管理人管理人

私はMacBook12インチの購入はオススメしていない。購入するならMacBook Pro13インチTouchBar無モデル一択だろうと思っている。それには明確な理由が3つある。今回はMacを購入前のあなたに、私が思うMacBook12インチの致命的な弱点を解説したいと思う。[@appleshinja_com]

「さぁ、Macを購入しよう」と思った時、MacBook12インチかMacBook Pro13インチ、15インチか、もしくはMacBook Airか、と悩む人は多いと思う。

そんな中、私はMacBook12インチの購入はありえないと個人的に思っている。正確にはまだ早い、と思っている。

なぜなら、私はMacBook12インチには致命的な弱点が3つあると思っているからだ。Apple製品は価格が高い。せっかく購入するなら後悔のない買い物をしたいと誰もが思うだろう。この記事が購入前のあなたの参考になれば幸いだ。

※ちなみに私はMacBook Pro13インチTouchBar無しモデルを超超超推奨している。詳しくは以下の記事を参考にしてほしい。

Apple信者が比較!MacBook Pro 2016【インチ・TouchBar有無】

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

弱点1.モニターが小さい

モニターが小さいというのは致命的だ。もちろん、大きい小さいというのは個々の主観に大きく左右される。

もし、あなたがMacBook12インチを購入検討中なら、絶対にAppleStoreで13インチのMacBookProと比較検討したうえで購入してほしい。

「あなたは12インチの画面で動画を満足に見れるだろうか?」
「ブラウザを見れるだろうか?」
「仕事ができるだろうか?」

私は、これら全てにノーと答えた。だからこそ、今はMacBook Pro13インチモデルを利用している。

MacBook12インチの小さくて軽いというのは魅力ではあるのだが、長期的な目で見てストレスを抱えるようなパソコンなら購入する必要はない。安い買い物ではないのだから長期的な目線で見ればモニターは大きい方が良いはずだ。

さらに、Apple公式サイトによると重さについては以下の違いしかない。

MacBook12インチ→0.92キロ
MacBook Pro13インチTouchBar無→1.37キロ

となっている。つまり違いは450グラムだ。その重さとディスプレイの大きさを天秤にかけてどちらが良いかを考える事になると思うのだが・・・

450グラムと言えばペットボトル1本分くらいだ。あなたはその重さと引き換えに小さいディスプレイで我慢できるだろうか?

実際に、MacBook12インチとMacBook Pro13インチモデルを両手で持ったり片手で持ったりをAppleStoreで試してみてほしい。私の感想は「どちらも軽いっ!」だった。

それなら大きいモニターを買ったほうが良いのは言うまでもなかった。あなたもAppleStoreで重さを比べたり色んなWebサイトをブラウジングしたりして比較してみてほしい。

弱点2.メモリが8GBまで

MacBook12インチモデルはデフォルトでメモリが8GBまでしか搭載されていない。そのうえ、カスタマイズもできない。つまりあなたに選択肢はない。

必ず8GBで利用しなければならないのだ。これは・・・致命的だ。

8GBで利用するならブラウザ、例えばSafariだけを利用し、もし画像編集したり動画編集したり、その他のアプリを開いたりしたければ、いちいちメモリ容量を気にする必要が出てくる。

実際、私の知人にはメモリ8GBだとアプリが落ちやすいと嘆いている人が結構いる。

もし、あなたがMacBook12インチで同時作業はせずに、ただブラウジングしたり文章を打ち込むだけという事であれば問題ないかもしれないが、、メモリ容量が大きいにこした事はないだろう。

ちなみに私のMacBook Proは16GBだが、Safariで15個ほどタブを開き数個のアプリを開いている状態でこの状態だ。もちろん、あなたの使い方、利用アプリによるが、このデータを参考のうえ、MacBook12インチの購入を検討してほしい。

弱点3.価格が高い

実は、MacBook12インチとMacBook Pro13インチにはあまり価格差がない。Apple公式サイトによると

MacBook12インチ→128,800円
MacBook Pro13インチTouchBar無→148,800円

となっている。

もちろん、カスタマイズなどをすれば価格は変わってくるが価格差はこれだけしかないのだ。それなら、モニターが大きく使いやすいMacBook Proを購入しておけば良いのではないだろうか?

私は実際のところMacBook Pro13インチはメモリ16GB(+約2万円)へのカスタマイズをオススメしているのでMacBook12インチとの価格差の合計は約4万円となる。4万円は大金だ。

しかし・・・ノートパソコンは少なくとも2年3年は使い続けるものだ。人によっては4年、5年と使う事になる人もいるだろう。実際、私は平均で3,4年は使い続けるタイプだ。

その年数をあなたはモニターの小ささなどを我慢しながら使うつもりだろうか?それとも約4万円を払い、何の不満もないMacBook Proを手に入れたいだろうか?

私はノートパソコンは自分への最大の投資だと思っているのでこの辺りにためらないはなかった。結果、MacBook Pro13インチTouchBar無モデルを購入した。(その理由はこちらの記事に書いてある)

あなたにも、満足のゆくノートパソコンを手に入れて後悔のない買い物をしてほしいと強く思う。

今日のお告げ

まとめると、MacBookの特徴は以下の通りだ。

  • 軽い
  • モニターが小さい
  • メモリが8GB
  • 安くない

これらのうちメリットは軽いという事だけ。そう、あなたは軽さを選ぶか、他の機能を優先するかを考えるだけで良いのだ。

たまに、レビュー記事などを読んでいるとMacBookはサブマシンに最適だ!という記事もあるが、私には信じられない。外ではMacBookを使い、家では別のMacを使うなんてありえないだろう。

クラウドでデータを共有しておけば良いのかもしれないが、充電の煩わしさだって増えるし、何よりお金の無駄だ。それなら、外にも持ち運べて家でも使えるパワーを持ったマシンを購入した方が安くつく。

MacBookとMacBook Proを購入すれば少なくとも約30万円近くの出費になるが、MacBook Pro13インチTouchBar無モデルなら約半額の17万円ほどで購入ができる。

この価格的な点を考慮してもあなたはMacBook12インチモデルを選ぶだろうか?

購入を検討しているあなたに最後に1言。サブマシーンを購入する必要なんて一切必要ない。あなたはあなたに最高のMacを1台手に入れればそれで良い。私がそうであり、大満足しているのだから、私は自信を持ってそう言える。