管理人管理人

今日はタイピングスピードについて。速度が早ければ早いほど作業は効率化されるし、もし速度が遅ければ作業効率がハンドライティングよりも落ちてしまう。今回は、タイピングスピードに焦点を当てて、MacBook ProとiPad Pro12.9インチの物理キーボードにどれくらい差があるのか計測したいと思う。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

テスト環境はこんな感じ

今回、テストする環境は以下。

テスト1
MacBook Pro13インチ2016年モデル
第2世代バタフライキーボード

テスト2
iPad Pro12.9インチ2017年モデル
ロジテック製 SlimCombo

さらに、私の速度にについて軽くお伝えしておくと、周囲がドン引きするくらいのスピードで叩くらしい。

特に集中して執筆している時の速度はすさまじいらしい。まぁ、自分ではわからないが平均以上の速度はあると思う。

タイピングスピードについては以下のサイトで計測していくことにする。

http://sl.infovision.co.jp/sl/typing/default.html

では、早速タイピングスピードを公開していこう。

MacBook Pro13インチのタイピング速度

私が1年間使いまくったMacBook Pro13インチ。

超高速でタイプじゃぁぁぁ!!!

1回目はAランク。(平均)
2回目はS+ランク。(やや平均よりうえ)

という結果に。あれ、そこまで平均よりは早くない?と自分でショックを受けつつも、次にiPad Pro12.9インチとSlimComboの組み合わせを紹介していこう。

SlimComboのタイピング速度

一方、こちらは SlimCombo。まだ購入して使い始めてから2ヶ月目。

慣れていない感じはあるが、さすがロジテック製品。打ち心地はかなり良い。

結果は・・・!!

S。

あまり、MacBook Proとは変わらないという結果に。私がロジテック製のキーボードにWindows時代から慣れているというのも大きな理由の1つだとは思うのだが、それにしてもSlimComboは打ちやすい。

さすがはロジテックといったところか。

結果!どちらがオススメ?

まず、結論から。

私のオススメ・・・正直どっちもどっちだ。いや、どっちも素晴らしいと言った方がよいか。

MacBook Proのバタフライキーボードも、SlimComboも正直慣れれば快適に高速タイピングできるのでそこまで、購入前に杞憂する必要はないと思う。

ただ、私が思うそれぞれのデメリット(タイピング速度の観点から)を最後にさらっとお伝えしておこう。

バタフライキーボードの弱点

ペチペチペチ

というタイピング音からも分かるように圧倒的に薄い。この薄いキーボードには慣れる人と慣れない人がいると思う。

私は慣れたので問題ないが、最初のうちは違和感を感じる人もいるだろう。私の持論ではあるのだが、どんなキーボードでも慣れれば高速でタイピングは可能だ。

ゆえに、バタフライキーボードの特殊な形もあまり恐れる必要はないと思う。

SlimComboの弱点

考えてみたのだが・・・ない。

驚くことに SlimCombo自体に不満はない。さすがは屈指のキーボードメーカーが作っているだけのことはある。

使い始めた初日からなんの違和感もなくタイピングすることができた。

今日の告げ

私はキーボードマニアでもあったので、キーボードについてはかなりこだわりをもっている。(実際、Windows時代はエルゴノミクス系のキーボードで高速タイピングしまくっていた)

タイピングスピードは作業効率に100%ダイレクトに直結するため重要視すべきだ。

今回、当記事を書いたのは「SlimComboってタイピングの感触や速度はどうなの?」という購入前の相談が多かったからだ。

iPad Proだけで作業をしたい!

という人も増えているようなので、 SlimComboを購入対象としている人も多いだろう。

私からあなたに言える事は、Apple純正のスマートキーボードはオススメできないが、SlimComboはかなりオススメできるという事だ。

というか物理キーボードでスマートコネクター接続できるキーボードならこれ一択だと思う。

ぜひ、参考にしてみて頂ければ幸いだ。

※追伸
今回のタイピング速度計測において、私もさらなるタイピング速度の高速化に努めたくなった。MacBook Proが最近は自宅待機なので、この子によいキーボードと大型ディスプレイを接続して、自宅は自宅で最高の環境を作ろうと思う。もし、あなたがオススメのキーボードなど知っていればコメント欄にて教えて頂ければ幸いだ。