Mark IIで撮影した写真を比べてみよう。

ちょっと前に友人と旅行に行った時のもの。

iPhone XS Max。

OM-D E-M5 Mark II。

iPhone XS Max。

OM-D E-M5 Mark II。

あとから編集すればiPhone XS Maxで撮影した写真も綺麗に見えなくもないが、やはり自然な綺麗な写真を撮りたいと思うのであれば、純粋なカメラには敵わない。

個人的には最近カメラにハマっているので、「やっぱりスマホとは全然違うなぁ。」としみじみと思っている。

3、Face IDは完璧ではない

Face IDは慣れれば非常に強い味方にはなるが、慣れても強い味方になってくれない場面は多々ある。

マスクをしている時は一切反応しないし、デスクで仕事をしている時にはいちいちiPhone XS Maxをこちらに向けないといけないので面倒だ。

とは言っても手が濡れていてもFace IDならすぐにロック解除できるし便利な画面も多い。

個人的には手荒れの人にとってFace IDは非常に有益なようだし、認証精度が学習機能により上がってくれば多少寝起きの変な顔であったとしても認証してくれるくらいにはなるので、Face IDのメリットの方が大きいとは思っている。

4、iPad miniがあればiPhone XS Maxである必要はない

これが最大のデメリット。というか問題だと思う。どう考えてもiPhone XS MaxとiPad miniは重複してしまう部分が多々ある。

当ブログにも「うぉずさんは、iPhone XS MaxとiPad miniをどうやって使い分けているのですか?」というコメントがよく届く。

個人的には、

  • ほとんどの場面→iPad mini
  • iPad miniが取り出せない場面、タイピングを主にしたい場面→iPhone XS Max

という感じで使い分けることが多い。

特にタイピングをサクサクっと行いたい場合にはiPhone XS Maxの方が役立つ。大画面なのでタイピングもしやすいし、立ったままでもレストランの中でもサクサクとこなすことができる。

一方でiPad miniはBluetoothキーボードがないとやや厳しい。というか長文を打つ気にはなれない。

ただ、それタイピングする場面以外では・・・iPad miniの方が画面が大きくて、さらに取り回しがしやすい絶妙なサイズなので、ついついiPhone XS MaxではなくiPad miniの方を使ってしまう。

快適度は圧倒的にiPad miniの方が上。

私の場合は、先にiPhone XS Maxが発売されて、その半年後にサプライズでiPad miniが発表されたので仕方ないが、これからApple製品を購入する人たちには、iPhone XS Max1台よりも「iPhone XRなどのエントリーモデル + iPad mini」の組み合わせの方をおすすめすると思う。

【神Pad】iPad mini(2019)を6ヶ月使って分かった9つのこと

1年総評レビュー「おすすめする気にはなれない超自己満足機」

私はiPhone XS Maxが大好きだ。いつでもどこでも仕事をサクサクとこなせる相棒としてこれからも愛用していくと思う。

ただし・・・

その部分に価値を見出すことができない人にはiPhone XS Maxは一切おすすめできない。カメラ性能はiPhone XRで十分だし、そもそも、カメラなら純粋なカメラの方が性能は上。

何よりもiPhone XS Maxは高すぎる。

iPhone XS Maxを1台買うくらいなら、エントリーモデルや旧型のiPhoneとiPadの組み合わせを買った方が絶対に幸せになれる。生活が変わる。人生が変わる。

そして、Macも手に入れれば三種の神器が揃いApple製品の最大の恩恵を享受できることになる。

Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

だから、個人的には当ブログの読者さん、そしてリアルの知人にもiPhone XS Maxの購入はそれほどおすすめしていない。

と、あんまりiPhone XS Maxのことを悪く言うと、iPhone XS Maxが拗ねそうなのでここまでにして・・・

1年間、使って使って使いまくってきたが、iPhone XS Maxと私はこれから最低でも2年、3年はともに歩んでいきたいと思っている。

これからもよろしく!iPhone XS Max!!