管理人管理人

16インチMacBook Proが発売されて盛り上がっている人も多いようだが、当記事では「ちょっと待ちなさいよ!」という声をあげさせていただきたい。素晴らしいアップデートだとは思うのだが、、、個人的には3つだけ不安なところがあると思っている。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月15日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

16インチMacBook Pro 3つの不安なところ

この3つくらいは知っておくべきだと思う。

購入してから後悔しないためにも・・・

スペックの詳細な比較についてはこちら→違いはなに?16インチMacBook Proと15インチ版の比較表を作ってみた

1、冷却性能

Appleは「冷却性能を向上させた。」と謳っているが私はそもそもそれには限界があると思っている。

特に、Core i9, Radeon Proなんて化け物スペックを積んだ場合は、熱は必ず籠る。熱々の鉄板状態にはなる。その状態がマシになる程度だと考えた方がよっぽど精神衛生上は良い。

2018年のMacBook Proから特に薄さのせいで熱が篭る問題が発生するようになってしまった。

これは考えてみれば当然ではある。

自作PCを作った人であればわかると思うけど、大きな箱に入っているデスクトップPCですら、巨大なファンをつけても結局は熱々になる。水冷にしたり、ケースを大きくしてエアフローを考えたりして、ようやく冷却させることができる。

つまり、MacBook Proの薄さで冷やすということは不可能と考えた方がいい。これはMacに限ったことではないが…長時間のパフォーマンスの悪影響が”軽度”かどうかが重要。

今後、16インチMacBook Proのオーバーヒーティング問題に関するレビュー動画があがってくると思うのでその情報を待ってから購入した方がいいだろうと個人的には思う。

2、キーボード

今回からバタフライキーボードは撤廃されて、Magic Keyboardという名称になった。

その結果、厚みが増して、押しているという感覚が増したようだ。

バタフライキーボードについては失敗作だということを私は当ブログでも2年ほど言い続けてきたが、ようやくAppleもバタフライキーボードを改良するのではなく、バタフライキーボードではなく厚みのあるキーボードを搭載することを決めてくれたようだ。

ただし、このキーボードも初めて搭載されるモノなので、信頼性に足るものかどうかは分からない。使い始めてすぐに問題が出ないとも限らない。

例えば、キーボードがめり込んでしまって戻ってこない、など。

Appleの初物には問題が付き物というのはApple好きの間では通説なので、まずはキーボードに短期的な不具合が出ないかどうかをしっかりとみた方がいいだろう。

3、重さ

重さについては170gほど重くなってしまった。

たかが170gではあるが、されど170g。店頭で持ち上げるなどして重みを感じるかどうかは確認した方がいいだろう。

特に、今まで薄型、軽量のMacに慣れていた人に取って2キロの重さはかなりと感じるかもしれない。

自宅で仕事をするのが80%以上を占めるようであれば、16インチMacBook Proでいいとは思うのだが、それ以外の人たち、私のような人であれば、13インチMacBook Proで外ではガシガシと作業して、自宅ではiMacと言った使い方の方がパフォーマンスは間違いなく上がる。

余談ではあるが、私は15インチMacBook Proを長らく愛用していたが、その重さと取り回しのしづらさから、実験的位に13インチMacBook Pro(2016)へと買い換えた。

そして、その選択は今でも大正解だと思っている。いつでもどこでも使うということであれば、13インチのサイズが至高。

総評レビュー「厚みは必要だからこそ」

色々と細かい点がアップデートされた16インチMacBook Proではあるが、今回のアップデートは、

キーボードを厚くする

冷却性能を増すために本体を厚くする

結果として重たくなる

という考えではなく、

厚みがないとスペックを活かすこともできない、故障も多くなる

キーボードを厚くさせて、本体内部のエアフローも考え直した

と、”薄すぎるからこそ問題が発生してしまう”という状況を一変させるために今回のアップデートに至ったと私は思っている。つまり、形状としての完成系は2015年までのMacBook Proの方が洗練されていた可能性は高い。

私は2016年の薄くなり、スペースグレイの美しさが増したMacBook Proを我が子のように可愛がってはいるが、客観的に見ればこの薄さは、軽さ以外の全てを犠牲にするモノだったと考える他ない。

Appleのチャレンジ精神は素晴らしいし、今回のアップデートからも分かるように、無理だとわかれば潔く過去のモデルへと復古していってくれるので別に嫌いになったりはしない。ただ、あまりにも思い切ったアップデートの場合は注意が必要だなあぁと改めて感じた。

ただ、こうなってくると2020年の13インチMacBook Proも非常に楽しみだ。新しいキーボードのたたき心地がよかったら買いたくなってしまう…かも。

関連記事→違いはなに?16インチMacBook Proと15インチ版の比較表を作ってみた