管理人管理人

キターーーーーーーーーーーーーー!!!としか言えない。ついに、ついに、ついに!!!iPhone SE(第二世代)が発表された。個人的には史上最高のiPhoneだと思っている。やっとこのレベルのiPhoneが発表された・・・神Phone・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月29日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

iPhone SE2のスペックについてだらだらとお伝えしても眠くなるだけなので、まずは結論から。

絶対に買うべき。
スペックに関しては、最新のiPhone 11, iPhone 11 Proのカメラ性能がやや劣る程度。ナイトモード・超広角モードに興味があまりないなら間違いなく買い。

と、私は思っている。

煽り気味の言葉ばかりで申し訳ないが、少なくともここ5年くらいの中では、最高レベルのiPhoneが発表されたと思う。めちゃくちゃ興奮している。

リアルの知り合いにもおすすめしまくりたいと思う。

では、一体このiPhone SE2の何がスゴイのか?それを当記事ではお伝えしていきたい。

発売日は?

公式サイトによると、iPhone SE2の発売日は、

予約注文は4月17日午後9時〜
4月24日発売

となっている。

発売日、当日には最速で注文ができるように準備しておこう。おそらく争奪戦になる。

発売日にApple製品を確実にゲットする”最速”の方法とは?

スペック、特徴

次に、iPhone SE2のスペック、特徴について。

細かすぎるスペックについては公式サイトを参考にしていただくとして、ここでは注目すべきスペックから紹介させていただきたい。

※Apple公式サイトの比較表はめちゃくちゃ参考になるので要チェック→iPhone比較ページ

1、チップ

・iPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップ

価格を抑えて、チップ性能はやや劣るものにするのかな〜?と思っていたらまさかのiPhone 11 Proと同じチップ。

この性能があれば、どんなアプリでも、どんな作業でもサクサクと操作することができるだろう。

2、カメラ性能

  • 基本スペックはiPhone 11 Proと同じ
  • ナイトモード非搭載
  • 超広角非搭載
  • 光学ズーム非搭載

こちらは個人的には予想通りのカメラ性能となった。

iPhone 11 ProとiPhoneに搭載されているナイトモードは非搭載。さらに光学ズームにも非搭載。(光学2倍ズームが搭載されていると画質を落とさずにズームができる)

後述するがこのカメラ性能が鍵になってきそう。

ただし、明るい場所で写真を撮影する場面においては最新のiPhone 11 Proと変わらない画質で撮影ができるので、「夜も撮影したいか?」「超広角で撮影したか?」を軸に考えると良さそう。

3、ディスプレイ

  • 4.7インチボディ(iPhone 8と同じ)
  • Rethina HDディスプレイ(iPhone 11 ProはSuper Retina XDRディスプレイ)

ボディサイズは残念ながら初代iPhone SEと同じ4インチにはならず、事前の噂通り、iPhone 8と同じサイズとなった。

ただ、画質に関してはRetinaを搭載している時点で十分に合格点。Proモデルと比べて圧倒的に画質が落ちるわけではない。

4、バッテリー

  • iPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
  • ビデオ再生13時間(iPhone 11は最大17時間)

個人的に少し残念だったのが、このバッテリー駆動時間。iPhone 8と同じサイズとは言え、もう少し向上させてほしかった。

5、色

  • ブラック
  • レッド(PRODUCT RED)
  • ホワイト

好み次第ではあるが、黒がかなりかっこよく見える。

ただ、シルバーとスペースグレイがないのが謎。シルバーやスペースグレイでApple製品を統一している人も多いと思うのだが・・・

6、本体ボディの素材

・ガラスとアルミニウムのボディ

素材に関してはiPhone 11と全く同じ。極端に安いっぽい感じはしないと思われる。

さすがにプロモデルとの差はつけられているが、Appleならではのデザイン性の良さゆえに小さくて可愛いという印象を受ける。

7、価格

iPhone SE2

  • 64GB:44,800円
  • 128GB:49,800円
  • 256GB:60,800円

iPhone 11

  • 64GB:74,800円
  • 128GB:79,800円
  • 256GB:90,800円

※税別価格

安い!!!!!

iPhoneがやっと4万円代で買える金額まで戻ってきた。Apple信者ですら最近のiPhoneの高価格化には辛くなってきていたのでこれはありがたい。

参考までにiPhone 11との価格差を比較してみると、約3万円の差となっている。

おそらく多くの人がiPhone 11と比較することになると思うので、3万円の差にスペック差を感じるかどうかが鍵になってきそう。

iPhone SE2を買う前に:1番大切なこと

iPhone SE2を冒頭で史上最高のiPhoneだ!

と豪語したのには理由がある。

それは、iPhoneとiPadをセットで購入しても、近年の高額iPhoneとそれほど変わらない価格になったからだ。

例えば、

iPhone SE2 64GBモデル + 10.2インチiPad 128GBモデル = 89,600円

となる。

高級なiPhoneを1台買うくらいであれば、iPhoneはエントリーモデルのものにしておいて、その資金はiPadやMacに回していこう!

という理念を伝えたいからこそ、当ブログはスタートした。そして、今でもその思いは変わっていない。

iPhoneでできることは限られている。それなら限られた資金をiPadやMacに回していった方がいいだろう。

最高スペックのiPhone単体を持つくらいなら、Android機の方がいいものがたくさんある。そうではなく、Apple製品はその連携性の良さから世界中の人に愛されているのだから、製品は組み合わせて購入していくべき。

特に、「iPhone」「iPad」「Mac」の3つを組み合わせたときの作業効率性は世界最高レベル。私はこの3つの機種のことを三種の神器と呼んでいる。

Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

ここ数年はiPhoneが高額化していたので、iPadをセットで買っても10万円を超えるお金が必要だった。だが、iPhone SE2の登場でその状況は一変する。

少し乱暴に言ってしまえば、

低価格なiPhone SE2の販売目的は、iPadとの抱き合わせ販売をしたいから。

だと考えてもいいくらい。

かなり飛躍しすぎだなのは自分でもわかっているが、どうかこの記事を読んでいる方には、iPadとセットで購入することを検討してみて欲しいと思っている。

個人的に買い換えるか否か

さて、少し独断と偏見の意見にはなってしまうのだが・・・

もし、私がiPhone SE2へ買い換えるか否か?と聞かれたら、少し迷った末に、「No。」と答えると思う。私は、iPhone 11を最有力候補に挙げるだろう。

理由は単純。

ナイトモード、超広角モードの撮影があまりにも素晴らしすぎるからだ。

前述したように、iPhone 11とiPhone SE2の価格差は3万円。私はナイトモード、超広角モードには3万円の価値はあると思っている。

写真は大切。
思い出は一生。
ずっと残しておきたい。

そう考えると、夜でも綺麗に撮影できるナイトモードや、広い視野で撮影ができる超広角モードは欲しい。と思ってしまう。

ただ、それは、私がiPadやMac、Apple WatchなどAppleの連携機能を最高に享受することができる機器を揃えているからこそ言えることであり、限られた資金の中であれば、iPhone SE2とiPadやMacの組み合わせの方がより人生をよくしてくれると思う。

日々の生活に与える影響もiPhone単体ではなく、iPhoneとiPadやMacを組み合わせて購入した方が大きい。

総評レビュー「カメラ性能か?iPadか?」

当ブログで3万件以上のコメントのやり取りがあったからこそ言えるのだが、おそらく、というか間違いなく、「iPhone SE2か?」「iPhone 11か?」という比較はされると思う。

私の答えとしては、

  • カメラ性能を重視(特にナイトモードと超広角)→iPhone 11
  • それほど重視しない→iPhone SE2

という感じで単純に考えればいいと思っている。

ぜひ、当記事があなたのiPhoneライフの一助になれば幸いだ。

【関連おすすめ記事】

1枚で人生を変えろ!iPadを購入すべき42の理由

【2020】作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど