管理人管理人

16インチMacBook Proがキターーー!!!というわけで、話題のMacBook Proの大きく変わった変更点を当記事ではお伝えしていきたい。この9つの違いを抑えておけばMacBook Proの購入で迷うことはないと思う。個人的にはキーボードのとてつもない静音性に魅力を感じている。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月15日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

重要スペック比較表

以下、2019年版の16インチMacBook Proと15インチMacBook Proを比較。必ず公式サイトでも詳細なスペックは確認するようにしよう。

→スペック比較表【Apple公式】

  16インチ 15インチ
ディスプレイサイズ 16インチ 15.4インチ
価格 ¥248,800 (税別)〜 ¥258,800 (税別)〜
CPU 全く同じ 全く同じ
冷却性能 28%空気の流れが増加, 大きくなったヒートシンク
メモリ 最大64GB 最大32GB
バッテリー持ち 最大11時間のワイヤレスインターネット閲覧 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
キーボード Magic Keyboard 第三世代バタフライキーボード
スピーカー 6スピーカーサウンドシステム, デュアルフォースキャンセリングウーファー
ストレージ 最大8TBのSSD 最大4TBのSSD
重さ 2.0kg 1.83kg

16インチMacBook Proと15インチ版との違いとは?

ここからは私が思う16インチMacBook Proと15インチMacBook Proの違いをお伝えしていきたいと思う。

1、ディスプレイサイズ

・16インチMacBook Pro
16インチ(よりベゼルレスへ)

・15インチMacBook Pro
15.4インチ

噂されていた通り、ベゼルレスになったようだ。

ちょっと大きくなっただけでは作業効率性はそこまで変わらないとは思うが、明らかに見た目が洗練されていてカッコよく見える。

2020年は13インチMacBook Proも14インチMacBook Proになったりするかも…と勝手に夢見ている。

2、価格

※以下、デフォルトで用意されているモデルを比較

・16インチMacBook Pro
第9世代の2.6GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ
→¥248,800 (税別)
第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
→¥288,800 (税別)

・15インチMacBook Pro
第9世代の2.6GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ
→¥258,800 (税別)
第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
→¥302,800 (税別)

まさかの値下げ。ちょっと目を疑った。なぜ・・・!?

米国では価格据え置きのためおそらく為替の影響だと思われるが、この値下げはありがたい。しかも値下げ額は1万円以上。

iPhone 11もそうだったけど、性能を向上させてさらっと値下げをしてくれるとなんだかお得感が増す。

3、CPU

・16インチMacBook Pro
・15インチMacBook Pro
→全く同じ

共に第9世代のCore i 9に対応。この点に関しては同じ。進化はなし。

ただ、次項の関係で16インチモデルの方がより安定したパフォーマンスを継続できることが考えられる。

4、冷却性能

16インチMacBook Pro
→28%空気の流れが増加
→35%大きくなったヒートシンク

16インチMacBook Proでは冷却性能がかなり向上しているようだ。

2018年、2019年版の15インチMacBook Proは冷却性能が弱く、本来のパワーを発揮できないことが問題となり世界中の人が失望した。

特に、長時間継続で作業をした場合には熱がこもりすぎてせっかくのCore i 9の性能を活かすことができなかった。

その点を改良してきたということだろう。公式サイトにも以下のように書かれている。

より進化した熱アーキテクチャで、より速い処理速度を。MacBook Proの熱アーキテクチャが完全に生まれ変わりました。改良したファンの羽根をこれまでより大きくした羽根車に取り付けて、空気の流れを最適化。そして、一層効率良く冷却するために放熱フィンを追加。冷却能力が向上したので、MacBook Proの最大持続力が最大で12ワット増えました。

詳しいデータは今後、海外メディアなどが検証していくと思うのでそれらのデータを参考にしながら買うのが賢いとは思う。

流石に今回の16インチMacBook Proが冷却性能弱弱だったらいよいよMac離れする人も出てきてしまうかもしれないので、大丈夫だとは思うが…

5、メモリ

・16インチMacBook Pro
最大64GB

・15インチMacBook Pro
最大32GB

ついに64GBの領域へ。

これは・・・新しい次元に突入したかも。

6、バッテリー持ち

・16インチMacBook Pro
最大11時間のワイヤレスインターネット閲覧

・15インチMacBook Pro
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧

バッテリー持ちがややよくなっている模様。

個人的にはちょっと懐疑的。15インチMacBook ProにTouch Barが搭載されてからバッテリー持ちがかなり悪くなっているからだ。

詳細なデータはこちらを参考にしてみて欲しい。

Mac全機種のバッテリー持ちを検証してみた結果がこちら

7、キーボード

・16インチMacBook Pro
Magic Keyboard

・15インチMacBook Pro
第三世代バタフライキーボード

めちゃくちゃわかりやすく言うと、

厚みを増してキーボードめり込み問題が起きづらくしたよー

ということ。たったこれだけ。打鍵感とかそういうための改善ではなく、”失敗作”のバタフライキーボードの開発を諦めた、ということ。

私が愛して使っている13インチMacBook Pro(2016)のキーボードを失敗作呼ばわりするのは寂しいが故障率の高さが異常であることから、それは認めざるをえない。

新しいMagic Keyboardの打鍵感は店頭でぜひ試してみたい。

8、キーボードの静音性能

16インチMacBook Pro
→劇的に静かに

個人的に度肝を抜かれたのがこれ。

めちゃくちゃ静かになってる・・・しかも落ち心地も良さそう。

Twitterにレビューを投稿してくださっている方がいたけど…これは、、、欲しくなる。

バタフライキーボードはパタパタを煩くて夜の飛行機とかで叩きづらいので、この静音性は正直欲しい。

8、スピーカー

・16インチMacBook Pro
→6スピーカーサウンドシステム、デュアルフォースキャンセリングウーファー

海外レビューなどをみていると「より低音が響くようになった。」というものが見受けられる。

ウーファーの効果によるものだと思う。MacBook Proのスピーカーってとてつもなく高性能なので、それをさらに超えてくるものになったのかどうか楽しみ。

9、ストレージ

・16インチMacBook Pro
最大8TBのSSD

・15インチMacBook Pro
最大4TBのSSD

どこまで行くねん。(ボソッ)

と突っ込まずにはいられない。動画編集者さん向けかな?とは思う。

注意点

色々とパワーアップした16インチMacBook Proだけどいくつか注意点も。

  • バッテリー持ちはどれくらい?
  • 本当に冷却できるの?
  • Touch Barの配置がちょっと変わったけど動作は安定してる?

個人的には特に2つ目が重要だと思う。

冷却できなければ、せっかくの高性能も活かすことができない。バッテリー持ちに関しても同様。せっかく性能が良くてもバッテリー持ちが悪ければ、外出先でほとんど使えない。それならラップトップである意味がない。

また、ディスプレイについてもやや懐疑的。Appleの初物にはかなりの確率でなにかしらのエラーが発生する。

それは覚悟しておく必要があると言えるだろう。

買うべきか否か?

キーボードの打ち心地については実機にて確認した方がいいように思う。

ただ、もはやこのスペック、この大画面を完璧に使いこなせる人は一部だけだと思う。

個人的には、

  • 動画編集者
  • 画像編集者
  • 3D関連の作業をする人

くらいしか使うこなせる人を思い浮かべることができない。

一般的にはMacBook Airで十分なスペックを備えていると思う。

ただ、今回の16インチMacBook Proを使いこなせるような人は尊敬するし、隣で72時間くらいは監視したいくらいに興味津々。

もし、あなた16インチMacBook Proを購入予定であれば当ブログにレビューを投稿していただければ幸いだ。

(レビュー募集企画の詳細は後日お知らせ予定。)

総評レビュー「バグ、問題改善のためのアップデート」

今回のアップデートでわかったのは、

  • バタフライキーボードの撤廃
  • 冷却性能の向上
  • Escキーの独立

などなど。

ユーザーからのクレームが多かった点を改善させた、ユーザーに寄り添ったアップデートだったということ。

逆に言えば、2016年モデルから続いていた問題をやっと一掃してくれたということかもしれないが…

個人的には、16インチモデルを2019年中に出すのであれば、なぜ15インチMacBook Proを発売したのかが疑問。これじゃあ何も知らずに15インチを買ってしまった人にちょっと失礼な気がしないでもない。

まぁ…積極的に買い換える必要があるようなモデルではないと思ってはいるが、積極派のApple信者さんたちが購入に走ると思うので、読者さんたちから届く喜びの声を見てニヤニヤしながら楽しみたいと思う。

(レビュー募集企画の詳細は後日お知らせ予定。)

私の13インチMacBook Pro(2016)はまだまだ現役で頑張ってくれそうだ。

→スペック比較表【Apple公式】