管理人管理人

「iPadって大きいiPhoneでしょ?」「何のために使うの?」という種類の質問を私は当ブログ上・オンライン上でたくさん受けてきた。当記事ではそれに対する回答を超・超・超初心者さん向けに解説して行きたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月23日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず、巨大なiPhoneである事を認める。その上で…

iPadって何のために使うの?
iPadって絵を描く人のためでしょ?
iPadって買っても使わなくなりそうじゃない?

という類のコメントが当ブログにはこれまで大量に届いてきた。リアルの知人にもたくさんの質問を受けてきた。ちなみに、下記のように3万件を超えるコメントのやり取りを当ブログでは行ってきた。

だからこそ、iPadが欲しいけど買おうかどうか迷っている、と言う人たちの気持ちが手に取るようにわかる。

要約すると彼ら・彼女たちの質問の核心は、

「iPadって何のために使うの?大きいiPhoneでしょ?」

ということになる。

これらに対する私の回答は、

「うん、その通りやで〜。」

というもの。

読者さん読者さん

え、そうなの?iPadって大きいiPhoneなの?じゃあ何のために買うの?

と、あなたは思うかもしれない。だからこそ、そのパラドックスを当記事では1つずつ紐解いていきたいと思う。

ただし・・・冒頭から、あまりにも「iPadは素晴らしい!買うべきだ!!」とおじさんが言い続けても胡散臭さがますだけなので、まずは、

iPadは大きなiPhone。ただし、ディスプレイサイズが違うことにより、同じアプリであったとしても異質のものになる。

という最終結論を念頭に当記事を読み進めて欲しい。(ちゃんと最後まで読むと欲しくなってしまうかもしれないが…)

じゃあ、iPadは何のために使うの?

iPadは大きなiPhone。

じゃあ、一体何のために使うの?
約5万円も支払ってあんな板を買うの?

という声が聞こえてきそうだが、その問いに答えるために以下、「感情的」「機能的」な側面からお伝えさせていただきたい。

余談ではあるが、iPadを推奨する際にはどうしても小難しい機能的な側面からメリットを伝えているような情報がネット上には多いのだが、この記事をこんなところまで読んでくれているあなたにはぜひ「感情的」な側面からiPadに対する価値を考え直してみてほしい。

感情的な面で考えてみる

だらだらとあーだこーだと言うのは好きではないので、まずは一番大切なことから。

もし、あなたが、

iPadなら何かできそう!

と思っているのであればもう迷うことはない。今すぐに、Apple Storeへ行ってiPadを買う。ただそれだけで今後の人生がより楽しみに満ち溢れたものになる。

というか、個人的な経験を言わせてもらえば、iPadを買った人で”買う前から購入理由が明確な人”なんてほとんどいない。全体の95%くらいは「なんとなく買ってみたら素晴らしかった。」という人たち。

何ができるんだろう?
でも、欲しいなぁ・・・
買ってみよう!

と、誰しもが最初は購入を躊躇する。不安になる。でも、なんとなく買ってみる。それで徐々に生活に馴染んでいく。それがiPadのあるべき姿、というのは言い過ぎかもしれないが、購入した後に生活に馴染まないという事はほとんどないという事は覚えておいていただきたい。

本当に些細な興味から私たちの世界は広がっていく。最初は何が何だか分からなくても、ちょっとずつちょっとずつその世界に詳しくなっていく。

iPadは、私たちの世界を広げてくれるための扉の鍵のような存在だと考えるといいかもしれない。

例えば、

  • iPadで好きな映画やアニメを見てみたいなぁ
  • iPadで絵を書いてみたいなぁ
  • iPadとApple Pencilで語学学習をしてみたいなぁ
  • iPadとApple Pencilでデジタルノートを取りたいなぁ
  • iPadってなんだかかっこいいなぁ

などなど。誰しもが些細な好奇心をiPadに対して抱いているはずだ。いや、この記事を読んでいるあなたは間違いなくこの種の好奇心を抱いているはずだ。それならその些細な好奇心から始まる生活を今、この瞬間から初めてみて欲しいなぁ、と思う。

私個人の話で言えば、Apple Pencilを購入したのは英語を学習するためだった。12.9インチiPad Proの大画面でノートを取りながら、Safariで英語の表現について調べたり辞書アプリを見たりとやりたい放題だった。そのおかげで私の英語力は大幅に向上した。

それだけでも長い人生を考えた時、リターンはかなり大きいと思う。

機能的な面で考えてみる

iPadで何ができるの?

と私に聞くのは禁忌の1つである。と言えば大袈裟に聞こえるかもしれないが、そうではない。これは事実。絶対に聞いてはいけない事。

なぜなら・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

うぉずうぉず

えへへ。
iPadで何ができるかって?

そうですね。
へへ。
いろんなことができますよん。

例えば、

1. 毎日ワクワクする
2. iPhoneより安く購入できる
3. iPhoneと連携させることができる
4. Macとの連携させることができる
5. Apple Pencilを使うことができる
6. ブラウジングを高速化できる
7. 電子書籍がサクサク読める
8. 読書ノート(手書き)が作れる
9. 殴り描きができる
10. アイディアが溢れ出てくる
11. PDFがサクサク読める
12. ビジネスパートナーと画面をシェアしながら話し合いができる
13. 英語学習が進む
14. iOSなので起動が早い
15. いつでも何処へでも持ち運びやすい
16. カフェでドヤ顔できる
17. 画像編集がしやすい
18. 画像編集アプリが豊富
19. 動画編集がしやすい
20. 動画編集アプリが豊富
21. アニメ動画がサクサク観れる
22. 海外ドラマがサクサク観れる
23. 映画がサクサク観れる
24. 外部キーボードと組み合わせれば文字入力デバイスへ
25. 株式投資などのアプリが見やすい
26. カレンダーの予定をチェックしやすい
27. メールアプリが豊富
28. メールチェックがサクサク進む
29. iPhoneよりSNSメールが使いやすい
30. 写真を大画面で見直せる
31. 動画を大画面で見直せる
32. ファイル管理アプリが便利
33. ニュースサイトのチェックを高速化できる
34. タスク管理がしやすい
35. ゲームを大画面で楽しめる
36. 純正アプリが使いやすい

まぁ、単純に言うと感じかな。他にももっとできることあるよ?

えへへ。

iPhoneとね、連携させるとね・・・
実はねMacと連携させるとね・・・

ふふふ。

へへへ。

こんな感じで私は友人たちに普段から丁寧に解説しているわけだが、あまりにも言いすぎると引かれるので、本当に簡単に簡単にiPadの機能的な側面をお伝えするとすれば、

iPadはiPhoneと使えるアプリもほぼ同じ。ただし、ディスプレイサイズが違うため、作業効率は何倍にも何十倍にもなる。快適だし、目も疲れづらくなるし、日々の情報処理能力も上がる。外部キーボードやApple Pencilを使えばアウトプットもできるようになる万能機。

一番分かりやすい例で言えば、Safariでウェブサイトを表示させていてもiPhoneとiPadでは表示される量に圧倒的な違いがある。その結果、iPadではiPhoneと比較して情報を大量に高速で処理できるようになる。例え1つの情報を処理するのに10秒の違いしか生まれなかったとしても、それが全てのアプリで積み上がれば1時間、10時間、100時間、と膨大な時間の効率化に成功することになる。

それに加えて、「iPhoneやMacとの連携機能を使えば、、、もうやめられない止まらない状態」になる。

ここで全ての機能を解説すると2万文字以上になってしまうため、iPadを機能的な側面で選びたい場合にはぜひ以下の記事を読んでいただければ幸いだ。

読むとほぼ確実に買いたくなっちゃうのでその点は要注意。

【8200文字超】誇張抜きでこれが日本一のiPadの使い方記事です|最新版版

iPad Proだけが”できること”14選&iPadが”できること”36選

今日のお告げ「それでも悩むあなたへ」

それでも悩むあなたへ最後に私から問いを投げかけたい。

iPadって美しくないですか?
iPadってかっこよくないですか?
iPadって可愛くないですか?

おそらくあなたの答えは「はい。」になるはず。間違っても「いや、iPadダサいでしょ。」とはならないはず。もし、そうならiPadに興味は持っていないだろう。

「iPadは美しい。」

そうあなたの直感が感じているのであれば、それはiPadを購入する最大の理由になる。

自分が持つ製品はなんであれば、自分が美しいと感じるものでないといけない。その感覚は愛着へと繋がり、その愛着は人生をより良くしてくれる。

例えば、

iPadを美しいと感じる

いつもiPadを持ち運びたくなる

いつもiPadを使っていたくなる

スキルや知識量がどんどん向上していく

もっとiPadを使っていたくなる。楽しくて仕方ない。

さらにスキルや知識量が向上していく

結果として人生がより良く変わる

という好循環のループは誰にでも間違いなく発生する。人生がより良くなる起点が”製品が美しい”という極めて抽象的で、感覚的なものになっているのは興味深いがこれは事実。

そうだ。

この記事を書きながら思い出したのだが、還暦の母にプレゼントした9.7インチiPad ProがWi-Fiに繋がらなくなったらしく、焦っていた。結果として一時的な症状で電源リセットで改善したのだが・・・

その時の焦っていた母の言葉が印象的だった。

「壊れたかと思ったわ〜。”iPadがなくなったら困る”からだいぶ焦ったやん〜。」

母はネットショッピングと動画鑑賞・動画編集、画像閲覧・画像編集を9.7インチiPad Proで行っているらしい。画面の小さなiPhoneでは老眼で辛いというのもあるらしいが、それを抜きにしても快適性ではiPadの方が圧倒的に上のようだ。

ぜひ、あなたもiPadのある良き人生を。この素晴らしきiPadライフに祝福を。

【おすすめ関連記事】

【2020年】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます

恋Pad。iPad mini(2019)を1年使ってわかった25のこと

【1万文字レビュー】12.9インチiPad Proを2年使ってわかった29のこと