管理人管理人

Apple信者の私から、iPhoneをずっと追いかけていきた私から、あなたにどうしても伝えたいことがある。iPhone XRは間違いなく買いだ。やっとAppleがたどり着いた最高のエントリーモデルiPhoneだと言えるだろう。私が全力でオススメしたいiPhone XRの魅力を当記事ではあなたにお伝えしたいと思う。[@appleshinja_com]

新型iPhoneの比較記事はこちら→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:あなたが買うべきはiPhone XR以外にはありえない

2018年。私は、家族や友人に「iPhone 8とiPhone Xの購入を迷っているけど、iPhone Xの方が性能いいから多少高いくらいならそっち買った方がいいでしょ?」と何度も何度も聞かれた。

その度に、「ぜったいありえない。iPhoneなのだからやれることはほぼ同じ。ブラウジング、動画視聴、カメラ撮影くらいしかやらないのであればiPhone 8が間違いなくぶっちぎりでオススメ。」と回答してきた。

実際に私は母にiPhone 8 Plusをプレゼントしたという事実もある。(当時のレビューはこちら)

もし、あなたがiPhoneで高度な動画編集をやりたかったり、大画面を活かして色んな場所で文字入力をするような上級者的な使い方をしたいのであれば、私はiPhone XsやiPhone Xs Maxの購入を止めたりはしない。

しかし、もしそうでないなら、iPhone XRを検討すべきだ。ノッチ型のディスプレイでかつ、カラーバリエーションも豊富で非常に楽しい。ポートレートモードで綺麗なボケのある写真も撮影できる。

メディアやレビュワーがなんと言おうと断言できる。普段使いならiPhone XRが一番だ。

もし、iPhone Xs、Xs Maxを購入するような資金があるなら、AirPodsやiPadを検討しよう。その方がよっぽど世界が変わる。

AirPodsのレビューはこちら→AirPodsを1年間使い続けて分かった23のこと【辛口レビュー】iPhone XR

私が大好きなiPadの選び方についてはこちら→ 【2018年】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えますiPhone XR

メディアが捏造するであろう3つのウソ

では、ここからは、あなたがほかのメディアに騙されないようにメディアが捏造するであろうウソをお伝えしておこう。

ちなみに、なぜメディアがウソをつくのかというと・・・理由は単純。儲かるからだ。

iPhoneの市場というのは超巨大。年に一回のレビューやキャッシュバック煽りをするだけで数百万円の利益になることも珍しくない。だからこそ、嘘やデマや捏造や質の低いレビューが出回りまくる。

新型iPhoneの購入を検討しているであろうあなたにはそんな情報に振り回されて欲しくないからこそ、以下、メディアの嘘を3つに分けてお伝えしていこう。

ウソ1、新製品を全買いしてオススメするメディア

彼らはすべての製品を購入してただレビューすることが仕事だ。

ゆえに、基本的にはApple製品の使い方やアプリの使い方なんてどうでもいい。もはやApple製品でなくても良い。あなたがiPhoneを購入した後のことには全く興味がない。

最新の製品で一時的な爆発的なアクセスを呼び込めるものであればなんでもいいというわけだ。

アクセスを呼び込むのは悪いことではないのだが、広告収益を重視して、「iPhone Xの方がお勧め。」と儲けの多い、高額な製品を優先して宣伝する傾向が強いのが問題。

広告を優先したメディアは死んだメディア。だと私は思っているので、あなたにはそんなメディアには騙されないようにしてほしい。

ウソ2、キャッシュバックを推奨しまくるメディア

これは、もう本当に最悪。

明日までに申し込めば、2万円安くなりますよ!
今だけ2万円キャッシュバックします!
3大キャリアの〇〇と提携しているので安心です!

と煽りまくる。

キャッシュバックが実際に戻ってくるかどうかはさておき、問題なのはこれらのメディアは基本的には、3大キャリアへの申し込みを前提にしている場合が多かったり、高価なiPhone Xなどのみ対象にしている場合が多いという事。

つまり、

「ユーザーが長期的に見れば、通信量などで損をすることになっても知りませーん。」
「儲かるので高価な新型iPhone Xシリーズの方しかキャッシュバック対象にしませーん。」

という姿勢だということだ。

キャッシュバックは非常に魅力的ではあるが、しっかりとSIM業者の通信料金と比べて長期的にみてどちらがお得かを判断しよう。目先の利益に踊らされてはいけない。

私が使っているのはUQモバイル。めっちゃ安い。(ただし、新型iPhoneにはテザリング非対応なので注意)→【2018】月額料金が2,000円も違う?UQ mobileとY!mobileを徹底比較iPhone XR

ウソ3、販売不振を鼻で笑うメディア

毎年、iPhoneが発売されるたびにメディアが売れ行きの悪い製品を叩くような記事をあげまくる。

去年なら、「iPhone Xが売れまくり。iPhone 8販売不振。」みたいなやつが記事として上がりまくっていた。

販売台数が悪かろうが、収益が悪かろうが、それを求めている人だっているだろう。百歩譲ってそのデータの提示はよかったとして、ただネガティブなデータを提示するだけというのは見ていて気持ちがいいものではない。

「ジョブズ亡き後、苦しむApple。iPhone 8の販売不振をどのように挽回するか見ものだ。」みたいな締めくくりだと、「ファッ?!」となってしまう。

感覚的には、芸能人のありもしない熱愛ネタに似ている気がする。とりあえず話題になっているから、なんでもいいからネガティブ情報書いちゃえー。みたいな。

誰も得しない情報。

iPhone XRについても販売台数などについて悪く言われる可能性はある。というか3機種も発売されれば、相対的に見てどれかが販売台数は少なくなるのだから、叩き放題だろう。

あぁ、私の大好きなApple製品に心無いネガティブ情報が。。と悲しくなる。実は、私はこの種のネガティブ情報にかなり悪い感情を抱いている。

なぜなら、過去に一度、その情報が原因で1つのiPhoneがこの世から葬られたからだ。。(詳しくは事項で解説)

とにかく!あなたはあなたの良いと思ったiPhoneを自信を持って買えば良い。上記でお伝えした3つの嘘には振り回されないように気をつけて頂ければ幸いだ。

なぜ、iPhone XRは史上最高のiPhoneなのか?

私はiPhone XRが「やっとAppleが販売してくれた最高のエントリーモデルのiPhone」だと思っているのだが、それには大きな理由がある。

実はちょうど今から5年前。Appleの歴史を変えることになったかもしれない名機が世界中で爆発的に売れていた。ただ、その名機はメディアの捏造と嘘によって葬られた。(諸説あり)

その名機の名は「iPhone 5c」。

iPhone 5sと同時期に発売されたiPhone 5の安価版だ。

性能は一世代前のiPhone 5cと十分なスペックを誇り、かつ見た目もカラフルで美しかった。コンセプトとしてはiPhone XRに非常によく似ている。

素材はプラスチックということではあったのだが、実際に手にとってみた人なら分かるはず。圧倒的な高級感。そして、カラフルなiPhone 5cは売れまくった。

米国ではGalaxyよりも売れ、Appleのこれからを担うモデルになる。・・・はずだった。

だが、Appleはたった一回だけ販売したのみで、「iPhone 5c」の開発を中止した。ティムクック氏も当時、「失敗だった。」と語った。

だが、私は違和感を感じずにはいられなかった。

なぜなら、私の周りにはiPhone 5cを所有している人がかなり多かったからだ。

  • SIMフリーのiPhoneが安く手に入る
  • 色がかわいい
  • Macにお金を使うのでiPhoneはこれくらいでいい

とみんながiPhone 5cで満足していた。

実際、イギリスではiPhone 5sよりもiPhone 5cの方が売れていたらしい。私の体感はあながち間違いではなかったのだろう。

では、一体なぜiPhone 5cは製造中止になったのだろうか?

当時は色んな噂がされた、

  • 価格が中途半端に高かったから
  • 製造コストが思いのほか高かったから

ということがよく言われた。私もそれらには一部同意。

確かに価格がiPhone 5sに比べて約1万円ほどしか安くはなかったというのはかなり問題だった。もっと安ければもっと売れたであろうし、新興国のマーケットでもシェアを取れたであろう。

だが、一番問題だったのは、

「ティムクックはジョブズ氏が積み上げたものを壊した。」
「史上最大の失敗作。」

といったメディアの一方的な誹謗中傷だった。

当時のメディアはあまりにもひどかった。ズタボロ言いまくっていた。エントリーモデルのiPhoneなんて必要ないとばかりに執拗に攻撃。結局、売れまくっていたiPhone 5cはたった1年で製造中止。

しかし、AppleはエントリーモデルのiPhoneを導入することを諦めていなかった。その後、Appleはテストとして、エントリーモデルの低価格iPhoneを「iPhone SE」という名で売り出すことになる。(エントリーモデルというのはあくまでも私の予想だが)

ジョブズ氏がApple復帰後に、「プロシリーズとエントリーモデルシリーズだけにしてしまえ!」と製品を一気に絞ったのはあまりにも有名。

そして、Appleは2018年に「エントリーモデルのApple Pencil対応iPad」「エントリーモデルのRetina搭載のMacBook(おそらく近いうちに発表される)」「エントリーモデルのiPhone XR」を揃えた。

そう。ジョブズ氏が導いたあの地点に再び戻ったのだ。

そのスタート地点に、いや、原点に。

Appleの、そしてクック氏の5年にも渡る希望が詰まった機種がこのiPhone XRというわけだ。私の妄想がかなり含まれているが、マトを外れすぎていることはないと思う。

そう思うと、なんだかiPhone XRが美しい製品に思えてこないだろうか?

総評:iPhone XRは最高のエントリーモデルになり得るけど・・・

小型iPhone好きの人はiPhone SEを待っているかもしれないが、2018年にAppleは、

  • Mac
  • iPad
  • iPhone

の3つの製品に対して、「プロモデル」「エントリーモデル」の完璧な線引きを行ったように見える。それらを考えるとこのままiPhone SEや、iPad miniなどはアップデートされないまま消え去る可能性は十分ある。

まぁ、私の予想も含まれているのでどうなるかは分からないが・・・

さて、ではiPhone XRは今すぐ買いなのだろうか?となると、また話は変わってくる。

私は当ブログを立ち上げた当初から、「iPhoneユーザーがめちゃくちゃ多い日本なのに、iPadとMacの所有率があまりにも低すぎる!!!これはAppleの良さを広めなくては!!」と思い続けている。

なぜなら、Appleの良さは「iPhone」「iPad」「Mac」を揃えた時にこそ分かるからだ。もし、あなたがiPhoneを現在所有していてそのiPhoneに特に不満がなく利用できているのであれば、ぜひiPadやMacを検討してみてほしい。

本当に人生が変わる。仕事のあり方が一変する。以下の記事では11名のApple製品を使いこなすプロフェッショナルにインタビューをした実際の声を全て掲載しているので一度目を通してみることをオススメする。

要参考→【2018】最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超

それでは最後まで読んでくれてありがとう。当記事があなたをMac、iPadへの興味を抱かせる一助になっていれば幸いだ。

→新型iPhone (XR, Xs, Xs Max) の比較ページはこちら