管理人管理人

私がiPhone 6sからiPhone XS Maxへと買い換えて10ヶ月が経過した。毎日使って使って使いまくった。結果・・・気付いたのは7つのことだった。その7つの真実をいいところと悪いところに分けて当記事では紹介していこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月20日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:連続レビューシリーズについて

当シリーズ「連続レビューシリーズ」は購入初日から1年目まで連続でレビューし続ける当ブログの人気シリーズ。

私が購入したのは以下のモデル。

・iPhone XS Max
ストレージ256GB
スペースグレイ

最新の価格はこちら→iPhone XS Maxページ【Apple公式】

発売日にゲットしてから7日間連続でレビューした以下の記事も合わせて、当記事を読んで頂ければ購入当初からの興奮と希望と絶望を感じてもらえると思う。

1日目→iPhone XS Maxレビュー1日目「3時間使って分かった14つのこと」

2日目→iPhone XS Maxレビュー2日目「カメラ機能をiPhone 6sと高級コンデジと比較してみた」

3日目→iPhone XS Maxレビュー3日目「iPhoneだけで仕事はできるのか?」

4日目→iPhone XS Maxレビュー4日目「やめとけ。落ち着け。買わなくていい。」

5日目→iPhone XS Maxレビュー5日目「Apple信者が時系列で使い方を晒してみた」

6日目→iPhone XS Maxレビュー6日目「ミニマリズムを加速させる7つの要因」

7日目→iPhone XS Maxレビュー7日目「95%以上の人には必要のないiPhone」

1ヶ月目→iPhone XS Max1ヶ月使用レビュー。15の真実とネットの嘘。

2ヶ月目→【2ヶ月目レビュー】iPhone XS Maxを全力でオススメしたい9つの理由

3ヶ月目→iPhone XS Max3ヶ月目レビュー「海外旅行して分かった13のこと」

5ヶ月目→【5ヶ月目レビュー】iPhone XS Max メディアが伝えない”12の罪と功績”

総評→【48,000文字超】iPhone XS Max完全レビュー。17のメリット、12のデメリット

iPhone XS Maxのいいところ

まずは、iPhone XS Maxを10ヶ月間使い続けたからこそわかった5つのいいところをレビューしていこう。

1、カメラ性能が圧倒的すぎる

圧倒的。

夜でも、逆光でも、至近距離でも、パシャパシャと撮影しまくれるiPhone XS Maxのカメラは圧倒的。

ポケットに入る最高のカメラ付きスマホだと思う。

私の大好きな桜もiPhone XS Maxでたくさん撮影した。

食べ物も美味しそう。

ポートレードモードにすれば、大切な人たちの顔に焦点を当てて撮影することだって可能。

iPhone 6sを所有していた時よりも、間違いなくiPhone XS Maxを使い始めてから写真の撮影枚数が多くなった。

友人や家族で外出した時に、食べ物や人物を撮影したくなったら、「iPhone XS Maxの画質めっちゃ綺麗やから、それで撮って後で送ってやー!」と言われることも多い。

誰が見ても美しいと感じれる写真を撮影できるiPhone XS Maxのカメラ性能は素晴らしいと言えるだろう。

2、文字打ちスマホとして活用できる

私が、iPhone XS Maxを購入した1番の理由がこれ。

「両手打ちができる文字打ちデバイスとしてiPhoneを活用したい!」

あれから10ヶ月。とある読者さん(SE、兼Webライター編)に憧れていつでもどこでも文字打ちができるデバイスとしてiPhone XS Maxを購入した。

今では・・・

多くの文章の大枠を外出先で作成し、その後、自宅でiMacやMacBook Proで仕上げるということがルーティーンになっている。

大量に文字を打ち込む必要がある人にはiPhone XS Maxの大画面でサクサク打ち込める感覚をぜひ試してみてほしい。

3、サクサク感が素晴らしい

私は、iPhone 6sからの買い替えだったのでより感じてしまうのかもしれないが・・・

全体的な動作のサクサク感がやばい。素晴らしすぎる。

  • アプリ間の切り替え
  • 一回一回のタップの反応速度
  • カメラの起動速度

これら全てにおいてストレスのない操作が可能だからこそ、iPhone XS Maxを使って外出先で作業をすることができる。

4、美しさは変わらない

私はiPhoneケース「RAKUNI」を使っているので、外出先ではiPhone XS Maxの本来の美しさはRAKUNIに覆われてしまっている。

が、自宅ではワイヤレス充電を主に行っているため、iPhone XS Maxの本来の美しさを楽しんでいる。

正直、めっちゃ美しい。全てが完璧。

読者さんの中には、側面がパイプ椅子みたいという意見もあるが・・・私は結構気に入っている。

背面のブラックのかっこよさは全ての人を魅了する。

ただ、カメラの出っ張りだけは許せない。

個人的に最近好きなのが、スピーカー部分。私が蟻ならここに住みたい。

5、ブラウジングのサクサク感は異常

iPhone XS Maxの大画面を使えば、いつでもどこでもブラウジングを高速で行うことができる。

特に、私の大好きなアプリ「Smooz」を使えば、いつでも自分の欲しい情報を最高速度で手に入れることができる。

日々、いろんなものを検索するからこそ、ブラウジングのスピードアップ=人生を豊かにする、と私は思っているので、iPhone XS Maxの大画面と処理速度は非常に大きなメリットだと思う。

iPhone XS Maxの悪いところ

次に、ほとんど存在しないが、2つのデメリットをお伝えしていこう。

1、iPad miniとの重複

私は2019年3月にiPad mini(2019)を購入した。

毎日、持ち歩き、ずっとずっと使いまくっている最高の相棒なので満足しているのだが・・・

1つ問題が生じた。

それが「iPad mini(2019)とiPhone XS Maxの用途が重複する。」というもの。

例えば、

  • 高速ブラウジング
  • 電子書籍閲覧
  • PDF閲覧
  • 動画視聴
  • 写真閲覧

などなど。

これらは全てiPhone XS MaxでもiPad mini(2019)でも快適に行える作業。

だが・・・

どう考えても、iPad mini(2019)の方が作業効率はいい。使いやすい。圧倒的に。

画面サイズがこんなに違う。

iPad mini(2019)は片手で持てる絶妙なサイズ。取り出すことが可能な場所であれば、ほぼ全ての場面で利用したくなる。

iPhone XS Maxしか取り出せないような場所といえば、めちゃくちゃ狭い場所など。

iPhone XS Maxを優先的に取り出すのは、急ぎで何か調べたいときくらいだろうか。

この辺り、iPad mini(2019)を購入して満足はしているのだが、iPhone XS Maxに申し訳ない気もしている。もっともっと、しっかり使い込まねば。

というか、本当に申し訳ない。ごめんね、とSiriに囁いてしまうくらいに。

有機ELの黒がめちゃくちゃ綺麗なので、夜に電気を消してからは圧倒的にiPhone XS Maxの方が利用頻度は高いのだが・・・iPad miniの画面サイズが絶妙すぎるため、24時間と通してiPad mini(2019)を使う機会が増えてしまった。

※とは言ってもカメラ性能があまりにも素晴らしいため、私のコンデジの出番が減ってしまったように、iPhone XS MaxにはiPhone XS Maxの強みもある。

2、高額すぎる

もはや、当たり前ではあるが、それでも言わないわけにはいかない。

とりあえずiPhone XS Maxは高価すぎる。

改めて価格を見てみよう。

64GB:¥124,800 (税別)
256GB:¥141,800 (税別)
512GB:¥164,800 (税別)

最新の価格はこちら→iPhone XS Maxページ【Apple公式】

いやぁ、これは引く。Apple信者ですらドン引きする価格。うーん、この辺りどうにかならないものかなぁ。

せっかくいいiPhoneだとしても、自信を持って人におすすめしづらい。

購入をおすすめしたいかどうか?

10ヶ月使い続けて私が思うiPhone XS Maxを購入すべき人とは、

  • カメラ性能を重要視する人
  • 巨大デバイスで文字打ちをしたい人
  • ハイスペックが必要なゲームをする人

この3つくらいしか思い当たらない。

あとは、最新の製品を使っていたいという満足感のためだろうか。それ以外には理由が思いつかない。

当ブログ発足当初からお伝えしている、「iPhoneで出来ることは限られているのだから、iPadやMacに投資しよう!」という理念は変わることはなさそうだ。

総評レビュー「超高性能ケイタイ電話付きカメラ」

iPhone XS Maxは言わずもがな、歴代iPhoneの中で超高性能の最高級品だ。

しかし、だからこそ”最高級機のパラドックス”が内在している。と私は思っている。

最高級にも関わらず、10万円以上をつぎ込んだからと言って、iPhone単体でやれることは変わっていない。

カメラ性能はコンデジに負ける。
iPadのようにApple Pencilは使えない。
Macのように仕事をこなすことはできない。

と、どうにもこうにもおすすめしづらい点ばかりが目立ってしまう。

個人的には、写真をめちゃくちゃ綺麗に撮影できるので気に入っているし、文字打ちが高速でできるので作業効率面でも重要だと思っている。ゆえに、これからも使い込んでいくつもりではあるが、これを読んでいるあなたや私の周りの大切な人におすすめしたいかと聞かれれば微妙なところ。

本当に特殊な人にしか向いていないと思う。

iPhone XS Maxを一言で定義するなら、

超高性能ケイタイ電話付きカメラ

というのが正しいとすら感じる。

そのため、カメラ機能を求める人にはおすすめかも。毎日パシャパシャ撮影するのは楽しい。

と、ちょっとディリが多くなってしまったが、私自身はかなり気に入っているので、これからもズタボロになるまで使い込んでいきたい。もはやこれ以上のスペックは私には必要ない。

いけるところまで使い込む!

これからもよろしくiPhone XS Max。