管理人管理人

iMac購入化計画。書きながら自分でどんどん欲しくなるというこの計画。読者さんに煽られながらも、ついに、私が最も重要視するメモリの検討をすべき時ががキターーー。[@appleshinja_com]

当記事はシリーズもの。以下の記事も合わせて読んで頂ければ幸いだ。

第1話はこちら→iMac購入化計画vol1. 本当にiMacは必要?MacBook Proでいいんじゃね?

第2話はこちら→iMac購入化計画vol2. 21インチか?27インチか?答えは・・・

第3話はこちら→iMac購入化計画vol3. SSDか?FusionDriveか?何が違うの?

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年5月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

iMac 27インチモデルはメモリ増設が可能だと!?

iMacは21インチモデルはメモリ増設ができないが、27インチメモリは増設できるらしい。

MacBook Proなどであれば高額の追加料金を支払って、メモリの増設をAppleにお願いする必要があるのだが、iMacであれば自分でメモリを購入して自分でメモリを増やすことができる。

注目すべきはその価格差。自分でメモリを購入した場合は驚くほどの安さを実現できる。

メモリ増設は、○○円もお得!?

以下、Appleにカスタマイズを依頼した時と、自分でカスタマイズした時の価格差は以下。

・Apple公式サイトでカスタマイズ
32GB→66,000円

→iMac Retina 5Kモデルの価格はこちら(Apple公式)

・自分で増設
16GBを2枚→42,280円
(デフォルト搭載8GBと合わせて合計40GBになる)

価格差は、23,720円。ただ、自分でメモリを増設するだけこれだけの違いが出る。しかも、自分で増設したほうが8GBもメモリを多く搭載することが可能。

メモリ増設なんてメモリスロットに突き刺すだけの、小学生でもできるようなこと。これはやらないわけにはいかない。

しかし・・・1つ悩ましいポイントがある。それは、、

メモリは何GB増設すれば良いのだろうか?

実は私はメモリは16GBまでしか利用したことがない。その先の領域は未知数だ。

今、現在、MacBook Proでメモリ16GBを利用していて特に不便を感じることが無いことからも、私にとってはメモリ16GBが最適なように感じる。

だから、今回のiMac購入もメモリ16GBにカスタマイズするだけで満足するような気がした。足りなければ後から増設すればいいんだし。そう思っていた。

ただ、1つ気になるのは、私はApple製品を購入するにつれて徐々にやりたいことが増えてどんどんスキルが身についてきたという事実だ。

直近の例で言えば、

  • iPad Pro 9.7インチ→英文のPDFを読みまくり、Apple Pencilで学習
  • MacBook Pro13インチ→ブログを始める、プログラミング学習
  • iPad Pro12.9インチ→画像編集ソフト、電子書籍100冊超

と、やりたいことがどんどん増えていった。

今までにやっていたこともあるのだが、もともと持っていたスキルもどんどん向上していった。

つまり、Apple製品を購入後は、「どんどんやりたいことが増えていく。」ということだ。その結果、必要とされるスペックも予想を超えることが多い。

信条「1ランク上のスペックを」

Apple製品は美しい。常に触っていたくなる。時間を見つけては電源をONにして触り続ける時間が増える。

その結果、「もっと他にできることはないかな?」と活用方法を探したくなる。私だけではなく、そういった経験をしたことのある人は多い。

スティーブ・ジョブズ氏も、「美しい製品は人々にインスピレーションを与える。魂のこもった製品は人々の能力を増幅させる。」という発言をしていた。

まさにその通りだろう。

もし、やりたいことが増えたときに、スペックが原因でそれを諦めるようなことはしたくはない。と、なれば1ランク上のスペックの製品を購入した方が良いだろう。

と、なると・・・メモリも16GBでは足りなくなるかもしれない。というわけで私はもっとメモリを積むことにした。

とりあえず○○GBへカスタマイズ決定

結論はこう。とりあえず40GBへカスタマイズしようと思う。

16GBを超えた世界を見てみたいし、4つあるメモリスロットのうち2つはデフォルトの4GB×2がすでにセットされているので残りの2スロットに16GBをそれぞれにセットしようという考えだ。

8GB(デフォルト搭載)+16GB×2(自分で増設)=40GB

という計算だ。

Boot Campを使ってWindowsを動かしながら、ブラウザのタブを気にせずに開きまくったり、Xcodeで簡単なアプリを作成したりと、いろんなことをしていきたいと思う。メモリが多ければできることもそれに比例してどんどん増える。

あぁ、楽しみだ。自作PC魂もくすぐられる。ワクワクする。テンションが上がってきた。

さぁ、いよいよ私が購入したいiMacのスペック(27インチ、SSD、メモリ8GB)は決まった。あとは・・・Apple公式サイトへいってポチッとするだけ。iPad Pro12.9インチ以来のApple製品購入に胸が・・・胸が・・・

高鳴るぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!